あっとほーむからの「お知らせ」

子育て支援起業講座

2015年10月5日 収支予算書を作る


こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。

 

昨日の昼間は汗ばむ陽気でしたが、夕方太陽が沈む頃には涼しい秋の風が肌を撫で、辺りはすぐに真っ暗に。秋の夜長を感じますね。

 

 

さて、昨日は子育て支援起業講座・運用実務コースの第1日目が開催されました。先週末に起業準備コースを卒業した6期生が早くも次のステップに進むべくこのコースを受講開始しました。

 

この運用実務コースでは、開業を目指し、より具体的に事業内容やサービス内容を考えていきます。専門家の方をお呼びしての講義では、より健全な事業となるよう事業計画を立てていきます。実際にあっとほーむの事業関連書類をお見せして、受講生それぞれの考える事業の計画書や開業に必要な書類作成を学んでいきます。

 

今日は料金設定と予算書の作成が目標でしたが、慣れない苦手な数字との戦いで、手が止まってしまう…と、思いきや、みなさんきちんと書けていました。もちろん、はじめてのことだから、分からないことはあります。でも、経験も実践もある小栗さんがフォローしてくれて、難しいそうなこともあっとほーむの事例にそって分かりやすく説明してくれるんです。時間はかかるかもしれないけれど、わからないまま闇雲に前に進むよりも、サポートしてくれる人のそばで準備できれば安心ですよね。

 6期運1

経験がないから不安。分からないことだらけで前に進めないという方こそ、私たちはサポートしていきたいと思っています。10月18日(日)10:00〜に起業講座の説明会を開催します。お申し込みお待ちしております!

 

« »

関連記事

2017年1月15日 未来には、あなたが事業をすることを待っている人がいます。

20170115

こんにちは、小栗ショウコです。   寒波襲来中ではありますが、2017年最初のあっとほーむカレッジ(子育て支援起業講座)を開催しました! 10月から学び始めた9期生5名。泣いちゃうこともあったけど、それだけしっかりと自分の想いに向き合い、自分のやりたいことをしっかりとつかむことが出来ました。   誰にも雇われない生き方をしたい!という人も、 ママたちの心を癒したい人も、 子どもが自分らしく生きるサポートをしたい人も、 働く女性の支援をしたい人も、 音楽と保育をミックスした場所を作りたい人も、 みんな、自分のやりたいことをしっかりと見つけました。みんなで助け合い高めあうことが出来る9期生だから、授業中も本音トーク満載だし、自分のことだけでなくお互いの事業についてもしっかり話し合っていけます。イイね!と言い合うだけでなく、人生を賭けて取り組む事業に、真剣にアドバイスしあえる良い仲間を得られることもこのカレッジの魅力です。   さあ、あとはこれを事業化するだけです!あっとほーむの事業計画や収支予算を見ながら、来月からの応用クラスでしっかりと事業プランを練っていきますよ。子どもに関わる事業は保育だけではありません。それぞれの出来ることを事業にすることで、働く女性と子どもたちが笑顔で楽しく過ごせる社会を一緒に創りましょう! あっとほーむカレッジ(子育て支援起業講座)の無料説明会&先輩のトークサロンに参加したい方は、こちらからお申し込みください。今なら4月開始の10期生として入学できますよ。 結婚していなくても、子どもがいなくても、 専業主婦でも、子育て中のママでも、 保育士でも、幼稚園の先生でも、 まだ起業するかどうかわからなくても、 子どもに関わる事業をしたいな~という漠然とした想いを持っている人は是非どうぞ。 未来には、あなたが事業をすることを待っている人がいます。  

2016年2月6日 あっとほーむみたいなところ、続々と!

no igame

こんにちは、小栗ショウコです。   もうすぐ春!桜色に染まる季節が待ち遠しいです。 そんなこの春、あっとほーむみたいなところが13か所になります。   「あっとほーむがうちの近所にあったらいいのに」という声に応え、「あっとほーむみたいなところ作りたい!」と考えている人に、私たちのスキルとノウハウを伝えて、あっとほーむみたいなところを全国に広げたい。 そう思って初めた子育て支援者育成事業。     あっとほーむに共感し、同じようなことを始めたいと思った人に、私の経験した事を伝えて行こうと思ったのです。”私にできることは他の人にもできるはず!”と思ったんですね。思えば、あっとほーむを始める時には”こういうところほしいと思う人は絶対いるはず!”と根拠のない自信がありました。 私自身、いわゆる「普通の人」なので、同じように考える人は世の中にいっぱいいると思うんです。自分だけが特別な考えを持っているとか、特別な能力を持っているわけではないことを自覚しています。だから、私が欲しいと思ったことは他の人もそう思っているだろうし、私ができることは他の人もできると思うのです。「普通」であることが私の強みであるわけです。   その後、どういう風にやればいいのか考えました。直営とかフランチャイズのように、あっとほーむのコピーを増やしていけば経営的にも儲かるシステム作れるだろうけど、私はそれを目指しているわけじゃないと気付きました。もしそういう方法でやっていたら、なんか仕事がつまらなく感じるのは容易に想像できました。出来るだろうけど、考えただけで心がどんよりするんです。 それよりも、やりたい!って人が自分らしく事業をしていく支援をする方が、私には合っていると思いました。こちらは考えただけで心が晴れるし嬉しくなる(^^)      そうして始めたのが、スキルやノウハウを伝える子育て支援講座です。       そして、講座を卒業して仲間同士でスキルアップしていく場も作りました。 それが「おうち保育園®協会」です。     現在、宮城県から熊本県まで、おうち保育園®協会の会員は22名、うち13名が開業ですから、すごいでしょ(^^) みんな私と同じで「普通の人」です。でも「働く女性のために」「地域の親子のために」自分ができることをやろうと行動した人たちです。出来る人と出来ない人の違いは、特別な能力や環境ではなく、やるかやらないかだけです。タイミングよくチャンスを掴んで行動に移しただけ。     あっとほーむみたいなところがもっと増えて、働く女性や地域の親子を支え、支える人も支えられる人もみんなが幸せになる社会になればいいな~と思います。どうぞ同じ志を持っている人は子育て支援起業講座へ、起業はできないけど応援したいと思ってくれる皆さんは応援会員になってください。みんなで幸せな社会にしていきましょう。  

2016年10月17日 9期生の新しいスタート!

dsc02960

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。   青空も見えた秋晴れの本日は、あっとほーむカレッジ(子育て支援起業講座)一日目を開催しました! 今日は第9期生のみなさんが初顔合わせ。 最初は少しどきどきしながらのスタートしたが、 少し時間が経つと笑顔が出て和やかな雰囲気になりました。 きっと、この場が安心して自分をさらけ出せる場所だからですね。     起業というとなんだか難しいイメージで、 ずーっと数字とにらめっこしながら事業計画を立てる場を想像してしまいますが、 あっとほーむカレッジは全く違うんです。 「子どもに関わる事業を始めたい!!」そんな方々が自分の才能や経験を活かして、 本当に自分のやりたいことを実現できるように、小栗さんが生徒さんの想いを引き出していきます。 だからみんな、授業中は自分の人生、想いについてたくさ〜んお話しします。 今まで自分の中だけで留めていた想いや、自分でさえも忘れていた感情が出てきます。   9期生の様子を見てもらえば分かりますが、自分の想いを本音で話せると仲間との絆が深まり、 今日初めて話したのにそんな感じがしなくなってしまうんです。不思議ですね〜。 でも、あっとほーむカレッジでは毎回起こることなんです。   さて、小栗さんもびっくりしてしまうほど優秀な9期生。 みなさん、社会の課題や自分の中にある想いを普段から考えているからでしょうか。 初めての自己紹介プレゼンでも、とっても上手にお話ししていました! 1ヶ月後の二日目の授業が楽しみです。今後も9期生の様子をみなさんにお伝えしていきますね。     「子どもに関わる事業を始めたい!!」「小栗さんのもとで、あっとほーむのこの雰囲気の中で学びたい」と考えている方は、まず無料説明会&先輩起業家のお話も聴けるトークサロンへどうぞ。 お申し込みはこちらです。    

2016年1月18日 起業準備コース終了!

DSC06746

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。   さて、本日は子育て支援起業講座・起業準備コースの最終日でした。   今日は最終日ということもあり、起業講座第一期生でもあり、おうち保育園®協会の一員としても活躍しているKADOYAおうち保育園®の岩崎ひろ美さんに来て頂きました。受講生の事業プレゼンを聴き、小栗さん、事務局長、もちろん私も参加させていただき、事業の共同経営者の視点になって「ここが伝わるともっといい」「ここはこうしたらいいんじゃないかな」というように気づいた点をあげていきました。   自分で、もやっと考えているところはやっぱり聞いている人も「あれ?何が言いたいんだろう?」とよく伝わっていないことがあります。いろんな人の視点で意見がもらえ、なかなか自分一人では気づけない部分が見えてくるのが、この講座のいいところ!   また、岩崎さんのプレゼンも披露!   一期生の修了式で行った手作りであたたかさが伝わるプレゼン、さすがでした。内容もとってもわかりやすかったという受講生。今は受講生の前で堂々と自信をもってお話する岩崎さんですが、人前で話すのは大の苦手で人見知り。最初はプレゼンなんてしたことがない、パワーポイントってなぁに?というところからスタートしています。   では、どうして岩崎さんはしっかりした事業プレゼンまでできるようになったのでしょうか。いろいろな方のサポートを得て、講座を終えて半年後には開業し、岩崎さんも利用者方も幸せになる事業ができている。どうしてなのでしょうか。   その秘訣はやっぱり、あっとほーむの子育て起業講座の中にあります。そして、講座が修了した後もつながっていけるおうち保育園®協会があるからなんです。       講座では、小栗さんから「信頼される事業者になるには」何が必要なのか学んだ受講生。それは、お金でも、土地でもありません。小栗さんの話に共通していることは、「事業者としての在り方」なんです。小栗さんが17年間あっとほーむの事業でたくさんの人と出会って感じて実践してきたことを受講生に伝えていきました。1時間、2時間のセミナーや講演会ではとても語りきれないことがこの起業講座を通して学ぶことができます。   信頼を得ることがいかに事業を継続していくことに大切か、今の自分に何が足りなくて、どんなことが今後事業をはじめていくのに必要なのか、だんだんと見えてきた受講生。顔つきも変わってきています。そして、受講生にとって、あっとほーむはできない自分も見せることができて、できる自分はもっとほめてくれる、心を許し合える場所になっていきます。笑顔が増えるのもその証拠。         本日起業準備コースを終え、2月からは運用実務コースがスタートします。どんどん事業者として変化、成長していく受講生をみていると本当に頼もしい!   3月27日の最終プレゼン&修了式までがんばれ!受講生!!!   卒業生の経験談、生の声を聞いてみたいという方はこちら→無料説明会&トークサロンのご案内  

2017年4月24日 始まりました!

DSC07172

こんにちは、小栗ショウコです。   始まりました!あっとほーむカレッジ第10期! この日参加できず振り替え授業の人もいますので、10期は4名。しかも全員様々な業種で経験豊富な方々です。 今までいろんなセミナーにも出ているし、何かしらの団体を運営した経験もあり、ご自身が講師として活躍している方もいらっしゃいます。そんな経験者がなぜ子育て支援事業をしたいのか?それは、ご自身が子育て中にぶつかった壁に対して、こんな想いをするママを少しでも減らしたいという想いや、これまでたくさん手助けしてもらってきたから次の世代に恩返しをしたいという想いを持っているからです。   普通はね、喉元過ぎれば熱さを忘れるというように、自分の子育てが一段落したら辛かったことも苦しかったことも悔しかったことも思い出話にしちゃいます。でも、自分が苦労してきたことを他のママたちに経験して欲しくない、もっと良い選択が出来るようになんとかしたい!そう考えて行動できる人が社会を変えていくんですね。     私たちは、あっとほーむで培ってきたことを伝えて、想いを持った人たちが自分の地域で子育て支援が出来るようにサポートしていきます。   次で受けたいな~と考えの方は、9期生の卒業式にお越しください。 そこでは、あっとほーむカレッジで9ヶ月間学んできた結果を聞いていただくことが出来、更に卒業して起業した先輩のイベント、事業紹介を聞くことが出来ます。GW最終日、お時間調整して是非お越しくださいね。お子さん連れ、もちろん可能です!