あっとほーむからの「お知らせ」

子育て支援起業講座

2015年9月27日 学びの秋


こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。

 

 

お日様はあんまり出てきませんでしたが、今日は涼しく過ごしやすい一日でした。そんな勉強しやすい週末の2日間、子育て支援起業講座・起業準備コースを開催しました。講座のスタートが別々だった6期生が最終日の今日、勢揃いしました。 はじめて会う方々もいましたが、なんだか今日はじめて会ったとは思えないほどなごやかな雰囲気です。

 

ここまで自分の想いを深堀りして、少しずつ事業というカタチを考えてきた5名。最初に自己紹介をかねてプレゼンを発表しました。いままでどんな人生を歩んできて、どんな想いを持ちこの講座を受けたのか、なぜ事業を立ち上げようとしているのかというお互いの想いを理解し、 5名のなかに改めて「仲間」という強い連帯感が生まれたようです。

 

本日の後半にはラーニングセンターオハナの代表であり、起業講座卒業生でもある村田かなえさんが特別講師としてオハナの紹介から、事業立ち上げの経緯、彼女の抱えていた想い、今後こうしていきたいという事業計画についてもお話してくださいました。 村田さんが最後に6期生に伝えていたのは、「いつでも小栗さんに頼って大丈夫だよ」ということ、「おうち保育園協会の仲間はよき理解者であり、味方だよ」ということ、そして、「自分を信じてやりたいことを楽しんでやっていいんだよ」ということでした。起業の経験がないところからはじめて、うまくいかないこともあったという村田さん。それでもあきらめずに前に進んで来た彼女の経験を聞いて、6期生も勇気が出たのではないでしょうか。

6期4日目

これから運用実務コースに進み、事業の細かいところまで学んでいく6期生。12月に基調講演とともに開催される修了式がいまから楽しみです。

 

« »

関連記事

2017年5月21日 子育て支援×起業×コーチング

10期ー2

こんにちは、小栗ショウコです。   もう夏か?と思うほどの暑さの日曜日は、あっとほーむカレッジ10期の授業です。 10期生は経験豊かな人が目白押し! 通算30年の幼稚園・保育士の経験者もいて、保育にかける想いがひしひしと伝わってきます!   みんなの想いが地域の子育ての支援につながるように私も頭をフル回転!自分が知っていることをただ教えるのではなく、一人一人の個性や地域に合った事業を一緒に考えています。そう、ここでやっているのはまさしくコーチング!みんなの好きなことや得意なこと、やりたいこをかなり深掘りして、そこから見える自分らしい事業を作ります。   自分のことを全部さらけ出して、仲間のことも自分のことのように考えて、12月の卒業式までにみんなで一緒に事業計画たてましょうね!    

2015年9月6日 雲が晴れたみたい

20150906

こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。   今日はあいにくの曇り空。雨も降り出してちょっぴりじめじめしたお天気です。でも、先週は暑い日が続いたので、身体を休めるにはよかったかもしれないですね。       さて、本日あっとほーむでは子育て支援起業講座8月スタートコースのお二人が2日目を受講されました。先週末に1日目を受講したばかりのお二人ですが、お互いの想いや不安な気持ちを話し理解していたからか、すでに気心知れた雰囲気でなごやかに授業が進みました。   自分たちの想いの根っこに何があるか深堀した前回の講座。今回はその想いをどんなカタチやツールで事業にするのか考えていきました。   今日の講座で一番印象的だったのは、自分の想いはもちろん、今までの経験や実績など自分のできることをきちんと含めて事業のカタチを考えられたことに対して、受講生から自然とでた「うれしい〜」という言葉と笑顔でした。こんなふうに事業者自身も楽しくなったり、うれしくなったり、幸せになる事業を考えていくのがあっとほーむの起業講座なんです。   自分のことって意外にわかっていないことが多いんですが、代表の小栗さんはそんな事業者自身も気づかない才能や能力をみつけて事業というカタチにするお手伝いをしてくれます。最初は自分がどんな事業をすすめればいいのか不安や迷いがあった受講生も、「なんだか、雲が晴れたみたい」と言って今日の講座を終えました。   何のために、誰のために、自分たちが事業をするのか。協力者を得たり、自分の事業を理解してもらうためにどう伝えるのか。そういった伝え方の部分も今回学んだふたり。どんどん二人の想いがカタチになってきているのを見ていると、私もとてもうれしいですし、力をもらえます。   楽しいことやうれしいこと、不安なことや辛いことも共有できる仲間を持ち、あなたの想いをカタチにする一歩踏み出してみませんか。私たちあっとほーむはいつでもお待ちしています。  

2015年6月28日 命を預かる仕事

5期生応急手当

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。   今日はいいお天気だったのに、急に空が真っ暗になったと思ったら雨が降ってきましたね。みなさんは雨に降られませんでしたか。 本日は子育て支援起業講座・5期生とあっとほーむのスタッフが1日かけて応急手当講習を受けました。小栗さんはL.S.F.A.children’sという乳幼児・小児を専門的に扱う応急手当のインストラクターでもあります。私は前回4期生とともに受けましたが、復習を兼ねて5期生と一緒に受講しました。   保育者として、また保育事業者として万が一の際の手当てができることは重要ですが、その万が一の事故が起こらないために日々どうやって事故を予防したらいいのかも大切なことです。みなさん自分がいつか責任者となる立場を意識し、小栗さんの話を聴く姿は真剣そのもの。CPRや心肺蘇生、気道内異物除去、止血法を練習した受講生とスタッフは子どもたちの命を預かるという重みを改めて考えた1日だったと思います。   講座を始めた当初から想像以上の成長を遂げ、どんどん協力者を得ていく5期生のみなさん。近況報告をする姿がかっこいい!頼もしい事業者・保育者になってくれるのではないでしょうか。5期生の勇姿をぜひ見に来て頂ければと思います!修了式&プレゼンテーションは7/12(日)。いつか自分で子育て支援起業をしたいと思う人も、あっとほーむに興味おある人も、是非お越しください。

2016年1月11日 自分の想いを形にする

7期

  こんにちは、あっとほーむ・事務局の阿部依里子です。    1/11(月)成人の日の今日は、午前中に子育て支援起業講座・起業準備コースの3日目を特別開催しました!  外は寒いけれど、お天気がよく明るい日差しが差し込み、気持ちも明るくなる一日でした。       3日目の講座では、人生理念と事業理念を明確にすることが目標です。   コーチングゲームや課題解決を明確にする手法を用いて、自分の人生の生き方と照らし合わせながら、事業の内容を考えていくのです。1日目や2日目で講師の小栗さんが引き出した受講生の秘めた想いや、才能、能力がこの3日目で融合し、時には思わぬ化学反応を起こし、その受講生だからこその「事業」というカタチになっていくのです。   本日はその化学反応が起きました! 1日目に少しぽろっと出ていた受講生の興味があることが、まさかここで!というタイミングで出てきたのです。受講生が課題と感じていることを解決するための手法=事業となる根幹の部分なのですが、受講生は「あ!そうか、これなんだ!」という腑に落ちた表情なんです。 今この世の中にある事業のカタチにとらわれず、受講生ひとりひとりの人生や想いを小栗さんと受講生で深く深く見つめていったから起こったことなんだと感じます。   そして、今回は将来事業者となる受講生にどんなことが事業者として大事なのかも伝えていきました。   小栗さんはよく、事業がうまくいくかどうかは「人柄」だとおっしゃいます。「人柄」とは、事業者の表情、発する言葉や言葉の選び方、話し方、雰囲気などのことです。それらは、どんな価値観を持ち、どのように行動するかということが表れるものです。 事業はその人自身を表します。事業に事業者の「人柄」が出るんです。だから、同じサービスを提供する人がいたら、「この人なんかイヤだな」と思う人のところより、「この人素敵だな」「なんだかこの人から買いたいな」と思う人のところに行くと思うんです。   小栗さんは信頼も協力者や支援者もこの「人柄」が引き寄せてくると考えています。  「人柄」はその人が人生で培ってきたものです。その人がもともと持っているいいところを伸ばし、足りないというところをみつけて、こうしたらいいよと分かりやすくアドバイスをくれるのが小栗さんなのです。   お金の計算も大事だけれど、その前にもっともっと大事なことがあるんです。 それが学べて、自分だけの事業を見つけ出せるのはあっとほーむの起業講座です。      2月、3月には、この講座を受けてみたいな~とお考えの皆さんのために無料説明会を開催します。 同時に、すでにこの講座を修了して開業した先輩によるトークサロンも。 2016/2/7(日)トークサロンゲストはKDOYAおうち保育園®の岩崎ひろみさん。 一歩踏み出そうか迷っている方にこそ!  

2015年10月19日 説明会&トークサロン開催!

no igame

  こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。   土曜日が雨で日曜日に運動会という学校や保育園も多く、スポーツ日和な一日となりました。運動会で活躍しているだろう子どもたちの姿を想像してほっこりしました。   そんな日曜日、あっとほーむで子育て支援起業講座の説明会&トークサロンを開催しました。今回のトークサロンには、10月13日にお迎え付き夜間保育所にじのことりをオープンしたばかりの三井恵さんがトークゲストとして来てくださいました。   三井さんは起業講座3期生で、2014年春から受講を開始し、同年11月末に講座を修了し、現在はおうち保育園®協会の会員でもあります。今日は三井さんの受講前の想いや状況、受講中のできごと、修了後から開業までのできごとまでご自身の経験をお話ししていただきました。不安や焦りもあったという三井さん。でも小栗さんからの言葉や、同期の受講生やおうち保育園®協会の会員とのつながりが彼女を支えたそうです。そして、受講中も修了後も自分のことを周りに伝えていったこと、何より、やると決めて一歩踏み出したことが、彼女の夢をカタチにする上でとっても大事なことだったそうです。     あっとほーむの起業講座では、 事業者自身が幸せになる事業をすることが大切だと思っています。それはたくさんのお金を儲けるということではなく、事業者の心が満たされるということです。生きていてすばらしいと思えること、社会のだれかの役にたてるという喜び、ありがとうの言葉をもらえる活動、子どもたちの成長に携わり、保護者とともに見守ることができる環境、そういったことのひとつひとつが事業者の幸せになると考えます。     トークサロン中の三井さんは終始笑顔で、オープンしたにじのことりでの子どもたちとのできごとや保護者の方からもらった言葉を本当に嬉しそうにお話してくださいました。三井さんのお話を聴いている参加者の方も私たちも自然と笑顔になっていきました。人の幸せを共有できて、こんなにたのしくて幸せな空間って素敵だなと感じました。こういった場をこれからもみなさんにご提供できればなと考えています。   三井さんが受講した子育て支援起業講座はこちら。 次回の説明会&トークサロンの日程も決定次第お知らせ致します。ぜひ多くの方にこの幸せな空間をシェアできたらなと思います。次回を乞うご期待!