あっとほーむからの「お知らせ」

セミナー・イベント登壇

2015年11月5日 小学校入学前に知っておきたい大切なこと

広報つづき 201511月

こんにちは、小栗ショウコです。   今日は午前中に都筑区に打ち合わせに行ってきました。 もう半年以上前から打ち合わせを重ねていますが、都筑区主催の講演会の最終確認のためです。来週から「小学校入学前に知っておきたい大切なこと」として、都筑区の小学校に入学予定の年長さん・年中さんの保護者を対象にした講演会&情報交換会があります。ありがたいことに私がお話をさせていただく機会をいただき、区内のPTA会長さんや放課後の居場所事業や学童に関わっている皆さんと一緒に、これから小学校入学を迎える保護者の皆さんと情報交換を致します。 今月の広報よこはまつづき版にも掲載していただきました。 すでにどの回も保育枠がいっぱいですが、保育園やご家族にお子さんを見てもらえる人は申し込みできるそうです。 同じ小学校に入学するパパママたちとお友達になれるチャンスです。ご検討中の方は是非お申し込みくださいね。 お問い合わせ・お申し込みは都筑区まで。    

2015年10月18日 ほんとうは楽しい仕事&子育て両立セミナー

労働センター2

こんにちは、あっとほーむの三宅香生です。   今日は、小栗さんが講師として登壇する、神奈川県かながわ労働センター主催「ほんとうは楽しい仕事&子育て両立セミナー」に同行してきました。 今回のセミナーは、未就学児をもつパパママが多くいらっしゃったので、妊娠・出産後の職場復帰をスムーズにという題材。 4~5名のテーブル席がいくつもあり、ワーク形式を中心に行われました。 ワークを存分に有意義にするために、まずお子様の自慢大会から!そのお陰で場は一気に和み、終始和気あいあいときた雰囲気で進んでいきます。同年代のお子様を持つパパママ同士、はじめて会ったとは思えないほどお話が尽きない様子。 お仕事も子育ても両立したいけど、たくさんの不安がありますよね。子どもがかわいそうなのではないか?家事や育児がおろそかになってしまうのでは?会社に迷惑をかけてしまうのでは?時間に追われてしまうかも? など、今日も沢山の不安が聞こえてきました。 それに対し、あっとほーむでママたち子どもたちを見てきた小栗さんから具体的な解決策や考え方の視点変え方など、参加者の皆さまに寄り添う回答があり、深く頷いている方、しっかりとメモにのこして心に刻んでいる方などが多くいらっしゃいました。   セミナー終了後にも個別に相談に並ぶ参加者様が沢山。真剣に今後の人生のこと、子どもたちのことを考えているからこそですよね。 参加した皆さんが今後、仕事も子育ても楽しんでくださればいいなと思いました。

2015年10月15日 神奈川大学にて登壇

12167636_932618656824734_2091255197_n のコピー

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。   本日は小栗さんが神奈川大学のベンチャー企業論でゲストスピーカーとして登壇するということで、あっとほーむスタッフの三宅さんとともに同行してきました。 今回のお話は、ベンチャー企業論の講師をされている浜銀総合研究所・伊東代表取締役社長からのご依頼でした。伊東社長のように小栗さんの実績やあっとほーむの活動に共感し、未来ある学生の前で紹介し、お話をする機会をいただけるということは本当に光栄で嬉しいことです。   さて、授業の最初の45分間は伊東社長によるベンチャー企業が社会や経済に与える影響のお話。 難しそうな気がするでしょ。実際は、こんなにわかりやすくって面白い授業初めて!という感じで、あっという間の45分間でした。きっと私自身があっとほーむで活動していることも、授業の理論的な部分をより具体的にイメージして、理解できた理由だと思います。   後半の45分は小栗さんからあっとほーむの活動紹介と17年間続けてこれた理由を説明。起業を目指す学生へ向けてのアドバイスもありました。   こんなに盛りだくさんな内容で、学生たちが本当に羨ましい!約200人の学生とともに受けた今日の授業。いまこの瞬間を「学び」と受け取って、行動に移せる人がどのくらいいるのかなと楽しみでもあります。授業の後、学生から小栗さんに話しかける姿も見られました。   伊東社長の著書にも、小栗さんのお話にもあった、地道な活動の大切さ。若いチカラに負けないように、私も日々コツコツがんばらなくっちゃ!       最後に私たちも入れて頂き、伊藤社長と記念撮影。最後まで優しくダンディーですてきな方でした!

2015年10月5日 ディスカヴァー出版社でのセミナー

S__6766599

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。   昨日の暑さはどこへやら、今日は肌寒く長袖シャツを着てちょうどいい一日でした。     さて、本日私は、 ディスカヴァーさんの30周年記念イベントで、小栗さんと田中聖華さんが『育児ママ&仕事復帰したいママのためのワークショップ』を開催するということで、お二人に同行させていただきました。   原宿駅から5分のところにある会場には、ディスカバーさんの書籍が並べられていました。もちろん、小栗さんと田中さんの共著『だれも教えてくれなかったほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド』も置かれており、手にとって見てくださる方もいらっしゃいました。   今日は小さなお子さんを連れたママたちもたくさん参加されていました。参加者のみなさんには4−5人のワークの中で、これから仕事復帰を考えている中で不安なことをお話してもらいました。同じような不安を抱えるママ同士、意気投合している場面も見られました。   私のグループでは、仕事と子育てでいっぱいいっぱいになってしまわないか、子どもたちに笑顔で接することができるか不安という声や、子どもの預け先や子育てのサポートを得られるのかという声、子育てや家事も行いながら時間の制限がある中で、仕事で成果を出していけるかという声も聞かれました。そして、みなさん「うんうん、そうだよね」とうなずき合っていました。   そんな多くのママたちが抱える不安をどう払拭していけばいいのか、 あっとほーむの事例を交え、仕事と子育ての両立を楽しむコツを小栗さん、田中さんから参加者の方々にお伝えして、イベント終了。1時間という短い時間でしたが、とっても内容の濃いワークショップだったと思います。   このイベント参加したかったー!という方。大丈夫です。あっとほーむでは毎月仕事&子育て両立サロンを開催していますので、こちらにご参加頂けますよ。   次回の両立サロンは10月31 日(土)10:00〜12:00、参加者のみなさんの気になるテーマを持ち寄っていただけます。お子さん連れでご参加可能です。気軽に少人数でお話できる両立サロンのお申し込みはこちらから。

2015年9月27日 共に学び続ける仲間たち

no igame

こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。  昨日は朝から快晴!青空と太陽がのぞく気持ちのよい秋晴れの一日でしたね。    今日あっとほーむでは、おうち保育園(R)協会の第5回定例会を開催しました。シルバーウィークの最終日にも関わらず、関東だけでなく、関西、東北、九州から協会会員のみなさんが集まりました。子どもがいても、仕事があっても、遠くに住んでいても、この定例会に参加して学ぼうとするその意欲、姿勢、本当にすばらしいと感じました。   今回の定例会では、第一部でアンガーマネジメント入門講座、第二部でパネルディスカッションを開催しました。近況報告はもちろん、この定例会ではコミュニケーションのスキルアップ、事業者としての心構え、どういった取り組みが事業継続に必要かを学んでいきました。   第一部のアンガーマネジメント入門講座の講師は、子育て支援起業講座・特別講師でもある社労士の平山久美子さんです。たくさんのワークを交えて行われた今回の入門講座では、人間の自然に湧き出る感情の一つでもある「怒り」というものを改めて捉え直し、自分の「怒り」の感情にどう向き合っていけばよいのかを学びました。自分の日々の何気ない行動や感情に向き合い、それを見返すことは、それぞれの事業でも活かされますし、なによりも、自分の人生をより豊かで楽しく幸せに過ごすために重要だということにも気づかされました 。   第二部では、第5期生修了式にも基調講演を頂いた音楽プロデューサー・ビジネスプロデューサーの稲葉瀧文さんと、あっとほーむ代表の小栗さんをパネラーに向かえ、夢のようなパネルディスカッションが実現しました。実は、稲葉さんの基調講演を聞いた参加者から「ぜひもう一度稲葉さんのお話を伺いたい」という声がたくさんあがっていました。稲葉さんにそのことをお伝えすると、多忙なスケジュールの中にも関わらず、「みなさんの学びにつながるならば」と今回この企画を快く引き受けてくださったのです。   子育て支援起業講座を卒業し、すでに開業している方も、これから開業される方も、不安や悩みを抱えています。それは新しいことに挑戦するが故の「不安」です。今回のパネルディスカッションで、稲葉さんと小栗さんが歩んできた道のり、そこで培われたことを伺うことによって、自分が事業者としてそういった状況に陥った時どうやって対処していけばいいのか、どんなふうに考えることが大事なのかということが見えてきました。パネルディスカッションの中には「大丈夫だよ、安心していいよ」と参加者の背中をポンっと押してくれるようなアドバイスがたくさん。参加者ひとりひとりからの感想を伺うときも、みなさん安心したような、ほっとされたような表情でお話してくださいました。   あっとほーむは事業者が幸せになる事業をしてほしいと考えています。だから、おうち保育園®協会でスキルアップの場を提供するだけでなく、不安も悩みも話せる場をつくり、想いに共感してくれる心強い仲間とともに活動してます。   私たちの想いや活動に共感してくださる方、ここで一緒に事業立ち上げを考えたいと思った方、ぜひあっとほーむの子育て支援起業講座を受けてみませんか。あなたの想いを理解し、助け合える仲間が待っています。

2015年9月16日 NPO次世代リーダー研修

コミュニティカレッジ

こんにちは。あっとほーむの三宅香生です。   すっかり秋のですね!今日も涼しい風が気持ちよくて、過ごしやすい1日でした。 今日私は、かなかがわコミュニティカレッジさんが主催する、NPO次世代リーダー研修講座で小栗さんが講師として登壇するため、同行しました。 この講座は、社会に貢献したいと考える次世代のNPOリーダーを対象にしたものです。必要な様々なスキルを学び、社会的事業を計画、そして実行する力を学ぶことができます。 この研修を運営している、ソーシャルコーディネートかながわの藤枝様のご厚意で、わたしも参加者の席に座らせていただきました。本当に感謝です。 小栗さんは、1つの事例としてあっとほーむの活動内容を深く掘り下げながら、受講者の今後に役立つ沢山のヒント、アドバイスをお話ししていました。 いつも近くで小栗さんから直々に、考え方や行動力など沢山のことを学ばせて頂いている私ですが、こうして研修の場で講師としての小栗さんのお話しを聞くことでまた新たな学びがありました。 受講生の方々も、気付きが深くなるにつれて、うんうんと頷く回数がどんどん増え、自分の事業計画を違う角度から見直し、より良いものへと進化させていくきっかけになったように見えました。 この環境に感謝し、学んだことを活かし、あっとほーむに少しでも貢献できるよう日々精進しようと改めて考えた1日でした。  

2015年9月5日 起業家のメンターしています

no igame

こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。 今日は昨日の土砂降り雨が嘘のようないいお天気でした。夏の終わりを惜しむように、太陽も最後にがんばっている様子で暑い1日になりましたね。    さて、そんな変化の大きいお天気が続いた二日間、私は小栗さんがメンターを務めるYokohama ChangeMaker’s CAMPに同行しました。 前回のプログラム初日、フィールドスタディーであっとほーむに来てくれたソーシャルビジネス起業家さんたち。今回は、一泊二日の合宿形式のプログラムに参加しました。   ※写真は合宿2日目のランチ後の集合写真。メンター、起業家の皆様、スタッフの皆様で。     このプログラムのすごいところはなんといっても、社会課題を持ち、経験もノウハウも人脈も持つメンターから直接アドバイスをもらえること。 そのメンターの一人である小栗さんは、チームの起業家さんそれぞれの個性や想いを汲み取り、本当に何がやりたいのか、どうやったら各自の想いをカタチにし事業として継続させることができるのか、どんどんアドバイスをしていきます。だから、ひとりで悩んでいたら絶対に出てこない解決策がぽんっと浮かび上がってくるんです。   今回のプログラムは同じく共通の課題認識を持つ仲間を得て、独自に持っていた情報をシェアしたり、人のつながりをつくったり、お互いの事業を高め合いながら発展していくことができるのが特徴です。 これは、まさに私たちあっとほーむがおうち保育園(R)協会で全国の子育て支援事業者が切磋琢磨しお互い支え合えるネットワークをつくっている理由と同じです。 ビジネスには浮き沈みがありますよね。うまくいかない時、事業者の不安や辛さを誰が理解し、良きアドバイスをしてくれる仲間がいるのはとても心強いことでだからです。   合宿の最後に次回までのアクションを宣言した起業家のみなさん。 私のアクション宣言は、昨日、今日と学んだことをまずはあっとほーむの活動に活かしていくこと!いい報告できるよう頑張ります。 では、次回のYokohama ChangeMaker’s CAMPレポートをお楽しみに!

2015年8月7日 チェンジメーカーズキャンプ

チェンジメーカーズキャンプ

こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。 蝉の声にぎやかになってきましたね。ついつい暑いと言ってしまいますが、季節がはっきり分かれている日本にいるからこそ、この暑い夏も楽しみたい!と感じています。 さて、以前に小栗さんからもお知らせがありましたが、半年に及ぶ横浜の起業家をメンターとなる先輩起業家とサポーターで支援するプログラムYOKOHAMA Changemaker’s CAMPのメンバーが決まりました!小栗さんはこのプログラムではメンターとして、選考を突破した起業家の方々をサポートし、起業家とともに「無理なく働き続けられる地域社会づくり」を推進します。 7月中旬、横浜の抱える社会課題を解決したいという熱く想いを持ち、すでに行動を開始している起業家の中から書類選考を勝ち抜いた方々が集まり、メンターや審査員を前にしたプレゼンテーションによる選考会がありました。私も小栗さんに同行させていただき、その選考会に同席しました。選考会で選ばれた方々はこれから半年かけて小栗さんと二人三脚で歩んでいきます。このプログラムに参加できる起業家の方々は本当にうらやましい!あっとほーむで働く私も普段から感じていることですが、小栗さんのそばで学べるということは本当に貴重なことだと思います。現場のことを理解して、17年培った事業ノウハウやスキルで的確なアドバイスをくれる小栗さん。あっとほーむの子育て支援起業講座に全国から受講希望者が集まるのがその証拠です。この起業家支援プログラムでは起業家のみなさんが小栗さんを独り占めするかのような、なんとも羨ましい内容です。 8月中旬から実際にプログラム開始となります。私も小栗さんと起業家のみなさんに並走し、その都度ご報告させていただきます!

2015年6月22日 思春期セミナー3年目

思春期セミナー

こんにちは、小栗ショウコです。   昨日、今日と2日続けて「思春期セミナー」を開催しました。参加してくださったのは2日間でおよそ70人。あっとほーむと、NPO法人 アーモンド コミュニティ ネットワーク、認定NPO法人 コロンブスアカデミー、つづきMYプラザの4つの団体が協力して開催しているセミナーです。長年現場で子どもと保護者に関わってきた私たち。現場が違ってもそこから見える想いは共通しています。子育てがちょっと難しくなってきたと感じている保護者の皆さんに、その想いを伝えました。 それは、 「一人で抱え込まないで」 「相談できる人が必ずいる」 「家庭と学校じゃない第3の場所(人)を作りましょう」 ということです。   これは、私が働くママへ伝えてきたことと同じです。 子どもが小さくても思春期でも、日ごろから親も子どもも本音を出せる人と交流を持っておいてください。子どもがどんな風になろうとも、これまでの子育ては間違ってない。おじいちゃんおばあちゃんでも、おじちゃんおばちゃんでも、近所の友達でも、私たちのような支援団体でもいい。気づいた時に相談して、一緒に悩んで考えてくれる他人の力を存分に使ってくださいね。一人で抱え込んで、もうどうにもならなくなったときに頼るのではなく、ちょっと気になるくらいの時に相談して。きっと力になってくれる人がいますよ。 ※つづきMYプラザでは相談室があるので、いつでも相談してください。      

2015年6月17日 女性が活躍する社会をデザインする

浜銀総研講演会

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。 今日は変なお天気でしたね〜!朝は太陽が出ていたのに、お昼にポツポツ降ってきたと思ったら、夕方には雨ざぁーざぁー土砂降りです。傘を持ってなくて困った〜〜という人も多かったかもしれませんね。 本日は小栗さんが浜銀総研さん主催の講演会で「女性が活躍する社会をデザインする〜子育て支援の現場から考える働きかた改革〜」というタイトルでお話しました。私も会場に同行。久しぶりの同行と、会場にお越し頂いたたくさんの人にドキドキしてしまいました。 今回の講演会の中では、小栗さんが17年間の子育て支援を通じ見て感じたことをもとに、企業と地域が連携し、働く女性たちやその子どもたちを具体的にどう支援していけばいいのかをお話しました。仕事も頑張りたい、子どもにも愛情いっぱい接したいという働くママたちの多くは、職場に申し訳ないと感じ、子どもたちにもさみしい思いをさせているのではと感じているのです。そんな彼女たちの想いを理解し、企業と地域の連携で、精神的にも経済的にも彼女たちを支えることができるんです。そして、仕事も子育ても楽しく両立するママたちの姿を見て、その子どもたちが後に続き、将来日本社会を背負って立つかっこいい大人が増えるんです。 去年あっとほーむが浜銀総研ビジネスウーマン・アワードで大賞を受賞した後も、浜銀総研さんにはBestpartner誌にあっとほーむを取り上げて頂いたり、今回もこんなに大きく素敵な会場で大勢の人へ向けお話する機会を頂いたりとあっとほーむの活動に共感し応援してくださっています。普段あまり接することのない分野の方々にもこうやってご支援頂けることは大変嬉しいことですし、私たちの活動もより多くの方々に広がっていきます。本当に感謝してもしきれません。 本日はあっとほーむの新しい活動『地域かぞくプロジェクト』の話もさせて頂きましたが、さまざまな方面からこうやってご支援頂けることを糧にして、あっとほーむスタッフ一同、より一層精進して活動して参りたいと思います。

« 古い記事新しい記事 »