あっとほーむからの「お知らせ」

メディア掲載

2017年3月14日 レタスクラブ3月号に掲載されました


3月10日発売のレタスクラブ3月号に、これから働きたい方へのアドバイザーとして掲載されました。

 

レタスクラブ3月号の表紙はこちら!Kちゃんが紹介してくれています。

DSC05941

 

中身はRちゃんとMちゃんがご紹介。

レタスクラブ内容

 

取材にきてくださった担当者さんは、育休復帰前に「誰も教えてくれなかったほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド」を読んで前向きになれた!と、この企画を進めてくれました。世の中には、仕事と子育ての両立本てたくさんあるけど、ほとんどが効率的な時間の使い方とか、手際よくこなす等のテクニックになりがち。でもね、ママたちの一番の願いは子どもが笑顔でいることです。そのために、ママ自身が笑顔で楽しく毎日を過ごしてほしいと願って書きました。だって、子どもが求めているのはママの笑顔だからね。おかげさまで、発売から3年半経った今でも少しずつ売れています。

 

レタスクラブ3月号のこの特集は、そんなきっかけで産まれました。読んでいただければうれしいです。

 

 

 

« »

関連記事

2009年7月26日 企業診断「市民起業家という生き方」

logo_new

月刊誌に4ページ掲載されました。 2009/07/26

2003年1月1日 TV朝日「スーパーJチャンネル」

2007年7月5日 日経新聞 夕刊社会面

070709_1746~01

夏休みの子どもの過ごし方の取材でした。2007/07/05

2002年1月1日 雑誌アントレ独立辞典

070614_1622~02

会員になっているNPO法人キープラネットの会員として取材を受けました。2002

2014年4月14日 小4は大人の階段のぼり始める時期ー日経DUAL連載第2回

no igame

日経DUALさんでの連載2回目がアップされました。 1回目の小1の壁の反響はすごかったらしく、今でもいいね!やリツイートが増えています。   続く2回目は小4の壁。 男女の差は少しあるけど、小4は親からの自立がキーワードになってきます。 今まであれほど言ってもできなかったことが、そんなに言わなくてもできると言ったり、 (親からみたらできてないままだけど) でもできなくて結局最後は親に頼ってきたりするから、 「だから最初に言ったじゃない」とか「最初から言う通りにすればいいじゃない」と ついつい怒りたくなるようなことが増えてくるでしょう。 でもね、子どもがなんとか自分でやろうと思う、その気持ちを大切にしてあげてください。 「なんにもできない」から 「なんとか自分でやろうとする気持ち」を持ち、 失敗を繰り返しながら、気持ちだけでなくなんとかやろうとする姿勢も ちょっとずつだけど見えてくるでしょう。   4年生からは身体的にも大きく変わる時期でもあります。 心と体の変化をうまく受け止められないもどかしさは、本人が一番感じることでしょう。 子どもから大人の階段をのぼり始める大切な時期だから、 自分に自信を持てるようにサポートしてあげるとよいと思います。   誰かにわが子を褒められたら「そんなことない、何もできない」などと言わずに、 「褒めてくれてありがとう」「そうなのよ、そこがこの子のよいところなの」って言ってくださいね。 自分が誰かに褒められて、親がそれを認めている様子を見ると、子どもはとっても嬉しいし、 それが成長を促す大きなきっかけになりますよ。