あっとほーむからの「お知らせ」

代表ブログ

2016年3月16日 あっとほーむの仲間=おうち保育園Ⓡ協会会員


こんにちは、小栗ショウコです。

 

昨日は、4月に大阪で開業するNPO法人アフタースクールにじのいえ代表・宮尾さんが遊びに来てくれました。

 宮尾さん

宮尾さんは、長年保育園や児童福祉施設に勤務していた経験から、働くママたちのための学童保育を立ち上げようと、子育て支援起業講座に通ってきてくれました。その当時は自分の地域で学童ができたらいいな~という想いだけでしたが、講座を進めていくうちに想いが明確になり、場所を見つけ、仲間を見つけNPO法人化し、行政との連携も図れそうな勢いです。穏やかなその見た目からは想像できない行動力と、その行動がすべて的を得ているところがこれまたすごい!

行動しちゃう人のパターンとして、宮尾さんのように的を得た行動をする人もいれば、「そこにお金かける?」「それ今必要?」と思えるような行動をする人もいます。例えば、まだ顧客や事業計画が明確になってないのに場所を決めちゃうとか、その内容や設備にお金かけちゃうとか、人から自分がどう見られるかを考えて見栄をはっちゃうような感じね。限りないお金があって趣味の延長の仕事だったらいいけれど、資金が底をついたら終わりとわかっているなら、ちゃんと優先順位を決めて行動しないと赤字が膨らんで抱えきれなくなってしまいます。

 

さて、にじのいえの宮尾さんは4月オープンに向け着実に行動した結果、設定した定員を超えキャンセル待ちの人までいるそうです。プレオープンも開催し、準備万端ですが、昨日は4月以降のシュミレーションのためあっとほーむに実習に来てくれました。さらに、私たちと個別相談を定期契約していて、小さいことだけど大切なことや迷ったら相談できる体制を整えています。

私もそうだけど、いろんなことを決めるとき、もう自分の中で結論は出ているけど、信頼する人に「うん、それでいいよ!」と背中を押してもらう一言がほしいんです。私一人ですべての人の背中を押すことは出来ません。だから子育て支援起業講座を終えておうち保育園Ⓡ協会に入ってくれた仲間同士で、背中を押しあい、高めあえる関係を築いていきたいと思っています。

宮尾さんはじめ、子育て支援起業講座を卒業し、おうち保育園Ⓡ協会に入った会員さんは、自分の想いを明確にして自分の地域で自分らしい子育て支援をしています。子育てのこと、仕事との両立のこと、お困りでしたらお近くの会員さんに頼ってみてください。きっと親身になって対応してくれますよ。

 

 

 

« »

関連記事

2015年8月7日 バレエの発表会で思ったこと

no igame

昨日、Kバレエスクールのパフォーマンスを見に行ってきました。 6年生Aちゃんの2年越しのお誘いで、やっと実現しました。   子どもたちの日ごろの成果を発表する姿にうるうるしたし、最後はKバレエのプロの舞台もあり、感動してしまいました。そして、こういう生き方もあること、彼ら彼女たちが大人になり結婚して子どもを育てながら、プロや指導者としてこの舞台に関わるとき、自分の子どもを見てくれる人がいなければこの場に立ち会えないんだなと思いました。年に1度の発表の場。きっとたくさんの努力をしてこの場を迎えているでしょう。   Aちゃんは今後もバレエを続けていくそうです。今までもこれからも努力しつづけるAちゃんが、結婚や子育てをしながらでも活躍したいと思ったとき、私ができることでサポートしたいなと思いました。 でも、私一人では限りがあります。だから多くの人に自分の地域であっとほーむのようなところを立ち上げてほしいのです。夢を追いかけているのはAちゃんだけではない。全国でたくさんのこどもたちが夢を追いかけています。みなさんの近くで日々努力している子どもたちのために、あなたができることで支援をしてください。私たちは、長年培ってきたスキルとノウハウを提供しますので、一緒に子どもの夢を応援していきましょう。   あっとほーむの子育て支援起業講座のご案内はこちら すでに講座を卒業し、全国で活躍している会員情報はこちら      

2015年2月13日 卒業生がビジネスコンテストで最優秀賞!

市川市レディースビジネスコンテスト

こんにちは、小栗ショウコです。   子育て支援起業講座の卒業生が、市川市レディースビジネスコンテストで最優秀賞を受賞しました! あっとほーむの活動にとっても共感してくださり、たぶん近くにあったら利用者になっていただろうと言う彼女。長男の小学校入学後のことを考えると、近所の学童では時間的にも内容的にも料金的にも満足できるところがなかなか見つからない。だったら自分で作ってしまおう!という発想で受講してくれていました。小さい子ども二人の子育て中で、しかもかなりハードなフルタイム勤務。そんな中でも講座には毎回時間をかけて通ってくれて、宿題も予想をはるかに超える完成度でこなしていた彼女がこの賞を受賞するのは当たり前かもしれません。ただし、何でもできるスーパーウーマンではなく、これは彼女の努力の結果です。   子どもがいるからムリ 時間がないからムリ と思わず、みんなと一緒に講座を受け、個別相談もしながら自分の事業計画を作って行った彼女の努力は素晴らしい。   実際に開業するのはこれからで、きっとそれまでに幾多の壁があると思うけど、きっと彼女ならやりきってくれると私も一緒に受講した仲間も強く信じています。 今後は、おうち保育園®協会として彼女の開業までバックアップしていきたいと思います。   実際は、彼女のように才能と能力がなければできないというわけではありません。 私があっとほーむを始めたのは30歳の時で、それまで勤めていた会社を辞めたら、何の才能も能力も持ってない普通の主婦でしかありませんでした。 自分に自信がなくてもいい、人に秀でる才能や能力を持ってなくてもいい。結婚や子育ての経験がなくてもいいんです。 必要なのは、自分にできることで人の役に立ちたい、子どもと関わることや働く女性のサポートに興味があるという気持ちだけです。 この春、あなたも是非自分であっとほーむのようなところを立ち上げて、地域の役に立つ喜びを得る活動をはじめてください。私たちがお手伝いします。        

2014年4月8日 小1の壁&小2以上の壁

20140327外遊び

こんにちは、小栗ショウコです。 4月、入学式も終えていよいよ学校生活が始まりましたね。 日経DUALの記事にも書きましたが、新1年生にとっては、これからがほんとうの小1の壁です。   さて、この時期、1年生だけでなく2年生上の子たちにもちょっとストレスが溜まります。 学年が上がり、学校でもおうちでも学童でも自分よりも下の子が入ってきて、 「もう○年生だから」「もうお兄さんでしょ」「もうお姉さんだから」と言われるようになり、 お世話をしてもらう立場から、お世話をする立場になります。   わかりやすいのは、 いつもよりもわがままを言ったり、 しつこく嫌なことをしてきたり。 失敗しないように緊張していたり、 すぐに泣いてしまったり、 チックの症状が出てしまったり。 新1年生の時よりも言葉も頭の回転もよくなっているので、 的がずれた言い訳が延々と続くこともあるでしょう。   もちろん、まったく変化がなくスムーズに新学期を乗り越える子もいますが、 この時期、2年生以上の変化にも十分に注意が必要です。 でもね、こうやって子どもらしいわがままをぶつけてきてくれるのはあと数年。 小学校高学年からは思春期に差し掛かり、親に真正面からぶつかってきてくれることも少なくなります。 期間限定のわがままだと思ってこの時期乗り切ってくださいね。 (もちろん怒ってもいいし、大喧嘩に発展してもOK!それも良い思い出になるでしょう)    

2015年7月23日 学ぶは真似る

20150712稲葉さん

こんにちは、小栗ショウコです。   今日は子どもたち20人分のお昼ご飯を作ってから、スタッフにお任せして尊敬する稲葉さんとランチミーティングをしてきました。 稲葉さんは、7月12日に行われた講演会でお話をしてくださった、素晴らしい実績を持つ人生の大先輩。 でも私が稲葉さんを尊敬する理由は、実績をおごることなく今この瞬間も常に前向きでチャレンジャーであることです。そして、大先輩に大変失礼ですが共感することが非常に多く、言葉選びも卓越しているのでお会いするたびにレコーダー持ってくればよかったと思うほど素晴らしいことを教えてくださいます。 例えば今日は、あっとほーむ事務局の阿部さんも同席して、彼女の今後のやりたいことや働き方にもアドバイスをしてくれて、「学ぶは真似る」ということをおっしゃっていました。今は近くにいる私を真似ることで保育も仕事もその価値観も手に入るので、そこにもっとこうすればもっとよくなるのではないかと自分の創意工夫をいれていくことで、自分らしさを作れるとおっしゃっていました。私も稲葉さんを真似て、そこから自分らしい生き方を作っていきたいと思います。他にも2時間たくさんのお話をしてくださり、こんなに素敵なお話を聞かせていただいた恩返しをしなくては!とこぶしを握る勢いで帰ってきました。   肝心の打ち合わせもしっかりやり、今秋、稲葉さんの貴重な時間をゲット!夏が終わったらおうち保育園®協会会員の皆さんにまた稲葉さんのお話を聞いてもらえるようにしますね。   ※7月12日基調講演終了後に稲葉さんと記念撮影

2014年11月6日 最終選考でプレゼン

20141106

こんにちは、小栗ショウコです。   昨日、とあるアワードの最終選考プレゼンをしてきました。 いつもお世話になっている社労士さんから話をいただき、応募→書類審査→実施審査を経て最終選考まで進みました。事業紹介のプレゼンはなんとなく慣れてきましたが、他の人と比べられるプレゼンは本当に久しぶりでした。審査員の皆さんは金融関係、最終選考に残った私以外の6名は株式会社代表とか役員で、素晴らしいビジネス手腕をふるっている皆さんです。なんだか・・・私にはとっても不似合いな場・・・。 しかし、せっかく紹介してくださった社労士さんにも、一緒に応募書類を作ってくださった方にも、やることやらないと申し訳ない。 今自分にできる限りのプレゼンをしてきました。 結果は11/28。 またブログで報告させていただきますね。 あっとほーむに帰ってきたら、いつもと違うファッションの私に「どうしたの?」「どこ行ってきたの?」と、肩をもんでくれる子もいて、大人の世界で疲れた体を子どもたちが癒してくれました。(^^)