あっとほーむからの「お知らせ」

子育て支援起業講座

2016年10月24日 成果が出ている起業講座


こんにちは、小栗ショウコです。

 

10月23日(日)、あっとほーむカレッジ(子育て支援起業講座)8期生の授業がありました。

8期生は4月から授業を始めて、もう最終日が目前です。

本格的に事業計画書などを作成しました。

8-2

 

世の中にたくさんある起業講座では、まず事業計画書を作りましょう!というところから入りますが、あっとほーむカレッジ(子育て支援起業講座)では、それはもう最後の最後。その前に、ビジョンをしっかりと確立し、プレゼンを作りこんでから書類に落とします。そうすると書けるんですね~。そんな風に進めてきた成果は、先輩たちが証明してくれています。

3期生の渡邉さんは、あっとほーむカレッジ内で確立した事業計画を持って市川市レディースビジネスコンテストで大賞を受賞し、

同じく3期生の村田さんは、企業内保育所の認定をいただき、

5期生の宮尾さんは、市内で初めての民間学童保育所として承認を得ることが出来ました。

他にも、起業した人たちは認可外保育施設として届出を出して受領されているので、みなさんきちんと書類をそろえてOKいただいています。

 

 

8期生も、そんな先輩方に続き、自分らしい子育て支援の方法を模索し、すでに物件を借りたり買ったりする人も!!!

先輩たちも8期生も、最初はみんな「いつか何か出来たらいいな~」くらいの想いで来ていました。でも、あっとほーむカレッジで自分の想いを明確にし、具体的にビジョンを描き、事業計画を立てたこと。そして卒業してからもおうち保育園Ⓡ協会でつながっていることで実際に起業する時にアドバイスをしあえる関係性が保てることが大きな力になるのです。

あっとほーむに共感し、ここで学びたい!と時間とお金をかけて真剣に取り組んでいる生徒さんたちに、私も精一杯の力を注ぎ、それぞれに合った事業を見つけるお手伝いをさせていただいています。

 

頑張っている8期生の事業計画はたくさんのアイデアにあふれています。

いつか何か出来たらいいな~とお考えの皆様、是非彼女たちの事業計画を聞きにきてくださいね。8期生の修了式、一般参加者受付中です!

 

 

 

 

 

« »

関連記事

2015年10月5日 収支予算書を作る

6期運1

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。   昨日の昼間は汗ばむ陽気でしたが、夕方太陽が沈む頃には涼しい秋の風が肌を撫で、辺りはすぐに真っ暗に。秋の夜長を感じますね。     さて、昨日は子育て支援起業講座・運用実務コースの第1日目が開催されました。先週末に起業準備コースを卒業した6期生が早くも次のステップに進むべくこのコースを受講開始しました。   この運用実務コースでは、開業を目指し、より具体的に事業内容やサービス内容を考えていきます。専門家の方をお呼びしての講義では、より健全な事業となるよう事業計画を立てていきます。実際にあっとほーむの事業関連書類をお見せして、受講生それぞれの考える事業の計画書や開業に必要な書類作成を学んでいきます。   今日は料金設定と予算書の作成が目標でしたが、慣れない苦手な数字との戦いで、手が止まってしまう…と、思いきや、みなさんきちんと書けていました。もちろん、はじめてのことだから、分からないことはあります。でも、経験も実践もある小栗さんがフォローしてくれて、難しいそうなこともあっとほーむの事例にそって分かりやすく説明してくれるんです。時間はかかるかもしれないけれど、わからないまま闇雲に前に進むよりも、サポートしてくれる人のそばで準備できれば安心ですよね。   経験がないから不安。分からないことだらけで前に進めないという方こそ、私たちはサポートしていきたいと思っています。10月18日(日)10:00〜に起業講座の説明会を開催します。お申し込みお待ちしております!  

2016年3月29日 地域で伸ばす子どものチカラ

大石さん講演

こんにちは、小栗ショウコです。   3月27日(日)は、あっとほーむとおうち保育園Ⓡ協会主催の基調講演「地域で伸ばす子どものチカラ」を開催しました。 ゲスト講師は大石稜子さん。私にコーチングゲームを教えてくださった方ですが、実は一目会ったそのときから大石さんの優しさに惹かれていました。そんな大石さんから得られることを私だけではなく、もっと多くの人に伝えたいと思いお招きしました。   すぐに参加者の心をつかむ優しいまなざしにお声がけ、魅力的な講演内容にみんなが笑顔に! 多くの学びを得たと参加者からも嬉しい感想をたくさんいただきました。 コーチングや講演のテクニックではなく、大石さんご自身のお人柄でみんなを笑顔にして学びを深める姿に、こうありたいと思いました。   さて、この会は「キレイなお姉さん」こと阿部さんの司会で進行。   基調講演の後はあっとほーむの子育て支援起業講座7期生の卒業プレゼンです!働くママのの心のケアを目指す山本さん。   夜の世界で働くシングルマザーの子どもたちに、正しい生活リズムや規律、チャンスを与える活動を目指す飯窪さん。   そして、子育て支援起業講座を卒業し、開業したお二人のトークサロン。 みんな最初は「できるかわからない」「私には無理かもしれない」と考えていました。でも、同時に「やってみたい」という想いを抱いて受講をしてくれました。すると講座が進むにつれ、だんだんと「私にもできるかも!」と思うようになります。それは、講座の中で受講生自身がもっている可能性を引き出すからです。あっとほーむのようなお迎え付き夜間保育を目指してきても、その人自身の可能性を引き出していくと、もっと違う形で地域の親子を支援するほうが良い場合もあります。私たちの講座では、受講生の可能性が最大限に発揮できる事業の形を共に考えていくものなのです。 だから講座を卒業した仲間でも、みんなが同じ事業をしているわけではないんですね。そんな風に自分の可能性を活かして事業を開始した仲間が、みなさんの地域にもいます。まだまだ全国の働く女性、親子を支えるには少ないです。私もやってみたい!という方は是非あなたが立ち上げてください。私たちがお手伝いします。    

2015年7月13日 プレゼン会&修了式

20150712-4

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。 今日は無意識に暑い暑いと手で扇いだり、ハンカチで汗を拭ったりと、梅雨が明けこれから続く暑い夏を予感させる1日でしたね。   7/12(日)、基調講演と熱い想いを胸に子育て支援起業講座・第5期生が最終プレゼンテーションに挑みました。 基調講演では、音楽プロデューサー&ビジネスプロデューサーとして活躍中の稲葉瀧文さんが、「創意工夫で未来をつかむ 事業を広げる発想力」と題し、お話してくださいました。おうち保育園®協会会員はもちろん、これから事業を始める方、事業を発展させたいという方が集まりました。 事業を始めたら、成功ばかりではない。うまくいかないこともある。でも、挫折や失敗したときにそこで諦めることなく、次に行動するには何が必要なのか、どんな心の在り方であれば協力者を得てさらなる事業発展につながるのかということを学びました。今や第一線で活躍する稲葉さんの新人時代の話から、私たちが想像できないような音楽やビジネスの世界の話まで混じえた言葉にみなさん本当に聴き入っていました。あっという間の一時間で、会場からは稲葉さんにまだまだ話を聴きたい!という声が上がっていました。 基調講演の後は約半年間子育て支援起業についてあっとほーむで学んできた4人のプレゼン会です。来賓、一般の方以外にそれぞれの家族、友人が見守る中、しっかりとしたビジョンをもった今後の事業ついて発表してくれました。半年前は、「あっとほーむに共感している」「あっとほーむと同じようなことができたらいいな」と、漠然とした想いだけがあり、自分は何も出来ないしと言っていたのに、講座を進めていくうちに自分の譲れない軸、人生の目的をきちんととらえることができ、時には不安で押しつぶされそうになりながらも自分の想いを手放さずに最後まで走りきった4人です。 働くママと子どもたちが幸せになれる社会を目指して大阪から通ってくれた受講生。子どもたちに安全を、パパ・ママに安心をと、子育てと仕事を両立してきたパパ目線で子育て支援したいという受講生。若者を取り巻く現状から未来を担う子どもたちに学びを届けたいと熱く語る受講生。子どもも大人も気軽に集えて自然の中で学べる場をつくりたいと、子育て真っ最中でも滋賀県から通ってくれた受講生。彼、彼女たちの想いはまだ走り出したばかり。そう、今日が本当のスタートライン!これからそれぞれの目標を目指し、動き出す4名をおうち保育園®協会でサポートしていきます!

2015年10月19日 説明会&トークサロン開催!

no igame

  こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。   土曜日が雨で日曜日に運動会という学校や保育園も多く、スポーツ日和な一日となりました。運動会で活躍しているだろう子どもたちの姿を想像してほっこりしました。   そんな日曜日、あっとほーむで子育て支援起業講座の説明会&トークサロンを開催しました。今回のトークサロンには、10月13日にお迎え付き夜間保育所にじのことりをオープンしたばかりの三井恵さんがトークゲストとして来てくださいました。   三井さんは起業講座3期生で、2014年春から受講を開始し、同年11月末に講座を修了し、現在はおうち保育園®協会の会員でもあります。今日は三井さんの受講前の想いや状況、受講中のできごと、修了後から開業までのできごとまでご自身の経験をお話ししていただきました。不安や焦りもあったという三井さん。でも小栗さんからの言葉や、同期の受講生やおうち保育園®協会の会員とのつながりが彼女を支えたそうです。そして、受講中も修了後も自分のことを周りに伝えていったこと、何より、やると決めて一歩踏み出したことが、彼女の夢をカタチにする上でとっても大事なことだったそうです。     あっとほーむの起業講座では、 事業者自身が幸せになる事業をすることが大切だと思っています。それはたくさんのお金を儲けるということではなく、事業者の心が満たされるということです。生きていてすばらしいと思えること、社会のだれかの役にたてるという喜び、ありがとうの言葉をもらえる活動、子どもたちの成長に携わり、保護者とともに見守ることができる環境、そういったことのひとつひとつが事業者の幸せになると考えます。     トークサロン中の三井さんは終始笑顔で、オープンしたにじのことりでの子どもたちとのできごとや保護者の方からもらった言葉を本当に嬉しそうにお話してくださいました。三井さんのお話を聴いている参加者の方も私たちも自然と笑顔になっていきました。人の幸せを共有できて、こんなにたのしくて幸せな空間って素敵だなと感じました。こういった場をこれからもみなさんにご提供できればなと考えています。   三井さんが受講した子育て支援起業講座はこちら。 次回の説明会&トークサロンの日程も決定次第お知らせ致します。ぜひ多くの方にこの幸せな空間をシェアできたらなと思います。次回を乞うご期待!  

2014年7月6日 子育て支援起業コース修了!

20140706

こんばんは、小栗ショウコです。 本日、午前中は無料説明会&スタートアップセミナー、午後は子育て支援起業子コース最終日でした。子育て支援起業コースは、子どもに関わる事業をしたい方のためのコースで、ぼんやりとしているけどいつか自分で何かやれればいいな~と思っている方に受講していただける4日間のコースです。 今回の受講生は、 ●近所にあっとほーむがあればいいけど、ないなら自分で作っちゃおうという保育園児と小学生の子どもを持つ働くママ ●現役保育士の経験から、保育園では対応しきれない保育を担うことでママたちの心の支えになることを目指している方 ●保育士仲間3人で地域の子育て支援拠点を作ろうとしている方 ●幼稚園教諭経験から、もっと子どもたちの心と体の健康を作りたいという方 ●学童保育の指導員経験から、父親と子どもの絆を作ろうとする人 ●児童養護の経験から親子のサポートをしようとしている人もいます。   現在の受講生は保育資格があるか経験がある人が集まりましたが、資格と経験がなくても子育て支援はできます。(保育資格はこれから取得すればいいですし、1期生2期生は資格も経験もない方のほうが多かったです)受講する前、こんなにはっきりと目標を言える状態ではなかった人もいます。でも4日間で自分にたくさんの問いかけをして、自分のやりたいことを明確にした受講生たち。本当に素晴らしいです。今後は全員がおうち保育園®コースに進み、更に具体的な事業スキルを身につけていきます。   社会に役立つことしたいな、地域の子どもたちのために何かできたらいいな、何をすればいいのかわからないけど働くママのサポートがしたいなと言う方は、是非秋からの子育て支援起業コースにご参加ください。あなたにもきっとあなたらしい子育て支援ができるはずです。 子育て支援開業講座を受講するには 小栗ショウコ