あっとほーむからの「お知らせ」

セミナー・イベント登壇

2015年3月12日 ACBEEシンポジウム2015に登壇しました


こんにちは、小栗です。

 

昨日、3月11日はACBEEシンポジウム2015に登壇してまいりました。セミナーの冒頭、東日本大震災で被害にあわれた方への気持ちを込めて黙とう。私はあの日、横浜での揺れを体験しましたが、それ以上の大きな揺れと迫りくる津波、寒い中過ごした避難生活を強いられた皆様、どんなに大変な想いをされたことでしょうか。本当に心が痛みます。(この件を語り出すと止まらないので今日はここまで)

 

さて、シンポジウムは楽しみにしていた坂東眞理子さんの基調講演から開始。坂東さんの経験を基に、時には真剣に、時には笑いが起きる緩急あるお話しで1時間あっという間に終わってしまいました。男女共同参画の第一人者として歩んできた坂東さんの生き方をほんのちょっとですが垣間見れた有意義な時間になりました。

その後、私は「女性活躍と行政・企業・地域の連携」という分科会でお話しさせていただきました。モデレーターのアキレス美知子さんは企業等で女性活躍について力を発揮してきた素晴らしい方で、事前打ち合わせでも当日の進行でも、私たち登壇者が気持ち良く話せるようにとてもよく考えて場を盛り上げてくださいました。

坂東眞理子さんも、アキレス美知子さんも、穏やかな笑顔なのにぶれない軸を持って生きてきた素晴らしい女性です。きっとたくさんの壁があり、たくさんの悔しい思いもしてきただろうけど、”自分”をしっかりと持ち、家庭以外でも自分の才能を花開かせるための努力をし続けてきた結果として今があるのだと思います。お二人のお話から共通して感じたことは、ライフステージごとに仕事と家庭・子育てのバランスは変えてもいいから、どちらも手放さずに続けることが大切だということ。会場にいた多くの人が勇気をもらった時間でした。

 

※シンポジウム終了後、アキレスさんと。

 20150311

 

 

« »

関連記事

2015年3月2日 春は新しいことをやってみたくなる時期

20150302

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。 昨日は雨が激しく降る中、風も冷たく、傘を持つ手がかじかんでしまう、真冬に戻ったような1日でしたね。 私はこの天候で風邪をこじらせてしまいました。年度末で忙しいと思いますが、みなさんも体調に気をつけてくださいね!   さて、本日午前中は、子育て支援起業講座の無料説明会&スタートアップセミナーでした。毎回、説明会に同席し感じることですが、ご参加くださるみなさんの問題意識が非常に高いということです。自分や同じ職場の女性が直面した子育てと仕事の両立の大変さ、周りへの引目、不安感や孤独感、働く女性が何を必要としているかを真剣に考えていらっしゃいました。何より驚いたことが、そこから一歩先に進んで、社会がどうあるべきかまで考えていらっしゃったことです。今日ご参加頂いたのは5名の女性です。こんなに頼もしい女性が世の中にはたくさんいるんですね! また、いつも遠方からの参加者もいらっしゃいますが、今日はご自宅があっとほーむに比較的近い方が多かったです。私のように、自宅から通える範囲で、時間の調整が可能な方は、あっとほーむで社会人長期インターンとして働きながら、将来の起業に向けて学ぶことをお勧めします!必要なのは、資格でも保育の経験でもありません。学びたいという姿勢と実行する能力が大切なんです。それらがあれば、どんどん学ぶ機会を頂けるし、その機会を活かしていけば、自分の成長を実感していけます。   午後は、子育て支援起業講座・第5期生の講座でした。今日はまずコーチングゲームを使い、各自の人生理念をさらに明確にしていきました。私たちは事業者自身が幸せである事業をしてもらいたいと考えています。そのために何が必要なのか、人生を振り返って自分の想いを深掘りしていくこの作業が、自然と事業継続に必要な『事業理念の確立』につながるのです。3名の受講生それぞれに事業立ち上げに向けて不安なこともあります。でも、不安なことも、楽しいと思えることも話ができる仲間がいるから諦めずに前に進めるんです。共感して、応援してもらえる仲間がいる。ありのままの自分を受け入れてくれる場所がある。あっとほーむの子育て支援起業講座が他の起業講座と違うところはここだと思います。 春は新しいことをやってみたくなる時期。 それは大きな不安や決断を伴うものだけど、あっとほーむではあなたの不安も含めて一緒にこれからの人生を考えていきます。 熱い想いはあるけれど経験がなく不安だという方、まだ何をしたらいいか明確でない方こそ、私たちはお待ちしています! 3月の無料説明会は満席状態ですが、一般の方もご参加可能なセミナー、4期生の卒業プレゼンもありますので、ご興味ある方はお申し込みください。  

2017年6月6日 居場所を作ってね

思春期セミナー2017

6月5日、つづきMYプラザで毎年恒例の思春期セミナーを開催しました。 ※写真は講師と共催のみなさん。   難しくなってきた子育てのヒントを見つけにいきませんか?という副題で、都筑区内の小学校高学年から中学生に個別配布されるチラシの効果で毎年定員オーバーになるセミナーです。小学生から中学生の子の親だけでなく、実は20代30代の子を持つ親も、悩みを持って参加されます。   そういうみなさんに私たちが訴えているのは、居場所を作ってねってこと。 居場所ってね、誰かとつながっているという感覚を持てることです。自分を信じてくれる親がいること、先生がいること、友達がいること、親戚のおじちゃんおばちゃんがいること、近所のお兄さんお姉さんがいること。どれかがあれば人は自分を信じていける。自分は愛されている存在だと認識できるのです。 そうすると、大変なことがあっても「この環境は親が悪い」「社会が悪い」「だからみんな殺しちゃおう!」とう発想にはなりません。それは2年前、1年前、今年と、セミナーで講師をしてくれたそれぞれの専門家が集めてくれたデータでわかっていることです。     あっとほーむには、利用中のママや卒業したママたちが「どうしたらいい?」と相談してくれることもあるし、その子どもたちが人生の節目で悩みを打ち明けてくれることもあります。私がいつも相談される側の万能な人間というわけではないし、誰とでも合うわけでもないし、どんな相談でもど~んと来い!ということはありません。私一人で出来ることは限られるけど、私と同じように子育て中のママや子どもの相談に乗りたい、なんとか力になりたいと言う人は世の中にたくさんいます。今回共催した3団体の皆さんをはじめ、あっとほーむのようなところ自分でも作りたい!と学びに来る人も、みんなみんな、何とか力になりたいと行動している人たちです。   だけど子どもたちは、まだまだ家庭以外の居場所を自分で作れません。親以外の信頼できる人を自分で見つけることはまだ出来ないのです。だからどうぞ子どもが小さいうちに、子どもの居場所をたくさん見つけてあげてください。それがきっと、思春期になり、大人になってからの居場所につながるから。     まずはパパママが信頼できる人を探しましょう。学校や塾や保育園や学童保育、習い事やキャンプなど、ママ友でもいい。今まで生きてきた中で信頼できる人がきっといたはずです。この人はパパママが信頼している人なんだということは、子どもにも伝わります。そうすると子どもはその人を信頼できるし、困ったときには助けてっていえる居場所になります。そうやってたくさんの居場所を作ってあげることが、子どもの自立につながるんですよ。   強く幸せに生きる大人になるために、今から子どもの居場所をたくさん探してあげてください。  

2015年3月29日 4期生プレゼンテーション発表会&修了式

4期生5名、みんないい笑顔

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。   本日は、子育て支援起業講座第4期最後を締めくくる『プレゼンテーション発表会&修了式』でした。5名の受講生たちは午前中から午後にかけて最後の講座を受け、3時から受講生のご家族やご友人、そして今回は一般の方々もご来場頂いた中で、各自が熱い想いを持って立ち上げる事業について最終プレゼンテーションを行いました。 今日の朝は緊張もあって不安げな4期生でしたが、時間が経過するごとに仲間同士励まし合い、いつの間にかいつものなごやかな雰囲気に。思い返せば、4期生の講座はいつも和気あいあいとしたなごやかな雰囲気でした。講座以外でもFacebookでつながり頻繁に情報交換、近況報告をするなど、問題意識も高く、お互いの子育て支援に対する熱い想いを理解し、事業のカタチや今まで歩んで来た道は違うけれど、お互いを尊敬して励まし合ってきたからこそ、絆が深まったのではないかなと思います。  そんな4期生のなかには遠くは熊本や福岡から通われた方々もいました。仕事と子育てを両立しながら講座を受講した方、講座の間ご家族にお子さんを預け勉強に励んだ方もいます。働くママたちや地域の子どもたち、そして社会のために、「本当に自分のやりたいことは何だろう」「自分に何ができるのだろう」と自問自答を繰り返し、自分自身を見つめ、想いを伝えるプレゼンテーションを何度も見直しました。きっと心が折れそうになったこともあると思います。でも、あきらめないで続けてきたからこそ、今日この日を迎えられたのです。4期生5名が堂々と自信を持って自分の想いを発表する姿は本当にすばらしいものでした。     みんな最初は漠然とした想いでした。うまく自分の想いを表現することも難しかった。でも、今日はひとりひとりの才能や能力が花咲いた瞬間だったのではないでしょうか。4期の講座は本日で最後ですが、彼女たちにとって今日は始まりの一歩にすぎません。来月4月から開業を控えている方もいます。自分の気持ちを周りに伝え、すでにたくさんの協力を得ている方もいます。これから開業準備に忙しくなる彼女たちを、今後はおうち保育園®協会で サポートしていきます。 朝不安な中でも「今日は笑顔で終えられるといいね」と話していた通り、5名ともみんなきらきら輝く笑顔で締めくくれました!本当にみなさんお疲れ様でした!      

2014年9月3日 起業家を育てる

チェンジメーカーズキャンプ

こんにちは、小栗ショウコです。 今日はYOKOHAMA CHANGMAKER’s CAMP2014、ブラッシュアップコースのゼミを担当してきました。 これから横浜で地域の課題を解決するようなソーシャルビジネスを志す皆さんが集まるキャンプです。応募者が今日までのゼミを受講し、自分のビジネスプランを練り、プレゼンをして6名が選抜されていきます。私は主催者の希望もあり、あっとほーむの創業期から現在に分けて何をどう決断し、どのような結果が生まれたか等1時間のお話しとグループワークでアドバイスをさせていただきました。 横浜は起業家支援が充実していて、ソーシャルビジネスや若い起業家、女性起業家などに対して行政や企業が後押ししてくれる制度が多いです。こういうタイミングに合わせて自分のプランを創りこんでいくことってすごく大切ですよね。他自治体でも、ソーシャルビジネスセミナー、女性の起業塾などご依頼があれば講義に伺えますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。          

2015年4月8日 今からそなえる小1の壁

no igame

こんにちは、小栗ショウコです。   (株)パソナさん主催で開催される仕事×子育て塾、「今からそなえる小1の壁」でお話しさせていただくことになりました。 新学期が始まったばかりだけど、来年度、再来年度に小学校入学のお子さんがいる働くママ、これから働くママたちに、今から意識しておきたいことをお話しします。小1の壁って、そんなに焦らなくてもいいけれど、何も知らずに小1を迎えるのと、ちょっと前から意識して備えておくのとはママの気持ちが全然違う! 例えば、2人目3人目の子どもが小学校に入学するママたちが、とても落ち着いているように見えるのは、すでに1人目の小学校入学時にいろんなことを経験しているから、あらかじめ学校で何があり、子どもにこういう変化があるということを想定できているからです。 初めて子どもの入学を迎えるママたちには、経験しているママたちの知恵と、ママが見えない子どもの変化をお伝えすることで、いろんな変化に備えていただければと思います。   保育園時代からあっとほーむに来ていた子が、小学生になってどう変化するのか、切れ目のない保育をしてきたからこそ、働くママたちの知恵と子どもの変化をお伝えしていきます。少人数制なので、どうぞお子さん連れで気軽にご参加くださいね。 お問いあわせ・お申し込みは(株)パソナさんサイトからお願いします。