あっとほーむからの「お知らせ」

セミナー・イベント登壇

2015年6月17日 女性が活躍する社会をデザインする


こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。

今日は変なお天気でしたね〜!朝は太陽が出ていたのに、お昼にポツポツ降ってきたと思ったら、夕方には雨ざぁーざぁー土砂降りです。傘を持ってなくて困った〜〜という人も多かったかもしれませんね。


本日は小栗さんが浜銀総研さん主催の講演会で「女性が活躍する社会をデザインする〜子育て支援の現場から考える働きかた改革〜」というタイトルでお話しました。私も会場に同行。久しぶりの同行と、会場にお越し頂いたたくさんの人にドキドキしてしまいました。

今回の講演会の中では、小栗さんが17年間の子育て支援を通じ見て感じたことをもとに、企業と地域が連携し、働く女性たちやその子どもたちを具体的にどう支援していけばいいのかをお話しました。仕事も頑張りたい、子どもにも愛情いっぱい接したいという働くママたちの多くは、職場に申し訳ないと感じ、子どもたちにもさみしい思いをさせているのではと感じているのです。そんな彼女たちの想いを理解し、企業と地域の連携で、精神的にも経済的にも彼女たちを支えることができるんです。そして、仕事も子育ても楽しく両立するママたちの姿を見て、その子どもたちが後に続き、将来日本社会を背負って立つかっこいい大人が増えるんです。
浜銀総研講演会
去年あっとほーむが浜銀総研ビジネスウーマン・アワードで大賞を受賞した後も、浜銀総研さんにはBestpartner誌にあっとほーむを取り上げて頂いたり、今回もこんなに大きく素敵な会場で大勢の人へ向けお話する機会を頂いたりとあっとほーむの活動に共感し応援してくださっています。普段あまり接することのない分野の方々にもこうやってご支援頂けることは大変嬉しいことですし、私たちの活動もより多くの方々に広がっていきます。本当に感謝してもしきれません。
本日はあっとほーむの新しい活動『地域かぞくプロジェクト』の話もさせて頂きましたが、さまざまな方面からこうやってご支援頂けることを糧にして、あっとほーむスタッフ一同、より一層精進して活動して参りたいと思います。

« »

関連記事

2015年3月16日 応急手当講習しました

応急手当20150315

こんにちは、小栗ショウコです。   昨日3月15日は、一日かけて応急手当講習を行いました。子育て支援起業講座を受講中の皆さんと、開業予定の方、すでに開業している方、あっとほーむで保育に従事している方が集まり、L.S.F.A.children’sという乳幼児・小児を専門的に扱う応急手当です。私はこちらのインストラクターもしているので、皆さんには保育者として、又は保育事業者として日々の予防と、万が一の際の手当てを学んでいただきました。     お昼休みに、子育て支援起業講座に通いながら、市川市レディースビジネスコンテストで最優秀賞を受賞した渡邉さんに、改めてお祝いのお花を渡してみんなで記念撮影。ここで勉強したことが、社会に認められ、地元での起業を後押ししてもらえたことは心強い一歩を踏み出せたと思います。本当におめでとうございます!渡邉さんはじめ、皆さんの夢の実現に向けて今後も応援していきます。    

2014年11月28日 大賞に選ばれました!

浜銀総研

こんにちは、小栗ショウコです。   今日は浜銀総研ビジネスウーマンアワード2014の表彰式。 なんとなんと、 あっとほーむが大賞に選ばれました!!!!!    人と比べられるのも、誰かと競争するのもキライな私なので、本来はこういうものへの応募はしないのですが、ずっとあっとほーむを支えてくださっている社労士の平山久美子さんからの紹介なので、珍しく応募したものです。平山さんは、あっとほーむの節目を作ってくださる方で、神奈川県子ども子育て支援奨励賞を受賞したのも、神奈川県指定NPOや認定NPOへのステップアップも彼女のおかげです。   授賞理由は、16年間働くママたちを支えてきた事、家庭的な環境を子どもたちに提供してきた事、働く女性たちへむけて講演活動や執筆活動など積極的に発信してきた事、そして、事業で培ってきたスキルやノウハウを提供して同じような活動を全国に広げる活動をしていること等、これまでやってきたことすべてを評価していただけました。 起業の後押しをしてくれた夫、利用してくださった働くパパママたち、毎日かわいい笑顔をくれた子どもたち、いつも支えてくれるスタッフのみんな、そして平山さんはじめ、応援してくれる関係者の皆様。そう、あなたです。こういう賞をいただいたのは皆様のおかげです。これからも、皆様と賞を与えてくださった浜銀総研の皆様に誇れる活動を続けていきたいと思います。   慣れない華やかな場で緊張しましたが、大賞に選んでいただいたおかげでもう一度プレゼンをさせていただくことができ、更に多くの方に共感していただくことができました。華やかな会場で表彰されるのもよかったけど、あっとほーむに戻ってみんなに「すご~い」って言ってもらえたことが一番うれしかったです。    

2015年4月8日 今からそなえる小1の壁

no igame

こんにちは、小栗ショウコです。   (株)パソナさん主催で開催される仕事×子育て塾、「今からそなえる小1の壁」でお話しさせていただくことになりました。 新学期が始まったばかりだけど、来年度、再来年度に小学校入学のお子さんがいる働くママ、これから働くママたちに、今から意識しておきたいことをお話しします。小1の壁って、そんなに焦らなくてもいいけれど、何も知らずに小1を迎えるのと、ちょっと前から意識して備えておくのとはママの気持ちが全然違う! 例えば、2人目3人目の子どもが小学校に入学するママたちが、とても落ち着いているように見えるのは、すでに1人目の小学校入学時にいろんなことを経験しているから、あらかじめ学校で何があり、子どもにこういう変化があるということを想定できているからです。 初めて子どもの入学を迎えるママたちには、経験しているママたちの知恵と、ママが見えない子どもの変化をお伝えすることで、いろんな変化に備えていただければと思います。   保育園時代からあっとほーむに来ていた子が、小学生になってどう変化するのか、切れ目のない保育をしてきたからこそ、働くママたちの知恵と子どもの変化をお伝えしていきます。少人数制なので、どうぞお子さん連れで気軽にご参加くださいね。 お問いあわせ・お申し込みは(株)パソナさんサイトからお願いします。      

2016年2月27日 メンター終了!

CMC1

こんにちは、小栗ショウコです。   2月26日、YOKOHAMA Changemaker’s CAMP 2015が終了しました! このお話をいただいた時から数えると約1年間、プログラムが始まってから半年、初めてのことで手探りでしたがなんとかやりきりました。 普段は、子どもに関わる起業を志す方のための講座をしていて、起業を建築にたとえると「いつか家を建てたいな~」「どんな家にしようかな~」「どういう土地がいいかな~」と、ゼロから新築の家を建てる作業をサポートしています。 が、このYOKOHAMA Changemaker’s CAMP 2015は、すでに事業をしてきた方が、これからの更なる飛躍を求めてきているので、さらによい家にするために建て増しをしようと取り組むプログラム。メンターとして彼らによりよい建て増しの方法をアドバイスするという難しいポジションでした。しかも、大学生のキャリア教育に介護職員向けの研修事業、家事代行のプラットフォームに、男の居場所×住宅補修という子育て支援とはまったく異なる4人のメンバーです。紆余曲折ありましたが、私のやれることはやりきりました。最後はみなさん自分の課題を解決できる糸口をつかめたようでよかったです。    会場にいらした100名近くの過半数が男性だったことに驚き、ソーシャルビジネスへの関心度が男女関わらず若者から中高年まで幅広くあるんだなと思いました。10分時間をいただいたのであっとほーむの紹介や夜間保育の必要性を訴えておきました(^^)これから取り組むべきは、時間に関わらず働く人たちの支援です。社会インフラを支える医療・介護・教育・サービス業の人たちが、仕事と子育てを楽しく両立するために、地域で支える仕組みを広げていきましょう!  

2014年12月7日 4期生の前半コース終了!

4期生4日目

こんにちは、小栗ショウコです。   寒いですね~。冷えますね~。温暖な静岡沿岸部で生まれ育った私は、冬が来るたびにもう耐えられないと叫んでいます。 さて、そんな寒い中ですが、今日のあっとほーむは熱く盛り上がりました!   先週はおうち保育園®開業講座を春から受講している3期生の卒業でしたが、今日は秋から受講している4期生が前半の4日間を終えました。(日程的に来週受講する人もいます) この4日間は、思いっきり自分を見つめ、何をしたいのかしっかりとした軸を作る4日間で、「あんなに漠然としていた想いが、ここまで明確になるとは思ってもいなかった」「途中でくじけそうになったけど、自分の想いを聞いてもらったおかげで大きな気づきを得てやりたいことがはっきりした」「自分の想いを明確にして語ることが本当に大切なんだと実感した」という感想をいただきました。 ぶれない事業の軸を作ったら、今度はそれを事業化する。ということで、後半のコースは、明確にしたやりたいことをいかに事業化するか?を学んでいきます。     あっとほーむのようなところやってみたい! 働く女性支援をしてみたい! 次世代の子どもたちのために自分ができることをやってみたい! そんな想いを持っている方が、おうち保育園®開業講座を受講しています。あっとほーむのような夜間保育や学童保育を目指す人もいれば、生きづらさを抱える子どもと親の居場所を作る人もいるし、専業主婦の再就職支援の保育活動を目指す人もいます。事業内容は様々ですが、いつか子どもに関わる仕事をやってみたいな、できたらいいなという漠然とした想いを持った人が講座を受け、前半4日間でやりたい事を明確にし、後半5日間で事業プランを作っていきます。今まで専業主婦だった人も、会社員だった人も、保育士だった人も、20代でも50代でも大丈夫。みんな最初はなんとなく思っていたこと、漠然としていたことがちゃんと「これが自分のやりたことです」って自信を持って言えるようになります。 今年ももう残りわずか。来年こそはじめの一歩を踏み出してみてください。私たちは、ちゃんと共感して納得してくれた人に受講してほしい。だからまずは無料説明会へお越しください。お待ちしています。