あっとほーむからの「お知らせ」

両立サロン

2016年9月24日 仕事&子育て両立サロン


こんにちは、小栗ショウコです。

 

9月24日(土)午前、ほんとうは楽しい仕事&子育て両立サロンを開催しました。

夏を除き、毎月1回開催しているこのサロン。あっとほーむご利用しているいないに関わらず、みなさんおこさんと一緒に参加してくれます。

子どものこと、仕事のこと、夫婦のこと、両立しているからこそのあんなこんなをざっくばらんにお話します。

ここで話をすることで、ストレス解消!とか不安解消!と言ってくださる方も多くいます。

 

子どもたちは、ママがおしゃべりしてる横でおもちゃで遊んだり、ピアノを弾いたり、自由に遊びます。

両立サロン2016年9月-1

 

今日は抹茶シフォンケーキと紅茶シフォンケーキがおしゃべりのお供。米粉で作ってみました(^^)

ママも子どもたちももりもり食べてくれて、嬉しい♪

両立サロン2016年9月-2

 

過去には、子どもはまだだけどいつか来て欲しいその日のための勉強として埼玉から参加してくださったご夫婦もいるし、産休中のママもいますし、小1の壁に直面するママもいました。いつも頑張っているパパママたちに、笑顔になってもらえる時間を持っていただければ嬉しいです。10月11月12月のサロンもありますので、お気軽にお申し込みくださいね。

 

 

 

 

« »

関連記事

2015年9月12日 ほんとうは楽しい仕事&子育て両立サロン

20150221両立サロン

こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。   台風一過で久しぶりにカラッと晴れ、強い日差しと暑さが戻った一日でした。台風のため外で遊べないことが続いていたから、子どもたちもきっと今日は外で走り回ったんだろうな。     さて、今日はあっとほーむで【ほんとうは楽しい 仕事&子育て両立サロン】を開催しました。産休育休明けで職場復帰したママたちが集まり、不安や悩み、こんな時どうしたらいいの?という疑問をみんなでシェア。本日は「今から備える小1の壁」というタイトルではありましたが、最新学童保育所情報から、病時保育、小学生の夏休みの過ごし方、パートナーや職場からの理解の得かた、家事時間の短縮方法やアウトソースといったトピックまで幅広く、2時間たっぷり話ができました。あっとほーむの両立サロンは、17年間子育ての現場でたくさんの働くママたちに寄り添い支援してきたあっとほーむ代表の小栗さん、そして、小栗さんとともに共著本を出され、あっとほーむの利用者でもあった松蔭大学准教授・田中聖華さんをはじめ、仕事と子育てを楽しく両立してきた先輩ママたちの話が盛りだくさん。今日も「そっか!そういう方法があるんだ!」「なるほど〜!」と、驚きと納得の声がたくさんあがりました。   でも、一番印象的だったのは、「私だけじゃなかったんだ。みんな同じ悩みや不安を抱えているんだ」と分かったときのママたちの安心した表情でした。意外とママ友たちや家庭で時間をとり、今日のように話すことができないことが多いそうです。最後に 「また話に来ますね!」と笑顔で帰っていった参加者を見た時、本当にうれしくなりました。   両立サロンで出会うのは、育休復帰後 、時短勤務や子どもの体調不良で休みをとることに対し、職場に迷惑がかかるのではと心配したり、周りの視線が気になったり、自分が思うように会社に貢献できないことに落ち込んだり、歯がゆかったりするママたちです。   自分の仕事にやりがいを持ち、社会の中でも役立ちたいという想いを持つママたちは、子どもたちに笑顔で接したい、愛情いっぱい育てたいという想いも持っています。だから、子どもを預けて働くことに罪悪感を持ち、仕事をあきらめるか、子どもをあきらめるか、どう両立していけばいいのか、いっぱいいっぱい悩むんです。   でも、よく考えてみると、私たちの社会を支えているのもそういった働く女性たちだっていうこと。この女性たちをサポートし、彼女たちが自分らしく充実した人生を送ることで私たちの暮らしが、人生が、社会が豊かでいられることにつながります。さらに、社会で活躍するママの姿を見て、その子どもたちが未来の日本社会を担うかっこいい大人になるんです。あっとほーむが《仕事も子育ても両方楽しめる社会》を目指し活動している理由はここにあります。     来月の両立サロンは、10/31(土)10:00〜参加者の皆さんの気になるテーマを持ち込み頂けます。少人数でゆっくり日頃の生活を振り返りながら、お話ししてみませんか。 ※子どももママも楽しく盛り上がりすぎて写真が撮れなかったため、過去の両立サロンの様子をご紹介。気軽なおしゃべり会です。  

2016年2月13日 愚痴を言うだけでは解決しない!だから、ここで解決の糸口を見つけましょう

両立サロン

こんにちは、小栗ショウコです。   月に一度、土曜日の午前中は「ほんとうは楽しい仕事&子育て両立サロン」を開催しています。今日のお茶菓子は、シフォンケーキ。プレーンと抹茶の2種類ご用意しました。みんな喜んでくれるかな?と準備が整ったところでピンポーンと玄関のチャイムが!今日はお子さんと一緒に参加してくれる方が多く、かわいい声が続々と(^^)   このサロンの特徴は、ママとしての発言と、働く女性としての発言ができること。 夜泣きが大変とか、卒乳など、ママとして不安や課題も出るのだけど、働く女性としてどうしたら上手に気分よく仕事を続けられるかを語り合えます。あっとほーむのママたちはこんな風にしているよと事例を出すこともあるけれど、最近は定期的に参加してくれるママたちが、自分の場合はこうしているとか、会社の同僚がこうしているとか、たくさんの事例を教えてくれます。 例えばね、「会社の上司が子育てと両立している自分のことを理解してくれない!」という課題にも、「子どもがいない人にはわからないのよ」とか「制度がないから悪いのよ」とか、他人や環境のせいにして終わりじゃなく、どうすればその課題を解決できるのか、私の場合はこうで、こういうことした人もいるみたいとか、経験と情報を駆使して、その場にいるみんなで課題解決方法を提案してくれるんです。 すごいのは、子育ての話をしている時はすごく優しいママの顔なのに、仕事の話なるとみんなキリッとした顔になること。  もっとすごいのは、向こうで遊んでいる子どもたちを、参加しているパパがみてくれていること。自分の子どもじゃないのに、ママがここで不安や課題を解決できそうだと判断したら、自分の子どもも他の子どもも一緒に見ることで、ママの変化を見守っている!!!   いいな~、ステキだな~と思いながらシャッターを切る私でした。     こんなステキな両立サロン、次回は3月19日(土)10:00~12:00に開催します。お申し込みはお待ちしています。  

2016年4月16日 ほんとうは楽しい仕事&子育て両立サロン

20160416

こんにちは、小栗ショウコです。   熊本の地震に心を痛めながらではありますが、本日「ほんとうは楽しい仕事&子育て両立サロン」を開催しました。 このサロンの特徴は、1回限りの勉強会ではなく、いつでも参加してよくて、そこで自分のことをたくさんお話できちゃうサークルのような感じです。今日は4月に小学生になった子を持つママが3人集まり、まさに「小1の壁」を感じて、面白おかしく?働くママの小1あるあるで盛り上がりました。保育園児のママたちは、今まさに起こっている状況を実況中継されているような感じで、すごく勉強になったようです。 私も小1の壁セミナーをやっているし、他の人でもこの手の話題をネットに書き込む人が多いけど、のどもと過ぎれば忘れちゃうことも多いので入学式から10日の働くママの本音を聞けて、なんだかすごく面白かったです(^^) サロンにはお菓子をご用意していますが、今日はこちら。 手作りシフォンケーキ4種。プレーン、いちご、抹茶、ココアです。皆さんおいしそうに食べてくれるので作り甲斐があります!   小1あるあるで盛り上がった今日のサロン参加の皆さん。お子さんも何度も来て慣れているので、隣の部屋で遊んだりママのおひざでシフォンケーキ食べたり、とても自由に過ごしました。 来月以降のサロン開催日が決まりましたら、こちらのページでお知らせいたします。初めての方も、リピーターの方も、ご参加お待ちしています。

2014年3月18日 ほんとうは楽しい仕事&子育て両立サロンin杉並

両立サロンin杉並

「だれも教えてくれなかったほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド」で紹介したステキなママたちの生き方、両立の楽しみ方を、実際にお会いして伝えたくて始めた「ほんとうは楽しい仕事&子育て両立サロン」。 今日は、東京杉並のbabyCoさんで開催! 杉並で待機児童問題に取り組んでいるbabyCoさん。ここは、保育園に入れなくて困っている人や、不安を抱えたママたちが気軽に相談に来たり、子どもと一緒に仕事ができる設備が整っています。 今日は、そんなステキなbabyCoさんに、14人のママたち&子どもたちが集まってくれました。 私が事例としてお話ししたのは、ほんの少しの時間ですが、それでも復帰前で不安を抱えたママたちのお役にたてたようで、本当にうれしく思います。                               今日集まってくれたママたちも、職場ではママではなく育休前と同じように働く一人の女性として期待されます。 小さい子どもを育てながらの仕事は、並大抵じゃない。だけど、それでも頑張る女性たちは、きっと数年後、どの職場でもいなくちゃ困るくらい活躍できることでしょう。 やる気と能力のある女性たちが、社会で活躍できないのは私たちにとって大きな損失です。 働き続けたいと願う女性が、働き続けられる社会になるように、みんなで応援していきましょう。   次回は4月19日(土)10:00~12:00.あっとほーむで開催します! 復帰前で不安がいっぱい、復帰したけどもう頑張れそうもないと思っている方、この機会に自分の生き方見つけてみましょう。 お申し込みはこちら   小栗ショウコ      

2014年6月3日 そろそろ夏の計画をしませんか?

2013富士山こどもの国

こんにちは、小栗ショウコです。    沖縄・九州地方では梅雨入りしたようですが、横浜では梅雨入り前の夏日が続いています。本格的な夏はまだ先ですが、そろそろ夏の計画を立てる時期ですよね。特に子どもが小学生になった方には、今までの保育園とは違い、1か月半もある夏休みをどうやって過ごそうか悩みどころでしょう。「働いているからとりあえず毎日学童に行けばいい」ではなく、もし自分が家にいたら、子どもにはどんな風に過ごしてほしいのか?それを考えましょう。   夏休みは子どもにとって大きく成長する大切な時期です。 この1か月半は、学校とは違う場で今まで会ったことのない人に出会い、初めてのことをたくさん経験し、楽しみを見つけ、新しい世界を見つける経験をさせてあげられる大きなチャンスです。   多くの子ども関係の団体では、もうGWには夏休み期間中のイベントを組んでいます。もちろん私たちあっとほーむもしかり。同じようなイベントでも、団体ごとに目的が違うので、自分の子どもにどんな風に成長してもらいたいのかを考えて参加するものを選択してあげてください。 例えばあっとほーむの夏のイベントは、楽しんでもらことと、子どもたちが今後新しいことに挑戦するためのきっかけになってほしいと思って計画しています。 パパママがいない初めてのお泊り、 初めてテントで過ごす夜、 初めての釣りやサーフィンや農業体験などなど。 それらを、いつも一緒に過ごしているメンバーで、いつも一緒にいる大人と一緒にやることで、小さな自信をたくさんつけてほしいんです。 その後は、自分の興味のある初めての人同士が集まるような本格的なキャンプや海外のホームステイなどに飛び込んでいってほしい。世の中には、本格的な自然体験をさせてくれるところ、農業体験をさせてくれるところ、ホームステイや留学などを専門に取り扱っている業者がたくさんあって、そこで体験できることは本当に素晴らしいものだと思います。だからこそ、気になるものがあったら「パパとママがいないからイヤ」とか「知らない人ばっかりは怖い」とか言って、やりたいことができなくなるのはもったいないです。   子どもたちが大きく成長する夏休み期間中、働くママはどうしているんだろう?みんなどう考えているんだろう?お金は一体どのくらいかかるものなんだろう?などなど、まずはみんなで話し合ってみませんか?あっとほーむの働くママたちの夏の過ごし方もお伝えします。 6月14日(土)10:00~12:00まで、あっとほーむにて「働くママの、小学生の夏休みどうする?」をテーマにお話会を開きます。 本格的な夏が来る前に、みんなで話し合いましょう。   詳細とお申し込みはこちらから。 ほんとうは楽しい仕事&子育て両立サロン 6月のテーマ「働くママの小学生の夏休みどうする?」   ※写真は2013年のキャンプ時のもの。子どもだけでカヌー体験。あっちにぶつかりこっちにぶつかりして、思うように進まない。びしょ濡れになりながら自分たちで考えて協力して漕ぐのがいいんです。