あっとほーむからの「お知らせ」

メディア掲載

2017年5月3日 浜銀総研政策提言に掲載されました


浜銀総研 政策提言第6号

女性起業家によるイノベーション促進に向けた課題

に、あっとほーむカレッジについて書いていただきました。

 

浜銀総研政策提言1

 

 

中身はこちら↓

浜銀総研政策提言2

 

この政策提言全体で訴えているのは、起業時だけでなく起業後にも支援が必要で、それは創業何十年経っていても新製品を出したり時代に合った改革をしたりするときにも必要だよってことです。

今は起業ブームで、いろんな人が起業支援をしているけど、継続してからも相談できて、事業を発展させるために一緒に考え取り組んでくれる仲間を作れるかどうかが大切です。すでに起業している人は、是非一人で悩まず、信頼できる人に相談して、一緒に活動してくれる人を見つけましょうね。

あっとほーむカレッジを卒業して、おうち保育園Ⓡ協会に加入した方には、もれなく信頼できる仲間がついてきます(^^)

 

 

 

«

関連記事

2016年3月14日 灯台4月号に掲載されました

灯台4月号ページ

  月刊誌「灯台」4月号の特集として、小1の壁に関する記事を掲載していただきました。編集者さんも記者さんもとても熱心に話を聞いてくださり、気持ちの良い取材だったことを思い出します。これを読んで気持ちが前向きになる人がいますように。  

2008年8月6日 NHK「家計診断お勧め悠々ライフ」

2067695_120x90

コミュニティビジネスの事例としてあっとほーむが紹介されました。 2008/08/06

2014年7月30日 実家が遠いと仕事と子育ての両立はムリ?

DUAL 看板

日経DUAL連載第八回「実家が遠いと仕事と子育ての両立はムリ?」がアップされました。 私・小栗ショウコがあっとほーむを始めた理由は、親も友人もいないこの土地で、あのまま仕事を続けて結婚出産したら絶対困るだろう、そしてこの地域には私と同じように困る人いっぱいいるはず!という想いからです。会社員だったころはシフト勤務だったので、子どもが保育園や学童に入れたとしてもその時間だけでは足りません。保育園や学童以外に、実家のように頼れるところがないと仕事を続けることもできないし、仕事をしなくても頼れる人がいないというプレッシャーで押しつぶされているでしょう。だったら私がそういうところを作ればいいんだ!と思ったんです。   実家が遠いならば、近くで頼れる人を見つければいい。ベビーシッターさんでもママ友でもファミリーサポーターさんでも、子育てを手伝うよって言ってくれる人はたくさんいます。そしてそういう人は、子どもが大好きです。人に頼るのを躊躇しているならばちょっと考え方を変えてください。あなたの子どものかわいさをちょっとだけおすそ分けしてあげるくらいの気持ちで頼っていいんですよ。   小栗ショウコ

2011年11月1日 NHK おはよう日本首都圏版(2011/12 放送)

ohayounippon201112

あっとほーむの学童事業が紹介されました。

2014年11月12日 かにゃおオフィシャルサイトにアップされました

ハロウィン8

こんにちは、小栗ショウコです。   10月26日に開催した「あっとほーむ16周年&ハロウィンパーティー」にサプライズゲストで登場してくれたかにゃおのオフィシャルページにその日の様子がアップされました! かにゃおは、神奈川県NPO協働推進課のゆるキャラで、県内のNPO活動を紹介してくれています。あっとほーむは認定NPOでもあり、神奈川県指定NPOでもあるので、かにゃおに来てもらえました。是非かにゃおオフィシャルページご覧ください。 かにゃおオフィシャルページ/認定NPO法人あっとほーむ編