あっとほーむからの「お知らせ」

セミナー・イベント登壇

2015年3月12日 ACBEEシンポジウム2015に登壇しました


こんにちは、小栗です。

 

昨日、3月11日はACBEEシンポジウム2015に登壇してまいりました。セミナーの冒頭、東日本大震災で被害にあわれた方への気持ちを込めて黙とう。私はあの日、横浜での揺れを体験しましたが、それ以上の大きな揺れと迫りくる津波、寒い中過ごした避難生活を強いられた皆様、どんなに大変な想いをされたことでしょうか。本当に心が痛みます。(この件を語り出すと止まらないので今日はここまで)

 

さて、シンポジウムは楽しみにしていた坂東眞理子さんの基調講演から開始。坂東さんの経験を基に、時には真剣に、時には笑いが起きる緩急あるお話しで1時間あっという間に終わってしまいました。男女共同参画の第一人者として歩んできた坂東さんの生き方をほんのちょっとですが垣間見れた有意義な時間になりました。

その後、私は「女性活躍と行政・企業・地域の連携」という分科会でお話しさせていただきました。モデレーターのアキレス美知子さんは企業等で女性活躍について力を発揮してきた素晴らしい方で、事前打ち合わせでも当日の進行でも、私たち登壇者が気持ち良く話せるようにとてもよく考えて場を盛り上げてくださいました。

坂東眞理子さんも、アキレス美知子さんも、穏やかな笑顔なのにぶれない軸を持って生きてきた素晴らしい女性です。きっとたくさんの壁があり、たくさんの悔しい思いもしてきただろうけど、”自分”をしっかりと持ち、家庭以外でも自分の才能を花開かせるための努力をし続けてきた結果として今があるのだと思います。お二人のお話から共通して感じたことは、ライフステージごとに仕事と家庭・子育てのバランスは変えてもいいから、どちらも手放さずに続けることが大切だということ。会場にいた多くの人が勇気をもらった時間でした。

 

※シンポジウム終了後、アキレスさんと。

 20150311

 

 

« »

関連記事

2014年10月18日 仕事と子育て、パパと一緒に楽しもう!

20181018

こんにちは、小栗ショウコです。   本日は、ほんとうは楽しい仕事&子育て両立サロン「パパと一緒にたのしもう!」を開催しました。なんと、6~7年前にあっとほーむにボランティアに来てくれていたSさんもお子さん連れで参加してくれて、久しぶりの時間を楽しむことができました。   Sさんは、会社帰りの夜に週1回ペースで来てくれていて、時には有給使ってお出かけ保育やお泊り保育もお手伝いしてくれていた方です。まだ独身だったころにあっとほーむのボランティアで子どもたちと過ごしたことで、今二人の子育てに役立っていることがたくさんあると言ってくれて、嬉しい限りです。Sさんが、私と子どもたちとの何気ないやり取りや、お迎えに来たパパママと子どもの会話、働くママと子どもたちの生の姿を見ることで自分の子育ての役に立ってると言ってくれたように、結婚や出産前に、多くの子どもたち、しかも乳幼児だけでなく小学生と触れ合う経験ができると、自分の子育てに大きな自信を与えてくれると思います。 会社にお勤めの方も、いつか自分に合う仕事を見つけたい方も、子ども関係のお仕事をしたい方も、是非あっとほーむにボランティアやスタッフとして携わり、ご自身の仕事と子育てに役立つものを吸収してくださいね。スタッフ、ボランティア募集しています。   来月の両立サロンテーマは「小1の壁を乗り越えよう!」です。来年度1年生になるお子さんがいる方、年少さん年中さんのお子さんがいる方は是非今のうちに準備しておくべきこと、事前に知っておいた方が良いことを聞きに来てくださいね。        

2012年10月16日 [終了しました]peep 自分のいいとこ発見セミナー(2012/10/16開催)

logo_new

ゲストとして登壇致しました。 http://peepeep.jimdo.com/

2015年6月22日 思春期セミナー3年目

思春期セミナー

こんにちは、小栗ショウコです。   昨日、今日と2日続けて「思春期セミナー」を開催しました。参加してくださったのは2日間でおよそ70人。あっとほーむと、NPO法人 アーモンド コミュニティ ネットワーク、認定NPO法人 コロンブスアカデミー、つづきMYプラザの4つの団体が協力して開催しているセミナーです。長年現場で子どもと保護者に関わってきた私たち。現場が違ってもそこから見える想いは共通しています。子育てがちょっと難しくなってきたと感じている保護者の皆さんに、その想いを伝えました。 それは、 「一人で抱え込まないで」 「相談できる人が必ずいる」 「家庭と学校じゃない第3の場所(人)を作りましょう」 ということです。   これは、私が働くママへ伝えてきたことと同じです。 子どもが小さくても思春期でも、日ごろから親も子どもも本音を出せる人と交流を持っておいてください。子どもがどんな風になろうとも、これまでの子育ては間違ってない。おじいちゃんおばあちゃんでも、おじちゃんおばちゃんでも、近所の友達でも、私たちのような支援団体でもいい。気づいた時に相談して、一緒に悩んで考えてくれる他人の力を存分に使ってくださいね。一人で抱え込んで、もうどうにもならなくなったときに頼るのではなく、ちょっと気になるくらいの時に相談して。きっと力になってくれる人がいますよ。 ※つづきMYプラザでは相談室があるので、いつでも相談してください。      

2014年11月8日 あっとほーむのようなところ、増やします!

20141108

こんにちは、小栗ショウコです。   今日は午前中に子育て支援起業講座の説明会、午後はその講座の第4期生・11月開始コース初日でした。 午後の講座では熊本から来てくださった方もいて、遠くから時間もお金もかけて参加してくださることに感謝します。   現在受講中の第3期生は6名、第4期生は7名います。 遠くの方でも近くの方でも、「地域の人のため」「子育て中の女性のため」「働く女性のために力になりたい」と思って、実際に行動している人がこんなにもいるということです。こういう想いを持った人が自分の地域で自分らしい子育て支援事業ができるように、これからも私が持っているものを全部伝えていきたいと思います。    

2016年3月29日 地域で伸ばす子どものチカラ

大石さん講演

こんにちは、小栗ショウコです。   3月27日(日)は、あっとほーむとおうち保育園Ⓡ協会主催の基調講演「地域で伸ばす子どものチカラ」を開催しました。 ゲスト講師は大石稜子さん。私にコーチングゲームを教えてくださった方ですが、実は一目会ったそのときから大石さんの優しさに惹かれていました。そんな大石さんから得られることを私だけではなく、もっと多くの人に伝えたいと思いお招きしました。   すぐに参加者の心をつかむ優しいまなざしにお声がけ、魅力的な講演内容にみんなが笑顔に! 多くの学びを得たと参加者からも嬉しい感想をたくさんいただきました。 コーチングや講演のテクニックではなく、大石さんご自身のお人柄でみんなを笑顔にして学びを深める姿に、こうありたいと思いました。   さて、この会は「キレイなお姉さん」こと阿部さんの司会で進行。   基調講演の後はあっとほーむの子育て支援起業講座7期生の卒業プレゼンです!働くママのの心のケアを目指す山本さん。   夜の世界で働くシングルマザーの子どもたちに、正しい生活リズムや規律、チャンスを与える活動を目指す飯窪さん。   そして、子育て支援起業講座を卒業し、開業したお二人のトークサロン。 みんな最初は「できるかわからない」「私には無理かもしれない」と考えていました。でも、同時に「やってみたい」という想いを抱いて受講をしてくれました。すると講座が進むにつれ、だんだんと「私にもできるかも!」と思うようになります。それは、講座の中で受講生自身がもっている可能性を引き出すからです。あっとほーむのようなお迎え付き夜間保育を目指してきても、その人自身の可能性を引き出していくと、もっと違う形で地域の親子を支援するほうが良い場合もあります。私たちの講座では、受講生の可能性が最大限に発揮できる事業の形を共に考えていくものなのです。 だから講座を卒業した仲間でも、みんなが同じ事業をしているわけではないんですね。そんな風に自分の可能性を活かして事業を開始した仲間が、みなさんの地域にもいます。まだまだ全国の働く女性、親子を支えるには少ないです。私もやってみたい!という方は是非あなたが立ち上げてください。私たちがお手伝いします。