あっとほーむからの「お知らせ」

セミナー・イベント登壇

2015年4月8日 今からそなえる小1の壁


こんにちは、小栗ショウコです。

 

(株)パソナさん主催で開催される仕事×子育て塾、「今からそなえる小1の壁」でお話しさせていただくことになりました。

新学期が始まったばかりだけど、来年度、再来年度に小学校入学のお子さんがいる働くママ、これから働くママたちに、今から意識しておきたいことをお話しします。小1の壁って、そんなに焦らなくてもいいけれど、何も知らずに小1を迎えるのと、ちょっと前から意識して備えておくのとはママの気持ちが全然違う!

例えば、2人目3人目の子どもが小学校に入学するママたちが、とても落ち着いているように見えるのは、すでに1人目の小学校入学時にいろんなことを経験しているから、あらかじめ学校で何があり、子どもにこういう変化があるということを想定できているからです。

初めて子どもの入学を迎えるママたちには、経験しているママたちの知恵と、ママが見えない子どもの変化をお伝えすることで、いろんな変化に備えていただければと思います。

 

保育園時代からあっとほーむに来ていた子が、小学生になってどう変化するのか、切れ目のない保育をしてきたからこそ、働くママたちの知恵と子どもの変化をお伝えしていきます。少人数制なので、どうぞお子さん連れで気軽にご参加くださいね。

お問いあわせ・お申し込みは(株)パソナさんサイトからお願いします。

 

 

 

« »

関連記事

2014年3月15日 ソーシャルビジネスフォーラム2014

SBF2014

横浜市経済局主催のソーシャルビジネスフォーラム2014。 ご縁があって2012年に引き続き、今年もフォーラムでお話しさせていただきました。 分科会3:「地域を超え相互に解決力を高め合う起業家たち」のゲストです。 打ち合わせがあり、基調講演は途中までしか聞けなかったけど、コミュニティカフェとして有名なクルミドコーヒーの影山さんとはその後の交流会で名刺交換させていただきました。 一度行ってみたいな~。   私がお話しした分科会3では、株式会社シェアするココロの石井さん、 シュアールグループの大木さんとご一緒させていただき、お二人の事業のことも聞くことができて、とっても興味深かったです。 私はあっとほーむのこと、それを広げるきっかけやどう広げていくのか等をお話しさせていただき、分科会後の交流会では何人かの方と名刺交換がてらお話しさせていただきました。 子育て支援に興味のある人、今まで特に感じていなかったけど私の話を聞いて興味も持ったと おっしゃっていただいた方、大学でお話ししてほしいという方もいて、 私の話でもお役にたてたと思うと嬉しかったです。   こういう機会で、働き続けたい女性の現状や悩みや葛藤、それを解決するために 同じ地域に住む私たちが支援できることを一人でも多くの人に伝えて行きたいです。   今日のゲストに呼んでくださった株式会社イータウンフェローの米田さんに感謝します。 個人的には、米田さんのようにみんなが気分良くなるような気遣いのできる女性になりたいと思っています。 (大雑把な私には遠い道のり・・・)   フォーラムに関わってくださった皆様、参加してくださった皆様、ありがとうございました。                       小栗ショウコ  

2014年12月14日 あっとほーむのようなところを増やします

20141214

今日の午後は先週に引き続き4期生の講座でした。   その前、午前中は無料説明会で大阪、茨城、東京、横浜から集まってくれました。ホームページでたくさんの情報をじっくり読み込んできてくれたので、説明していてもみなさんとっても共感してくださり、和やかな時間になりました。私たちが講座受講に際して説明会に参加していただく理由は、現場をみて直接話を聞いて充分に納得してから受講してもらいたいからです。あっとほーむの成り立ち、講座を始めたきっかけ、講座の内容をきちんとお伝えし、説明会と同時開催のスタートアップセミナーでは、事業を継続するために必要なこと、そして講座の方法にほんの少しだけど触れてほしいなと思っています。 今日参加してくださった皆さんからは、直接話を聞けてよかった、具体的な内容や受講して開業した人の話を聞けて不安が期待になったなど感想をいただきました。興味があるのにまだ説明会に来ていない人はまずは説明会だけでもお越しくださいね。ここ数日で1月2月の説明会申し込みが立て続けにあったので、残席わずかです。特に1月に考えている人はお早めにお申し込みくださいね。説明会詳細、お申し込みはこちら。   さてさて、午後の講座はすでに前回までの3日間一緒に講座を受けてきた3人が揃い、最初から最後まで和気あいあい。だけどやることはやっています。3人ともすごい変化で、もうすぐにでも始められる状態です。ここまでで事業の軸がきっちりできたので、この後の5日間で具体的に事業化するための講義になっていきます。今日の講座では、昨年この講座を受講して働くママサポーターを開業した山崎まさ美さんが1時間講義を担当してくれました。彼女がキャリアカウンセラーとして接してきたママたちのこと、ママたちを雇用する企業のことをせきららに教えてくれました。そういう視点、普通に保育士をしてきた人にはなかなかないんです。子どものため、子どもの健全育成のため!という視点だけでなく、ママたちが、社会人としてどんな環境下でどのような不安を抱えてどのくらい頑張っているのかを知ることはすご~く大切なんですよ。そこがあってこそ、本当の子育て支援だと私は思います。 最初の4日間を終えて、みんながここに来てよかった、4日間頑張ってよかったと笑顔で言ってくれたことが嬉しいです。この後の5日間で事業化に向けて勉強を進めて、3月後半に卒業式を迎えます。それまで同期のみんなで支え合いながら頑張ってほしいな。 来週は今までの卒業生で勉強会。講座が終わってハイさよなら!ではなく、ここをスタートにみんなでつながってみんなでスキルアップしていきます。   あっとほーむで出会った子どもたち、パパママたち、そして受講生のみなさんの人生に、少しでもお役にたてることが私の生きがいです。  

2015年3月12日 ACBEEシンポジウム2015に登壇しました

20150311

こんにちは、小栗です。   昨日、3月11日はACBEEシンポジウム2015に登壇してまいりました。セミナーの冒頭、東日本大震災で被害にあわれた方への気持ちを込めて黙とう。私はあの日、横浜での揺れを体験しましたが、それ以上の大きな揺れと迫りくる津波、寒い中過ごした避難生活を強いられた皆様、どんなに大変な想いをされたことでしょうか。本当に心が痛みます。(この件を語り出すと止まらないので今日はここまで)   さて、シンポジウムは楽しみにしていた坂東眞理子さんの基調講演から開始。坂東さんの経験を基に、時には真剣に、時には笑いが起きる緩急あるお話しで1時間あっという間に終わってしまいました。男女共同参画の第一人者として歩んできた坂東さんの生き方をほんのちょっとですが垣間見れた有意義な時間になりました。 その後、私は「女性活躍と行政・企業・地域の連携」という分科会でお話しさせていただきました。モデレーターのアキレス美知子さんは企業等で女性活躍について力を発揮してきた素晴らしい方で、事前打ち合わせでも当日の進行でも、私たち登壇者が気持ち良く話せるようにとてもよく考えて場を盛り上げてくださいました。 坂東眞理子さんも、アキレス美知子さんも、穏やかな笑顔なのにぶれない軸を持って生きてきた素晴らしい女性です。きっとたくさんの壁があり、たくさんの悔しい思いもしてきただろうけど、”自分”をしっかりと持ち、家庭以外でも自分の才能を花開かせるための努力をし続けてきた結果として今があるのだと思います。お二人のお話から共通して感じたことは、ライフステージごとに仕事と家庭・子育てのバランスは変えてもいいから、どちらも手放さずに続けることが大切だということ。会場にいた多くの人が勇気をもらった時間でした。   ※シンポジウム終了後、アキレスさんと。      

2015年1月25日 2015年、一歩踏み出した人たち

20150125

こんばんは、あっとほーむ事務局の阿部です。   本日は子育て支援起業講座の第5期生1月開始コースの初日でした! 午後1時から始まったこのクラスには男性2名、女性2名が参加され、茨城や神奈川の関東方面だけでなく大阪からの参加者もいらっしゃいました。以前に無料説明会&スタートアップセミナーでご一緒だった人もいて、なごやかな雰囲気で講座がスタートしました。 この子育て支援起業コースは、受講生がひとりひとり抱える想いややりたいことを明確にするところから始め、どのように事業としてカタチにするのか、周りの人に伝える技術を磨きながら学んでいきます。今日は普段受講生自身が気づいていない、ご自身の想いの根底に何があるのかをひも解いていきました。この作業が事業の軸につながるのです。   「自分が何をしたいか分からなかったが、少し見えてきてよかった」「自分の想いを再確認できた」「今まで自分の想いをうまく説明できなかったが、この作業を通して想いを論理立てて説明するためのヒントを得た」と感想を頂きました。 この講座でほかの参加者とコミュニケーションしながら自分自身を見つめ直すことで、自分一人ではなかなか見つけられない想いに気づいていきます。次回の講座までに宿題も出ましたが、参加者同士励まし合って、情報交換しながら進めていきましょう。 今日はお疲れさまでした。   「働く女性のために」 「子どもひとりひとりに向き合うために」 「子どもが安心して過ごせるために」 「地域のために」など、 様々な想いを持っている方たちがあっとほーむの子育て支援起業講座に参加されています。第5期は2月、4月にもコースがあります。自分の想いをカタチにしたいと考えている方、想いはあるけど自分が何をすればいいか分からない方、まずは無料説明会&スタートアッップセミナーへご参加をお待ちしています。 そして、すでに説明会にご参加いただき迷っている皆様、一歩踏み出した仲間があなたを待っています。是非この春、あなたの想いを明確にする一歩を踏み出してください。   無料説明会&スタートアップセミナーへのお申し込みはこちら すでに説明会にご参加いただき、お申込みの場合は事務局までお知らせください。

2014年6月4日 おじいちゃんおばあちゃん世代へ活動紹介

no igame

こんにちは、小栗です。   昨日はご近所の大型マンションのシルバーサロンにお邪魔して、あっとほーむの活動紹介をしてきました。 私が個人的にボランティアをしていたコミュニティカフェで出会った方がシルバーサロンをまとめる方で、是非お話ししてほしいということで行ってまいりました。   参加してくださった方は男性もいましたが、女性の皆さんは自分は専業主婦で過ごしてきたという方ばかりで、今どきの働くママについてどう思っているのかちょっと心配な部分もありましたが、みなさんうなづいて話を聞いてくださりびっくりしました。 近くに住むお孫さんのお世話をしている方、海外に住むお孫さんのお世話をしに行くという方もいて、かわいいお孫さんのために頑張っている世代です。お孫さんのお世話、同じマンションに住んでいる子どたちのお世話、そして関心があるならあっとほーむでのボランティアも是非とお勧めしましたが、おじいちゃんおばあちゃん世代の子育て支援のコツは、頑張りすぎないことです。子育てに一段落し、ご主人の定年を迎えて、やっとご夫婦で自由にできる時間を持てたと言う人もいれば、自分の趣味やお友達との観劇や旅行も楽しみたいだろから、親族だけでなく地域のいろんな人の手を借りて、おじいちゃんおばあちゃんも、パパママも子どもたちも、ムリせず子育てに参加してほしいと思います。   最後にお抹茶とお菓子をいただき、楽しい時間を過ごさせていただきました。こういうおじいちゃんおばあちゃんだったら、みんな幸せだろうな。