あっとほーむからの「お知らせ」

セミナー・イベント登壇

2014年10月13日 これからどう生きていきたいんだろう?


こんにちは、小栗ショウコです。

 

台風19号が気になりますね。皆様の地域は大丈夫ですか?

さて、そんな台風の心配をしていた今日、日本女子大学でお話しさせていただきました。依頼内容から今までのようにあっとほーむの成り立ちから事業内容、将来ビジョンまでのお話だけでなく、私自身の生き方や価値観なども盛り込んだ内容にしていて、改めて自分の人生を振り返る機会をいただきました。

 

私の人生で大きな節目は、約10年勤めた会社を辞めたこと。仕事は好きだったしやりがいも感じていたけど、小さな不満が積み重なった時、毎日目を吊り上げて怒って生活している自分に気づきました。職場でのストレスを解消するために、旅行に行ったり飲みに行ったりカラオケしたり。なのに休日が終わるころ、「また明日から仕事か」と気分が重くなっていたし、仕事は好きなのにいつも戦闘態勢のような気分で出勤していました。

でもね、そんな生活はイヤだけと思ったんです。

努力はしたけど、女性である私がこれ以上この会社にいても成長はないと確信し、満10年勤務まであと3か月という頃に退職しました。でも、何の予定があったわけでもないし、10年勤めたからって手に職があるわけでもない、会社を辞めたら肩書きだって関係ない、ほんとに何もないただの30歳の私がいるだけでした。

 

今思うと後先考えないで勢いで退職したけど、何もない状態になったことでこれからの人生を考えるきっかけになりました。

「私、これからどう生きていきたいんだろう?」って。

働かざる者食うべからずの価値観の私が、再就職しようかな?アルバイトやパートでもいいかな?と考えていた時、「ムリムリ!どこに勤めても同じだよ。だったら自分で仕事をやればいい」と背中を押したのは夫でした。

私は仕事が好きだったけど続けられなかった。でも、頑張って働き続けている人もいる。私自身、あのまま仕事を続けていたら、きっと結婚・出産のタイミングや子育てとの両立で苦しくなるだろうと思ったら、私ができることで仕事を続けたい女性のサポートをしたいと思ったんです。それがあっとほーむの始まりです。

 

今日私を呼んでくれた先生が言っていました。「人生はいつからでも変えられる」と。「このままの人生でいいのかな?」と今の生活に疑問を抱いたら「これからどう生きていきたいんだろう?」ってじっくり考える時間を持ってみてください。自分ひとりで答えが出ない時は、もやもやしているままでいいからいろんな人に相談してみてください。きっとあなたが思いもしなかった道を示して背中を押してくれる人がいますよ。

 

今日の資料を作った日から、そんなことを考えていた私でした。

 日本女子大学

 

« »

関連記事

2014年10月18日 仕事と子育て、パパと一緒に楽しもう!

20181018

こんにちは、小栗ショウコです。   本日は、ほんとうは楽しい仕事&子育て両立サロン「パパと一緒にたのしもう!」を開催しました。なんと、6~7年前にあっとほーむにボランティアに来てくれていたSさんもお子さん連れで参加してくれて、久しぶりの時間を楽しむことができました。   Sさんは、会社帰りの夜に週1回ペースで来てくれていて、時には有給使ってお出かけ保育やお泊り保育もお手伝いしてくれていた方です。まだ独身だったころにあっとほーむのボランティアで子どもたちと過ごしたことで、今二人の子育てに役立っていることがたくさんあると言ってくれて、嬉しい限りです。Sさんが、私と子どもたちとの何気ないやり取りや、お迎えに来たパパママと子どもの会話、働くママと子どもたちの生の姿を見ることで自分の子育ての役に立ってると言ってくれたように、結婚や出産前に、多くの子どもたち、しかも乳幼児だけでなく小学生と触れ合う経験ができると、自分の子育てに大きな自信を与えてくれると思います。 会社にお勤めの方も、いつか自分に合う仕事を見つけたい方も、子ども関係のお仕事をしたい方も、是非あっとほーむにボランティアやスタッフとして携わり、ご自身の仕事と子育てに役立つものを吸収してくださいね。スタッフ、ボランティア募集しています。   来月の両立サロンテーマは「小1の壁を乗り越えよう!」です。来年度1年生になるお子さんがいる方、年少さん年中さんのお子さんがいる方は是非今のうちに準備しておくべきこと、事前に知っておいた方が良いことを聞きに来てくださいね。        

2014年12月5日 静岡市職員向けに講演してきました

静岡市役所講演

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。   この数日、本当に身体の芯から冷えるような寒さが続きますね。 先日、代表•小栗に同行し訪れた静岡市内も、冷たい風が吹き付ける身を切るような寒さでした。でも、小栗から「穏やかな県民性なんだよ」と伺っていた通り、取材を受けた静岡新聞社でも講演会を依頼された静岡市役所でも私たちをあたたかく迎え入れて頂き、一時、寒さを忘れてしまいました。   静岡市役所では、代表・小栗とともに、あっとほーむのアドバイザーでもあり、小栗と共に書籍を出版した松蔭大学准教授・田中聖華さんが、市役所職員に向けて、「仕事に誇りを、子どもに愛情を」というタイトルで、仕事と子育ての両立についてお話しました。   18:30から20:30という時間の講座にも関わらず、50名以上の方が参加して頂いたこと、その参加者のうち半数以上が男性だということをみると、静岡市役所の方は男性女性問わず、仕事と子育ての両立への取り組みに対する意識がとても高いのだと感じました。   この講座を企画した静岡市の担当者は本当に熱意のある方でした。彼女自身が働き続けたいと考えてはいるものの、周りに頼れる親族がいないということで、仕事と子育てを両立していくことにすごく不安だったそうです。そういった中で、小栗と田中さんの著書と出会い、ぜひ市役所職員へ向け話をしてくれないかと、自らあっとほーむを訪れ、何度もメールのやり取りをして当日を迎えた経緯があります。   当日、職員のみなさんに向けて小栗が話をしたことで、子どもがいて働き続けることに罪悪感を持ち、仕事と子育てを両立していくことに不安を抱えていた方も、周りに頼っていいんだよという言葉や、子どもたちは大人が思うほど自分たちのことを可哀想だとは思っていないという話に、働くことにすごく前向きになれた様子でした。不安や罪悪感が払拭され、涙していた方もいました。また、女性だけでなく男性からも、産休や育休を取得した女性たちが不安な気持ちで職場に復帰してくることがわかり、彼女たちにどう接して行けばよいかということがわかってよかったという声も頂きました。若い男性職員の方は、「小栗さんの話したことは目からウロコのことだった、自分も将来子育てに携わる時実践したい」と話してくれました。そして、講座が終わる頃にはみなさんスッキリした表情をされていました。   今後も、あっとほーむの保育に支障がない限り、代表・小栗と共に他の地域にも積極的に出向いていきたいと思います。企業や行政等で、今後どのように仕事と子育てを両立していいのか悩んでいる社員の皆さんに、そして両立する社員をどのようにフォローしていけばいいのか迷っている上司・役員の皆様に向けて、代表・小栗が多くの働く女性サポートをしてきた実績からお話しさせていただきます。 講演の内容はこちらでご覧いただけます。(リンク先ページ下部:各種講座・セミナー登壇欄参照) どうぞお気軽にお問いあわせください。    

2014年6月4日 おじいちゃんおばあちゃん世代へ活動紹介

no igame

こんにちは、小栗です。   昨日はご近所の大型マンションのシルバーサロンにお邪魔して、あっとほーむの活動紹介をしてきました。 私が個人的にボランティアをしていたコミュニティカフェで出会った方がシルバーサロンをまとめる方で、是非お話ししてほしいということで行ってまいりました。   参加してくださった方は男性もいましたが、女性の皆さんは自分は専業主婦で過ごしてきたという方ばかりで、今どきの働くママについてどう思っているのかちょっと心配な部分もありましたが、みなさんうなづいて話を聞いてくださりびっくりしました。 近くに住むお孫さんのお世話をしている方、海外に住むお孫さんのお世話をしに行くという方もいて、かわいいお孫さんのために頑張っている世代です。お孫さんのお世話、同じマンションに住んでいる子どたちのお世話、そして関心があるならあっとほーむでのボランティアも是非とお勧めしましたが、おじいちゃんおばあちゃん世代の子育て支援のコツは、頑張りすぎないことです。子育てに一段落し、ご主人の定年を迎えて、やっとご夫婦で自由にできる時間を持てたと言う人もいれば、自分の趣味やお友達との観劇や旅行も楽しみたいだろから、親族だけでなく地域のいろんな人の手を借りて、おじいちゃんおばあちゃんも、パパママも子どもたちも、ムリせず子育てに参加してほしいと思います。   最後にお抹茶とお菓子をいただき、楽しい時間を過ごさせていただきました。こういうおじいちゃんおばあちゃんだったら、みんな幸せだろうな。  

2015年3月12日 ACBEEシンポジウム2015に登壇しました

20150311

こんにちは、小栗です。   昨日、3月11日はACBEEシンポジウム2015に登壇してまいりました。セミナーの冒頭、東日本大震災で被害にあわれた方への気持ちを込めて黙とう。私はあの日、横浜での揺れを体験しましたが、それ以上の大きな揺れと迫りくる津波、寒い中過ごした避難生活を強いられた皆様、どんなに大変な想いをされたことでしょうか。本当に心が痛みます。(この件を語り出すと止まらないので今日はここまで)   さて、シンポジウムは楽しみにしていた坂東眞理子さんの基調講演から開始。坂東さんの経験を基に、時には真剣に、時には笑いが起きる緩急あるお話しで1時間あっという間に終わってしまいました。男女共同参画の第一人者として歩んできた坂東さんの生き方をほんのちょっとですが垣間見れた有意義な時間になりました。 その後、私は「女性活躍と行政・企業・地域の連携」という分科会でお話しさせていただきました。モデレーターのアキレス美知子さんは企業等で女性活躍について力を発揮してきた素晴らしい方で、事前打ち合わせでも当日の進行でも、私たち登壇者が気持ち良く話せるようにとてもよく考えて場を盛り上げてくださいました。 坂東眞理子さんも、アキレス美知子さんも、穏やかな笑顔なのにぶれない軸を持って生きてきた素晴らしい女性です。きっとたくさんの壁があり、たくさんの悔しい思いもしてきただろうけど、”自分”をしっかりと持ち、家庭以外でも自分の才能を花開かせるための努力をし続けてきた結果として今があるのだと思います。お二人のお話から共通して感じたことは、ライフステージごとに仕事と家庭・子育てのバランスは変えてもいいから、どちらも手放さずに続けることが大切だということ。会場にいた多くの人が勇気をもらった時間でした。   ※シンポジウム終了後、アキレスさんと。      

2016年7月13日 子どもに関わる事業をしたい!

DSC00962

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿依里子です。     あっとほーむでは、長年の子育て支援事業で得たスキルとノウハウを、これから起業したいという皆さんに子育て支援起業講座という形でお伝えしてます。 7月10日の午前中はその講座の説明会&トークサロン、午後は起業講座4日目を開催しました。     トークサロンでは、起業講座を受講し、相模原市で開業した相模原ママと子どものプレイパーク オハナ・代表 村田かなえさんが来てくださり、説明会参加者に先輩起業家としてご自身の経験談をお話ししてくださいました。 村田さんもはじめは参加者と同じように不安や迷いを持って、自分がどんなことをできるか説明会に参加されました。村田さん自身は、ここに来る前にもいろんなセミナーに出たり勉強会に参加していたそうですが、小栗さんに出会い、「ここで学びたい!」と起業講座を受けたことが村田さんの起業の第一歩になったのです。 参加者のみなさんの中には身を乗り出して、うんうんと大きくうなずいて村田さんの話を聴いている方もいらっしゃいました。きっとそんな方々が起業家の第一歩を踏み出すのかもしれません。           さて、午後は起業講座・起業準備コースの4日目です。 午前中に引き続き、オハナの村田さんの講義の後、スペシャルゲストが! 5期生の修了式にも基調講演をしてくださった音楽プロデューサー&ビジネスプロデューサー稲葉瀧文さんです。8期生一人一人の事業プレゼンを聴いてアドバイスをくださいました。 他にも、おうち保育園(R)協会の先輩起業家の方々もいらっしゃって、同じくアドバイスをくださいました! こんな貴重な時間に8期生も感激!自分のために、時間を作って集ってくれる方々に感謝の気持ちを伝えることができたら、次はどんどん行動すべし!です。8期生はこれから運用実務コースに進みます。 まずは稲葉さんや先輩起業家の方々から頂いたすばらしいアドバイスを事業プレゼンに活かします。 この日は特別に、ゲストと先輩たちも含めてお食事会も。教えてくれる仲間、共に学ぶ仲間、教える仲間がいる心強さは半端ない。みんなで地域の子育て環境を創っていきましょう。      あっとほーむの子育て支援起業講座8月、9月の無料説明会&トークサロンはこちらから! ぜひみなさんのご参加をお待ちしております。