あっとほーむからの「お知らせ」

セミナー・イベント登壇

2014年6月23日 思春期セミナー第2弾開催!


こんにちは、小栗ショウコです。

本日、昨年に引き続き、つづきMYプラザさん認定NPO法人コロンブスアカデミーさんNPO法人アーモンドコミュニティネットワークさんと一緒に、思春期セミナーを開催しました。

なんだか最近ちょっと子育てが難しくなってきた、思春期かな?これからどう接していけばいいのかという方を対象にしたもので、概ね小学校5年生以上のお子さんの保護者を対象にしたもので、今日は39名の方が参加してくださいました。

 

午前中は、神奈川県警察本部生活安全部少年育成課 少年相談・保護センター所長の阿部 敏子さんにお話しいただきましたが、県警っていうとちょっと怖く堅苦しいのかと思ったら、ところどころ会場が笑い声に包まれて和やかな時間でした。子どもが犯罪の加害者被害者にならないために、どうすればいいのかってわからないですよね。今の時代ネット犯罪もあるので、どうすればいいのか考え、そしてこんな風にやってみようというヒントをみなさんもらえたんじゃないかと思います。

 

私は小学生ママたちの個人相談を担当させていただき、各ご家庭の今の状況などを聞かせていただき、微力ながらも「お話しできて良かったです」と笑顔で帰ってもらうことができました。ほんの1回の相談では何の解決にもならないけど、私たちのような各団体があり、いつでも相談していいんだと思ってもらうだけでも気持ちが軽くなるのではないかなと思っています。

 

子育ては、産まれてから小学校に上がるまでじゃなく、思春期を迎え、自立し、大人になるまで続くものです。それに、周りのみんなに手を貸してもらいながら、迷惑をかけながら成長していっていいんです。どうぞゆったり構えて子どもの自立を見守ってあげてください。子どもはどんなに反抗しても自分のお父さんとお母さんのことが大好きですよ。

 

思春期セミナー

« »

関連記事

2015年1月25日 2015年、一歩踏み出した人たち

20150125

こんばんは、あっとほーむ事務局の阿部です。   本日は子育て支援起業講座の第5期生1月開始コースの初日でした! 午後1時から始まったこのクラスには男性2名、女性2名が参加され、茨城や神奈川の関東方面だけでなく大阪からの参加者もいらっしゃいました。以前に無料説明会&スタートアップセミナーでご一緒だった人もいて、なごやかな雰囲気で講座がスタートしました。 この子育て支援起業コースは、受講生がひとりひとり抱える想いややりたいことを明確にするところから始め、どのように事業としてカタチにするのか、周りの人に伝える技術を磨きながら学んでいきます。今日は普段受講生自身が気づいていない、ご自身の想いの根底に何があるのかをひも解いていきました。この作業が事業の軸につながるのです。   「自分が何をしたいか分からなかったが、少し見えてきてよかった」「自分の想いを再確認できた」「今まで自分の想いをうまく説明できなかったが、この作業を通して想いを論理立てて説明するためのヒントを得た」と感想を頂きました。 この講座でほかの参加者とコミュニケーションしながら自分自身を見つめ直すことで、自分一人ではなかなか見つけられない想いに気づいていきます。次回の講座までに宿題も出ましたが、参加者同士励まし合って、情報交換しながら進めていきましょう。 今日はお疲れさまでした。   「働く女性のために」 「子どもひとりひとりに向き合うために」 「子どもが安心して過ごせるために」 「地域のために」など、 様々な想いを持っている方たちがあっとほーむの子育て支援起業講座に参加されています。第5期は2月、4月にもコースがあります。自分の想いをカタチにしたいと考えている方、想いはあるけど自分が何をすればいいか分からない方、まずは無料説明会&スタートアッップセミナーへご参加をお待ちしています。 そして、すでに説明会にご参加いただき迷っている皆様、一歩踏み出した仲間があなたを待っています。是非この春、あなたの想いを明確にする一歩を踏み出してください。   無料説明会&スタートアップセミナーへのお申し込みはこちら すでに説明会にご参加いただき、お申込みの場合は事務局までお知らせください。

2015年3月16日 応急手当講習しました

応急手当20150315

こんにちは、小栗ショウコです。   昨日3月15日は、一日かけて応急手当講習を行いました。子育て支援起業講座を受講中の皆さんと、開業予定の方、すでに開業している方、あっとほーむで保育に従事している方が集まり、L.S.F.A.children’sという乳幼児・小児を専門的に扱う応急手当です。私はこちらのインストラクターもしているので、皆さんには保育者として、又は保育事業者として日々の予防と、万が一の際の手当てを学んでいただきました。     お昼休みに、子育て支援起業講座に通いながら、市川市レディースビジネスコンテストで最優秀賞を受賞した渡邉さんに、改めてお祝いのお花を渡してみんなで記念撮影。ここで勉強したことが、社会に認められ、地元での起業を後押ししてもらえたことは心強い一歩を踏み出せたと思います。本当におめでとうございます!渡邉さんはじめ、皆さんの夢の実現に向けて今後も応援していきます。    

2015年6月17日 女性が活躍する社会をデザインする

浜銀総研講演会

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。 今日は変なお天気でしたね〜!朝は太陽が出ていたのに、お昼にポツポツ降ってきたと思ったら、夕方には雨ざぁーざぁー土砂降りです。傘を持ってなくて困った〜〜という人も多かったかもしれませんね。 本日は小栗さんが浜銀総研さん主催の講演会で「女性が活躍する社会をデザインする〜子育て支援の現場から考える働きかた改革〜」というタイトルでお話しました。私も会場に同行。久しぶりの同行と、会場にお越し頂いたたくさんの人にドキドキしてしまいました。 今回の講演会の中では、小栗さんが17年間の子育て支援を通じ見て感じたことをもとに、企業と地域が連携し、働く女性たちやその子どもたちを具体的にどう支援していけばいいのかをお話しました。仕事も頑張りたい、子どもにも愛情いっぱい接したいという働くママたちの多くは、職場に申し訳ないと感じ、子どもたちにもさみしい思いをさせているのではと感じているのです。そんな彼女たちの想いを理解し、企業と地域の連携で、精神的にも経済的にも彼女たちを支えることができるんです。そして、仕事も子育ても楽しく両立するママたちの姿を見て、その子どもたちが後に続き、将来日本社会を背負って立つかっこいい大人が増えるんです。 去年あっとほーむが浜銀総研ビジネスウーマン・アワードで大賞を受賞した後も、浜銀総研さんにはBestpartner誌にあっとほーむを取り上げて頂いたり、今回もこんなに大きく素敵な会場で大勢の人へ向けお話する機会を頂いたりとあっとほーむの活動に共感し応援してくださっています。普段あまり接することのない分野の方々にもこうやってご支援頂けることは大変嬉しいことですし、私たちの活動もより多くの方々に広がっていきます。本当に感謝してもしきれません。 本日はあっとほーむの新しい活動『地域かぞくプロジェクト』の話もさせて頂きましたが、さまざまな方面からこうやってご支援頂けることを糧にして、あっとほーむスタッフ一同、より一層精進して活動して参りたいと思います。

2015年9月27日 共に学び続ける仲間たち

no igame

こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。  昨日は朝から快晴!青空と太陽がのぞく気持ちのよい秋晴れの一日でしたね。    今日あっとほーむでは、おうち保育園(R)協会の第5回定例会を開催しました。シルバーウィークの最終日にも関わらず、関東だけでなく、関西、東北、九州から協会会員のみなさんが集まりました。子どもがいても、仕事があっても、遠くに住んでいても、この定例会に参加して学ぼうとするその意欲、姿勢、本当にすばらしいと感じました。   今回の定例会では、第一部でアンガーマネジメント入門講座、第二部でパネルディスカッションを開催しました。近況報告はもちろん、この定例会ではコミュニケーションのスキルアップ、事業者としての心構え、どういった取り組みが事業継続に必要かを学んでいきました。   第一部のアンガーマネジメント入門講座の講師は、子育て支援起業講座・特別講師でもある社労士の平山久美子さんです。たくさんのワークを交えて行われた今回の入門講座では、人間の自然に湧き出る感情の一つでもある「怒り」というものを改めて捉え直し、自分の「怒り」の感情にどう向き合っていけばよいのかを学びました。自分の日々の何気ない行動や感情に向き合い、それを見返すことは、それぞれの事業でも活かされますし、なによりも、自分の人生をより豊かで楽しく幸せに過ごすために重要だということにも気づかされました 。   第二部では、第5期生修了式にも基調講演を頂いた音楽プロデューサー・ビジネスプロデューサーの稲葉瀧文さんと、あっとほーむ代表の小栗さんをパネラーに向かえ、夢のようなパネルディスカッションが実現しました。実は、稲葉さんの基調講演を聞いた参加者から「ぜひもう一度稲葉さんのお話を伺いたい」という声がたくさんあがっていました。稲葉さんにそのことをお伝えすると、多忙なスケジュールの中にも関わらず、「みなさんの学びにつながるならば」と今回この企画を快く引き受けてくださったのです。   子育て支援起業講座を卒業し、すでに開業している方も、これから開業される方も、不安や悩みを抱えています。それは新しいことに挑戦するが故の「不安」です。今回のパネルディスカッションで、稲葉さんと小栗さんが歩んできた道のり、そこで培われたことを伺うことによって、自分が事業者としてそういった状況に陥った時どうやって対処していけばいいのか、どんなふうに考えることが大事なのかということが見えてきました。パネルディスカッションの中には「大丈夫だよ、安心していいよ」と参加者の背中をポンっと押してくれるようなアドバイスがたくさん。参加者ひとりひとりからの感想を伺うときも、みなさん安心したような、ほっとされたような表情でお話してくださいました。   あっとほーむは事業者が幸せになる事業をしてほしいと考えています。だから、おうち保育園®協会でスキルアップの場を提供するだけでなく、不安も悩みも話せる場をつくり、想いに共感してくれる心強い仲間とともに活動してます。   私たちの想いや活動に共感してくださる方、ここで一緒に事業立ち上げを考えたいと思った方、ぜひあっとほーむの子育て支援起業講座を受けてみませんか。あなたの想いを理解し、助け合える仲間が待っています。

2015年3月22日 大人が集まるあっとほーむ

20150322

こんにちは、小栗ショウコです。   土日は気持ちよいお天気でしたね。あっとほーむのある横浜市・港北ニュータウンででも公園の花が色づき始め、見ているだけで気持ちが良いです。 さて、そんな週末、あっとほーむでは土曜日には子ども連れのママたち、日曜日には大人の勉強会が開催されました。子連れのママたちが来てくれたのは「ほんとうは楽しい仕事&子育て両立サロン」で、月に一度あっとほーむ又は近郊で開催されているものです。あっとほーむのご利用に関わらず、近隣の市区からわざわざ来てくれるのは、復職前や復帰後にも小さな不安や大きな負担をちょっとでも話せる場があること。それが”ママ”でも”会社員”でもなく”私”として話せることが良いようです。今回もみんな笑顔で楽しい時間になりました。来月は4月25日(土)に港北ニュータウン近郊でおしゃべりティータイムを企画中です。まだ申し込みページで来てないけど、参加したいな~と思っている方はこちらからお申込みください。場所が決まり次第ご連絡いたします。     そして日曜日は大人の勉強会。午前中はあっとほーむの子育て支援起業講座に興味がある方が集まり、どんな内容で受けられるのか聞きに来てくれました。世の中には起業セミナーたくさんあるけど、いつか家庭のようなあったかい保育事業をしたいなら私たちの講座が一番です。実際に他の起業講座と比べて何が良いのか、卒業生が書いてくれましたのでここに記載します。 【受講を検討されている方々へ】この講座のいいところは、小栗さんの人柄、講座の内容はもちろんですが、子育て支援の内容に特化していること、また、少人数であるということだと思います。現在、各地に多くの起業講座がありますが、その大半は起業全体のことであり子育て支援に特化したものはほとんどありません。ですので、実際の起業に際して実務的、専門的なことは学べないのが現状です。でも、こちらの講座では一般的な起業講座でされることはほぼ網羅された上で、子育てに特化したことも取り入れていました。また、少人数であるが故に多くの内容を同期でシェアし、お互いにいい気付きとつながりが出来ますが、講義がメインのものでは、本当の意味ではなかなか繋がれません。これは、一般的な起業講座にも通ったことがある私自身が実際に感じたことです。あっとほーむの収支や利用しているシステム等までオープンにしているのに、FCでもなく、自分独自の子育て支援をすればいい、という自由度の高さも大きな魅力でした。(ここまで)   あっとほーむのようなところがほしい!という働くママは全国にいます。だからあっとほーむのようなところを作りたいなと思う方には、私たちのスキルやノウハウを提供するから、是非自分の地域で立ち上げてほしいと思います。講座の無料説明会は月1回開催。次回は4月19日(日)10:00~です。(4月の説明会に参加していただくと、5月からの講座に参加でき、12月に卒業することができます) 今日の講座ではキャリアカウンセラーの実績を活かした起業をした働くママサポーターの山崎さんのミニセミナーも開催。働くママの仕事に対する想いを聞くことができて、改めて子育て支援への気持ちを強くしました。