あっとほーむからの「お知らせ」

お知らせ

2015年12月22日 仕事も子育ても両方たのしめる社会にするために


 

こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。

 

12月19日土曜日、あっとほーむのアドバイザーでもあり、小栗さんと共著本を出された松蔭大学准教授・田中聖華さんに来て頂き、小栗さん、事務局長、私の4人であっとほーむの働く女性支援事業の今後の展開を一緒に考えました。

 

その名も「あっとほーむ戦略会議」!!!かっこいいでしょ♪

戦略会議

 

去年2014年は浜銀総研、ビジネスウーマン・アワード大賞を受賞し、今年は横浜市の男女共同参画貢献表彰で推進賞を受賞。あっとほーむのこれまでの活動を認めて頂く機会に恵まれました。そして、これらの受賞でさらにたくさんの方々にあっとほーむを知って頂きました。でも、それに甘えず常に前を見ているお二人。これからの働くママのために、子どもたちのために、何ができるだろうかと考えています。 

仕事も子育ても両方たのしめる社会にするためにどうしたらいいのか、真剣に話し合いました。

 

 

小栗さんと田中さんの情熱に私も心が熱くなり、もっとあっとほーむの活動に貢献したいと感じました。

 

 

ちなみに、小栗さんと田中さん、実は最強のタッグなんです。

子育て支援に携わり、働くママパパ、その子どもたちに寄り添いあっとほーむの事業を17年継続してきた小栗さん。

自らも子育てと仕事をたのしく両立し、企業側からも女性側からもキャリアデザインを研究してきた田中さん。

 

 

お二人でセミナーや講演会に登壇されることも多々ありますが、そのたびにご参加頂いた方からご好評を頂きます。

小栗さん、田中さんのいままでの経験や実績を活かした具体的な事例やアドバイスに、みなさん目からウロコになってしまうのです。

 

小栗さんと田中さんという最強タッグに背中を推してもらいつつ、私もがんばります!

これからのあっとほーむの活動に乞うご期待!

 

 

« »

関連記事

2015年11月27日 来年度の学童保育追加受付します

あっとほーむへおいでよ

こんにちは、小栗ショウコです。   もうすぐ師走。もうそろそろ本格的に来年度のことを決める時期ですね。 さて、あっとほーむの学童保育に関して、お待ちくださった方もいるかと思いますが、若干名追加受付できることになりました。   【中川西小学校 都筑小学校】 徒歩でお迎えに参ります(4月中のみ。5月以降は希望により実施)   【荏田小学校】 車でお迎えに参ります。はまっこでお待ちください。   【そのほかの小学校】 毎日のお迎えはできませんが、はまっこやキッズクラブでお待ちいただくか電車等で来れる場合はお受けできます。   【地域の学童保育へのお迎え付き夜間保育】 残業やシフト勤務時などでお迎えが間に合わない場合、あっとほーむでお迎え、夕食、入浴が可能です。通常あっとほーむは21:00までですが、時間はご相談ください。   【夏休みのみ】 普段ご利用くださっている方のご予約状況により対応可能です。   【その他】 習い事、塾への送迎、あっとほーむ内でのピアノレッスンなどご希望がございましたらご相談ください。   まずは、お子さんと一緒に見学にお越しください。月~金13:00~17:00/19:00~21:00の間でご希望日いくつかご提示いただければ個別に対応いたします。見学はこちらのページからお申し込みください。   少人数制のため、多くの方を受け入れることが来出ずご不便をおかけしておりますが、来年度も子どもたちが毎日笑顔で楽しく過ごせるよう、安心安全な場づくりをしてまいります。    

2014年7月31日 こども新聞

no igame

こんにちは、小栗ショウコです。   10数年前にあっとほーむに来ていた方から、こども新聞(の年間購読)を寄付していただきました!利用していたのはもう10数年前なのに、ずっとあっとほーむのことを気にかけてくださって、本当にありがたく思います。「あっとほーむがなかったら、いろんなこと諦めていたから」という言葉もいただき、泣きそうになりました。                       最新ニュースも載ってるし、子どもたちが好きそうな釣りとかアクセサリーとかAKBのことも載っていて、これは面白い! 2年生Iくん、早速読んでます!                                               ↑3年生Mちゃんが、こども新聞専用置場を作ってくれました。   もう使わらなくなったからと、おもちゃやぬいぐるみ、絵本を寄付してくださる方も多く、あっとほーむは多くの方のご厚意で成り立っています。本当にありがたいです。子どもたちも、たくさんの人に応援してもらっていることをわかっています。自分が家族だけじゃなくたくさんの人から見守られているということを感じて生活できることは、きっと子どもたちの成長に良い影響を与えると思います。いつも応援してくださる皆様、あっとほーむの子どもたちのことを温かく見守ってくれている皆様、本当にありがとうございます。   ※ご寄付やボランティア等、あっとほーむの応援方法はこちら

2014年2月21日 男女共同参画の団体からの取材

20140219

2月18日、とある団体からの取材がありました。 全国の男女共同参画に関わる施設に配布する月刊誌に あっとほーむの活動や書籍への想いを載せたいとのお申し出です。 こちらの団体は長年男女共同参画の活動をしてきた由緒ある団体で、 私が前々から「一緒に何かしたいね」と話し合ってきた方も 深く関わっているところだったのです。 取材に来てくださった方は、ネットで本を見つけてくださり、 是非自分たちの月刊誌で紹介したいと連絡をくださったのです。 昨日は私のつたない話にも最初からとても共感してくださり、 最後までわきあいあい楽しい取材となりました。印象に残った質問は、「あっとほーむの宣伝のような本にしてもよかったのに、 どうしてこのような内容にしたんですか?」というもの。その答えにも大きくうなづいてくださり、とっても嬉しくなりました。 今後はこちらの団体と連携して何か新しいことができそうな予感も(^^) この雑誌が出るのは5月頃。 また近くになったら題名や団体名などお知らせしますので お読みいただけると嬉しいです。 小栗ショウコ ご意見はこちらから

2014年7月30日 実家が遠いと仕事と子育ての両立はムリ?

DUAL 看板

日経DUAL連載第八回「実家が遠いと仕事と子育ての両立はムリ?」がアップされました。 私・小栗ショウコがあっとほーむを始めた理由は、親も友人もいないこの土地で、あのまま仕事を続けて結婚出産したら絶対困るだろう、そしてこの地域には私と同じように困る人いっぱいいるはず!という想いからです。会社員だったころはシフト勤務だったので、子どもが保育園や学童に入れたとしてもその時間だけでは足りません。保育園や学童以外に、実家のように頼れるところがないと仕事を続けることもできないし、仕事をしなくても頼れる人がいないというプレッシャーで押しつぶされているでしょう。だったら私がそういうところを作ればいいんだ!と思ったんです。   実家が遠いならば、近くで頼れる人を見つければいい。ベビーシッターさんでもママ友でもファミリーサポーターさんでも、子育てを手伝うよって言ってくれる人はたくさんいます。そしてそういう人は、子どもが大好きです。人に頼るのを躊躇しているならばちょっと考え方を変えてください。あなたの子どものかわいさをちょっとだけおすそ分けしてあげるくらいの気持ちで頼っていいんですよ。   小栗ショウコ

2015年5月30日 仲間がいる!

定例会セミナー

こんにちは、あっとほーむ事務局阿部です。   今日は朝から青々とした空と夏の訪れを感じさせる強い陽射しの横浜でした。私はなんだかいい1日になりそうだという予感にワクワクしながらあっとほーむに向かいました。 本日午前中は子育て支援起業講座の説明会とスタートアップセミナー、午後からは子育て支援起業講座を卒業したみなさんで構成される「おうち保育園(R)協会」の第4回定例会を開催しました。今回の定例会は二部に分かれ、第一部は協会会員の情報交換会、第二部は日本政策金融公庫さんによる事業計画書作成セミナーで助成金・ビジネスコンテスト等へ申請する際のビジネスプラン立てのコツを学びました。 ほとんどの参加者がそうだったように、私自身も数字に弱く、苦手意識もありました。ただし、事業を立ち上げ、継続した運営をしていくには事業計画書や資金繰り書作成は避けては通れない道です。今回のセミナーのおかげで、自分に足りないものとそれを得るために何が必要で、何を活用できるかということを学べた参加者の方々。セミナーな最後には実際に開業準備をしている協会会員が多いため、具体的な質問も飛び交いました。 情報交換会では、協会会員それぞれの近況報告や開業準備の様子、開業後の課題などをシェアし、今後の事業運営や立ち上げ準備の参考になる話が盛りだくさんでした。協会会員のほとんどは自分が事業者となり事業を立ち上げることが初めて。未経験なことばかりだし、時には失敗することだってあるんです。でも、こんな時どうしたらいいの?と聞きたい時や不安に思っていることを聴いてほしい時に、そばにいるのがおうち保育園(R)協会と協会会員の仲間なんです。こうやって定例会やセミナーで定期的に会い、Facebookなどでつながっていることで、孤独にならず、いつでも相談でき、事業者として刺激ももらえるんです。あっとほーむがフランチャイズ制や系列制にしなかったのは、同じ子育て支援事業をしていく仲間としてお互いスキルを磨き、高め合い、事業を応援したかったからです。 これからも信頼できる事業者、保育者を育て、保育の現場を支えていければいいなと思います。