あっとほーむからの「お知らせ」

メディア掲載

2017年5月3日 浜銀総研政策提言に掲載されました


浜銀総研 政策提言第6号

女性起業家によるイノベーション促進に向けた課題

に、あっとほーむカレッジについて書いていただきました。

 

浜銀総研政策提言1

 

 

中身はこちら↓

浜銀総研政策提言2

 

この政策提言全体で訴えているのは、起業時だけでなく起業後にも支援が必要で、それは創業何十年経っていても新製品を出したり時代に合った改革をしたりするときにも必要だよってことです。

今は起業ブームで、いろんな人が起業支援をしているけど、継続してからも相談できて、事業を発展させるために一緒に考え取り組んでくれる仲間を作れるかどうかが大切です。すでに起業している人は、是非一人で悩まず、信頼できる人に相談して、一緒に活動してくれる人を見つけましょうね。

あっとほーむカレッジを卒業して、おうち保育園Ⓡ協会に加入した方には、もれなく信頼できる仲間がついてきます(^^)

 

 

 

«

関連記事

2005年1月1日 全国自治体向け子育て情報誌 「子育て、深呼吸」

070614_1624~02

子育てに関して、がんばりすぎないで私たちのような身近な保育者などに気軽に頼って!というコラムを書きました。 2005

2014年2月3日 掲載:週間教育資料に掲載されました

DSC_0578

週間教育資料(学校の先生たち用の雑誌です)2014年1月27日号の「著書を語る」ページに代表小栗ショウコの取材と著書の紹介をしていただきました。 ご意見はこちらから      

2013年11月30日 月刊ガバナンス12月号に掲載されました

月刊ガバナンス記事

月刊ガバナンス12月号で、代表小栗ショウコの著書 「だれも教えてくれなかったほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド」 を紹介していただきました。

2014年4月14日 小4は大人の階段のぼり始める時期ー日経DUAL連載第2回

no igame

日経DUALさんでの連載2回目がアップされました。 1回目の小1の壁の反響はすごかったらしく、今でもいいね!やリツイートが増えています。   続く2回目は小4の壁。 男女の差は少しあるけど、小4は親からの自立がキーワードになってきます。 今まであれほど言ってもできなかったことが、そんなに言わなくてもできると言ったり、 (親からみたらできてないままだけど) でもできなくて結局最後は親に頼ってきたりするから、 「だから最初に言ったじゃない」とか「最初から言う通りにすればいいじゃない」と ついつい怒りたくなるようなことが増えてくるでしょう。 でもね、子どもがなんとか自分でやろうと思う、その気持ちを大切にしてあげてください。 「なんにもできない」から 「なんとか自分でやろうとする気持ち」を持ち、 失敗を繰り返しながら、気持ちだけでなくなんとかやろうとする姿勢も ちょっとずつだけど見えてくるでしょう。   4年生からは身体的にも大きく変わる時期でもあります。 心と体の変化をうまく受け止められないもどかしさは、本人が一番感じることでしょう。 子どもから大人の階段をのぼり始める大切な時期だから、 自分に自信を持てるようにサポートしてあげるとよいと思います。   誰かにわが子を褒められたら「そんなことない、何もできない」などと言わずに、 「褒めてくれてありがとう」「そうなのよ、そこがこの子のよいところなの」って言ってくださいね。 自分が誰かに褒められて、親がそれを認めている様子を見ると、子どもはとっても嬉しいし、 それが成長を促す大きなきっかけになりますよ。    

2016年12月20日 amimato掲載

dsc04272

横浜市市民活動支援センター発行のanimatoに掲載されました。   内容は、横浜市市民センターのリンク先でチェックできます。