あっとほーむからの「お知らせ」

子育て支援起業講座

2017年3月21日 オープンキャンパス開催しました!


 

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。

 

3/18(土)の午前中は「ほんとうはたのしい仕事&子育て両立サロン」、午後はおうち保育園(R)協会の村田かなえさんの施設を訪問し、3/19(日)はあっとほーむカレッジの説明会&先輩起業家トークサロン、9期生の応用クラスにと、盛りだくさんの週末ですが、三連休最後の今日は、あっとほーむカレッジのオープンキャンパスを開催しました。

 

あっとほーむカレッジはあっとほーむみたいなところをつくりたい!という方はもちろん、あっとほーむとちがうカタチだけど、子どもや子育て支援に関わる事業をしたいという方もここで学べるように、子育て支援起業講座がリニューアルされたものです。オープンキャンパスでは、そのあっとほーむカレッジが体験できる唯一の時間です。

 

午前の部では、わたくし、阿部が担当させていただき、「事業がうまくいく人、いかない人 〜成功者の共通点教えます〜」と題して、あっとほーむ代表・小栗さんのもとで学んだことや、あっとほーむの事務局&保育のスタッフとして多くの方と出会って学んだことをもとに、成功者の共通点とは何かをお話しさせて頂きました。

 

参加頂いた方々が起業する時はもちろん、自分で事業をしなくても、それぞれのこの先の人生が少しでもたのしく、笑顔で過ごせるようになればいいなという想いでお話しました。参加した方々はみなさん意識が高く、お互いの経験や考えもシェアすることができ、それぞれが思い描く”成功”のカタチを見つける作業はとてもたのしく充実した時間になりました。

 

「迷っていたけれど、今日来て本当によかった!」「自分が進みたいと思った道がまちがっていなかったということが再確認できてよかった!」「自分と同じような考えの人たちがいて、共感できることがたくさんあって嬉しかった」「学んだことを明日から行動していきたい!」という感想をいただきました。嬉しいですね〜参加者みなさんが、リラックスした雰囲気で、最後までとてもいい笑顔だったのが印象的な2時間でした。

 

 

午後の部は、名古屋でことば塾を開業したおうち保育園®協会の佐藤浩子さんがお話してくださいました。「女性のためのソーシャルビジネスセミナー 〜 自分の夢を叶える秘訣 〜」と題して、普通の主婦として過ごしてきた浩子さんの今までの人生と、起業家として花開き、現在に至るまでの道のりをお話ししてくださいました。

 

あっとほーむ写真1

 

その中には、彼女が困難にも負けず、自分のやりたいことを実現してきた秘訣がたくさん詰まっていました。アイディアマンの浩子さんらしく、あっとほーむの小栗さんのもとで学んだことを活かしながら、彼女なりのアイディアで事業を成功に導いています。参加してくださったみなさんの事業や活動に、すぐ活かせるヒントがたくさんちりばめられていましたよ。今日ご参加いただいたみなさんはとってもラッキーでしたね!

 

浩子さん自身も今回のセミナーを自分の考えをまとめ、振り返りをするとてもいい機会になったとお話ししてくださいました。自分がこうやって事業をやってこれたのはあっとほーむがあったからと、最初から最後まで感謝を忘れない彼女は、「ことば塾」がたのしくて、自分で事業をしてよかったと心からの笑顔で最後を締めくくってくださいました。

 

自分が本当にやりたいことをやっている人ってこんなにキラキラ輝いているんだ!と改めて感動してしまいました。こんなに素敵な彼女のセミナー、もっと多くの方に聴いて頂きたいな〜!!!またぜひ企画していきたいと思います♪

 

あっとほーむ写真2

 

浩子さんも受講した子育て支援起業講座は、あっとほーむカレッジとしてより多くの方に学んで頂けるようにリニューアルしています。あっとほーむカレッジについてはこちら

 

また、4/16(日)10:00-12:00で無料説明会&先輩起業家のトークサロンを開催いたします。今日のオープンカレッジを逃してしまった方、先輩起業家の話を聴けるこの機会にぜひご参加ください♪

« »

関連記事

2014年10月6日 社会貢献を事業にする

no igame

こんにちは、小栗ショウコです。   台風18号の被害が大きそうですが、皆さんの地域ではいかがですか?横浜では小学校が休校になり、あっとほーむは朝から子どもたちが来ています。「こういう時くらい仕事を休めばいいのに」と思う方もいるでしょうが。こういう時こそ市民の命を守る仕事をしている人は、出勤しないといけないんです。行政の災害対策や怪我をした時に手当てしてくれる医療関係、交通機関や私たちに情報を提供してくれるメディア系もね。こういう人たちがいるからこそ、私たちが安心安全に生活ができることを忘れてはいけません。   さて、そんな台風直撃の前日、10/5(日)の午前中は子育て支援起業講座の説明会、午後は子育て支援起業コースを開催しました。 今回説明会に参加してくださった皆さんの共通キーワードは「社会貢献」。今までの生き方に疑問を持ち、このままでいいのかな?何か自分にできる社会貢献ないかな?と思って参加してくれました。HPの情報だけでは伝えきれない事や、不安に思っていることも、説明会に参加して直接あっとほーむを見て話を聞くことで解消されたようでした。まだまだ自分に何ができるのか漠然としていると思うけど、一歩進むきっかけができたのではないかと思います。   そして、午後はその一歩を踏み出して講座に参加している皆さんが集まり、具体的な事業内容を詰めていきました。私は、「事業=自分」だと思っています。これから始める人たちにも、自分の名誉や名声、地位のために始めるのではなく、自分らしい人生を歩くための事業にしてほしいのです。だから、一人一人の価値観や過去、現在、未来の目標をきちんと見据えてアドバイスしています。行政や企業など、今は起業ブームなのでどこでも起業講座を受けることはできるでしょう。でも、私からみると事業計画や予算を立てるより先にやることがあるし、自分らしい事業を見つけるためには、じっくり一人一人と向きあって、最後まで伴奏してくれる人がいないと途中でくじけてしまうのです。子どもに関わる事業をしたい&あっとほーむに共感している人に向けて少人数で開催する理由は、せっかくあっとほーむのことを知り、ここで勉強したいと思ってくれた人に、きちんとじっくり向き合いたいという私たちのポリシーです。保育でも起業講座でも、少人数でじっくり向き合うあっとほーむでありたいと思います。ここで勉強した人が、自分の地域で自分らしい子育て支援事業を立ち上げることを、どうぞ皆様応援していてください。          

2016年2月6日 あっとほーむみたいなところ、続々と!

no igame

こんにちは、小栗ショウコです。   もうすぐ春!桜色に染まる季節が待ち遠しいです。 そんなこの春、あっとほーむみたいなところが13か所になります。   「あっとほーむがうちの近所にあったらいいのに」という声に応え、「あっとほーむみたいなところ作りたい!」と考えている人に、私たちのスキルとノウハウを伝えて、あっとほーむみたいなところを全国に広げたい。 そう思って初めた子育て支援者育成事業。     あっとほーむに共感し、同じようなことを始めたいと思った人に、私の経験した事を伝えて行こうと思ったのです。”私にできることは他の人にもできるはず!”と思ったんですね。思えば、あっとほーむを始める時には”こういうところほしいと思う人は絶対いるはず!”と根拠のない自信がありました。 私自身、いわゆる「普通の人」なので、同じように考える人は世の中にいっぱいいると思うんです。自分だけが特別な考えを持っているとか、特別な能力を持っているわけではないことを自覚しています。だから、私が欲しいと思ったことは他の人もそう思っているだろうし、私ができることは他の人もできると思うのです。「普通」であることが私の強みであるわけです。   その後、どういう風にやればいいのか考えました。直営とかフランチャイズのように、あっとほーむのコピーを増やしていけば経営的にも儲かるシステム作れるだろうけど、私はそれを目指しているわけじゃないと気付きました。もしそういう方法でやっていたら、なんか仕事がつまらなく感じるのは容易に想像できました。出来るだろうけど、考えただけで心がどんよりするんです。 それよりも、やりたい!って人が自分らしく事業をしていく支援をする方が、私には合っていると思いました。こちらは考えただけで心が晴れるし嬉しくなる(^^)      そうして始めたのが、スキルやノウハウを伝える子育て支援講座です。       そして、講座を卒業して仲間同士でスキルアップしていく場も作りました。 それが「おうち保育園®協会」です。     現在、宮城県から熊本県まで、おうち保育園®協会の会員は22名、うち13名が開業ですから、すごいでしょ(^^) みんな私と同じで「普通の人」です。でも「働く女性のために」「地域の親子のために」自分ができることをやろうと行動した人たちです。出来る人と出来ない人の違いは、特別な能力や環境ではなく、やるかやらないかだけです。タイミングよくチャンスを掴んで行動に移しただけ。     あっとほーむみたいなところがもっと増えて、働く女性や地域の親子を支え、支える人も支えられる人もみんなが幸せになる社会になればいいな~と思います。どうぞ同じ志を持っている人は子育て支援起業講座へ、起業はできないけど応援したいと思ってくれる皆さんは応援会員になってください。みんなで幸せな社会にしていきましょう。  

2016年1月18日 起業準備コース終了!

DSC06746

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。   さて、本日は子育て支援起業講座・起業準備コースの最終日でした。   今日は最終日ということもあり、起業講座第一期生でもあり、おうち保育園®協会の一員としても活躍しているKADOYAおうち保育園®の岩崎ひろ美さんに来て頂きました。受講生の事業プレゼンを聴き、小栗さん、事務局長、もちろん私も参加させていただき、事業の共同経営者の視点になって「ここが伝わるともっといい」「ここはこうしたらいいんじゃないかな」というように気づいた点をあげていきました。   自分で、もやっと考えているところはやっぱり聞いている人も「あれ?何が言いたいんだろう?」とよく伝わっていないことがあります。いろんな人の視点で意見がもらえ、なかなか自分一人では気づけない部分が見えてくるのが、この講座のいいところ!   また、岩崎さんのプレゼンも披露!   一期生の修了式で行った手作りであたたかさが伝わるプレゼン、さすがでした。内容もとってもわかりやすかったという受講生。今は受講生の前で堂々と自信をもってお話する岩崎さんですが、人前で話すのは大の苦手で人見知り。最初はプレゼンなんてしたことがない、パワーポイントってなぁに?というところからスタートしています。   では、どうして岩崎さんはしっかりした事業プレゼンまでできるようになったのでしょうか。いろいろな方のサポートを得て、講座を終えて半年後には開業し、岩崎さんも利用者方も幸せになる事業ができている。どうしてなのでしょうか。   その秘訣はやっぱり、あっとほーむの子育て起業講座の中にあります。そして、講座が修了した後もつながっていけるおうち保育園®協会があるからなんです。       講座では、小栗さんから「信頼される事業者になるには」何が必要なのか学んだ受講生。それは、お金でも、土地でもありません。小栗さんの話に共通していることは、「事業者としての在り方」なんです。小栗さんが17年間あっとほーむの事業でたくさんの人と出会って感じて実践してきたことを受講生に伝えていきました。1時間、2時間のセミナーや講演会ではとても語りきれないことがこの起業講座を通して学ぶことができます。   信頼を得ることがいかに事業を継続していくことに大切か、今の自分に何が足りなくて、どんなことが今後事業をはじめていくのに必要なのか、だんだんと見えてきた受講生。顔つきも変わってきています。そして、受講生にとって、あっとほーむはできない自分も見せることができて、できる自分はもっとほめてくれる、心を許し合える場所になっていきます。笑顔が増えるのもその証拠。         本日起業準備コースを終え、2月からは運用実務コースがスタートします。どんどん事業者として変化、成長していく受講生をみていると本当に頼もしい!   3月27日の最終プレゼン&修了式までがんばれ!受講生!!!   卒業生の経験談、生の声を聞いてみたいという方はこちら→無料説明会&トークサロンのご案内  

2014年9月21日 熱い想い

no igame

こんにちは、小栗です。   あっとほーむは今日も大人の熱い想いであふれていました。 午前中は子育て支援起業講座の説明会、午後はその講座の第4期、日曜日コース振替講座を開催しました。今までたくさんの人が説明会や講座に参加してくれましたが、みなさん本当に熱い想いを持っています。あっとほーむのことを知って、こういうところがあるんだ、もしかして自分にもできるかもと思ってわざわざ時間を作ってに来てくれるんだから、私もちゃんと応えたいと思います。大々的に儲かることをしたいならフランチャイズビジネスとか、儲かるシステムを作ればよいと思います。私たちがやりたいのは、子ども一人一人に愛情を持って接し、パパママたちに寄り添い共に子どもを見守り育てる人を増やしていくこと。そういう想いに共感してくれる人が受講してくれています。   子育て支援起業コース1日目は、熱い想いの根源にあるものを自分でしっかりと見定めて、これから始める事業の軸にしていく作業です。今日は受講生の熱い想いがあっとほーむ中にあふれて、とっても気持ち良い時間になりました。   なんとなくでもいい。 起業する自信がなくてもいい。 あっとほーむに共感し、ちょっとでもこんなところやれたらいいな~と思ったら、そこから一歩踏み出してください。 「いつやるか決めてから」とか「もう少し自分の中で整理してから」ではなく、動き始めないといつやるかは決められないし、いつまで経っても自分の気持ちを整理するのはできません。一歩踏み出すこと。それがあなたの熱い想いを現実にできる唯一の方法です。   あなたの地域であなたが始めることを待ってる親と子どもたちがいっぱいいますよ。     ※写真は講座卒業生と受講中の皆さんとの定例会の様子

2015年9月27日 学びの秋

no igame

こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。     お日様はあんまり出てきませんでしたが、今日は涼しく過ごしやすい一日でした。そんな勉強しやすい週末の2日間、子育て支援起業講座・起業準備コースを開催しました。講座のスタートが別々だった6期生が最終日の今日、勢揃いしました。 はじめて会う方々もいましたが、なんだか今日はじめて会ったとは思えないほどなごやかな雰囲気です。   ここまで自分の想いを深堀りして、少しずつ事業というカタチを考えてきた5名。最初に自己紹介をかねてプレゼンを発表しました。いままでどんな人生を歩んできて、どんな想いを持ちこの講座を受けたのか、なぜ事業を立ち上げようとしているのかというお互いの想いを理解し、 5名のなかに改めて「仲間」という強い連帯感が生まれたようです。   本日の後半にはラーニングセンターオハナの代表であり、起業講座卒業生でもある村田かなえさんが特別講師としてオハナの紹介から、事業立ち上げの経緯、彼女の抱えていた想い、今後こうしていきたいという事業計画についてもお話してくださいました。 村田さんが最後に6期生に伝えていたのは、「いつでも小栗さんに頼って大丈夫だよ」ということ、「おうち保育園協会の仲間はよき理解者であり、味方だよ」ということ、そして、「自分を信じてやりたいことを楽しんでやっていいんだよ」ということでした。起業の経験がないところからはじめて、うまくいかないこともあったという村田さん。それでもあきらめずに前に進んで来た彼女の経験を聞いて、6期生も勇気が出たのではないでしょうか。 これから運用実務コースに進み、事業の細かいところまで学んでいく6期生。12月に基調講演とともに開催される修了式がいまから楽しみです。