あっとほーむからの「お知らせ」

お知らせ

2015年12月22日 仕事も子育ても両方たのしめる社会にするために


 

こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。

 

12月19日土曜日、あっとほーむのアドバイザーでもあり、小栗さんと共著本を出された松蔭大学准教授・田中聖華さんに来て頂き、小栗さん、事務局長、私の4人であっとほーむの働く女性支援事業の今後の展開を一緒に考えました。

 

その名も「あっとほーむ戦略会議」!!!かっこいいでしょ♪

戦略会議

 

去年2014年は浜銀総研、ビジネスウーマン・アワード大賞を受賞し、今年は横浜市の男女共同参画貢献表彰で推進賞を受賞。あっとほーむのこれまでの活動を認めて頂く機会に恵まれました。そして、これらの受賞でさらにたくさんの方々にあっとほーむを知って頂きました。でも、それに甘えず常に前を見ているお二人。これからの働くママのために、子どもたちのために、何ができるだろうかと考えています。 

仕事も子育ても両方たのしめる社会にするためにどうしたらいいのか、真剣に話し合いました。

 

 

小栗さんと田中さんの情熱に私も心が熱くなり、もっとあっとほーむの活動に貢献したいと感じました。

 

 

ちなみに、小栗さんと田中さん、実は最強のタッグなんです。

子育て支援に携わり、働くママパパ、その子どもたちに寄り添いあっとほーむの事業を17年継続してきた小栗さん。

自らも子育てと仕事をたのしく両立し、企業側からも女性側からもキャリアデザインを研究してきた田中さん。

 

 

お二人でセミナーや講演会に登壇されることも多々ありますが、そのたびにご参加頂いた方からご好評を頂きます。

小栗さん、田中さんのいままでの経験や実績を活かした具体的な事例やアドバイスに、みなさん目からウロコになってしまうのです。

 

小栗さんと田中さんという最強タッグに背中を推してもらいつつ、私もがんばります!

これからのあっとほーむの活動に乞うご期待!

 

 

« »

関連記事

2013年12月13日 平成25年4月からの小学生の放課後利用について

logo_new

保育園年長さんはそろそろ1年生になってからの生活について本格的に考える時期になりましたね。あっとほーむでは毎年キャンセル待ちが続いておりますが、引っ越しや月ぎめから一時保育に変更する子がいるため、来年4月からのご利用に空きが出ましたので下記の通り新規にお受けできることになりました。<月ぎめ>3名横浜市在住でご両親の就労等により週3日以上利用の小学校1年生~3年生<一時利用>3名1年生から3年生で週2日までの利用、夏休み等長期休暇のみの利用、4年生上の利用  ※いずれも学校内のはまっこふれあいスクール、キッズクラブとの併用可能です。夜間までご利用の方を優先的にお受けします。満席になり次第受付終了させていただきます。ご利用をお考えの方はお早めにご相談ください。 ご意見はこちらから      

2014年7月23日 ありがとう

寄付 ありがとう

こんにちは、小栗ショウコです。 いつもあっとほーむの応援をしていただきまして、ありがとうございます。 絵本、鉛筆、マジック、画用紙等々、皆様からいただいた物を子どもたちは楽しく使っています。 また、4月から6月までの3か月間で合計207,200円のご寄付をいただきました。本当にありがとうございます!本来は皆様それぞれにお礼をしたいのですが、銀行にお振込みいただいた方でご住所がわからない方もいますので、この場を借りて子どもたちからの「ありがとう」を伝えます。                                 4月から6月までの寄付金は、昨日から始まった夏休み期間のお出かけやキャンプ等で使わせていただきます。(日常の文房具の他、キャンプでの花火やキャンプファイヤーに使わせていただきます)皆様からのご支援で、子どもたちの夏休みが充実したものになります!本当にありがとうございます!今後も引き続きご支援よろしくお願いいたします。   あっとほーむへの寄付はこちら   小栗ショウコ    

2014年11月28日 大賞に選ばれました!

浜銀総研

こんにちは、小栗ショウコです。   今日は浜銀総研ビジネスウーマンアワード2014の表彰式。 なんとなんと、 あっとほーむが大賞に選ばれました!!!!!    人と比べられるのも、誰かと競争するのもキライな私なので、本来はこういうものへの応募はしないのですが、ずっとあっとほーむを支えてくださっている社労士の平山久美子さんからの紹介なので、珍しく応募したものです。平山さんは、あっとほーむの節目を作ってくださる方で、神奈川県子ども子育て支援奨励賞を受賞したのも、神奈川県指定NPOや認定NPOへのステップアップも彼女のおかげです。   授賞理由は、16年間働くママたちを支えてきた事、家庭的な環境を子どもたちに提供してきた事、働く女性たちへむけて講演活動や執筆活動など積極的に発信してきた事、そして、事業で培ってきたスキルやノウハウを提供して同じような活動を全国に広げる活動をしていること等、これまでやってきたことすべてを評価していただけました。 起業の後押しをしてくれた夫、利用してくださった働くパパママたち、毎日かわいい笑顔をくれた子どもたち、いつも支えてくれるスタッフのみんな、そして平山さんはじめ、応援してくれる関係者の皆様。そう、あなたです。こういう賞をいただいたのは皆様のおかげです。これからも、皆様と賞を与えてくださった浜銀総研の皆様に誇れる活動を続けていきたいと思います。   慣れない華やかな場で緊張しましたが、大賞に選んでいただいたおかげでもう一度プレゼンをさせていただくことができ、更に多くの方に共感していただくことができました。華やかな会場で表彰されるのもよかったけど、あっとほーむに戻ってみんなに「すご~い」って言ってもらえたことが一番うれしかったです。    

2014年4月14日 小4は大人の階段のぼり始める時期ー日経DUAL連載第2回

no igame

日経DUALさんでの連載2回目がアップされました。 1回目の小1の壁の反響はすごかったらしく、今でもいいね!やリツイートが増えています。   続く2回目は小4の壁。 男女の差は少しあるけど、小4は親からの自立がキーワードになってきます。 今まであれほど言ってもできなかったことが、そんなに言わなくてもできると言ったり、 (親からみたらできてないままだけど) でもできなくて結局最後は親に頼ってきたりするから、 「だから最初に言ったじゃない」とか「最初から言う通りにすればいいじゃない」と ついつい怒りたくなるようなことが増えてくるでしょう。 でもね、子どもがなんとか自分でやろうと思う、その気持ちを大切にしてあげてください。 「なんにもできない」から 「なんとか自分でやろうとする気持ち」を持ち、 失敗を繰り返しながら、気持ちだけでなくなんとかやろうとする姿勢も ちょっとずつだけど見えてくるでしょう。   4年生からは身体的にも大きく変わる時期でもあります。 心と体の変化をうまく受け止められないもどかしさは、本人が一番感じることでしょう。 子どもから大人の階段をのぼり始める大切な時期だから、 自分に自信を持てるようにサポートしてあげるとよいと思います。   誰かにわが子を褒められたら「そんなことない、何もできない」などと言わずに、 「褒めてくれてありがとう」「そうなのよ、そこがこの子のよいところなの」って言ってくださいね。 自分が誰かに褒められて、親がそれを認めている様子を見ると、子どもはとっても嬉しいし、 それが成長を促す大きなきっかけになりますよ。    

2014年6月12日 FRaU7月号に掲載されました

フラウ7月号

代表・小栗ショウコのアドバイスがFRaU7月号に掲載されました。   大人の妊活最新BOOKのワーキングバランスのコーナー(P144 )にアドバイスを載せています。 仕事を諦めずに子育てをするために準備しておきたいことに関して、辞める派、キャリアチェンジ派、即復帰派の3つに分けています。たくさんの働くママを支援してきたからこそ見えることを、次世代の女性に伝えました。