あっとほーむからの「お知らせ」

子育て支援起業講座

2015年10月19日 説明会&トークサロン開催!


 

こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。

 

土曜日が雨で日曜日に運動会という学校や保育園も多く、スポーツ日和な一日となりました。運動会で活躍しているだろう子どもたちの姿を想像してほっこりしました。

 

そんな日曜日、あっとほーむで子育て支援起業講座の説明会&トークサロンを開催しました。今回のトークサロンには、10月13日にお迎え付き夜間保育所にじのことりをオープンしたばかりの三井恵さんがトークゲストとして来てくださいました。

 

三井さんは起業講座3期生で、2014年春から受講を開始し、同年11月末に講座を修了し、現在はおうち保育園®協会の会員でもあります。今日は三井さんの受講前の想いや状況、受講中のできごと、修了後から開業までのできごとまでご自身の経験をお話ししていただきました。不安や焦りもあったという三井さん。でも小栗さんからの言葉や、同期の受講生やおうち保育園®協会の会員とのつながりが彼女を支えたそうです。そして、受講中も修了後も自分のことを周りに伝えていったこと、何より、やると決めて一歩踏み出したことが、彼女の夢をカタチにする上でとっても大事なことだったそうです。

 三井さんトークサロン

 

あっとほーむの起業講座では、 事業者自身が幸せになる事業をすることが大切だと思っています。それはたくさんのお金を儲けるということではなく、事業者の心が満たされるということです。生きていてすばらしいと思えること、社会のだれかの役にたてるという喜び、ありがとうの言葉をもらえる活動、子どもたちの成長に携わり、保護者とともに見守ることができる環境、そういったことのひとつひとつが事業者の幸せになると考えます。

 

 

トークサロン中の三井さんは終始笑顔で、オープンしたにじのことりでの子どもたちとのできごとや保護者の方からもらった言葉を本当に嬉しそうにお話してくださいました。三井さんのお話を聴いている参加者の方も私たちも自然と笑顔になっていきました。人の幸せを共有できて、こんなにたのしくて幸せな空間って素敵だなと感じました。こういった場をこれからもみなさんにご提供できればなと考えています。

 

三井さんが受講した子育て支援起業講座はこちら。

次回の説明会&トークサロンの日程も決定次第お知らせ致します。ぜひ多くの方にこの幸せな空間をシェアできたらなと思います。次回を乞うご期待!

 

« »

関連記事

2014年3月17日 子育て支援起業コース2期修了

子育て支援コース2期最終日

子どもに関わる事業をしたい方向けの、子育て支援起業コースが修了しました。                             最終日の今日は、キャリアカウンセラーの現場からみた働くママの現状のミニセミナーや、昨年卒業した先輩たちも駆けつけてくれて、受講生のサポートをしてくれました。おかげでみんなが大満足。 このコースは4日間ですが、自分の想いがこんなに明確なったことがとても嬉しい、今後の活動に自信がついたという感想をいただきました。   2013年受講の皆さんが1期生、本日終了した方たちは2期生、4月からのコースに申し込まれている方たちが3期生となります。 4月の子育て支援コースは4名、そのあとのおうち保育園®コースは5名のお申し込みをいただいています。 私たちあっとほーむの保育も少人数ですが、こちらの2コースも少人数制。 それは、ご縁があって参加してくれた方とじっくりお話をし、参加者それぞれが満足できる内容にしたいからです。 だから2コースとも残席はわずか。今年中に受講したい方はまずは説明会にご参加くださいね。 先ほど4月の説明会は満席になりましたので、次回日程等は追って告知させていただきます。 でもね、どうしても、ど~しても講座受講したいから!って言う方は、個別にお問い合わせください。 そういうわがままを言える人が事業で成功できる人なんですよ(^^)   小栗ショウコ  

2015年7月13日 プレゼン会&修了式

20150712-4

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。 今日は無意識に暑い暑いと手で扇いだり、ハンカチで汗を拭ったりと、梅雨が明けこれから続く暑い夏を予感させる1日でしたね。   7/12(日)、基調講演と熱い想いを胸に子育て支援起業講座・第5期生が最終プレゼンテーションに挑みました。 基調講演では、音楽プロデューサー&ビジネスプロデューサーとして活躍中の稲葉瀧文さんが、「創意工夫で未来をつかむ 事業を広げる発想力」と題し、お話してくださいました。おうち保育園®協会会員はもちろん、これから事業を始める方、事業を発展させたいという方が集まりました。 事業を始めたら、成功ばかりではない。うまくいかないこともある。でも、挫折や失敗したときにそこで諦めることなく、次に行動するには何が必要なのか、どんな心の在り方であれば協力者を得てさらなる事業発展につながるのかということを学びました。今や第一線で活躍する稲葉さんの新人時代の話から、私たちが想像できないような音楽やビジネスの世界の話まで混じえた言葉にみなさん本当に聴き入っていました。あっという間の一時間で、会場からは稲葉さんにまだまだ話を聴きたい!という声が上がっていました。 基調講演の後は約半年間子育て支援起業についてあっとほーむで学んできた4人のプレゼン会です。来賓、一般の方以外にそれぞれの家族、友人が見守る中、しっかりとしたビジョンをもった今後の事業ついて発表してくれました。半年前は、「あっとほーむに共感している」「あっとほーむと同じようなことができたらいいな」と、漠然とした想いだけがあり、自分は何も出来ないしと言っていたのに、講座を進めていくうちに自分の譲れない軸、人生の目的をきちんととらえることができ、時には不安で押しつぶされそうになりながらも自分の想いを手放さずに最後まで走りきった4人です。 働くママと子どもたちが幸せになれる社会を目指して大阪から通ってくれた受講生。子どもたちに安全を、パパ・ママに安心をと、子育てと仕事を両立してきたパパ目線で子育て支援したいという受講生。若者を取り巻く現状から未来を担う子どもたちに学びを届けたいと熱く語る受講生。子どもも大人も気軽に集えて自然の中で学べる場をつくりたいと、子育て真っ最中でも滋賀県から通ってくれた受講生。彼、彼女たちの想いはまだ走り出したばかり。そう、今日が本当のスタートライン!これからそれぞれの目標を目指し、動き出す4名をおうち保育園®協会でサポートしていきます!

2014年9月21日 熱い想い

no igame

こんにちは、小栗です。   あっとほーむは今日も大人の熱い想いであふれていました。 午前中は子育て支援起業講座の説明会、午後はその講座の第4期、日曜日コース振替講座を開催しました。今までたくさんの人が説明会や講座に参加してくれましたが、みなさん本当に熱い想いを持っています。あっとほーむのことを知って、こういうところがあるんだ、もしかして自分にもできるかもと思ってわざわざ時間を作ってに来てくれるんだから、私もちゃんと応えたいと思います。大々的に儲かることをしたいならフランチャイズビジネスとか、儲かるシステムを作ればよいと思います。私たちがやりたいのは、子ども一人一人に愛情を持って接し、パパママたちに寄り添い共に子どもを見守り育てる人を増やしていくこと。そういう想いに共感してくれる人が受講してくれています。   子育て支援起業コース1日目は、熱い想いの根源にあるものを自分でしっかりと見定めて、これから始める事業の軸にしていく作業です。今日は受講生の熱い想いがあっとほーむ中にあふれて、とっても気持ち良い時間になりました。   なんとなくでもいい。 起業する自信がなくてもいい。 あっとほーむに共感し、ちょっとでもこんなところやれたらいいな~と思ったら、そこから一歩踏み出してください。 「いつやるか決めてから」とか「もう少し自分の中で整理してから」ではなく、動き始めないといつやるかは決められないし、いつまで経っても自分の気持ちを整理するのはできません。一歩踏み出すこと。それがあなたの熱い想いを現実にできる唯一の方法です。   あなたの地域であなたが始めることを待ってる親と子どもたちがいっぱいいますよ。     ※写真は講座卒業生と受講中の皆さんとの定例会の様子

2016年12月6日 みんなでサポートしていきます!

unspecified-7

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。 昨日12/4(日)は、基調講演&あっとほーむカレッジ(子育て支援起業講座)の8期生の修了式でした。   基調講演は、プロカメラマン・川名マッキーさんによる写真教室【子どもが輝く写真を撮ろう!】でした。     マッキーさんは、あっとほーむのイベントなどでも素敵な写真をたくさん撮ってくださっています。今回は、子育て支援で起業した方も、一般の方で子どもをもっと上手に写真を撮りたいなという方にも使えるコツを教えてくださいました。   写真は人を幸せにするというマッキーさん。たしかに昔の写真を見返して、その時の気持ちや情景を思い出し、なつかしく思ったり、たのしく感じたりしますよね。   カメラが自分の得意なこと、好きなことだったマッキーさんは、それで人を幸せにできるのではと考えたそうです。そして今、マッキーさんはプロカメラマンとして、素敵な家族写真をたくさん撮影し、多くの人を笑顔にしています。   マッキーさんがカメラや写真に込めた想いは、子育て支援で地域の親子や働く女性のために、自分に何かできることはないかと考え、あっとほーむカレッジで学んできた8期生と似ていると感じました。     大好評だったマッキーさんの写真教室のあとは、8期生の事業プレゼンテーション本番!   働き続けたいと考える女性を支援したいという想いを込めたプレゼン。     子どもたちが放課後もゆっくりすごせるおうちのような場所をつくりたいという想いを込めたプレゼン。     長年の保育の現場で様々な課題を抱える親子に出会い、感じた想いを込めたプレゼン。     ぶれない想い、事業計画で継続してよりより地域の子育て支援事業したいという想いを込めたプレゼン。     最初は自己紹介でさえ、うまく話すことができなかった8期生でしたが、昨日は本当にすばらしい事業プレゼンテーションでした!ご家族、ご友人、一般の方など参加してくださった方々が感動してうるっっときてしまうほど、彼女たちの想いが詰まっていました。     小栗さんのもとで、自分の想いを見つめてきた8期生は、この日人生の新たなスタートに立ちました。   それを支えるのは、あっとほーむカレッジを卒業したおうち保育園®協会の先輩たち。 午前中のリハーサルから来てくれた先輩たち、KADOYAおうち保育園®の岩崎ひろ美さんとお迎え付き夜間保育施設にじのことりの三井恵さんにアドバイスをもらい、震えるほど緊張してい8期生もリラックスできました。     先輩起業家のパネルトークでは、岩崎さんと、NPO法人アフタースクールにじのいえの宮尾智美さんが、ご自身の経験をもとに8期生にすばらしいアドバイスをくださいました。     来賓でいらっしゃっていたビジネスプロデューサー稲葉さんもからも貴重なアドバイスが! こうして、あっとほーむの支援者、協力者とも8期生はつながっていきます。     そして、小栗さんをはじめ、事務局長、あっとほーむのスタッフ一同、これからも8期生をサポートしていきます。 8期生の輝く笑顔、きれいでかっこいい!!! みなさまも8期生の応援よろしくお願い致します!  

2016年6月20日 起業準備コース3日目!

DSC00700

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。   土曜日と打って変わって、涼しい風が吹き抜ける中、6/19(日)は子育て支援起業講座・起業準備コース3日目を開催しました。   あっとほーむの子育て支援起業講座では、受講生自身の能力や才能を活かした事業を考えます。それは、社会にすでにあるビジネスや事業に受講生のやりたいことを合わせるのではなく、自分に合った自分らしいあたらしい事業のカタチをつくっていくことなんです。   既存の小学生の放課後の居場所事業や保育園、子育て広場、塾などといった 枠から離れてみると、その可能性は無限大です。でも、あまり多くの選択肢の中から、自分1人でみつけるのは難しいかも・・・というのが本音ですよね。   だから、あっとほーむの起業講座には小栗さんがいるんです。小栗さんのすごいところは、受講生一人一人の特性や性格まで見極めて、どんな能力や才能があるか深堀し、本人も気づかない想いを発見します。そして、その人に合った事業のカタチを示してくれるんです。   毎回講座でおもしろいのは、小栗さんは、受講生本人よりもその人のやりたいことを説明してしまうこと。 その人に今解決が必要な課題を見つけ、受講生が自分で答えを引き出していけるよう、様々な経験や実績からアドバイスをくれ、答えに導いていってくれる小栗さんだから、誰よりも受講生の想いに敏感なんです。だから受講生も「私、実は・・・」と、誰にも言えなかったことを小栗さんに話してしまうんですね〜。   起業準備コースも残り1日!7名はつぎに運用実務コースに進みます。 受講生それぞれの事業のカタチがますます出来上がってくるのがたのしみですね!     さて、本日山口県から参加の方は、今回はSkypeを利用しての受講でした。今までskypeでの講座はなかったのですが、あっとほーむに共感し、遠方でも子育て支援起業講座を受けたいという強い想いを持ち、事務局に相談してくださいました。   そんな想いを受けとって、小栗さんや事務局長がSkypeで受講できるよう準備を進めました。 遠方ということで受講をためらっていた方も受講を検討いただけるようになればなぁと思います。     この子育て支援起業講座は、受講前に無料説明会&先輩起業家のトークサロンを開催しています。すでに7月の回は定員に達しましたが、8月9月の回はまだお席をご用意できます。講座ってどんな雰囲気なのかな?起業までは考えていないけど・・・という方でも大歓迎!むしろ、やってみたい気持ちもあるけど私なんかに出来るのだろうかと不安な方のほうが、小栗さんから可能性を引き出してもらいやすいですよ。8月9月の無料説明会はこちらから。是非お早めにお申し込みください。