あっとほーむからの「お知らせ」

お知らせ

2015年11月19日 横浜桐蔭大学でのプレゼン


こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です!

 

今週火曜日、桐蔭横浜大学であっとほーむの活動紹介と大学生を受け入れて行う実習内容をプレゼンさせていただきました。今年の6月にもプレゼンをさせていただいて、子どもたちの夏休み中に5名の大学生があっとほーむに実習に来てくれました。

 

さて、今回はどんな学生に会えるのかな〜とワクワクドキドキ。

 

午前と午後にプレゼンを行い、合計60名以上の学生にお話をしましたが、みなさん真剣に聴いてくれました。

 

やりがいのある仕事に就き、社会のために日々がんばるあっとほーむを利用しているパパママの話。そんなパパママから愛情いっぱいもらって育っている素直でかわいいあっとほーむの子どもたちの話。そして、地域として子どもたちやパパママをサポートする私たちあっとほーむの想い。

 

プレゼン中に学生のみなさんに少し自分の将来についても考えてもらいました。

 

 

 

ひとつ、最後に感動したことがありました。

 

プレゼンが終わって教室を出ると、ひとりの学生が声をかけてくれたんです。

あっとほーむの活動にとても興味があって連絡をとりたいので名刺を頂けませんか、と。

 

積極的ですばらしい!

こんな学生にあっとほーむに実習にきてもらいたいなと思いました。

 

 

 

そして、今回もあっとほーむに帰ってきて、子どもたちの顔を見て、ほっとした私。

私にとってワクワクどきどきがあるあっとほーむ。そして心休まる場所でもあります。

そんな特別な場所を学生のみなさんに伝えられてよかったなと感じた一日でした。

 

 

image4

« »

関連記事

2014年7月30日 実家が遠いと仕事と子育ての両立はムリ?

DUAL 看板

日経DUAL連載第八回「実家が遠いと仕事と子育ての両立はムリ?」がアップされました。 私・小栗ショウコがあっとほーむを始めた理由は、親も友人もいないこの土地で、あのまま仕事を続けて結婚出産したら絶対困るだろう、そしてこの地域には私と同じように困る人いっぱいいるはず!という想いからです。会社員だったころはシフト勤務だったので、子どもが保育園や学童に入れたとしてもその時間だけでは足りません。保育園や学童以外に、実家のように頼れるところがないと仕事を続けることもできないし、仕事をしなくても頼れる人がいないというプレッシャーで押しつぶされているでしょう。だったら私がそういうところを作ればいいんだ!と思ったんです。   実家が遠いならば、近くで頼れる人を見つければいい。ベビーシッターさんでもママ友でもファミリーサポーターさんでも、子育てを手伝うよって言ってくれる人はたくさんいます。そしてそういう人は、子どもが大好きです。人に頼るのを躊躇しているならばちょっと考え方を変えてください。あなたの子どものかわいさをちょっとだけおすそ分けしてあげるくらいの気持ちで頼っていいんですよ。   小栗ショウコ

2015年5月29日 コラボ企画

マイウェイプラス様打ち合わせ

こんにちは、社会人インターン&保育スタッフの三宅です。   本日は、代表の小栗ショウコさん、事務局長の小栗宏之さんと一緒に、企業様とのコラボ企画の打ち合わせに行ってきました。社会人インターンとして、保育だけでなく周りの企業様や地域の方々とどのように関わっていくかなど、間近で知る事ができるのはとても勉強になります。環境に感謝して日々精進です!   今日は、コラボしていただくMy wayプラス株式会社さんに2回目の訪問。社員さん達も加わり、大人数での打ち合わせとなりました。 「昔の人達の知恵を大切にしよう」「これからの未来は自分達が創っていくんだ」という意識作りをし、コラボ企画を通して自分のパパママのお仕事の社会での役割を知り、大人を尊敬すること。こんなことを子ども達が感じ、考えることができるプログラムです。 見学や体験をして、ただ楽しいというのではなく、どんな内容なら子ども達に伝わるのか、大人が時間をかけてたくさんの意見を出し合いました。   たくさんの大人が、子どもたちのために時間と知恵を使って準備をしてくれる。こういうこともいつか子どもたちに伝わればいいなと思います。子ども達がどんな反応をするのか今からとっても楽しみです。

2013年11月12日 掲載:ご寄付いただきました。

DSC_0294

あっとほーむでは、働く女性の支援と子どもたちの安心安全な場づくりに共感してくださった皆様からのご寄付をいただいております。今年は、今日までにいただいたご寄付が109件になりました。 重複していただいている方もおります。 そして先日は絵本の寄付もいただきました。小さい子向けの厳選された絵本で、 ページをめくるたびに、子どもたちの表情が変わり、 絵本のすごさを改めて感じることができました。ありがとうございます。今後も多くの皆様にご寄付をいただけますようによろしくお願いいたします。 ★ご寄付のお願い★3千円一口で下記口座にお振込み又は現金でお持込ください。★三井住友銀行 港北ニュータウン支店 普通 0365271★三菱東京UFJ銀行 港北ニュータウン支店 普通 0622222★ゆうちょ銀行 10900-1934141いずれも、名義は 「特定非営利活動法人あっとほーむ」 ※ご寄付は確定申告時に寄付控除を受けられます。 詳しくはこちら  ★物品ご寄付のお願い★あっとほーむでほしいものリストを作っています。こちらから発注するとあっとほーむに届くようになっています。アマゾンサイト現金のご寄付、物品のご寄付とも、お名前ご住所をご連絡くださいませ。後日お礼状、寄付金受取証などを送付いたします。 ご意見はこちらから      

2017年1月20日 受付開始!2017年3月20日(祝)オープンキャンパスのご案内

オープンキャンパス

あっとほーむカレッジ(子育て支援起業講座)のオープンキャンパスのご案内です。   あっとほーむで開催してきた子育て支援起業講座を、昨年秋から「あっとほーむカレッジ」としてリニューアルしました! 本科では子どもに関わることで起業したい方向けの基礎クラスと応用クラスがありますが、オープンキャンパスでは、起業する/しないに関わらず、あっとほーむに関心のある方、自分らしい働き方をしたい方を対象に、どなたでも参加できるセミナーを開催いたします。   この機会にぜひ、あっとほーむにお越しください。   2017年3月20日(祝)オープンキャンパスのご案内   ★午前の部 10:00-12:00 「事業がうまくいく人、いかない人 〜成功者の共通点教えます〜」 担当 :事務局 阿部依里子 これまで小栗さんのそばで学ぶとともに、あっとほーむの保育スタッフとして、また事務局スタッフとして多くの方と出会い、様々なことを学ばせていただきました。以前の私は、自分に自信がない、何か始めたいけれどどんなふうに行動していけばいいの?と迷っていました。しかし、成功者の方々の言葉や姿を見て学んだことで、今は自分の居場所や人生の目標を見つけ、行動できるようになりました。このセミナーでは、私が出会った成功者の事例をお伝えしながら、参加頂く方々それぞれが思い描く”成功”のカタチを見つけ、自分のNext Stepを踏み出す時間です。 定員10名 参加費 5,000円     ★お昼の部 12:30-13:30 あっとほーむの見学とあっとほーむカレッジの説明 まだあっとほーむに入ったことのない方、あっとほーむカレッジの説明を受けていない方が対象です。 担当:事務局長 小栗宏之 定員10名 参加費:1,000円   ★午後の部14:00-16:00 「女性のためのソーシャルビジネスセミナー 〜 自分の夢を叶える秘訣 〜」 講師:ことば塾代表 佐藤浩子さん このたび、講師をしてくださる佐藤浩子さんは、あっとほーむカレッジ(子育て支援起業講座)の6期生として卒業後、現在は名古屋市で《ことば塾》を開業、運営しています。実は彼女は、あっとほーむカレッジを受講するまでは、普通の主婦として過ごしてきました。このセミナーでは、そんな彼女が起業家として花開くまでの道のりをお話頂きます。そこには地域や社会のために自分に何ができるかと悩み、葛藤してきた姿とともに、自分のやりたいことを実現した彼女だからこその成功の秘訣がたくさん隠されています。何歳になっても自分のやりたいことに挑戦する女性は綺麗です。浩子さんの輝く秘訣、ぜひ一緒に聞いてみませんか。   定員10名 参加費 5,000円       午前の部、お昼の部、午後の部それぞれお申し込みを受け付けます。     お申し込みは、あっとほーむお問い合わせページよりお願いします。「セミナー・両立サロンのお申し込み」の□にチェックを入れ、お申し込みください。 携帯からの送信はセキュリティが高いため返信メールの受信ができないことがあります。「.com」及び「@npoathome.com」を受信許可設定にしてください。(それでも受信されない携帯アドレスもあるようですので、携帯アドレス以外からの送信をお勧めします)   みなさまのご参加心よりお待ちしております。        

2014年2月21日 男女共同参画の団体からの取材

20140219

2月18日、とある団体からの取材がありました。 全国の男女共同参画に関わる施設に配布する月刊誌に あっとほーむの活動や書籍への想いを載せたいとのお申し出です。 こちらの団体は長年男女共同参画の活動をしてきた由緒ある団体で、 私が前々から「一緒に何かしたいね」と話し合ってきた方も 深く関わっているところだったのです。 取材に来てくださった方は、ネットで本を見つけてくださり、 是非自分たちの月刊誌で紹介したいと連絡をくださったのです。 昨日は私のつたない話にも最初からとても共感してくださり、 最後までわきあいあい楽しい取材となりました。印象に残った質問は、「あっとほーむの宣伝のような本にしてもよかったのに、 どうしてこのような内容にしたんですか?」というもの。その答えにも大きくうなづいてくださり、とっても嬉しくなりました。 今後はこちらの団体と連携して何か新しいことができそうな予感も(^^) この雑誌が出るのは5月頃。 また近くになったら題名や団体名などお知らせしますので お読みいただけると嬉しいです。 小栗ショウコ ご意見はこちらから