あっとほーむからの「お知らせ」

メディア掲載

2014年12月3日 静岡新聞社の取材


こんにちは、小栗ショウコです。

 

寒いけどよく晴れた昨日、静岡に行ってまいりました。と言っても、実家への帰省ではなく、静岡市内での講演を依頼されたことと、それに合わせて静岡新聞社の取材を受けてきました。ついでに実家に帰ろうかとも思いましたが、私の実家は静岡市内から高速バスに乗って1時間ちょっと。そこまでの時間はないので今回は講演会と取材だけで帰ってきました。

 

まずは静岡新聞社の取材。

こちらは最近よく取材のテーマになる「小1の壁」についてです。子育て中のママたちがチームとなり、記事を書いているとうことで、具体的なこともたくさん聞かれました。あっとほーむから遠ければ遠いほど、実際に手を出してサポートできることはないのですが、あっとほーむを利用してきたママたちの事例や、私からみてこういう家庭環境だと子どもがとても落ち着いているとか、こういう風にするとうまく両立できているということは伝えられます。働くパパママたちの一番の不安は、子どものこと。子どもが安心安全な環境で幸せに過ごしてほしいんです。そのために私が見てきたこと、感じたことは全部お伝えしていこうと思います。関東だからとか地方だからとか関係なく、働くパパママの子どもに対する想いは同じ。熱心に聞いてくださった静岡新聞社のみなさんが、どんな記事を書いてくださるのか楽しみです。

静岡新聞社会議室から見えた富士山、キレイでした♪

 

講演会の様子はまた別途ご報告いたします。

静岡新聞社

静岡新聞富士山

 

« »

関連記事

2015年1月8日 シルバー新報に掲載されました

シルバー新報

こんにちは、小栗ショウコです。   シルバー新報という介護系の皆さんが読む新聞に掲載されました。 なんで介護向けに?と私も思いましたが、保育と介護って似ているし、両方活動している団体や企業も多いんですよね。そして、あっとほーむも今後は高齢者も対象にした活動をしていきたいので、取材時にいろいろお話を伺うことができ勉強になりました。 行政の支援はどうしても縦割りになってしまうけど、本来は継続して子どもや大人と関われる場が必要です。私は小さな子どもだけでなく、その子が小学生、中高生、社会人になってもずっと関わっていけたらいいな~と思っています。「小さい時みてくれた人」ではなく、無邪気な子ども時代も、思春期も、社会人になっても、「ずっと近くにいる人」でありたいと思っています。    

2014年11月26日 日経DUAL連載第13回

DUAL 看板

こんにちは、小栗ショウコです。 日経DUAL連載 第13回がアップされました。 今回の記事は、実家が近くになくても働き続けてほしいという願いを込めてます。今回の記事に登場したのは、遠くから親を呼び寄せて何とか乗り切った人ですが、親を頼れない人も多いでしょう。近くに親も親戚も友達もいない。いざとなっても遠くの親が助けに来てくれることは難しい。そういう人のためにあっとほーむを作りました。遠くの親を頼っても、近くの他人を頼っても、仕事を続けたいという想いがあるのなら、是非いろんな人を頼って仕事を続けてください。    

2015年3月25日 HoiClue♪さんで紹介していただきました

no igame

こんにちは、小栗ショウコです。   子どもたちのための保育情報共有サイトHoiClueさんで紹介していただきました。子どものための保育をしようと、保育士さん向けにたくさんの情報をUPしてくれているサイトです。こういう風に子どものことを考えて保育をもっともっと良くしようと頑張ってくれている人たちが昔からたくさんいます。そういうあったかい気持ちに支えられて子どもたちが成長していること、忘れてはいけないな~と思います。あっとほーむは、あっとほーむにで出来ることをしていこうと思います。      

2008年6月8日 TBSラジオ「メイコのいきいきモーニング」

1468545_120x90

あっとほーむが紹介されました。 2008/06/08

2007年7月5日 日経新聞 夕刊社会面

070709_1746~01

夏休みの子どもの過ごし方の取材でした。2007/07/05