あっとほーむからの「お知らせ」

お知らせ

2014年4月14日 小4は大人の階段のぼり始める時期ー日経DUAL連載第2回


日経DUALさんでの連載2回目がアップされました。

1回目の小1の壁の反響はすごかったらしく、今でもいいね!やリツイートが増えています。

 

続く2回目は小4の壁。

男女の差は少しあるけど、小4は親からの自立がキーワードになってきます。

今まであれほど言ってもできなかったことが、そんなに言わなくてもできると言ったり、

(親からみたらできてないままだけど)

でもできなくて結局最後は親に頼ってきたりするから、

「だから最初に言ったじゃない」とか「最初から言う通りにすればいいじゃない」と

ついつい怒りたくなるようなことが増えてくるでしょう。

でもね、子どもがなんとか自分でやろうと思う、その気持ちを大切にしてあげてください。

「なんにもできない」から

「なんとか自分でやろうとする気持ち」を持ち、

失敗を繰り返しながら、気持ちだけでなくなんとかやろうとする姿勢も

ちょっとずつだけど見えてくるでしょう。

 

4年生からは身体的にも大きく変わる時期でもあります。

心と体の変化をうまく受け止められないもどかしさは、本人が一番感じることでしょう。

子どもから大人の階段をのぼり始める大切な時期だから、

自分に自信を持てるようにサポートしてあげるとよいと思います。

 

誰かにわが子を褒められたら「そんなことない、何もできない」などと言わずに、

「褒めてくれてありがとう」「そうなのよ、そこがこの子のよいところなの」って言ってくださいね。

自分が誰かに褒められて、親がそれを認めている様子を見ると、子どもはとっても嬉しいし、

それが成長を促す大きなきっかけになりますよ。

 

 20140327外遊び

« »

関連記事

2015年8月21日 チェンジメーカーズキャンプ初日!

11913571_712488272190853_1544601380_n

 こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。 昨日は代表小栗さんがメンターを務めるYokohama Changemaker’s CAMP の第1日目で、この貴重な機会を掴み取った起業家さんたちが初顔合わせとなりました。   会場に向かう途中、久しぶりに近くを通った横浜のシンボルのひとつランドマークタワー。暦の上では立秋ですが、まだまだ暑く、ビルの照り返しで朝でも汗が滴り落ちました。       午前中はソーシャルビジネスに特化したマネジメントを学ぶ起業家さんたち。NPOマネジメントラボ・山元さんの講義に真剣に耳を傾ける8名とともに私も同席させていただきました。初めての顔合わせで緊張感はありましたが、早くもお互いの事業の課題や今後取り組みたいことをシェアし情報交換していました。         後半のフィールドワークではあっとほーむまで来ていただき視察。そしてなんとなんと、小栗さんから直にあっとほーむが17年間培ってきた運営ノウハウや事業のミソを聴くことができた4名。 ん〜とっても贅沢です。だって喉から手が出るほどこの機会を欲している方がたくさんいるからです。         このChangemaker’s CAMPをきっかけとし、さらなる事業拡大を考える4名にとって、小栗さんのお話のはしばしにあった重要なヒントを理解し行動していくことが今後の彼らのすばらしい財産につながると思います。   本気が試される今、新たに一歩踏み出した彼らから私もたくさんのことを学び、吸収していきたいです。 次回は合宿形式で内容の濃〜い2日間になりそうです。   次回の報告をお楽しみに!  

2013年9月7日 掲載:あっとほーむ代表小栗ショウコの初著書、予約開始のお知らせ

book_front

あっとほーむを利用してきたイキイキと素敵な働くママ達の生き方を紹介したい。そんな代表小栗ショウコの想いが実現しました。 これから結婚・出産する。そして働き続けたいという女性のために、本当は楽しい仕事&子育て両立のコツをお伝えします。 働き続けたい女性の皆さん、ぜひお読みください。 企業の人事・研修関係の皆様には、女性の就業支援として 社内の女性社員の皆様に配布して頂けますようお願いいたします。 ご意見はこちらから      

2013年11月28日 掲載:美味しい林檎をご寄付いただきました。

blog_20131128

こんにちは。 あっとほーむの菅原です。   ご利用者の方から、箱いっぱいのリンゴをいただきました! 蜜いっぱいでとってもおいしく、今日もみんなでおいしくいただいています?   子どもたちから、「甘い!」「とにかくおいしかった!!」の声が沢山です。   毎年送ってくださり、本当に感謝の一言です。 ありがとうございます。   ご意見はこちらから

2014年6月12日 FRaU7月号に掲載されました

フラウ7月号

代表・小栗ショウコのアドバイスがFRaU7月号に掲載されました。   大人の妊活最新BOOKのワーキングバランスのコーナー(P144 )にアドバイスを載せています。 仕事を諦めずに子育てをするために準備しておきたいことに関して、辞める派、キャリアチェンジ派、即復帰派の3つに分けています。たくさんの働くママを支援してきたからこそ見えることを、次世代の女性に伝えました。

2015年5月30日 仲間がいる!

定例会セミナー

こんにちは、あっとほーむ事務局阿部です。   今日は朝から青々とした空と夏の訪れを感じさせる強い陽射しの横浜でした。私はなんだかいい1日になりそうだという予感にワクワクしながらあっとほーむに向かいました。 本日午前中は子育て支援起業講座の説明会とスタートアップセミナー、午後からは子育て支援起業講座を卒業したみなさんで構成される「おうち保育園(R)協会」の第4回定例会を開催しました。今回の定例会は二部に分かれ、第一部は協会会員の情報交換会、第二部は日本政策金融公庫さんによる事業計画書作成セミナーで助成金・ビジネスコンテスト等へ申請する際のビジネスプラン立てのコツを学びました。 ほとんどの参加者がそうだったように、私自身も数字に弱く、苦手意識もありました。ただし、事業を立ち上げ、継続した運営をしていくには事業計画書や資金繰り書作成は避けては通れない道です。今回のセミナーのおかげで、自分に足りないものとそれを得るために何が必要で、何を活用できるかということを学べた参加者の方々。セミナーな最後には実際に開業準備をしている協会会員が多いため、具体的な質問も飛び交いました。 情報交換会では、協会会員それぞれの近況報告や開業準備の様子、開業後の課題などをシェアし、今後の事業運営や立ち上げ準備の参考になる話が盛りだくさんでした。協会会員のほとんどは自分が事業者となり事業を立ち上げることが初めて。未経験なことばかりだし、時には失敗することだってあるんです。でも、こんな時どうしたらいいの?と聞きたい時や不安に思っていることを聴いてほしい時に、そばにいるのがおうち保育園(R)協会と協会会員の仲間なんです。こうやって定例会やセミナーで定期的に会い、Facebookなどでつながっていることで、孤独にならず、いつでも相談でき、事業者として刺激ももらえるんです。あっとほーむがフランチャイズ制や系列制にしなかったのは、同じ子育て支援事業をしていく仲間としてお互いスキルを磨き、高め合い、事業を応援したかったからです。 これからも信頼できる事業者、保育者を育て、保育の現場を支えていければいいなと思います。