あっとほーむからの「お知らせ」

子育て支援起業講座

2016年11月13日 一生続ける事業をみつける


 

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。

 

日中はぽかぽか陽気だった本日。9期生が集って、あっとほーむカレッジ(子育て支援起業講座)の基礎クラス・2日目を開催しました。

前回、初顔合わせだったにも関わらず、小栗さんに導かれお互いの想いを打ち明けることで、仲間意識も芽生え、和やかに1日目の授業を終えた9期生。前回の復習をかねて、自己紹介プレゼンからスタート!

 

本日は自分の事業の顧客にフォーカスを当て、顧客となる人が本当に求めているニーズとは何なのかを考えていきました。そして、自分自身とさらに向き合うことで、自分が今後、生涯をかけてやっていくことになる事業がどんなものであるのかを深堀りしていきました。

あっとほーむカレッジ1

 

最後に小栗さんからプレゼンの極意も教わり、本日2度目の自己紹介プレゼンで二日目を締めくくりました!

4時間たっぷりと考えて、伝えて、また考えて、伝えてを何度も繰り返した9期生。きっと脳はへとへとのはず。帰ったらきっとぐっすり眠れます。そして、また次回に向けて意欲的に行動できるのです。

9期生のみなさん、本日もお疲れ様でした!

 

あっとほーむカレッジは自分が一生続ける事業をみつけるためのものです。既存にあるものや流行に流されず、生徒さんの才能や能力、そして何より生徒さんの想いを大切にし、それを軸にして事業を考えるからです。

 

自分に何ができるかわからない。でも社会や地域のために、子どもたちのために、働くパパママのために何かしたい!そんな想いを持っている方、悩んでいたらぜひあっとほーむカレッジに来てみてください。自分の一生をかけてやりたいと思える事業をいっしょにみつけましょう!

 

あっとほーむカレッジの無料説明会&先輩起業家のトークサロンのお申し込みはこちらから。

また、12月4日(日)は、プロカメラマン・川名マッキーさんの写真教室【子どもが輝く写真を撮ろう!】とセットで開催される8期生の事業プレゼン会&修了式があります。9期生の先輩たち、8期生のアイディア溢れる事業プレゼンをぜひお聴きください。

お申し込みはこちらから。

あっとほーむカレッジ2

 

 

« »

関連記事

2016年9月11日 先輩たちの生の声

無料説明会宮尾さん

こんにちは、小栗ショウコです。   本日は、子育て支援起業講座の無料説明会。あっとほーむみたいなところやってみたいな~とぼんやり考えている方に、実際にあっとほーむを見ていただき、どんなことを勉強できるのかお伝えする時間です。 今日はなんと! 1年前にこの講座を卒業し、今年4月に起業した大阪府高槻市のにじのいえの宮尾さんがテレビ電話で登場! そして、現在受講中の8期生のお話も!!! 宮尾さんも、8期の先輩も、説明会に来たときはまだ想いは漠然としていました。でも、子どもに関わる何かを自分でやってみたくて、だったらそれに特化しているところ、事業としてやっているところで教えてもらいたいと思って講座を受けてくれました。   世の中に起業講座や創業セミナーは山のようにあるけれど、あっとほーむの起業講座は自分のやりたいことを深く掘り下げて、本当にやりたいことを自分でつかめるまで伴奏することが最大の魅力です。人生を変える大切なことなので、私自身もちゃんと受講生の人生を見つめてそれぞれに合ったアドバイスをしています。一般論や無責任なことは言えないからね。だから受講生にも、大変だけど説明会に来てもらって、あっとほーむを自分の目で見て、直接説明を聞いて十分に納得して受講してほしいと思っています。     10月開催の9期に向けての説明会は本日で終了です。 でも、説明会には出れなかったけど、9期で受けたいという方は個別にお知らせください。そういうリクエストを思い切って出来ることも起業する人に必要な行動です。やりたいことをやるために、相手に申し訳ないからと勝手に決めて諦める前に、相手にお伺いしてみることはすごく大切なことなんですよ。だって自分の熱いが伝われば、案外相手の気持ちも動くからね。やりたいことをやりたい人、何に関しても諦める前に相手に聞いてみるくせをつけてみてくださいね。    

2017年3月19日 一人じゃないから心強い!

DSC06107

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。   あっとほーむみたいなところをつくりたい!という全国からの声に応えてはじまった子育て支援起業講座は、2016年秋にあっとほーむカレッジにリニューアル。もうすぐ半年が経とうとしています。 そんな中、本日の午前中はあっとほーむカレッジの無料説明会&先輩起業家のトークサロン、午後には9期生の応用クラス2回目を開催しました。   今日の先輩起業家のトークサロンでは、千葉県市川市で送迎付き夜間学童&コミュニティ(レンタル)スペース「せかんどほーむ」を開業した渡邉裕美さんがゲスト。自分で事業をしてみたい気持ちはあるけれど、起業って大変そう・・・と不安な参加者のために自身の経験からたくさんお話ししてくださいました。   渡邉さんの話に耳を傾け、しっかりメモをして聴いている参加者のみなさん。最初緊張して不安な顔だった参加者のみなさんですが、「悩んでいてやらずに後悔するよりも、まずやってみた方がいい!」という渡邉さんの言葉に、最後には「説明会に来て、話をきけてよかったです!」と前向きな笑顔で帰っていかれました。起業した先輩の話は本当に勇気を与えてくれますね。   そして、午後の9期生・応用クラス2日目では、収支計画を盛り込んだ事業計画書策定を学びました。この時間はだいたいの生徒さんが電卓を片手に数字とにらめっこなのですが、9期生のみなさん意外と和気あいあいです。それもそのはず、お互いの事業計画について疑問に感じたことを相談しながらすすめているからです。     自分一人だけでは前にも後ろにもすすめなくなってしまいそうな事業計画の策定。みんな苦手なんです。ですが、あっとほーむカレッジでは18年間のノウハウ、スキルがある小栗さんの強力なサポートのもと、お互いの想いを理解し合っている仲間に、「ここの数字どうしたらいい?」「この価格設定どう思う?」と素直に意見をきける環境があるんです。生徒同士が事業者・経営者として敵ではなく、支え合える仲間だということがわかります。一人じゃないから、心強い。苦手なことも乗り越えられるですよね。   このあと、過去の先輩たちの事業プレゼンテーションを見た9期生。「なるほど、こういうふうにつくればいいんだ!」ととっても参考になったようです。完成されているお手本をこんなに簡単にみられるのはあっとほーむカレッジすごいところ。同期の仲間だけでなく、おうち保育園®協会で起業している先輩たちからも学べるからなおさら心強い♪     5/7(日)にある自分たちの事業プレゼン発表会&修了式に向けて気合いが入った9期生。 あと1ヶ月ちょっと、ラストスパートがんばれ〜!!!     起業に興味のある一般のみなさま、あっとほーむカレッジ説明会と、先輩起業家からお話が聞けるトークサロンは次回4月16日(日)に開催します! 是非お申し込みくださいね。 4月16日(日)10:00~12:00あっとほーむカレッジの説明会及び先輩のトークサロンお申し込みはこちら あっとほーむカレッジの内容は、こちらでご確認いただけます。    

2016年10月24日 成果が出ている起業講座

8-2

こんにちは、小栗ショウコです。   10月23日(日)、あっとほーむカレッジ(子育て支援起業講座)8期生の授業がありました。 8期生は4月から授業を始めて、もう最終日が目前です。 本格的に事業計画書などを作成しました。   世の中にたくさんある起業講座では、まず事業計画書を作りましょう!というところから入りますが、あっとほーむカレッジ(子育て支援起業講座)では、それはもう最後の最後。その前に、ビジョンをしっかりと確立し、プレゼンを作りこんでから書類に落とします。そうすると書けるんですね~。そんな風に進めてきた成果は、先輩たちが証明してくれています。 3期生の渡邉さんは、あっとほーむカレッジ内で確立した事業計画を持って市川市レディースビジネスコンテストで大賞を受賞し、 同じく3期生の村田さんは、企業内保育所の認定をいただき、 5期生の宮尾さんは、市内で初めての民間学童保育所として承認を得ることが出来ました。 他にも、起業した人たちは認可外保育施設として届出を出して受領されているので、みなさんきちんと書類をそろえてOKいただいています。     8期生も、そんな先輩方に続き、自分らしい子育て支援の方法を模索し、すでに物件を借りたり買ったりする人も!!! 先輩たちも8期生も、最初はみんな「いつか何か出来たらいいな~」くらいの想いで来ていました。でも、あっとほーむカレッジで自分の想いを明確にし、具体的にビジョンを描き、事業計画を立てたこと。そして卒業してからもおうち保育園Ⓡ協会でつながっていることで実際に起業する時にアドバイスをしあえる関係性が保てることが大きな力になるのです。 あっとほーむに共感し、ここで学びたい!と時間とお金をかけて真剣に取り組んでいる生徒さんたちに、私も精一杯の力を注ぎ、それぞれに合った事業を見つけるお手伝いをさせていただいています。   頑張っている8期生の事業計画はたくさんのアイデアにあふれています。 いつか何か出来たらいいな~とお考えの皆様、是非彼女たちの事業計画を聞きにきてくださいね。8期生の修了式、一般参加者受付中です!          

2016年5月15日 事業=人生だから

8期2日目

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。   外は気持ちよく晴れて、家の中は涼しい風が通り抜ける一日。今日は子育て支援起業講座・起業準備コースの二日目でした。新しくスタートを切った8期生が今日も全国各地からあっとほーむに集まってきました。   女性だけのなごやかな雰囲気の中にも、時折、真剣に考える8期生の姿がありました。そして、その隣にはかならず小栗さんも一緒に考えている姿があります。受講生の人生や考え、想いを真剣に受け止め、小栗さん自身の経験、実績、ノウハウ、知識を総動員して、受講生それぞれに答えを導くためにサポートする姿です。   小栗さんは、受講生それぞれに価値観があり、その価値観を反映した事業をしてほしいと思っています。 そのためには、自分の事、やりたいことを明確にしないといけません。このプロセスを自分ひとりで考えても、実はなかなか見つけられないんですよね。できない、やらない言い訳を考えてしまったり、お金のことが気になったり。大切なことがわからなくなって、どんどん事業のカタチがぶれていくんですよね。大切なことだけを、的を絞って教えてくれるのは、小栗さんであり、あっとほーむの子育て支援起業講座なんです。   講座中、小栗さんの話にうんうんとうなずく8期生。どんどん事業者として成長し、地域の子育てを支える心強い味方がまたひとりふたりと増えていくのです。   小栗さんから直接指導を受けたいなと思った方。 本当に自分のやりたいことを見つけて事業にしたいという方。   7月、8月、9月の説明会&先輩開業者のトークサロンにぜひご参加ください。わたしたちも精一杯サポートできるようがんばります!    

2016年2月6日 あっとほーむみたいなところ、続々と!

no igame

こんにちは、小栗ショウコです。   もうすぐ春!桜色に染まる季節が待ち遠しいです。 そんなこの春、あっとほーむみたいなところが13か所になります。   「あっとほーむがうちの近所にあったらいいのに」という声に応え、「あっとほーむみたいなところ作りたい!」と考えている人に、私たちのスキルとノウハウを伝えて、あっとほーむみたいなところを全国に広げたい。 そう思って初めた子育て支援者育成事業。     あっとほーむに共感し、同じようなことを始めたいと思った人に、私の経験した事を伝えて行こうと思ったのです。”私にできることは他の人にもできるはず!”と思ったんですね。思えば、あっとほーむを始める時には”こういうところほしいと思う人は絶対いるはず!”と根拠のない自信がありました。 私自身、いわゆる「普通の人」なので、同じように考える人は世の中にいっぱいいると思うんです。自分だけが特別な考えを持っているとか、特別な能力を持っているわけではないことを自覚しています。だから、私が欲しいと思ったことは他の人もそう思っているだろうし、私ができることは他の人もできると思うのです。「普通」であることが私の強みであるわけです。   その後、どういう風にやればいいのか考えました。直営とかフランチャイズのように、あっとほーむのコピーを増やしていけば経営的にも儲かるシステム作れるだろうけど、私はそれを目指しているわけじゃないと気付きました。もしそういう方法でやっていたら、なんか仕事がつまらなく感じるのは容易に想像できました。出来るだろうけど、考えただけで心がどんよりするんです。 それよりも、やりたい!って人が自分らしく事業をしていく支援をする方が、私には合っていると思いました。こちらは考えただけで心が晴れるし嬉しくなる(^^)      そうして始めたのが、スキルやノウハウを伝える子育て支援講座です。       そして、講座を卒業して仲間同士でスキルアップしていく場も作りました。 それが「おうち保育園®協会」です。     現在、宮城県から熊本県まで、おうち保育園®協会の会員は22名、うち13名が開業ですから、すごいでしょ(^^) みんな私と同じで「普通の人」です。でも「働く女性のために」「地域の親子のために」自分ができることをやろうと行動した人たちです。出来る人と出来ない人の違いは、特別な能力や環境ではなく、やるかやらないかだけです。タイミングよくチャンスを掴んで行動に移しただけ。     あっとほーむみたいなところがもっと増えて、働く女性や地域の親子を支え、支える人も支えられる人もみんなが幸せになる社会になればいいな~と思います。どうぞ同じ志を持っている人は子育て支援起業講座へ、起業はできないけど応援したいと思ってくれる皆さんは応援会員になってください。みんなで幸せな社会にしていきましょう。