あっとほーむからの「お知らせ」

子育て支援起業講座

2017年4月24日 始まりました!


こんにちは、小栗ショウコです。

 

始まりました!あっとほーむカレッジ第10期

この日参加できず振り替え授業の人もいますので、10期は4名。しかも全員様々な業種で経験豊富な方々です。

今までいろんなセミナーにも出ているし、何かしらの団体を運営した経験もあり、ご自身が講師として活躍している方もいらっしゃいます。そんな経験者がなぜ子育て支援事業をしたいのか?それは、ご自身が子育て中にぶつかった壁に対して、こんな想いをするママを少しでも減らしたいという想いや、これまでたくさん手助けしてもらってきたから次の世代に恩返しをしたいという想いを持っているからです。

 

普通はね、喉元過ぎれば熱さを忘れるというように、自分の子育てが一段落したら辛かったことも苦しかったことも悔しかったことも思い出話にしちゃいます。でも、自分が苦労してきたことを他のママたちに経験して欲しくない、もっと良い選択が出来るようになんとかしたい!そう考えて行動できる人が社会を変えていくんですね。10期1

10期110期110期1

 

 

私たちは、あっとほーむで培ってきたことを伝えて、想いを持った人たちが自分の地域で子育て支援が出来るようにサポートしていきます。

 

次で受けたいな~と考えの方は、9期生の卒業式にお越しください。

そこでは、あっとほーむカレッジで9ヶ月間学んできた結果を聞いていただくことが出来、更に卒業して起業した先輩のイベント、事業紹介を聞くことが出来ます。GW最終日、お時間調整して是非お越しくださいね。お子さん連れ、もちろん可能です!

 

 

« »

関連記事

2016年4月17日 新たなスタート!

DSC09222

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。   今日はすごい風でしたね! 傘と一緒に自分も飛んでいくのではという強風。雨が降っていましたが、傘をさすのを早々にあきらめました。 熊本や大分の被災地でも雨がたくさん降っていたので心配ですね。被災地のみなさんが一日もはやく不安や恐怖から解放され、笑顔で過ごせますように。     さて、本日から子育て支援起業講座8期生の起業準備コースがスタートしました。 講座説明会&トークサロンに参加し、あっとほーむの活動にみなさんが共感。何といっても、小栗さんのもとで学びたいという方々が集まっています。8期生は神奈川、東京、埼玉、遠い方は大阪、名古屋、山口から参加されます。社会のために自分に何ができるかと真剣に考え、行動に移す姿勢がすばらしい!   今日は受講生全員が女性。みなさん初めて会った方もいて緊張していましたが、講座中に自分自身をさらけ出すことで、壁が少しずつ取り払われたようで、講座一日目を笑顔で終わることができました。でも、まだまださらけ出していきますよ〜!     子育て支援起業講座も毎回進化を続けます。それは小栗さんがご自身の実績に奢らず、初心を忘れずにいつも学びを大切にされているからです。小栗さんが学んで、これは事業に活きる!ということをどんどん起業講座に反映していくのです。時代の流れもある。法律や制度だって変わる。周りの環境や関わる人が変われば、私たち自身の想いも日々変化していくことがあります。自分の根っこにある部分をブラさずに、変化の中で進化する。子育て支援起業講座もそうなんです。   私は小栗さんの背中を見ながら日々学ばせて頂いていますが、講座では小栗さんからノウハウを伝授され、受講生はこれからぎゅぎゅぎゅっ!!!と凝縮した半年を過ごすことになります。まだ始めの一歩ですが、受講生のみなさんが一歩ずつ前に進むチカラを信じて、私たちも精いっぱいサポートしていきます。  

2016年1月18日 起業準備コース終了!

DSC06746

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。   さて、本日は子育て支援起業講座・起業準備コースの最終日でした。   今日は最終日ということもあり、起業講座第一期生でもあり、おうち保育園®協会の一員としても活躍しているKADOYAおうち保育園®の岩崎ひろ美さんに来て頂きました。受講生の事業プレゼンを聴き、小栗さん、事務局長、もちろん私も参加させていただき、事業の共同経営者の視点になって「ここが伝わるともっといい」「ここはこうしたらいいんじゃないかな」というように気づいた点をあげていきました。   自分で、もやっと考えているところはやっぱり聞いている人も「あれ?何が言いたいんだろう?」とよく伝わっていないことがあります。いろんな人の視点で意見がもらえ、なかなか自分一人では気づけない部分が見えてくるのが、この講座のいいところ!   また、岩崎さんのプレゼンも披露!   一期生の修了式で行った手作りであたたかさが伝わるプレゼン、さすがでした。内容もとってもわかりやすかったという受講生。今は受講生の前で堂々と自信をもってお話する岩崎さんですが、人前で話すのは大の苦手で人見知り。最初はプレゼンなんてしたことがない、パワーポイントってなぁに?というところからスタートしています。   では、どうして岩崎さんはしっかりした事業プレゼンまでできるようになったのでしょうか。いろいろな方のサポートを得て、講座を終えて半年後には開業し、岩崎さんも利用者方も幸せになる事業ができている。どうしてなのでしょうか。   その秘訣はやっぱり、あっとほーむの子育て起業講座の中にあります。そして、講座が修了した後もつながっていけるおうち保育園®協会があるからなんです。       講座では、小栗さんから「信頼される事業者になるには」何が必要なのか学んだ受講生。それは、お金でも、土地でもありません。小栗さんの話に共通していることは、「事業者としての在り方」なんです。小栗さんが17年間あっとほーむの事業でたくさんの人と出会って感じて実践してきたことを受講生に伝えていきました。1時間、2時間のセミナーや講演会ではとても語りきれないことがこの起業講座を通して学ぶことができます。   信頼を得ることがいかに事業を継続していくことに大切か、今の自分に何が足りなくて、どんなことが今後事業をはじめていくのに必要なのか、だんだんと見えてきた受講生。顔つきも変わってきています。そして、受講生にとって、あっとほーむはできない自分も見せることができて、できる自分はもっとほめてくれる、心を許し合える場所になっていきます。笑顔が増えるのもその証拠。         本日起業準備コースを終え、2月からは運用実務コースがスタートします。どんどん事業者として変化、成長していく受講生をみていると本当に頼もしい!   3月27日の最終プレゼン&修了式までがんばれ!受講生!!!   卒業生の経験談、生の声を聞いてみたいという方はこちら→無料説明会&トークサロンのご案内  

2017年5月13日 想いが実現するその日まで

20170512

こんにちは、小栗ショウコです。   先週日曜日に、あっとほーむカレッジ9期生の卒業式を終えましたが、みんながこの日に卒業したわけではありません。 今日は8期で受講して一旦お休みしていた方が久しぶりに来てくれました。 みんなと一緒の日に授業を受けられなかったので、個別コンサルティングに切り替えて再開です!   こんなに若いのに園長先生としての実績もあり、だからこそ見えてきた保育士の課題を解決する事業を計画しています。 今の時代にマッチして、すでに出来ることから始めてるので、あとはこれとあれとこれをやるだけだね!ってとんとんと~んと話が進みました。 みんなが自分の想いを実現できるその日まで、応援していきます!    

2016年11月13日 一生続ける事業をみつける

dsc03477

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。   日中はぽかぽか陽気だった本日。9期生が集って、あっとほーむカレッジ(子育て支援起業講座)の基礎クラス・2日目を開催しました。 前回、初顔合わせだったにも関わらず、小栗さんに導かれお互いの想いを打ち明けることで、仲間意識も芽生え、和やかに1日目の授業を終えた9期生。前回の復習をかねて、自己紹介プレゼンからスタート!   本日は自分の事業の顧客にフォーカスを当て、顧客となる人が本当に求めているニーズとは何なのかを考えていきました。そして、自分自身とさらに向き合うことで、自分が今後、生涯をかけてやっていくことになる事業がどんなものであるのかを深堀りしていきました。   最後に小栗さんからプレゼンの極意も教わり、本日2度目の自己紹介プレゼンで二日目を締めくくりました! 4時間たっぷりと考えて、伝えて、また考えて、伝えてを何度も繰り返した9期生。きっと脳はへとへとのはず。帰ったらきっとぐっすり眠れます。そして、また次回に向けて意欲的に行動できるのです。 9期生のみなさん、本日もお疲れ様でした!   あっとほーむカレッジは自分が一生続ける事業をみつけるためのものです。既存にあるものや流行に流されず、生徒さんの才能や能力、そして何より生徒さんの想いを大切にし、それを軸にして事業を考えるからです。   自分に何ができるかわからない。でも社会や地域のために、子どもたちのために、働くパパママのために何かしたい!そんな想いを持っている方、悩んでいたらぜひあっとほーむカレッジに来てみてください。自分の一生をかけてやりたいと思える事業をいっしょにみつけましょう!   あっとほーむカレッジの無料説明会&先輩起業家のトークサロンのお申し込みはこちらから。 また、12月4日(日)は、プロカメラマン・川名マッキーさんの写真教室【子どもが輝く写真を撮ろう!】とセットで開催される8期生の事業プレゼン会&修了式があります。9期生の先輩たち、8期生のアイディア溢れる事業プレゼンをぜひお聴きください。 お申し込みはこちらから。    

2014年10月6日 社会貢献を事業にする

no igame

こんにちは、小栗ショウコです。   台風18号の被害が大きそうですが、皆さんの地域ではいかがですか?横浜では小学校が休校になり、あっとほーむは朝から子どもたちが来ています。「こういう時くらい仕事を休めばいいのに」と思う方もいるでしょうが。こういう時こそ市民の命を守る仕事をしている人は、出勤しないといけないんです。行政の災害対策や怪我をした時に手当てしてくれる医療関係、交通機関や私たちに情報を提供してくれるメディア系もね。こういう人たちがいるからこそ、私たちが安心安全に生活ができることを忘れてはいけません。   さて、そんな台風直撃の前日、10/5(日)の午前中は子育て支援起業講座の説明会、午後は子育て支援起業コースを開催しました。 今回説明会に参加してくださった皆さんの共通キーワードは「社会貢献」。今までの生き方に疑問を持ち、このままでいいのかな?何か自分にできる社会貢献ないかな?と思って参加してくれました。HPの情報だけでは伝えきれない事や、不安に思っていることも、説明会に参加して直接あっとほーむを見て話を聞くことで解消されたようでした。まだまだ自分に何ができるのか漠然としていると思うけど、一歩進むきっかけができたのではないかと思います。   そして、午後はその一歩を踏み出して講座に参加している皆さんが集まり、具体的な事業内容を詰めていきました。私は、「事業=自分」だと思っています。これから始める人たちにも、自分の名誉や名声、地位のために始めるのではなく、自分らしい人生を歩くための事業にしてほしいのです。だから、一人一人の価値観や過去、現在、未来の目標をきちんと見据えてアドバイスしています。行政や企業など、今は起業ブームなのでどこでも起業講座を受けることはできるでしょう。でも、私からみると事業計画や予算を立てるより先にやることがあるし、自分らしい事業を見つけるためには、じっくり一人一人と向きあって、最後まで伴奏してくれる人がいないと途中でくじけてしまうのです。子どもに関わる事業をしたい&あっとほーむに共感している人に向けて少人数で開催する理由は、せっかくあっとほーむのことを知り、ここで勉強したいと思ってくれた人に、きちんとじっくり向き合いたいという私たちのポリシーです。保育でも起業講座でも、少人数でじっくり向き合うあっとほーむでありたいと思います。ここで勉強した人が、自分の地域で自分らしい子育て支援事業を立ち上げることを、どうぞ皆様応援していてください。