あっとほーむからの「お知らせ」

お知らせ

2014年6月12日 FRaU7月号に掲載されました


代表・小栗ショウコのアドバイスがFRaU7月号に掲載されました。

 

大人の妊活最新BOOKのワーキングバランスのコーナー(P144 )にアドバイスを載せています。

仕事を諦めずに子育てをするために準備しておきたいことに関して、辞める派、キャリアチェンジ派、即復帰派の3つに分けています。たくさんの働くママを支援してきたからこそ見えることを、次世代の女性に伝えました。

フラウ7月号

« »

関連記事

2014年4月3日 「小1の壁」は親より子どものストレスを気にかけて-日経DUAL連載

日経DUAL

こんにちは、小栗ショウコです。 今日から日経DUALさんでの連載が始まりました。 【第一回】「小1の壁」は親より子どものストレスを気にかけて 2014/4/1公開   本文中に書いてあるように、子どものストレスを気にかけてほしい。 そして、パパママだって新年度でいつもと違う職場やいつもと違う仕事内容になる人もいて、それだけでもストレスなのに、保育園時代とは違い登下校の心配や保育園よりも早い時間にお迎えに行かなくちゃいけないというプレッシャーなど、ストレスがたまる人が多いと思います。 だから、この時期は「親も子もストレスをきにかけて」。   親だって大変。 大人だから、親だからっていろんなことうまくできるわけじゃないからね。 そして子どもも大変。 だから一人で頑張りすぎないで、夫婦だけで頑張りすぎないで、どんどん周りに頼ってくださいね。  子どもは、たくさんの子どもと大人と関わることで、どんどん成長していきます。   小栗ショウコ  

2013年12月13日 平成25年4月からの小学生の放課後利用について

logo_new

保育園年長さんはそろそろ1年生になってからの生活について本格的に考える時期になりましたね。あっとほーむでは毎年キャンセル待ちが続いておりますが、引っ越しや月ぎめから一時保育に変更する子がいるため、来年4月からのご利用に空きが出ましたので下記の通り新規にお受けできることになりました。<月ぎめ>3名横浜市在住でご両親の就労等により週3日以上利用の小学校1年生~3年生<一時利用>3名1年生から3年生で週2日までの利用、夏休み等長期休暇のみの利用、4年生上の利用  ※いずれも学校内のはまっこふれあいスクール、キッズクラブとの併用可能です。夜間までご利用の方を優先的にお受けします。満席になり次第受付終了させていただきます。ご利用をお考えの方はお早めにご相談ください。 ご意見はこちらから      

2015年9月28日 ★17周年&ハロウィンパーティー★

ハロウィン送付

こんにちは、小栗ショウコです。   スーパームーンの今夜、皆様いかがお過ごしですか? さて、認定NPO法人あっとほーむは、10月1日で満17年になります。 私自身はまだまだ開業したのが昨日のように思えますが、小さい頃あっとほーむに来ていたあの子もこの子も高校生や大学生になったのを見ると、なんだか不思議な気分です。 そこで、ご利用者の皆様、ご関係者の皆様と共に、ハロウィンと兼ねて記念パーティーを開催致します。 子どもたちのかわいいハロウィン仮装、あっとほーむの紹介等、もりだくさんの内容になっております。ご利用者、ご支援者の皆様には、この機会にぜひお集まりいただき、直接感謝のご挨拶をさせていただければ幸いです。 【タイムスケジュール】 13:15 受付開始 13:30 開演    ごあいさつ    活動紹介映像 14:00 こどもプレゼンテーション ↑今回のパーティーはここがメイン↑ 子どもたちがあっとほーむのこと、働くママのことを自分の言葉で伝えます。 14:30 ハロウィン仮装コンテスト 15:00 こども企画ショー 15:30 大人も子どももみんなでゲームしまショー 16:00 閉演 お申し込みはこちらのサイトからお願いいたします。 http://kokucheese.com/event/index/338909/ ※まったく接点のない方のご参加はお断りしておりますのでご承知ください。   今回は残念ながら参加できないという皆様からのご寄付もお受けしております。  この機会にぜひあっとほーむの応援をお願いいたします。 http://www.npoathome.com/contribution.html    上記の招待状に、心をこめて切手を貼ってくれた二人。郵便局に一緒に出しに行きました。    

2016年1月13日 横浜チェンジメーカーズキャンプ

12528095_975331909220075_1793991608_n

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。   今日は小栗さんに同行し、YOKOHAMA Changemaker’s Campのメンター打ち合わせに同席させていただきました!       小栗さんはこのチェンジメーカーズキャンプで株式会社新藤 代表取締役社長・藤澤さんとともにメンターを務めています。7月の選考プレゼンから6ヶ月が経過し、横浜の抱える社会課題を解決し未来を創りたいという起業家さんを支援するプログラムも最後に近づいてきました。去年の12月には起業家の方々の事業課題解決に向け、オープンイノベーションセッションという取組みも行われていました。様々な方々とのマッチングや情報提供、アドバイスでたくさん収穫があった起業家の方々。2月のプログラム終了までにどんなカタチにするのかとても楽しみです。   ※12月のオープンイノベーションセッションの様子     私もこのプログラムのはじめから、社会起業家のみなさん、メンターの藤澤さん、小栗さん、そしてこのプログラムに協力し、知恵を出し合い関わっている多くの方々を見てきて学んだことがたくさんあります。その中で特に一番強く感じたのは、問題に向き合う時、その人の本気が試されるということです。   これが問題だ、どうにかして解決したいと、決意して一歩踏み出し、起業します。ただ、起業はできても、その後なかなかうまく経営が成り立たないということも多々あります。   そうすると、お金の問題に行き着きそうですが、やはり大事なのは最初に抱いたその人の事業にかける「想い」なんです。本日の打ち合わせでもメンターの藤澤さんも小栗さんもおっしゃっていましたが、「本気」が伝わってくるかどうかが人を動かす大事な要素。その事業を、自分の人生をかけて「本気」でやっていくという人には、それが伝わって周りの人も自然と手をかしたくなるんです。   「本気」につながる行動として、その人の事業をよくしようと協力してくれる人、アドバイスをくれる人に対し、真摯に素直に誠実に接していくことも大事です。小栗さんはいつもおっしゃっていますが、感謝の気持ちを持つだけでなく、相手に伝え、行動に表すことが大事なのです。きっとそういうことの積み重ねが問題解決の「チャンス」を運んでくるんですね。   では具体的に何をどうすればいいのか?どうすれば本気と思われて、どのような行動をすればチャンスが訪れるのか?それは、子育て支援起業講座で小栗さんが直に教えてくださいます。自分も顧客も社会も幸せになる仕事を、是非小栗さんの下で学んで立ち上げてください。   あっとほーむの一人としてこのプログラムに同行させて頂くことで様々な方とも出会えました。この学びと出会いを大切にして、私も感謝を返せるよう本気であっとほーむの活動に取り組みたいと改めて感じました。     では、次回のYokohama ChangeMaker’s CAMPレポートをお楽しみに!  

2017年9月14日 2017年度ドコモ市民活動団体助成事業贈呈式

ドコモ助成金

こんにちは、小栗ショウコです。   あっとほーむでは、子育て支援者育成事業においてあっとほーむのようなところ(おうち保育園Ⓡ)を全国に広げる活動において、2017年度ドコモ市民活動団体助成事業として採択していただきました! これまで、あっとほーむに来て頂くことで起業支援をしてまいりましたが、この助成金を活用し、遠方の方でも起業支援を受けられるようにITを活用した新しい取り組みを実施いたします。アナログの私には難しいのですが、助成金を活用して心強いプロを巻き込んで取り組む予定です。 本日はその贈呈式。 学校から帰ってきた子達も一緒に贈呈書を頂きました。