あっとほーむからの「お知らせ」

セミナー・イベント登壇

2015年9月27日 共に学び続ける仲間たち


こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。

 昨日は朝から快晴!青空と太陽がのぞく気持ちのよい秋晴れの一日でしたね。

 

 今日あっとほーむでは、おうち保育園(R)協会の第5回定例会を開催しました。シルバーウィークの最終日にも関わらず、関東だけでなく、関西、東北、九州から協会会員のみなさんが集まりました。子どもがいても、仕事があっても、遠くに住んでいても、この定例会に参加して学ぼうとするその意欲、姿勢、本当にすばらしいと感じました。

 

今回の定例会では、第一部でアンガーマネジメント入門講座、第二部でパネルディスカッションを開催しました。近況報告はもちろん、この定例会ではコミュニケーションのスキルアップ、事業者としての心構え、どういった取り組みが事業継続に必要かを学んでいきました。

 

第一部のアンガーマネジメント入門講座の講師は、子育て支援起業講座・特別講師でもある社労士の平山久美子さんです。たくさんのワークを交えて行われた今回の入門講座では、人間の自然に湧き出る感情の一つでもある「怒り」というものを改めて捉え直し、自分の「怒り」の感情にどう向き合っていけばよいのかを学びました。自分の日々の何気ない行動や感情に向き合い、それを見返すことは、それぞれの事業でも活かされますし、なによりも、自分の人生をより豊かで楽しく幸せに過ごすために重要だということにも気づかされました 。

 定例会第一部

第二部では、第5期生修了式にも基調講演を頂いた音楽プロデューサー・ビジネスプロデューサーの稲葉瀧文さんと、あっとほーむ代表の小栗さんをパネラーに向かえ、夢のようなパネルディスカッションが実現しました。実は、稲葉さんの基調講演を聞いた参加者から「ぜひもう一度稲葉さんのお話を伺いたい」という声がたくさんあがっていました。稲葉さんにそのことをお伝えすると、多忙なスケジュールの中にも関わらず、「みなさんの学びにつながるならば」と今回この企画を快く引き受けてくださったのです。

 定例会第2部

子育て支援起業講座を卒業し、すでに開業している方も、これから開業される方も、不安や悩みを抱えています。それは新しいことに挑戦するが故の「不安」です。今回のパネルディスカッションで、稲葉さんと小栗さんが歩んできた道のり、そこで培われたことを伺うことによって、自分が事業者としてそういった状況に陥った時どうやって対処していけばいいのか、どんなふうに考えることが大事なのかということが見えてきました。パネルディスカッションの中には「大丈夫だよ、安心していいよ」と参加者の背中をポンっと押してくれるようなアドバイスがたくさん。参加者ひとりひとりからの感想を伺うときも、みなさん安心したような、ほっとされたような表情でお話してくださいました。

 

あっとほーむは事業者が幸せになる事業をしてほしいと考えています。だから、おうち保育園®協会でスキルアップの場を提供するだけでなく、不安も悩みも話せる場をつくり、想いに共感してくれる心強い仲間とともに活動してます。

 

私たちの想いや活動に共感してくださる方、ここで一緒に事業立ち上げを考えたいと思った方、ぜひあっとほーむの子育て支援起業講座を受けてみませんか。あなたの想いを理解し、助け合える仲間が待っています。

« »

関連記事

2014年11月16日 自分も幸せになる事業をしよう

20141116

こんにちは、小栗ショウコです。   この土日は、子育て支援開業講座を開催。福岡、熊本からの参加者も含めて、4期生7人全員が集まりました。住んでいる場所は違うけど、全員が「いつか何かできたらいいな」と思っていて、あっとほーむを知りピンときて、講座を受講してくれています。あっとほーむのコピーではなく、自分らしい事業をしてほしい。そのために私たちが持っているすべてのスキルとノウハウを伝えています。   今日はみんなで事業理念の設定をしました。どこの起業セミナーに参加しても事業理念は設定するでしょうが、この講座に参加してくれる方には、自分の人生とビジネスを分けて考えたり、お金のために事業をするのではなく、自分も幸せになる事業をしてほしいと思っています。今日はコーチングゲームを使って、人生理念と事業理念を作るサポートをしてみました。それぞれの未来が少し見えてきたようで、いつにも増して笑顔で帰った4期生たちでした。   さて、2週間後は4期生よりも先に講座を受けている3期生の卒業式、来年1月からは5期生の講座が始まります。多くの方が受講して、それぞれに自分の道を見つけて進んでいってくれることが、本当にうれしいです。 私も一歩進んでみたいなと思う方は、講座の説明会にご参加くださいね。            

2015年1月25日 2015年、一歩踏み出した人たち

20150125

こんばんは、あっとほーむ事務局の阿部です。   本日は子育て支援起業講座の第5期生1月開始コースの初日でした! 午後1時から始まったこのクラスには男性2名、女性2名が参加され、茨城や神奈川の関東方面だけでなく大阪からの参加者もいらっしゃいました。以前に無料説明会&スタートアップセミナーでご一緒だった人もいて、なごやかな雰囲気で講座がスタートしました。 この子育て支援起業コースは、受講生がひとりひとり抱える想いややりたいことを明確にするところから始め、どのように事業としてカタチにするのか、周りの人に伝える技術を磨きながら学んでいきます。今日は普段受講生自身が気づいていない、ご自身の想いの根底に何があるのかをひも解いていきました。この作業が事業の軸につながるのです。   「自分が何をしたいか分からなかったが、少し見えてきてよかった」「自分の想いを再確認できた」「今まで自分の想いをうまく説明できなかったが、この作業を通して想いを論理立てて説明するためのヒントを得た」と感想を頂きました。 この講座でほかの参加者とコミュニケーションしながら自分自身を見つめ直すことで、自分一人ではなかなか見つけられない想いに気づいていきます。次回の講座までに宿題も出ましたが、参加者同士励まし合って、情報交換しながら進めていきましょう。 今日はお疲れさまでした。   「働く女性のために」 「子どもひとりひとりに向き合うために」 「子どもが安心して過ごせるために」 「地域のために」など、 様々な想いを持っている方たちがあっとほーむの子育て支援起業講座に参加されています。第5期は2月、4月にもコースがあります。自分の想いをカタチにしたいと考えている方、想いはあるけど自分が何をすればいいか分からない方、まずは無料説明会&スタートアッップセミナーへご参加をお待ちしています。 そして、すでに説明会にご参加いただき迷っている皆様、一歩踏み出した仲間があなたを待っています。是非この春、あなたの想いを明確にする一歩を踏み出してください。   無料説明会&スタートアップセミナーへのお申し込みはこちら すでに説明会にご参加いただき、お申込みの場合は事務局までお知らせください。

2015年5月10日 6期がスタートしました!

6期7月1日目

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。本日の午前中は無料説明会&スタートアップセミナー、午後は子育て支援起業講座第6期・起業準備コースの第1日目がありました。外は青い空で汗ばむくらいの太陽が出ていましたが、あっとほーむの窓からは爽やかな涼しい風が入ってきてとっても過ごしやすく、講座にも集中できるいい一日だったのではないかと思います。第6期生となる3名の女性が午後の講座を受講されましたが、中にはまだ小さいお子さんがいる働くママや長年子育て支援をしてこられたベテラン保育士さんもいらっしゃいます。また、大企業を辞め、保育士としてスタートされた方がいたりと経験も歩んできた道もそれぞれです。最初は緊張した面持ちでしたが、お互いのことや想いを言葉にして伝えるワークを通して、お互いを少しずつ理解し、尊敬し、みなさんにこにこした笑顔で第1日を締めくくっていました。最後には、自分に何が足りないのか気付いた、すっきりした、自分の奥底にあった新しい気持ちを見つけられたという嬉しい感想もいただきました。6期生は6月開始、8月開始の日程もあるので、最終的には6~8名ほどになる予定ですが、定員に達しましたら締め切りますのでご検討している方はお早めにお申し込みください。 本日の説明会でも小栗さんから参加者の方にお伝えしましたが、起業準備コースは、これから起業するかどうかを考えるという方や、なんとなくイメージはあるけれど起業経験もないし、イチから始めるなんて不安という方にこそ受講をおすすめします。あっとほーむ代表の小栗さんも、最初はマンションの六畳一間から少しずつ子育て支援を始めました。自分ができるところから手探りで始めていっていいんです。不安だってあって当然なんです。この起業講座は、あっとほーむが培ってきたノウハウやスキルをお伝えし、そんな不安をできるだけ取り除いて、受講生ひとりひとりの才能を伸ばしていきます。受講生の想いを明確にするお手伝いをして、あなたならできるよと、トンっと背中を押してくれるような場所なんです。だから、安心して受講してくださいね。  

2014年6月4日 おじいちゃんおばあちゃん世代へ活動紹介

no igame

こんにちは、小栗です。   昨日はご近所の大型マンションのシルバーサロンにお邪魔して、あっとほーむの活動紹介をしてきました。 私が個人的にボランティアをしていたコミュニティカフェで出会った方がシルバーサロンをまとめる方で、是非お話ししてほしいということで行ってまいりました。   参加してくださった方は男性もいましたが、女性の皆さんは自分は専業主婦で過ごしてきたという方ばかりで、今どきの働くママについてどう思っているのかちょっと心配な部分もありましたが、みなさんうなづいて話を聞いてくださりびっくりしました。 近くに住むお孫さんのお世話をしている方、海外に住むお孫さんのお世話をしに行くという方もいて、かわいいお孫さんのために頑張っている世代です。お孫さんのお世話、同じマンションに住んでいる子どたちのお世話、そして関心があるならあっとほーむでのボランティアも是非とお勧めしましたが、おじいちゃんおばあちゃん世代の子育て支援のコツは、頑張りすぎないことです。子育てに一段落し、ご主人の定年を迎えて、やっとご夫婦で自由にできる時間を持てたと言う人もいれば、自分の趣味やお友達との観劇や旅行も楽しみたいだろから、親族だけでなく地域のいろんな人の手を借りて、おじいちゃんおばあちゃんも、パパママも子どもたちも、ムリせず子育てに参加してほしいと思います。   最後にお抹茶とお菓子をいただき、楽しい時間を過ごさせていただきました。こういうおじいちゃんおばあちゃんだったら、みんな幸せだろうな。  

2015年2月16日 ソーシャルビジネスセミナー登壇

ソーシャルビジネスセミナー

こんにちは、小栗ショウコです。   2月13日(金)、日本政策金融公庫×神奈川県主催のセミナーでお話しさせていただきました。 金融公庫の方からはソーシャルビジネスとは何かと言う講義を聞くことができて、こういう知識をもっと前に知りたかったなと思いました。(でも、ソーシャルビジネスという枠組で活動してきた人たちの調査や統計を取って研究をしているので、後追いなんですよと言われましたが) これからソーシャルビジネスを志す人、すでにNPOで働いている人などが参加していたようで、微力ながらお役にたててよかったです。     当日の 新聞記事(神奈川新聞)    神奈川県が関わっているので、最後はかにゃおが来てくれて楽しい時間になりました。