あっとほーむからの「お知らせ」

子育て支援起業講座

2016年10月24日 成果が出ている起業講座


こんにちは、小栗ショウコです。

 

10月23日(日)、あっとほーむカレッジ(子育て支援起業講座)8期生の授業がありました。

8期生は4月から授業を始めて、もう最終日が目前です。

本格的に事業計画書などを作成しました。

8-2

 

世の中にたくさんある起業講座では、まず事業計画書を作りましょう!というところから入りますが、あっとほーむカレッジ(子育て支援起業講座)では、それはもう最後の最後。その前に、ビジョンをしっかりと確立し、プレゼンを作りこんでから書類に落とします。そうすると書けるんですね~。そんな風に進めてきた成果は、先輩たちが証明してくれています。

3期生の渡邉さんは、あっとほーむカレッジ内で確立した事業計画を持って市川市レディースビジネスコンテストで大賞を受賞し、

同じく3期生の村田さんは、企業内保育所の認定をいただき、

5期生の宮尾さんは、市内で初めての民間学童保育所として承認を得ることが出来ました。

他にも、起業した人たちは認可外保育施設として届出を出して受領されているので、みなさんきちんと書類をそろえてOKいただいています。

 

 

8期生も、そんな先輩方に続き、自分らしい子育て支援の方法を模索し、すでに物件を借りたり買ったりする人も!!!

先輩たちも8期生も、最初はみんな「いつか何か出来たらいいな~」くらいの想いで来ていました。でも、あっとほーむカレッジで自分の想いを明確にし、具体的にビジョンを描き、事業計画を立てたこと。そして卒業してからもおうち保育園Ⓡ協会でつながっていることで実際に起業する時にアドバイスをしあえる関係性が保てることが大きな力になるのです。

あっとほーむに共感し、ここで学びたい!と時間とお金をかけて真剣に取り組んでいる生徒さんたちに、私も精一杯の力を注ぎ、それぞれに合った事業を見つけるお手伝いをさせていただいています。

 

頑張っている8期生の事業計画はたくさんのアイデアにあふれています。

いつか何か出来たらいいな~とお考えの皆様、是非彼女たちの事業計画を聞きにきてくださいね。8期生の修了式、一般参加者受付中です!

 

 

 

 

 

« »

関連記事

2015年8月30日 週末は学びの日

販促講座20150829

こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。   今日は朝から雨がしとしと、にぎやかな夏の終わりを告げるような静かで落ち着いたお天気でしたね。公園ではとんぼが飛んでいて、秋が来たのを知らせてくれています。涼しく快適に過ごせた一日、みなさんはどう過ごしましたか。   あっとほーむでは昨日は販促(販売促進)講座、本日は子育て支援起業講座第6期・8月スタートコースの一日目がありました。  今回の販促講座は、7月に5期生として最終プレゼンを終え、起業講座を修了した二名が受講しました。開業に向けての準備や保育試験の勉強などを抱えながらもこの夏を乗り切った二名。自分の想いの詰まった事業を開始するにあたって、どんなツールを使って、どうのように自分たちの活動を世の中に伝えていくかということを学びました。   あっとほーむの販促講座を担当する穂永さんは、頭を抱えてしまいたくなるような難しいことも、誰でも理解できるように上手に説明してくれます。そして、どんな事業にしたいのか、そこにどんな想いがあって、事業者はどんな人柄なのかをしっかり聴いてくれます。共感し、親身になって販促のことを教えてくれる先生はなかなかいないと思います。今回の講座も終始、笑顔と笑い声の響く楽しい時間でした。       そして、本日の起業講座は名古屋と横浜から参加のお二人です。すでに子育て支援事業を開始している方もいて、保育の現場の様子や利用者の声を語ってくれるのでたくさんの学びがありました。 起業している、経験がないという状況が異なるふたりですが、不安や迷いを抱えていたことは共通していました。ひとりで悩み、自分の想いややりたかったことがわからなくなり、落ち込んだり、苦しみばかりで辛かいと感じていたそうです。   でも今日の講座で「自分の憧れでもあった働く女性をサポートしたい」、「仕事や夢を追いかけ頑張る女性を応援したい」とそれぞれの想いやその根っこにある理由を思う存分話したふたり。起業講座を卒業していった仲間たちがそうだったように、きっと起業前だけでなく、起業後も不安なことや迷いを分かち合い、支え合える心強い仲間になっていくことでしょう。   あっとほーむの起業講座は想いを明確にする第一歩です。そしてこの一歩は自分の想いがたくさん詰まった事業を始める一歩となるんです。私たちは事業者が幸せになる事業をすることが大切だと考えています。そしてそのためにも不安なこと、うまくいかないこと、辛く苦しいことを共有して支え合えるのがおうち保育園®協会の仲間です。   ひとりで悩んでいたらぜひ私たちに聞かせてください。頼もしい仲間も待っていますよ!

2014年9月28日 事業運営

DSC00746

こんにちは、小栗ショウコです。   今日の午後は、3期の皆さんのおうち保育園®コース2日目です。特別講師として「社労士がやさしく教える小さくても強い会社の作り方」の著者、平山久美子さんが来てくださいました。事業は、ぶれない軸を作り、それを伝え、運営事務作業もきちんとやらないといけません。私自身は事務作業が本当に苦手ですが、苦手だからこそプロに任せたり、後で困らないようにこまめに整えていくことを心がています。特に想いが強い事業者は、同じように苦手の人が多いけど、利用してくれるパパママたちのため、子どもたちのため、働いてくれるスタッフのためにきちんとやらないといけません。今日は平山さんから一人一人の事業内容に合わせてアドバイスをただきました。ありがたい限りです。   私たちの講座は、子育て支援起業コースで事業の軸を確立し、おうち保育園®コースで具体的な運営方法を学ぶようになっています。保育に限らず、塾や習い事、親子支援など、子どもに関わる事業をしたい人が受講できますので、なんとなくこんなことやってみたいな~と思っていることがあるならば、是非受講してみてくださいね。

2016年11月13日 一生続ける事業をみつける

dsc03477

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。   日中はぽかぽか陽気だった本日。9期生が集って、あっとほーむカレッジ(子育て支援起業講座)の基礎クラス・2日目を開催しました。 前回、初顔合わせだったにも関わらず、小栗さんに導かれお互いの想いを打ち明けることで、仲間意識も芽生え、和やかに1日目の授業を終えた9期生。前回の復習をかねて、自己紹介プレゼンからスタート!   本日は自分の事業の顧客にフォーカスを当て、顧客となる人が本当に求めているニーズとは何なのかを考えていきました。そして、自分自身とさらに向き合うことで、自分が今後、生涯をかけてやっていくことになる事業がどんなものであるのかを深堀りしていきました。   最後に小栗さんからプレゼンの極意も教わり、本日2度目の自己紹介プレゼンで二日目を締めくくりました! 4時間たっぷりと考えて、伝えて、また考えて、伝えてを何度も繰り返した9期生。きっと脳はへとへとのはず。帰ったらきっとぐっすり眠れます。そして、また次回に向けて意欲的に行動できるのです。 9期生のみなさん、本日もお疲れ様でした!   あっとほーむカレッジは自分が一生続ける事業をみつけるためのものです。既存にあるものや流行に流されず、生徒さんの才能や能力、そして何より生徒さんの想いを大切にし、それを軸にして事業を考えるからです。   自分に何ができるかわからない。でも社会や地域のために、子どもたちのために、働くパパママのために何かしたい!そんな想いを持っている方、悩んでいたらぜひあっとほーむカレッジに来てみてください。自分の一生をかけてやりたいと思える事業をいっしょにみつけましょう!   あっとほーむカレッジの無料説明会&先輩起業家のトークサロンのお申し込みはこちらから。 また、12月4日(日)は、プロカメラマン・川名マッキーさんの写真教室【子どもが輝く写真を撮ろう!】とセットで開催される8期生の事業プレゼン会&修了式があります。9期生の先輩たち、8期生のアイディア溢れる事業プレゼンをぜひお聴きください。 お申し込みはこちらから。    

2014年5月11日 子育て支援の仕事をしたい!

20140511

あっとほーむでは、子どもに関わる仕事をしたい、あっとほーむみたいなところを自分の地域でやりたい!という人のために、私たちが長年培ってきたスキルとノウハウを提供する子育て支援者育成事業をしています。(おうち保育園®協会と言います)   あっとほーむのコピーではなく、フランチャイズでもなく、自分らしい子育て支援事業を立ち上げるまでのお手伝いをするものです。   今週末は、その講座がありました。 土曜日は、保育事業者のための販促講座。 チラシやHP、SNSを使った販促方法をプロから教えてもらいました。   日曜日午前中は講座の受講を考えている人のための無料説明会&スタートアップセミナー。ちゃんと納得してから受講してもらいたいので、あっとほーむのこと、講座を始めた理由、講座の内容を説明させていただきました。   午後は子育て支援起業日曜日コースの2日目。 1日目でみんなとっても打ち解けて仲間意識ができたので、最初からとっても和気あいあい。 みんな自分らしい子育て支援事業をするために、自分の置かれている状況、地域性を考慮してどんどん話が進んでいきます。 今日は宿題をたくさん出したので、次回の講座まで大変だと思うけど、きっとみんな予想以上のことをやってきてくれるでしょう。 さて、来週は同じ内容で水曜日コース。仙台から来てくれる受講生のために今日と同じように楽しく開催したいと思います。   講座受講をお考えの方は、まずは無料説明会にお越しください。次回6月はすでに満席ですが、7月8月は残席があります。 次回の講座は9月開講!それまでに説明会に参加して十分に検討することを考えると、7月8月の説明会に参加することをお勧めします。 「いつか」やりたいことならば、今からはちゃんと準備して「いつか」が来た時にすぐに走り出せるようにしておきましょう。    

2016年8月29日 起業できる人がしていることは?

宮尾さん

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。   昨日8月28日日曜日は子育て支援起業講座の説明会&先輩起業家のトークサロンを開催しました。 今回も遠くは三重県から参加してくださいました!嬉しいことですね! 説明会会場はあっとほーむ。あっとほーむがどんな雰囲気の場所なのか感じてもらえたようです。     今回は、先輩起業家としてNPO法人アフタースクールにじのいえ・代表 宮尾智美さんがTV電話を通して自身の経験をお話してくださいました。   宮尾さんは、説明会に参加し、小さいお子さん二人をご家族に預けて大阪から横浜まで月に1度の起業講座に通ってくれた方です。宮尾さんが説明会で小栗さんと出会って、自分自身や周囲の人々がどう変わっていったか、起業までの準備期間や起業してからの話をお話してくださいました。   今でこそ起業して順調に運営している宮尾さんですが、説明会に参加した当時から「ぜったいこの事業をやるんだ!」と起業を強く心に決めていたわけでなはく、あっとほーむのようなところができたらいいな~という淡い期待と、自分の周囲の子育て支援の環境や課題にどうしたらいいのか、自分で何かできたらなという想いだったそうです。   宮尾さんはもちろん、あっとほーむの子育て支援起業講座を卒業し、開業されている方々に共通するのが、行動力と発信力がすばらしいということです。起業に大事なこの要素を小栗さんのもとで学んで、身につけて、起業という今があるんですね。  今回説明会に参加してくださった方々にも、起業に何が大事なのかということが伝わり、はじめの一歩を踏み出すきっかけになったらいいなと感じました。   9月11日(日)の説明会&トークサロンがあります。実は9月も宮尾さんがお話してくださいます!小栗さんや宮尾さんからお話を聴いてみたい!と感じた方、ぜひご参加ください。 お申し込みはこちらから。