あっとほーむからの「お知らせ」

お知らせ

2017年5月17日 プチイベントの先生募集します!


こんにちは、小栗ショウコです。

 

いつもあっとほーむのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

さて、昨年初めて募集したら予想以上の反響があった「夏休みのプチ先生募集!」。

今年も夏休みに向けて募集します。

そこで!

あっとほーむに関わっている皆様、

あっとほーむいいな~と思ってくださっている皆様、

プチイベントの先生として、あっとほーむの子どもたちと夏のひと時を楽しく過ごしませんか?

 

 

昨年はこの募集で、クレイアート教室、朗読教室、おやつ作り教室、プラバン教室、世界の人形教室、マヨネーズ実験教室を実施!

DSC01135

マヨネーズ

 世界の人形

 

絵画教室や、将棋教室、縫い物教室にレース編み、折り紙教室もいいかも♪

以前は5人くらいで管楽器の演奏会をしてくれて、楽器に触らせてくれた大学院生もいました。

 

 

子どもたちに教えられるか分からないけど・・・という方でも大丈夫!プロの先生も必要ですが、ご近所のお兄さんお姉さん、おじちゃんおばちゃんから教えてもらう、日常のちょっとしたことが嬉しいのです。得意なこと、好きなことであっとほーむの子どもたちと一緒に過ごしましょう。

 

【夏休みプチイベントの先生 募集要項】

日時:2017年7月24日~8月25日までの月~金

   9:00~12:00の間で50分程度

   または

   13:00~16:00の間で50分程度

内容:工作、手芸、実験、ヨガ等あっとほーむの6畳程度のスペースで行えるもの

   または 公園等でできるもの

   または 会社訪問

参加人数:小学1年生~6年生まで10人~25人

謝礼:申し訳ありませんが、材料費程度の謝礼です。

   (材料費は子ども1人0円~500円まで)

応募方法:こちらからご連絡くださいませ。

    お問い合わせ・お申し込み内容のところに、内容や条件等ご記入ください。

    ただし、応募者数多数の場合はご希望に添えないこともございます。

    ※堅苦しい文章は必要ありません。「こんなのどう?このくらいでできるけど」程度で結構です。

    ただし、あっとほーむのどこに共感していただいているか一言添えてくだされば嬉しいです。

 

 

※先生は出来ないけど、何かお手伝いしたいな~と言う方は、ボランティア、時間もないけど何か役に立ちたいな~と言う方は夏休みのイベントスポンサーになっていただけると嬉しいです。1回あたりのプチイベントは3000円~5,000円、キャンプなどは10,000円~50,000円のご寄付をいただけますと、大変助かります。スポンサーになっていただくと、後日子どもたちから手書きのお礼状や年に一度の活動報告書をお届けします。

 

«

関連記事

2013年10月27日 掲載:あっとほーむ15周年&出版記念パーティーを行いました

air_DSC03823

10月27日(日)、あっとほーむの15周年&出版記念パーティーを行いました。 あっとほーむを利用している保育園児から小学生のみんな、 昔きていた中高生のみんな、パパママたち、 そしてご支援者の皆様を含めて、140人超の方が出席してくださいました。歴代ご利用者の皆様からは、「あっとほーむがなければ仕事を続けられなかった」 「子どもたちだけでなく親の私たちにも安心できるところ」 「異年齢の関係があることで、一人っ子でもきょうだいのような関係ができた」など嬉しい言葉を沢山いただきました。 これからも、働く女性の支援と子どもたちの居場所として、あっとほーむはあっとほーむであり続けます。出席してくださった皆様、そして遠くからエールを送ってくださった皆様 ありがとうございました。 小栗ショウコ ご意見はこちらから      

2014年6月17日 日経DUAL第六回アップされました

DUAL 看板

日経DUALの連載、第六回目がアップされました! 今回は共著の田中さんのインタビュー記事。 もっと肩の力を抜いていいんだよって言ってもらっているような気がします。私が働いていたらこの記事読んできっと心が軽くなるだろうな。   ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド第六回          

2014年6月22日 あっとほーむ感謝祭2014開催!

感謝祭2014-1

本格的な夏を迎える前に、みんなで集まって楽しもうね~!ということで、シェアリーカフェさんであっとほーむ感謝祭2014を開催しました。   この感謝祭のテーマは妖怪ウォッチ! みんなで妖怪ウォッチのお面をつけ、大いに盛り上がりました! 練習してきた妖怪体操第一を踊り、 スタッフ菅原さんのびっくり報告あり、 感動もののママへのお手紙あり、 みんなで真剣に穴をあけてたビンゴもありで あっという間の2時間でした。   場所を提供してくださったシェアリーカフェさん、キムチを提供してくださったヨンヨン、ビンゴの景品を提供してくださった整体院いぎあ☆すてーしょん代官山店様、ライフネット生命様、そして、たくさんの準備と進行をしてくれたスタッフのみなさん、ありがとうございました。   参加してくださった皆様のおかげで楽しい時間になりました。参加できなかったけど気にかけてくださった皆様も、その気持ち届いていましたよ。ありがとうございました。さ、後は夏を待つばかり。楽しい夏にしようね~。   小栗ショウコ  

2014年2月21日 男女共同参画の団体からの取材

20140219

2月18日、とある団体からの取材がありました。 全国の男女共同参画に関わる施設に配布する月刊誌に あっとほーむの活動や書籍への想いを載せたいとのお申し出です。 こちらの団体は長年男女共同参画の活動をしてきた由緒ある団体で、 私が前々から「一緒に何かしたいね」と話し合ってきた方も 深く関わっているところだったのです。 取材に来てくださった方は、ネットで本を見つけてくださり、 是非自分たちの月刊誌で紹介したいと連絡をくださったのです。 昨日は私のつたない話にも最初からとても共感してくださり、 最後までわきあいあい楽しい取材となりました。印象に残った質問は、「あっとほーむの宣伝のような本にしてもよかったのに、 どうしてこのような内容にしたんですか?」というもの。その答えにも大きくうなづいてくださり、とっても嬉しくなりました。 今後はこちらの団体と連携して何か新しいことができそうな予感も(^^) この雑誌が出るのは5月頃。 また近くになったら題名や団体名などお知らせしますので お読みいただけると嬉しいです。 小栗ショウコ ご意見はこちらから

2014年7月30日 実家が遠いと仕事と子育ての両立はムリ?

DUAL 看板

日経DUAL連載第八回「実家が遠いと仕事と子育ての両立はムリ?」がアップされました。 私・小栗ショウコがあっとほーむを始めた理由は、親も友人もいないこの土地で、あのまま仕事を続けて結婚出産したら絶対困るだろう、そしてこの地域には私と同じように困る人いっぱいいるはず!という想いからです。会社員だったころはシフト勤務だったので、子どもが保育園や学童に入れたとしてもその時間だけでは足りません。保育園や学童以外に、実家のように頼れるところがないと仕事を続けることもできないし、仕事をしなくても頼れる人がいないというプレッシャーで押しつぶされているでしょう。だったら私がそういうところを作ればいいんだ!と思ったんです。   実家が遠いならば、近くで頼れる人を見つければいい。ベビーシッターさんでもママ友でもファミリーサポーターさんでも、子育てを手伝うよって言ってくれる人はたくさんいます。そしてそういう人は、子どもが大好きです。人に頼るのを躊躇しているならばちょっと考え方を変えてください。あなたの子どものかわいさをちょっとだけおすそ分けしてあげるくらいの気持ちで頼っていいんですよ。   小栗ショウコ