あっとほーむからの「お知らせ」

お知らせ

2015年10月5日 夢を叶えた女性のトークサロン開催します


こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。

 

今日はとっておきのお知らせがあります。

 

この度、子育て支援起業講座の説明会がリニューアルし、講座卒業生のトークサロンと同時開催となります!

 

毎回、トークサロンには起業講座を卒業し、開業されたおうち保育園(R)協会の会員を招き、講座受講前から開業に至るまでの道のりをお話いただきながら、説明会参加者の率直な質問や疑問にもお答えいただきます。

 

子育て支援起業講座の説明はもちろんですが、あっとほーむ代表・小栗さんから、あっとほーむの17年間の軌跡を語っていただく時間もたっぷりとってあります。

 

リニューアルスタートの第1回目のゲストは、今月『お迎え付き夜間保育施設にじのことり』をオープンする三井恵さんです。「子どもに寄り添い こころの基地になる」と掲げ、明るくあたたかく優しい雰囲気の三井さん。彼女の経験談がきっとあなたの一歩踏み出すチカラになります。

 

日程は、10/18(日)10:00-12:00

場所は、認定NPO法人あっとほーむ

です。

 

「おうち保育園(R)てなぁに?」

「あっとほーむの活動に興味がある」という方も。

 

「子どもたちや働く女性のために何かしたいけれど、何をどうすればいいのか分からない」

「全く経験がなくて不安ばかり…」

「やりたいことはあるんだけど、なんだかまだもやっとしているんです」と迷っている方も。

 

みなさん、この機会にぜひご参加ください!

 

お申し込みはこちらから

 

今回のゲスト:お迎え付き夜間保育にじのことり三井恵さん(子育て支援起業講座3期生)

三井さんにじのことり1にじのことり

 

« »

関連記事

2015年8月21日 チェンジメーカーズキャンプ初日!

11913571_712488272190853_1544601380_n

 こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。 昨日は代表小栗さんがメンターを務めるYokohama Changemaker’s CAMP の第1日目で、この貴重な機会を掴み取った起業家さんたちが初顔合わせとなりました。   会場に向かう途中、久しぶりに近くを通った横浜のシンボルのひとつランドマークタワー。暦の上では立秋ですが、まだまだ暑く、ビルの照り返しで朝でも汗が滴り落ちました。       午前中はソーシャルビジネスに特化したマネジメントを学ぶ起業家さんたち。NPOマネジメントラボ・山元さんの講義に真剣に耳を傾ける8名とともに私も同席させていただきました。初めての顔合わせで緊張感はありましたが、早くもお互いの事業の課題や今後取り組みたいことをシェアし情報交換していました。         後半のフィールドワークではあっとほーむまで来ていただき視察。そしてなんとなんと、小栗さんから直にあっとほーむが17年間培ってきた運営ノウハウや事業のミソを聴くことができた4名。 ん〜とっても贅沢です。だって喉から手が出るほどこの機会を欲している方がたくさんいるからです。         このChangemaker’s CAMPをきっかけとし、さらなる事業拡大を考える4名にとって、小栗さんのお話のはしばしにあった重要なヒントを理解し行動していくことが今後の彼らのすばらしい財産につながると思います。   本気が試される今、新たに一歩踏み出した彼らから私もたくさんのことを学び、吸収していきたいです。 次回は合宿形式で内容の濃〜い2日間になりそうです。   次回の報告をお楽しみに!  

2014年7月30日 実家が遠いと仕事と子育ての両立はムリ?

DUAL 看板

日経DUAL連載第八回「実家が遠いと仕事と子育ての両立はムリ?」がアップされました。 私・小栗ショウコがあっとほーむを始めた理由は、親も友人もいないこの土地で、あのまま仕事を続けて結婚出産したら絶対困るだろう、そしてこの地域には私と同じように困る人いっぱいいるはず!という想いからです。会社員だったころはシフト勤務だったので、子どもが保育園や学童に入れたとしてもその時間だけでは足りません。保育園や学童以外に、実家のように頼れるところがないと仕事を続けることもできないし、仕事をしなくても頼れる人がいないというプレッシャーで押しつぶされているでしょう。だったら私がそういうところを作ればいいんだ!と思ったんです。   実家が遠いならば、近くで頼れる人を見つければいい。ベビーシッターさんでもママ友でもファミリーサポーターさんでも、子育てを手伝うよって言ってくれる人はたくさんいます。そしてそういう人は、子どもが大好きです。人に頼るのを躊躇しているならばちょっと考え方を変えてください。あなたの子どものかわいさをちょっとだけおすそ分けしてあげるくらいの気持ちで頼っていいんですよ。   小栗ショウコ

2013年12月12日 掲載:絵本をご寄付いただきました。

41fjEOkL0bL._SL500_AA300_

お友達が絵本を出されたということで、1冊ご寄付いただきました。「花火の夜に」 著者:佐々木貴行  小さい子たちは花火と一緒にど~ん!ど~ん!と声を上げ、小学生たちは自分と重ね合わせて見ているようでした。ご寄付してくださった方には、小学生たちが感想を書いたお礼状をお出ししました。 ありがとうございました。今後も多くの皆様にご寄付をいただけますようによろしくお願いいたします。 ★ご寄付のお願い★ 3千円一口で下記口座にお振込み又は現金でお持込ください。★三井住友銀行 港北ニュータウン支店 普通 0365271★三菱東京UFJ銀行 港北ニュータウン支店 普通 0622222★ゆうちょ銀行 10900-1934141 いずれも、名義は 「特定非営利活動法人あっとほーむ」※ご寄付は確定申告時に寄付控除を受けられます。★物品ご寄付のお願い★あっとほーむでほしいものリストを作っています。 こちらから発注するとあっとほーむに届くようになっています。アマゾンサイト現金のご寄付、物品のご寄付とも、お名前ご住所をご連絡くださいませ。後日お礼状、寄付金受取証などを送付いたします。 ご意見はこちらから      

2014年5月30日 日経DUAL第5回アップされました

DUAL 看板

代表・小栗ショウコの日経DUAL第5回がアップされました。 30代ママは子どもを理解し、40代ママは自立を促す         社会は進化しているので、世代によって子育ての価値観も仕事への取り組み方も変化して当たり前。   昔ながらの子育て方法や仕事のやり方にとらわれないで、自分のやり方はこれでOK!って思っていいんです。 子育ても仕事もしている、もうそれだけですごいことだから。   日経DUALさんでの連載はまだまだ続きます。 次回からは共著の田中さんのご意見がアップされますのでお楽しみに。  

2013年10月27日 掲載:あっとほーむ15周年&出版記念パーティーを行いました

air_DSC03823

10月27日(日)、あっとほーむの15周年&出版記念パーティーを行いました。 あっとほーむを利用している保育園児から小学生のみんな、 昔きていた中高生のみんな、パパママたち、 そしてご支援者の皆様を含めて、140人超の方が出席してくださいました。歴代ご利用者の皆様からは、「あっとほーむがなければ仕事を続けられなかった」 「子どもたちだけでなく親の私たちにも安心できるところ」 「異年齢の関係があることで、一人っ子でもきょうだいのような関係ができた」など嬉しい言葉を沢山いただきました。 これからも、働く女性の支援と子どもたちの居場所として、あっとほーむはあっとほーむであり続けます。出席してくださった皆様、そして遠くからエールを送ってくださった皆様 ありがとうございました。 小栗ショウコ ご意見はこちらから