あっとほーむからの「お知らせ」

セミナー・イベント登壇

2015年10月18日 ほんとうは楽しい仕事&子育て両立セミナー


こんにちは、あっとほーむの三宅香生です。

 

今日は、小栗さんが講師として登壇する、神奈川県かながわ労働センター主催「ほんとうは楽しい仕事&子育て両立セミナー」に同行してきました。

労働センターセミナー1

今回のセミナーは、未就学児をもつパパママが多くいらっしゃったので、妊娠・出産後の職場復帰をスムーズにという題材。

4~5名のテーブル席がいくつもあり、ワーク形式を中心に行われました。

ワークを存分に有意義にするために、まずお子様の自慢大会から!そのお陰で場は一気に和み、終始和気あいあいときた雰囲気で進んでいきます。
同年代のお子様を持つパパママ同士、はじめて会ったとは思えないほどお話が尽きない様子。


お仕事も子育ても両立したいけど、たくさんの不安がありますよね。
子どもがかわいそうなのではないか?
家事や育児がおろそかになってしまうのでは?
会社に迷惑をかけてしまうのでは?
時間に追われてしまうかも?

など、今日も沢山の不安が聞こえてきました。

それに対し、あっとほーむでママたち子どもたちを見てきた小栗さんから具体的な解決策や考え方の視点変え方など、参加者の皆さまに寄り添う回答があり、深く頷いている方、しっかりとメモにのこして心に刻んでいる方などが多くいらっしゃいました。

労働センター2

 

セミナー終了後にも個別に相談に並ぶ参加者様が沢山。
真剣に今後の人生のこと、子どもたちのことを考えているからこそですよね。

参加した皆さんが今後、仕事も子育ても楽しんでくださればいいなと思いました。

« »

関連記事

2015年4月26日 起業に向けて

運用実務コース5期

こんにちは、小栗ショウコです。   今日から子育て支援起業講座の運用実務コース5期がスタートしました。4日間の起業準備コースを終え、それぞれが目指す形を見つけたので、それを事業として形にしていきます。今日はあっとほーむの料金と収支計算書を参考に、細かい料金と収支計算をしてみました。たぶん、多くの人がこういう目に見えるわかりやすいビジネススキルから学び始めるので、途中で「あ~、これじゃムリ、もっと儲かることしなくちゃ」となって、だんだんとやりたいことから遠ざかり、気づけば全然やりたいことじゃなくなって、日々お金のことで悩むことになるのです。 でもね、せっかく自分で事業をするんだから、やりたいことをやって毎日楽しく過ごせることをしましょう。この4人はそんな起業に向けてこれからまた学びを深めていきます。大阪、滋賀、茨城、東京で彼らが起業するのはもうすぐです!  

2014年12月5日 静岡市職員向けに講演してきました

静岡市役所講演

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。   この数日、本当に身体の芯から冷えるような寒さが続きますね。 先日、代表•小栗に同行し訪れた静岡市内も、冷たい風が吹き付ける身を切るような寒さでした。でも、小栗から「穏やかな県民性なんだよ」と伺っていた通り、取材を受けた静岡新聞社でも講演会を依頼された静岡市役所でも私たちをあたたかく迎え入れて頂き、一時、寒さを忘れてしまいました。   静岡市役所では、代表・小栗とともに、あっとほーむのアドバイザーでもあり、小栗と共に書籍を出版した松蔭大学准教授・田中聖華さんが、市役所職員に向けて、「仕事に誇りを、子どもに愛情を」というタイトルで、仕事と子育ての両立についてお話しました。   18:30から20:30という時間の講座にも関わらず、50名以上の方が参加して頂いたこと、その参加者のうち半数以上が男性だということをみると、静岡市役所の方は男性女性問わず、仕事と子育ての両立への取り組みに対する意識がとても高いのだと感じました。   この講座を企画した静岡市の担当者は本当に熱意のある方でした。彼女自身が働き続けたいと考えてはいるものの、周りに頼れる親族がいないということで、仕事と子育てを両立していくことにすごく不安だったそうです。そういった中で、小栗と田中さんの著書と出会い、ぜひ市役所職員へ向け話をしてくれないかと、自らあっとほーむを訪れ、何度もメールのやり取りをして当日を迎えた経緯があります。   当日、職員のみなさんに向けて小栗が話をしたことで、子どもがいて働き続けることに罪悪感を持ち、仕事と子育てを両立していくことに不安を抱えていた方も、周りに頼っていいんだよという言葉や、子どもたちは大人が思うほど自分たちのことを可哀想だとは思っていないという話に、働くことにすごく前向きになれた様子でした。不安や罪悪感が払拭され、涙していた方もいました。また、女性だけでなく男性からも、産休や育休を取得した女性たちが不安な気持ちで職場に復帰してくることがわかり、彼女たちにどう接して行けばよいかということがわかってよかったという声も頂きました。若い男性職員の方は、「小栗さんの話したことは目からウロコのことだった、自分も将来子育てに携わる時実践したい」と話してくれました。そして、講座が終わる頃にはみなさんスッキリした表情をされていました。   今後も、あっとほーむの保育に支障がない限り、代表・小栗と共に他の地域にも積極的に出向いていきたいと思います。企業や行政等で、今後どのように仕事と子育てを両立していいのか悩んでいる社員の皆さんに、そして両立する社員をどのようにフォローしていけばいいのか迷っている上司・役員の皆様に向けて、代表・小栗が多くの働く女性サポートをしてきた実績からお話しさせていただきます。 講演の内容はこちらでご覧いただけます。(リンク先ページ下部:各種講座・セミナー登壇欄参照) どうぞお気軽にお問いあわせください。    

2015年4月5日 起業支援しています

5期集中コース

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。   先週あたたかい日が続き桜が満開になりましたが、数日前からの強風や雨で花びらがどんどん散っていますね。もうちょっとゆっくり桜を愛でて、春の訪れを楽しみたいよ〜と感じているのは私だけではないと思います。   さて、昨日と今日は、子育て支援起業講座集中コースを開催しました。いつもでしたら何ヶ月と時間をかけて受講・修了する起業講座ですが、今回は遠方の人が参加しやすいように土日に連続して講座がありました。また、いつも事務局として受講生のみなさんの様子を講座の外側から見ている私ですが、今回は社会人インターンとして講座を受講しました!私の場合は子育て支援ではないけれど、受講されるみなさんと同じように、私も将来働く女性支援事業をしたいと考えています。 今回一緒に受講した方は滋賀県から来てくださっています。先日開催したファン度アップセミナーや、起業講座第4期生のプレゼンテーション&修了式にも参加して頂いた方で勉強熱心で問題意識が非常に高い方です。講座中も休憩中もゆっくりお話をさせていただきましたが、いろんな経験をされて実績もあり、本当に人生の先輩と呼べる方です。 そんな尊敬できる方とともに受けた講座でしたが、オブザーバーとして講座を聴くのとは全く違い、一緒に受講する方の意見や感想をもらったり、自分の考えを言葉にして伝えることで気づきがたくさんありました。最初は自分の想いや考えを言葉にするだけでも難しかったのですが、自分の中でもやもやっとしていた事業のカタチが講座が進むにつれてはっきりしてくるのが実感できました。なんだか、「大丈夫だよ、あなたもできるよ」と背中を押してもらったような感じです。だからかな。諦めないで取り組もうと思えるようになりました。 今回は講師である認定NPO法人あっとほーむ代表・小栗さんを2人で独占するという、とてつもなく貴重で贅沢な2日間でもありました。小栗さんやサポートしてくださった事務局長、一緒に受講しただけでなく、いろんな意見をくださった受講生の方に感謝いっぱいです。社会人インターンとして働きながら学ぶ今を大切にしたいなと改めて感じました。

2012年12月17日 [終了しました]参加型シムテム研究所「寄付を広げる連続講座」(2012/12/17開催)

logo_new

第6回ゲストとして登壇致しました。 http://www.systemken.org/index.html

2014年3月15日 ソーシャルビジネスフォーラム2014

SBF2014

横浜市経済局主催のソーシャルビジネスフォーラム2014。 ご縁があって2012年に引き続き、今年もフォーラムでお話しさせていただきました。 分科会3:「地域を超え相互に解決力を高め合う起業家たち」のゲストです。 打ち合わせがあり、基調講演は途中までしか聞けなかったけど、コミュニティカフェとして有名なクルミドコーヒーの影山さんとはその後の交流会で名刺交換させていただきました。 一度行ってみたいな~。   私がお話しした分科会3では、株式会社シェアするココロの石井さん、 シュアールグループの大木さんとご一緒させていただき、お二人の事業のことも聞くことができて、とっても興味深かったです。 私はあっとほーむのこと、それを広げるきっかけやどう広げていくのか等をお話しさせていただき、分科会後の交流会では何人かの方と名刺交換がてらお話しさせていただきました。 子育て支援に興味のある人、今まで特に感じていなかったけど私の話を聞いて興味も持ったと おっしゃっていただいた方、大学でお話ししてほしいという方もいて、 私の話でもお役にたてたと思うと嬉しかったです。   こういう機会で、働き続けたい女性の現状や悩みや葛藤、それを解決するために 同じ地域に住む私たちが支援できることを一人でも多くの人に伝えて行きたいです。   今日のゲストに呼んでくださった株式会社イータウンフェローの米田さんに感謝します。 個人的には、米田さんのようにみんなが気分良くなるような気遣いのできる女性になりたいと思っています。 (大雑把な私には遠い道のり・・・)   フォーラムに関わってくださった皆様、参加してくださった皆様、ありがとうございました。                       小栗ショウコ