あっとほーむからの「お知らせ」

セミナー・イベント登壇

2017年6月6日 居場所を作ってね

思春期セミナー2017

6月5日、つづきMYプラザで毎年恒例の思春期セミナーを開催しました。 ※写真は講師と共催のみなさん。   難しくなってきた子育てのヒントを見つけにいきませんか?という副題で、都筑区内の小学校高学年から中学生に個別配布されるチラシの効果で毎年定員オーバーになるセミナーです。小学生から中学生の子の親だけでなく、実は20代30代の子を持つ親も、悩みを持って参加されます。   そういうみなさんに私たちが訴えているのは、居場所を作ってねってこと。 居場所ってね、誰かとつながっているという感覚を持てることです。自分を信じてくれる親がいること、先生がいること、友達がいること、親戚のおじちゃんおばちゃんがいること、近所のお兄さんお姉さんがいること。どれかがあれば人は自分を信じていける。自分は愛されている存在だと認識できるのです。 そうすると、大変なことがあっても「この環境は親が悪い」「社会が悪い」「だからみんな殺しちゃおう!」とう発想にはなりません。それは2年前、1年前、今年と、セミナーで講師をしてくれたそれぞれの専門家が集めてくれたデータでわかっていることです。     あっとほーむには、利用中のママや卒業したママたちが「どうしたらいい?」と相談してくれることもあるし、その子どもたちが人生の節目で悩みを打ち明けてくれることもあります。私がいつも相談される側の万能な人間というわけではないし、誰とでも合うわけでもないし、どんな相談でもど~んと来い!ということはありません。私一人で出来ることは限られるけど、私と同じように子育て中のママや子どもの相談に乗りたい、なんとか力になりたいと言う人は世の中にたくさんいます。今回共催した3団体の皆さんをはじめ、あっとほーむのようなところ自分でも作りたい!と学びに来る人も、みんなみんな、何とか力になりたいと行動している人たちです。   だけど子どもたちは、まだまだ家庭以外の居場所を自分で作れません。親以外の信頼できる人を自分で見つけることはまだ出来ないのです。だからどうぞ子どもが小さいうちに、子どもの居場所をたくさん見つけてあげてください。それがきっと、思春期になり、大人になってからの居場所につながるから。     まずはパパママが信頼できる人を探しましょう。学校や塾や保育園や学童保育、習い事やキャンプなど、ママ友でもいい。今まで生きてきた中で信頼できる人がきっといたはずです。この人はパパママが信頼している人なんだということは、子どもにも伝わります。そうすると子どもはその人を信頼できるし、困ったときには助けてっていえる居場所になります。そうやってたくさんの居場所を作ってあげることが、子どもの自立につながるんですよ。   強く幸せに生きる大人になるために、今から子どもの居場所をたくさん探してあげてください。  

2016年12月13日 ワークライフバランスセミナー登壇

磯子区セミナー

こんにちは、小栗ショウコです。   9月下旬から12月まで、合計4回、磯子区役所の責任職の皆さまにワークライフバランスセミナーを実施しました。   このセミナーは今年の3月に、職場復帰する産休中の方や子育てとの両立をしている方向けにセミナーをさせていただき高評価だったので、今度は責任職の皆様にさせていただくという、ありがたい機会でした。副区長から部長、課長、係長までが、自分と自分の部下が目標達成しながら充実したワークライフバランスを取れる方法を知ることが出来た!と想像以上の評価をくださいました。 打ち合わせから当日の進行まで担当してくださった庶務課の皆さんが、本気で取り組む姿に感動して今年分の外部セミナー講師の仕事を終えました。 この機会をくださった磯子区職員の皆様、ありがとうございました。    

2016年9月10日 都筑区・小1の壁セミナー

都筑区小1の壁記録

こんにちは、小栗ショウコです。   今日は都筑区主催の講演会「小学校入学前に知っておきたい大切なこと」でお話をしてきました。 この講演会、昨年に引き続き2年目となります。 まだまだ待機児童対策に力を入れないといけないけれど、対策をしているうちに子どもはどんどん成長します。希望するすべての子どもが保育園に入れるようになった頃には、子どもは小学生で、今度は放課後の居場所をどうしようとか、働き方はどうすればいいのかと考えなくちゃいけません。行政が先頭を切ってこの問題に予算を取って区民のために講演会を開催するのは本当に異例です。都筑区でこの講演会の企画をした人、ほんとにすごいです。 入学前に同じ学校になるパパママたちとの交流もできるし、何よりもちょっと先輩のパパママたちから生の声が聞けるのがミソ。他の自治体でも是非真似して欲しいです。 今日は65名の参加者の皆さんが楽しく真剣に情報交換していました。 残り2回も精一杯ファシリテートさせていただきます。   ーーーーーーーー追記ーーーーーーーーーーーーーーー 3回のセミナーも無事に終わり、合計200名近くの方が参加してくださいました。 都筑区の報告はこちら 区長や市のこども青少年局、幼稚園の園長先生など、見学者も多くいらしてくださり、来年度1年生の子を持つ保護者をみんなでバックアップしていく姿勢が感じられました。本当に素晴らしい取り組みだと思います。 最後に、このセミナーを中心になって運営してくださった都筑区の職員の皆様と記念撮影。(私の隣の笑顔がステキな女性は、「ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド」共著者であり、あっとほーむの働く女性支援事業を支えてくださってる松蔭大学順教授の田中聖華さんです) 皆様、ステキな機会をありがとうございました。                              

2016年7月13日 子どもに関わる事業をしたい!

DSC00962

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿依里子です。     あっとほーむでは、長年の子育て支援事業で得たスキルとノウハウを、これから起業したいという皆さんに子育て支援起業講座という形でお伝えしてます。 7月10日の午前中はその講座の説明会&トークサロン、午後は起業講座4日目を開催しました。     トークサロンでは、起業講座を受講し、相模原市で開業した相模原ママと子どものプレイパーク オハナ・代表 村田かなえさんが来てくださり、説明会参加者に先輩起業家としてご自身の経験談をお話ししてくださいました。 村田さんもはじめは参加者と同じように不安や迷いを持って、自分がどんなことをできるか説明会に参加されました。村田さん自身は、ここに来る前にもいろんなセミナーに出たり勉強会に参加していたそうですが、小栗さんに出会い、「ここで学びたい!」と起業講座を受けたことが村田さんの起業の第一歩になったのです。 参加者のみなさんの中には身を乗り出して、うんうんと大きくうなずいて村田さんの話を聴いている方もいらっしゃいました。きっとそんな方々が起業家の第一歩を踏み出すのかもしれません。           さて、午後は起業講座・起業準備コースの4日目です。 午前中に引き続き、オハナの村田さんの講義の後、スペシャルゲストが! 5期生の修了式にも基調講演をしてくださった音楽プロデューサー&ビジネスプロデューサー稲葉瀧文さんです。8期生一人一人の事業プレゼンを聴いてアドバイスをくださいました。 他にも、おうち保育園(R)協会の先輩起業家の方々もいらっしゃって、同じくアドバイスをくださいました! こんな貴重な時間に8期生も感激!自分のために、時間を作って集ってくれる方々に感謝の気持ちを伝えることができたら、次はどんどん行動すべし!です。8期生はこれから運用実務コースに進みます。 まずは稲葉さんや先輩起業家の方々から頂いたすばらしいアドバイスを事業プレゼンに活かします。 この日は特別に、ゲストと先輩たちも含めてお食事会も。教えてくれる仲間、共に学ぶ仲間、教える仲間がいる心強さは半端ない。みんなで地域の子育て環境を創っていきましょう。      あっとほーむの子育て支援起業講座8月、9月の無料説明会&トークサロンはこちらから! ぜひみなさんのご参加をお待ちしております。    

2016年6月28日 思春期セミナー スマホ依存と人間関係 

思春期セミナー⑤

こんにちは、小栗ショウコです。   6月27日、つづきMYプラザにて思春期セミナーを開催しました。 今年は「スマホ依存と人間関係」と題し、インターネットポリシースペシャリストの宮崎さんをお迎えし、スマホ依存やゲーム依存などに不安がある保護者の皆さんにお話をしました。   インターネットの怖さや使いすぎによる弊害もお話しましたが、そもそもなぜ問題が発生してしまうのかを把握しないと、”問題が発生したから対策をする”の繰り返しになってしまいます。今回はインターネットという切り口ですが、薬物だっていじめや暴力も同じです。子どもも大人も、居場所を求め、認めてもらいたいんですね。それが今の子どもたちにとっては身近なネットの世界にはまり問題が発生することにつながるのです。   ということで、後半は私たち主催・共催団体も入り、居場所についてパネルディスカッションをしました。 横浜市内で子どもの居場所や子育て支援・親支援をしてきた私たちがいつもお伝えしているのは「第三者の必要性」「家庭以外の居場所」です。子育ては、いろんな人に関わってもらうことで、子どもが多様な価値観を学べます。だから子どもが小さくてもどんどん他人を頼って子どもを預けていいんです。子育て放棄でもないし、わがままでもないんです。子どものためなんですよ。小さい頃から子どもをたくさんの人に見てもらう、支援してもらうということは、子どもが自立していくた必要なことです。今回の講師の宮崎さんと共に活動している岩室先生が「自立は依存先を増やすこと」と教えてくれました。子どもが社会に出て自立するために、家庭以外の依存先をたくさん見つけてあげてください。子どもが何らかの問題を抱える前に、自分らしくまっすぐ成長していけるようにね。     最後に、その岩室先生からも2~3分のまとめをしていただき、あっとほーむは失敗を許せる場と書いてくださったのがとてもとても嬉しかったです。宮崎さん、岩室先生、そして今年も一緒に思春期セミナーを開催してくれたつづきMYプラザの林田さん、アーモンドコミュニティネットワークの水谷さん、コロンブスアカデミーの福島さん、ありがとうございました。 思春期セミナーは年に一度開催しています。次回まで待てない!と言う方は、つづきMYプラザで個別相談をお受けしています。どうぞお気軽にお問い合わせください。

2016年4月20日 平成28年度思春期セミナー

28年度思春期セミナー事前

こんにちは、小栗ショウコです。   4年目を迎える思春期セミナーの事前打ち合わせをしました。 28年度の「思春期セミナー」のテーマは「スマホ依存と人間関係~コミュニケーションでこころを育てる~」です。インターネットポリシースペシャリストとして行政や教育関係機関などと協力し、インターネット時代の青少年問題課題解決の調査・研究や啓発活動を行っている宮崎豊久さんを講師にお迎えし、私はパネリストとして参加します。 一緒にこのセミナーを企画しているのは以下の皆様。 NPO法人アーモンドコミュニティネットワークの水谷裕子さん 認定NPO法人コロンブスアカデミーの福島恭子さん つづきMYプラザ(都筑多文化・青少年交流プラザ )の林田育美さん 地域で実際に保護者や子どもに関わる活動をして、本当に困っているひとたちへの支援を続けています。地道な活動で1人1人の心に寄り添いながら、ずっと成長を見守り関わっていく覚悟がある、パネリストの皆さんからはそんな想いが伝わってきて、会うたびに私もこうありたいと強く思います。 講師の宮崎さんも、ITという切り口からアプローチしていますが、根っこの想いは私たちと一緒で、難しいITのお話を分かりやすく丁寧に教えてくださいます。   子育てが難しくなってきたなと感じる保護者、その中でも今年はスマホやゲーム、インターネットの悩みを抱えた保護者の方にはとても参考になりますよ。セミナーは6月27日(月)。お申し込みは5月11日からつづきMYプラザ(都筑多文化・青少年交流プラザ )さんでお受けします。毎年多くの方が参加してくれます。お気軽にお申し込みくださいませ。    

2016年3月29日 地域で伸ばす子どものチカラ

大石さん講演

こんにちは、小栗ショウコです。   3月27日(日)は、あっとほーむとおうち保育園Ⓡ協会主催の基調講演「地域で伸ばす子どものチカラ」を開催しました。 ゲスト講師は大石稜子さん。私にコーチングゲームを教えてくださった方ですが、実は一目会ったそのときから大石さんの優しさに惹かれていました。そんな大石さんから得られることを私だけではなく、もっと多くの人に伝えたいと思いお招きしました。   すぐに参加者の心をつかむ優しいまなざしにお声がけ、魅力的な講演内容にみんなが笑顔に! 多くの学びを得たと参加者からも嬉しい感想をたくさんいただきました。 コーチングや講演のテクニックではなく、大石さんご自身のお人柄でみんなを笑顔にして学びを深める姿に、こうありたいと思いました。   さて、この会は「キレイなお姉さん」こと阿部さんの司会で進行。   基調講演の後はあっとほーむの子育て支援起業講座7期生の卒業プレゼンです!働くママのの心のケアを目指す山本さん。   夜の世界で働くシングルマザーの子どもたちに、正しい生活リズムや規律、チャンスを与える活動を目指す飯窪さん。   そして、子育て支援起業講座を卒業し、開業したお二人のトークサロン。 みんな最初は「できるかわからない」「私には無理かもしれない」と考えていました。でも、同時に「やってみたい」という想いを抱いて受講をしてくれました。すると講座が進むにつれ、だんだんと「私にもできるかも!」と思うようになります。それは、講座の中で受講生自身がもっている可能性を引き出すからです。あっとほーむのようなお迎え付き夜間保育を目指してきても、その人自身の可能性を引き出していくと、もっと違う形で地域の親子を支援するほうが良い場合もあります。私たちの講座では、受講生の可能性が最大限に発揮できる事業の形を共に考えていくものなのです。 だから講座を卒業した仲間でも、みんなが同じ事業をしているわけではないんですね。そんな風に自分の可能性を活かして事業を開始した仲間が、みなさんの地域にもいます。まだまだ全国の働く女性、親子を支えるには少ないです。私もやってみたい!という方は是非あなたが立ち上げてください。私たちがお手伝いします。    

2016年3月11日 横浜市磯子区職員向けセミナー

磯子区講演

こんにちは、小栗ショウコです。   先月初めて降りた磯子駅で河津桜が満開で、今日はどうかな~とちょっと期待していた2回目の磯子駅。河津桜はもう葉桜で、八重桜はまだつぼみ。ちょっと残念だけど桜の季節は気持ちいいんだろうな~と思いながら磯子区役所へ。今日は依頼を受けていた磯子区役所の職員向けワークライフバランスセミナーでお話しさせていただきました。 すでに職場内で様々な取り組みをされてきていて、今回は初めての外部講師という大役をいただきました。 行政職員さんって、あっとほーむにも利用者がいるし、区の職員さんに、横浜市や神奈川県の職員さんともお付き合いがあり、総じて言えるのはみなさん本当に事務能力が高いということ。私はその能力がすっぽり抜けているので、本当にどこの部署の方にもお世話になっています。みんなすごく良い人ばかりで助けられることも多く感謝です。   都筑区で活動しているあっとほーむですので、まさか磯子区職員向けにお話をする機会をいただけるなんて想像もしていなかったのですが、こういうのは本当にご縁ですね。ちょっとした出会いからこの話をいただくことができ、出不精の私ですがいろんな場に顔を出すことも時々は必要だなと感じました。   さて、今日の内容は私からの提案を受け入れていただき、お話だけでなくワークショップ形式で進めました。 どこの職場に行ってもそうですが、個人情報保護法ができたり、セクハラやパワハラなんかも気にして、なかなか職場内で個人的な話をする習慣がありません。でもこれから仕事と子育て、そして介護を両立する人も多くなると、顔の見えるお付き合いがとっても重要。参加者みなさんが笑顔で感想を言っている様子を見て、伝えたいことが伝わったのだと感じました。たった2時間だけど、これから気持ち良い職場にしていくためのひとつのヒントにしていただければいいな~。   みんなでよい職場にしようと本気で動いている担当部署のみなさの気持ちが伝わってきて、打ち合わせからセミナー終了後まで楽しく過ごせました。お声かけくださった磯子区職員の皆様に感謝いたします。ありがとうございました。    

2016年3月10日 小1の壁講演

企業講演

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。     昨日3月9日は、企業様にて「小学校入学までに知っておきたい大切なこと」という題で、小栗さんと、書籍共著出版をされた松蔭大学准教授・田中聖華さんが登壇されました。     今回お話させて頂いたのは、大手金融システムのインテグレーター企業様。男女ともにはたらきやすく、活躍できるようにと、従業員の方を支援する体制を整えていらっしゃる大手の企業様です。   自身も働きながら子育て中という担当者さんとの事前打ち合わせでも、様々な取り組みと従業員の方々の声を伺いました。今回は今春、来春小学校入学するお子さんをお持ちの従業員の方を中心として、「小1の壁」の不安を払拭して、子どもたちも働くパパママ自身も変化がめまぐるしいこの時期も、安心して仕事に集中できるようにと小栗さんへ講演の依頼がありました。   最近、こんなふうに働く人のことを考えて、様々な取り組みや改善を行っている企業様から講演やセミナー開催のご依頼が増えてきました。中には小栗さんと田中さんの共著『だれもおしえてくれなかった ほんとうはたのしい仕事&子育て両立ガイド』(ディスカヴァー・トゥエンティワン、2013)を読んで、「勇気づけられた。同じ職場で働く人にも伝えたい。」とお声をかけてくださった企業さんもあります。   講演では、小栗さんが18年間子育て支援者として、子どもたちやママパパに寄り添ってきたからわかる子どもたちの変化や不安、そしてその解決法をたくさんの事例をまじえてお話しました。 あっとほーむを利用してくださる保護者の方々は医療、介護、行政、メディア、教育関係などで社会を支える大切な仕事をしている方々です。子どもに愛情いっぱい接したい、社会の役にたちたいと出産後もキャリアをあきらめずに、たのしく仕事と子育てを両立してきたロールモデルを紹介しました。   小学校入学前だけでく、その後もずーっと子育ては続いています。現在だけでなく、子どもたちの将来の変化を分かって今どんな対応をするかが大事になってきます。保育園のときから思春期をすぎた子どもたちまでを保護者と共に見守り、保護者の方々とも密に信頼関係を築いてきた小栗さんだから伝えられることばかりのお話でした。    そして、あっとほーむの元ご利用者でもあり、働く女性のロールモデルの一人である田中聖華さんの声も届けました。キャリアデザインや組織開発研究をしている田中さん。今回はママとしての経験や両立のコツをお話してくださいましたが、小栗さんとともに企業で働く方々が輝く働き方セミナーを企画し、その中では両立セミナーに加えて、専門家として管理職の方々に向けたセミナーも担当してくださいます。   小栗さんは子育て支援と働く女性支援の視点。田中聖華さんはキャリアデザイン、組織開発の視点。お二人の専門分野を交えることで、対策や制度を立ててもうまく運用できない、なかなか不満の声がなくならないと悩みをもつ企業様の課題を一緒に解決していけるようにご提案しています。 お悩みの方がいらっしゃたら、ぜひお声をかけて頂ければと思います。  

2016年2月27日 メンター終了!

CMC1

こんにちは、小栗ショウコです。   2月26日、YOKOHAMA Changemaker’s CAMP 2015が終了しました! このお話をいただいた時から数えると約1年間、プログラムが始まってから半年、初めてのことで手探りでしたがなんとかやりきりました。 普段は、子どもに関わる起業を志す方のための講座をしていて、起業を建築にたとえると「いつか家を建てたいな~」「どんな家にしようかな~」「どういう土地がいいかな~」と、ゼロから新築の家を建てる作業をサポートしています。 が、このYOKOHAMA Changemaker’s CAMP 2015は、すでに事業をしてきた方が、これからの更なる飛躍を求めてきているので、さらによい家にするために建て増しをしようと取り組むプログラム。メンターとして彼らによりよい建て増しの方法をアドバイスするという難しいポジションでした。しかも、大学生のキャリア教育に介護職員向けの研修事業、家事代行のプラットフォームに、男の居場所×住宅補修という子育て支援とはまったく異なる4人のメンバーです。紆余曲折ありましたが、私のやれることはやりきりました。最後はみなさん自分の課題を解決できる糸口をつかめたようでよかったです。    会場にいらした100名近くの過半数が男性だったことに驚き、ソーシャルビジネスへの関心度が男女関わらず若者から中高年まで幅広くあるんだなと思いました。10分時間をいただいたのであっとほーむの紹介や夜間保育の必要性を訴えておきました(^^)これから取り組むべきは、時間に関わらず働く人たちの支援です。社会インフラを支える医療・介護・教育・サービス業の人たちが、仕事と子育てを楽しく両立するために、地域で支える仕組みを広げていきましょう!  

« 古い記事