あっとほーむからの「お知らせ」

メディア掲載

2017年3月14日 レタスクラブ3月号に掲載されました


3月10日発売のレタスクラブ3月号に、これから働きたい方へのアドバイザーとして掲載されました。

 

レタスクラブ3月号の表紙はこちら!Kちゃんが紹介してくれています。

DSC05941

 

中身はRちゃんとMちゃんがご紹介。

レタスクラブ内容

 

取材にきてくださった担当者さんは、育休復帰前に「誰も教えてくれなかったほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド」を読んで前向きになれた!と、この企画を進めてくれました。世の中には、仕事と子育ての両立本てたくさんあるけど、ほとんどが効率的な時間の使い方とか、手際よくこなす等のテクニックになりがち。でもね、ママたちの一番の願いは子どもが笑顔でいることです。そのために、ママ自身が笑顔で楽しく毎日を過ごしてほしいと願って書きました。だって、子どもが求めているのはママの笑顔だからね。おかげさまで、発売から3年半経った今でも少しずつ売れています。

 

レタスクラブ3月号のこの特集は、そんなきっかけで産まれました。読んでいただければうれしいです。

 

 

 

« »

関連記事

2014年3月12日 日経DUALの取材

日経BP社

今日は日経DUALの取材を受けに日経BP社へ。 昨年10月に出した「だれも教えてくれなかったほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド」を日経DUALの読者にも紹介したいということで、本の中身を少しだけ日経DUALでご紹介していきます。 今日取材を担当してくれた編集者さんも、同席してくれた書籍の担当者ディズカヴァー21の編集者さんも、結婚出産後も働き続ける女性。 だからこそ、本の内容にとっても共感してくれて、もっともっと多くの人に読んでもらいたいと今回の取材をセッティングしてくれました。 彼女たちは、出版社で働き続けたいという多くの人のロールモデルになるんだろうな~と思います。 話が弾みすぎて1時間の予定が2時間の取材になり、なのにいつからアップされるか聞き忘れるというオチあり。 アップされる日が決まったらまたこちらでお知らせいたします。   小栗ショウコ        

2014年11月26日 日経DUAL連載第13回

DUAL 看板

こんにちは、小栗ショウコです。 日経DUAL連載 第13回がアップされました。 今回の記事は、実家が近くになくても働き続けてほしいという願いを込めてます。今回の記事に登場したのは、遠くから親を呼び寄せて何とか乗り切った人ですが、親を頼れない人も多いでしょう。近くに親も親戚も友達もいない。いざとなっても遠くの親が助けに来てくれることは難しい。そういう人のためにあっとほーむを作りました。遠くの親を頼っても、近くの他人を頼っても、仕事を続けたいという想いがあるのなら、是非いろんな人を頼って仕事を続けてください。    

2014年2月21日 男女共同参画の団体からの取材

20140219

2月18日、とある団体からの取材がありました。 全国の男女共同参画に関わる施設に配布する月刊誌に あっとほーむの活動や書籍への想いを載せたいとのお申し出です。 こちらの団体は長年男女共同参画の活動をしてきた由緒ある団体で、 私が前々から「一緒に何かしたいね」と話し合ってきた方も 深く関わっているところだったのです。 取材に来てくださった方は、ネットで本を見つけてくださり、 是非自分たちの月刊誌で紹介したいと連絡をくださったのです。 昨日は私のつたない話にも最初からとても共感してくださり、 最後までわきあいあい楽しい取材となりました。印象に残った質問は、「あっとほーむの宣伝のような本にしてもよかったのに、 どうしてこのような内容にしたんですか?」というもの。その答えにも大きくうなづいてくださり、とっても嬉しくなりました。 今後はこちらの団体と連携して何か新しいことができそうな予感も(^^) この雑誌が出るのは5月頃。 また近くになったら題名や団体名などお知らせしますので お読みいただけると嬉しいです。 小栗ショウコ ご意見はこちらから

2002年1月1日 雑誌アントレ独立辞典

070614_1622~02

会員になっているNPO法人キープラネットの会員として取材を受けました。2002

2006年1月1日 神奈川県立女性センター(定期情報誌)

logo_new

女性の起業家としての取材を受けました。2006