あっとほーむからの「お知らせ」

子育て支援起業講座

2016年3月1日 事業者となるために大切なこと


 

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。

 

 

2月27日(日)は子育て支援起業講座・運用実務コースの2日目でした。社会保険労務士・平山久美子さんが特別講師として来て頂き、数々の企業を見てきた社労士としてのプロの視点で受講生の事業プレゼンを評価して頂きました。

 

受講生それぞれが考える事業が今の時代の流れに沿っている内容なのか、経営・運営をしていく上で成り立つ内容なのかなど、はじめて起業を考える人ではなかなか考えられない視点でアドバイスをくださるので、受講生にとってほんとうに貴重な回でもあります。ひとりで起業準備していてはこんな機会ないですもんね。

 

講座の後半、受講生は事務局長から事務作業のいろはと重要性を学びました。事業を始める前も、事業を始めたあともやはり事務的な作業って手間もかかるし大変なんですよね。でもこの作業をきちんとできることが信頼される事業者であるためには必要不可欠なことなんです。

 

また、小栗さんからも事業者となるために必要なことを伝授された受講生。今まで以上に事業者となる責任や重要性を感じているようで、いつもよりさらに真剣な表情が印象的でした。

 

このように、運用実務コースは特別講師の方に入って頂いたり、小栗さんや事務局長からあっとほーむの18年間培ってきたノウハウをすべて伝授してしまう特別なコースです。起業準備コースを通して、自分の想いを言葉にして伝え、だんだんと自分の中で事業のカタチが明確なってきた受講生たちだからこそ、この運用実務コースに進むと、本人たちも予想しないくらいぐんっと前に進むことができるんです。

 

3月27日(日)の7期生の修了式までもう少し。家族や友人を呼んで自分の想いがつまった事業プレゼンを披露します。一般の方ご参加いただけますので、7期生の勇姿をぜひ見に来てくださいね。

 

プレゼン完成まで、がんばれ!7期生!

 講座

« »

関連記事

2017年5月21日 子育て支援×起業×コーチング

10期ー2

こんにちは、小栗ショウコです。   もう夏か?と思うほどの暑さの日曜日は、あっとほーむカレッジ10期の授業です。 10期生は経験豊かな人が目白押し! 通算30年の幼稚園・保育士の経験者もいて、保育にかける想いがひしひしと伝わってきます!   みんなの想いが地域の子育ての支援につながるように私も頭をフル回転!自分が知っていることをただ教えるのではなく、一人一人の個性や地域に合った事業を一緒に考えています。そう、ここでやっているのはまさしくコーチング!みんなの好きなことや得意なこと、やりたいこをかなり深掘りして、そこから見える自分らしい事業を作ります。   自分のことを全部さらけ出して、仲間のことも自分のことのように考えて、12月の卒業式までにみんなで一緒に事業計画たてましょうね!    

2016年11月20日 プロに教わる!

no igame

    こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。   上着も忘れてしまうようなあたたかい陽気の本日。 12月4日(日)に最終の事業プレゼン&修了式を控えたあっとほーむカレッジ(子育て支援起業講座)の8期生が応用クラスの3日目を終えました。   3日目のクラスも盛りだくさんの内容です。 あっとほーむカレッジの応用クラスでは、その道のプロフェッショナルの方々から起業を目指す際に必要なことを余すことなく伝えています。安心して起業の一歩を踏み出すお手伝いをしています。   前半はコーチングとスタイリングでその人の内面や強みまで引き出すプロフェッショナル、パーソナルスタイリストの三好凛佳さんによる授業です。 事業者、保育者としてのファッション、身だしなみ、立ち居振る舞いといった観点から、「信頼」を得るにはどうしたらいいのかということを具体的にお話ししてくださいました。 他の起業講座にはない三好さんのコーチングとスタイリングを融合した視点に、8期生のみなさんは驚きと感動があったようです。事業プレゼンの本番を控えた8期生にとってのアドバイスだけでなく、これから開業し、事業継続をしていくときに必要なアドバイスがたくさん。三好さんからの言葉に「勇気をもらえた」と話してくださった方もいました。     そして、後半は18年継続するあっとほーむの活動を支えたITとビジネスのプロフェッショナル、あっとほーむの事務局長による授業でした。 ビジネスの基本スキルを学び、あっとほーむの事務業務を知ることで、トラブルの少ない起業、経営を目指すことができます。あっとほーむの事業とITを熟知している事務局長だからこそのアドバイスがたくさん。18年間のあっとほーむのノウハウがつまった授業となりました。     8期生の集大成となる事業プレゼンテーションは、12月4日(日)プロカメラマン・川名マッキー氏の写真教室【子どもが輝く写真を撮ろう!】とセットで開催いたします。ぜひご参加ください。お申し込みはこちらから。   また、あっとほーむカレッジの無料説明会&先輩起業家によるトークサロンもご参加申し込み受付中です。        

2016年3月7日 想いをカタチにするために

20103トークサロン

  こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。     3月6日(日)、子育て支援起業講座の無料説明会&卒業生のトークサロンを開催しました。 子育て支援起業講座は、あっとほーむに共感し、自分もあっとほーむのようなところをやってみたいという方のための講座です。講座の前に説明会を開催するのは、時間もお金もかけて受講していただくものなので、自分の目で見て耳で聞いて受講を決めてほしいと考えているからです。   いつも遠くから参加される方が多く、今回も東京、神奈川の方だけでなく、埼玉や遠くは大阪からも参加してくださいました。   もうすぐ4月ということもあるのでしょうか。みなさん前向きに一歩踏み出そうとしている方が多かったように思います。せっかく何かのご縁で出会って、少しの間ですが時間を共有するみなさんですので、アイスブレイクでお互いの自己紹介から会をはじめました。みなさん意外な共通点をお持ちで、話がつきないというくらい会場はわいわいと盛り上がっていました。初めて会ったのに、もうこんなに仲間意識が持てる説明会ってきっと日本中さがしてもないんじゃないでしょうか。   そして、今日のトークサロンでは相模原ママと子どものプレイパーク オハナ代表・村田かなえさんがトークゲストとしてお越しくださいました。村田さんは子育て支援起業講座を受講して自分の地域で自分らしい子育て支援施設を開業した先輩です。講座の受講を決めた理由や開業までの道のり、現在の活動などご自身の経験をお話してくださいました。先に経験された方の話を直接聴くことで、どんな講座なのかさらに想像していただけるようになっています。   自分も周りも笑顔になる事業をはじめた村田さんも、最初はこの日に参加されたみなさんのように起業の経験はゼロ。開業までも、開業してからも大変なこともたくさんあったけれど、起業講座で小栗さんからたくさんノウハウを吸収して、自分の想いをぶらさずに着実に行動に移していった結果が今につながっていることを、参加した皆さんに教えてくださいました。   きっと、参加者のみなさんも村田さんの話に勇気をもらったのではないでしょうか。そして、どんな次の一歩踏み出すかを最後にみなさんに語っていただきました。2時間という短い時間でしたが、参加したみなさんがそれぞれ抱えていた自分の想いを吐露するという濃〜い時間になりました。       さて午後は、すでに昨年から受講している7期生の講座です。残すところあと2日という段階になり、各自の事業プレゼンをさらによくしていく作業を行いました。本当にこれが伝えたいこと?本当に人生をかけてやりたいこと?と何度も自分に問いかけながら、小栗さんの伴走とともに受講生の事業も明確化していきます。   また、今日も小栗さんが18年培ってきた経験、実績をもとに、世の中にあるビジネスの考え方や本やセミナーから、本当に必要なものを抽出して、小栗さんから直接伝授。ここがあっとほーむの起業講座のすごいところなんです。 今日も講座の中でたくさんの事例がありましたが、働く女性支援や子育て支援にながく携わってきた小栗さんだからこそ話せる説得力ある事例ばかりです。       7期生の修了式は3月27日(日)です。今回は「地域で伸ばす子どものチカラ」と題した基調講演もありますので、ぜひ多くの方に参加していただきたいと思います。尚、4月から開始する8期の講座は、残席わずかになりました。説明会に参加したことがあり、4月からの受講をご検討の方はお早めに事務局までお知らせくださいませ。 この講座を受けたら絶対起業しないといけないわけじゃありません。子どもに関わる仕事をしたい、自分らしい事業で地域の役に立ちたいという方、あなたの想いをカタチする一歩を踏み出しましょう。  

2015年7月19日 あっとほーむの輪が広がります

20150719

こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。   子どもたちは夏休みに入り、お天気も夏本番の暑さ!あっとほーむ前にある花壇のお花たちは、先週の雨と今日のギラギラ太陽のおかげでぐんぐん成長しています。   さて、本日は子育て支援起業講座、6期生が2日目の講座を受けました。最初の1日目は別日程で受けた3名なので、今日はじめて顔を合わせました。3名ともバックグラウンドも違い、思い描く事業のカタチも違いますが、それぞれの想いを知り、共感した部分がたくさんあった様子。お互いにいま不安なところもさらけだし、とてもいい雰囲気でした。起業の経験もなく、不安もある受講生たちにとって、想いを理解してくれる仲間がいることって本当に大きな支えになるんですよね。6期生の中には、先週12(日)に開催された基調講演&5期生プレゼン発表会に参加いただいた方もいて、5期生の事業プランやプレゼンの完成度の高さにびっくりされた方もいました。5期生もその前の卒業生の方々も、講座を受けていた最中は今の6期生のように不安もありました。それでも自分自身と向き合って、悩んでも諦めないで前に進んできた結果、自信を持ってプレゼン出来るようになり、起業できたのです。6期生も今までの受講生と同じくらい大きな可能性を持っていて、代表の小栗さんには成功する姿がすでに見えているようです。 これからも6期生が悩みながらもぐんぐん成長していく姿をお伝えしていきます!  

2016年3月29日 地域で伸ばす子どものチカラ

大石さん講演

こんにちは、小栗ショウコです。   3月27日(日)は、あっとほーむとおうち保育園Ⓡ協会主催の基調講演「地域で伸ばす子どものチカラ」を開催しました。 ゲスト講師は大石稜子さん。私にコーチングゲームを教えてくださった方ですが、実は一目会ったそのときから大石さんの優しさに惹かれていました。そんな大石さんから得られることを私だけではなく、もっと多くの人に伝えたいと思いお招きしました。   すぐに参加者の心をつかむ優しいまなざしにお声がけ、魅力的な講演内容にみんなが笑顔に! 多くの学びを得たと参加者からも嬉しい感想をたくさんいただきました。 コーチングや講演のテクニックではなく、大石さんご自身のお人柄でみんなを笑顔にして学びを深める姿に、こうありたいと思いました。   さて、この会は「キレイなお姉さん」こと阿部さんの司会で進行。   基調講演の後はあっとほーむの子育て支援起業講座7期生の卒業プレゼンです!働くママのの心のケアを目指す山本さん。   夜の世界で働くシングルマザーの子どもたちに、正しい生活リズムや規律、チャンスを与える活動を目指す飯窪さん。   そして、子育て支援起業講座を卒業し、開業したお二人のトークサロン。 みんな最初は「できるかわからない」「私には無理かもしれない」と考えていました。でも、同時に「やってみたい」という想いを抱いて受講をしてくれました。すると講座が進むにつれ、だんだんと「私にもできるかも!」と思うようになります。それは、講座の中で受講生自身がもっている可能性を引き出すからです。あっとほーむのようなお迎え付き夜間保育を目指してきても、その人自身の可能性を引き出していくと、もっと違う形で地域の親子を支援するほうが良い場合もあります。私たちの講座では、受講生の可能性が最大限に発揮できる事業の形を共に考えていくものなのです。 だから講座を卒業した仲間でも、みんなが同じ事業をしているわけではないんですね。そんな風に自分の可能性を活かして事業を開始した仲間が、みなさんの地域にもいます。まだまだ全国の働く女性、親子を支えるには少ないです。私もやってみたい!という方は是非あなたが立ち上げてください。私たちがお手伝いします。