あっとほーむからの「お知らせ」

セミナー・イベント登壇

2015年10月5日 ディスカヴァー出版社でのセミナー


こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。

 

昨日の暑さはどこへやら、今日は肌寒く長袖シャツを着てちょうどいい一日でした。

 

 

さて、本日私は、 ディスカヴァーさんの30周年記念イベントで、小栗さんと田中聖華さんが『育児ママ&仕事復帰したいママのためのワークショップ』を開催するということで、お二人に同行させていただきました。

 

原宿駅から5分のところにある会場には、ディスカバーさんの書籍が並べられていました。もちろん、小栗さんと田中さんの共著『だれも教えてくれなかったほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド』も置かれており、手にとって見てくださる方もいらっしゃいました。

  9375ディスカヴァー30-3

今日は小さなお子さんを連れたママたちもたくさん参加されていました。参加者のみなさんには4−5人のワークの中で、これから仕事復帰を考えている中で不安なことをお話してもらいました。同じような不安を抱えるママ同士、意気投合している場面も見られました。

 

私のグループでは、仕事と子育てでいっぱいいっぱいになってしまわないか、子どもたちに笑顔で接することができるか不安という声や、子どもの預け先や子育てのサポートを得られるのかという声、子育てや家事も行いながら時間の制限がある中で、仕事で成果を出していけるかという声も聞かれました。そして、みなさん「うんうん、そうだよね」とうなずき合っていました。

 

そんな多くのママたちが抱える不安をどう払拭していけばいいのか、 あっとほーむの事例を交え、仕事と子育ての両立を楽しむコツを小栗さん、田中さんから参加者の方々にお伝えして、イベント終了。1時間という短い時間でしたが、とっても内容の濃いワークショップだったと思います。

 S__6766599

このイベント参加したかったー!という方。大丈夫です。あっとほーむでは毎月仕事&子育て両立サロンを開催していますので、こちらにご参加頂けますよ。

 

次回の両立サロンは10月31 日(土)10:00〜12:00、参加者のみなさんの気になるテーマを持ち寄っていただけます。お子さん連れでご参加可能です。気軽に少人数でお話できる両立サロンのお申し込みはこちらから。

« »

関連記事

2015年4月19日 子どもに関わる事業をしたいなら

20150418-19

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。 コート要らずのあったか陽気の週末でしたが、みなさんどんなことをして過ごしましたか?   私はこの2日間、子育て支援起業講座の起業準備集中コースを受けていました。2週間前から受けているこの集中コースでは、自分の想いを事業というカタチにするためにとにかく「考え」、言葉にして「伝える」ということを繰り返します。講座内ではワークや課題をやったり、プレゼンテーションを作り発表を行いますが、何よりもまず、自分自身と向き合うことが大切なんです。私も自分が歩んできた人生を見つめ、働く女性や社会のために本当に何ができるのかを考えました。以前、一緒に講座を受講した女性をご紹介しましたが、彼女は働きながら子育てするママでもありながら、講座でも人生でも真剣に問題に向き合い学ぶ姿勢を崩さない、本当に素敵な女性です。そんな彼女とたった4日間の講座の中でしたが、お互い考え、悩み、紆余曲折し、想いや事業のカタチについて意見を出し合い、自分たちの夢を語り合えたことはすばらしい経験と学びの時間だったと感じます。 彼女は来週から運用実務コースが始まりますが、私はまず社会人インターンとしてあっとほーむで、働く女性支援を続けながら事業立ち上げへ向け、実践と経験を積んでいきたいと思います。そして、ときどき私の活動もみなさんにご報告ができるようがんばります!   私たちの可能性や才能を引き出し、事業者となる私たち自身が幸せになる事業をする、そのための第一歩を踏み出すことができるのは、あっとほーむの子育て支援起業講座です。子育て支援や働く女性支援に理想のカタチや熱い想いがあるなら、ぜひあなたも講座をうけてみてください。ここでしか得られない経験をできるはずです。

2015年6月22日 思春期セミナー3年目

思春期セミナー

こんにちは、小栗ショウコです。   昨日、今日と2日続けて「思春期セミナー」を開催しました。参加してくださったのは2日間でおよそ70人。あっとほーむと、NPO法人 アーモンド コミュニティ ネットワーク、認定NPO法人 コロンブスアカデミー、つづきMYプラザの4つの団体が協力して開催しているセミナーです。長年現場で子どもと保護者に関わってきた私たち。現場が違ってもそこから見える想いは共通しています。子育てがちょっと難しくなってきたと感じている保護者の皆さんに、その想いを伝えました。 それは、 「一人で抱え込まないで」 「相談できる人が必ずいる」 「家庭と学校じゃない第3の場所(人)を作りましょう」 ということです。   これは、私が働くママへ伝えてきたことと同じです。 子どもが小さくても思春期でも、日ごろから親も子どもも本音を出せる人と交流を持っておいてください。子どもがどんな風になろうとも、これまでの子育ては間違ってない。おじいちゃんおばあちゃんでも、おじちゃんおばちゃんでも、近所の友達でも、私たちのような支援団体でもいい。気づいた時に相談して、一緒に悩んで考えてくれる他人の力を存分に使ってくださいね。一人で抱え込んで、もうどうにもならなくなったときに頼るのではなく、ちょっと気になるくらいの時に相談して。きっと力になってくれる人がいますよ。 ※つづきMYプラザでは相談室があるので、いつでも相談してください。      

2015年11月5日 小学校入学前に知っておきたい大切なこと

広報つづき 201511月

こんにちは、小栗ショウコです。   今日は午前中に都筑区に打ち合わせに行ってきました。 もう半年以上前から打ち合わせを重ねていますが、都筑区主催の講演会の最終確認のためです。来週から「小学校入学前に知っておきたい大切なこと」として、都筑区の小学校に入学予定の年長さん・年中さんの保護者を対象にした講演会&情報交換会があります。ありがたいことに私がお話をさせていただく機会をいただき、区内のPTA会長さんや放課後の居場所事業や学童に関わっている皆さんと一緒に、これから小学校入学を迎える保護者の皆さんと情報交換を致します。 今月の広報よこはまつづき版にも掲載していただきました。 すでにどの回も保育枠がいっぱいですが、保育園やご家族にお子さんを見てもらえる人は申し込みできるそうです。 同じ小学校に入学するパパママたちとお友達になれるチャンスです。ご検討中の方は是非お申し込みくださいね。 お問い合わせ・お申し込みは都筑区まで。    

2014年12月5日 静岡市職員向けに講演してきました

静岡市役所講演

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。   この数日、本当に身体の芯から冷えるような寒さが続きますね。 先日、代表•小栗に同行し訪れた静岡市内も、冷たい風が吹き付ける身を切るような寒さでした。でも、小栗から「穏やかな県民性なんだよ」と伺っていた通り、取材を受けた静岡新聞社でも講演会を依頼された静岡市役所でも私たちをあたたかく迎え入れて頂き、一時、寒さを忘れてしまいました。   静岡市役所では、代表・小栗とともに、あっとほーむのアドバイザーでもあり、小栗と共に書籍を出版した松蔭大学准教授・田中聖華さんが、市役所職員に向けて、「仕事に誇りを、子どもに愛情を」というタイトルで、仕事と子育ての両立についてお話しました。   18:30から20:30という時間の講座にも関わらず、50名以上の方が参加して頂いたこと、その参加者のうち半数以上が男性だということをみると、静岡市役所の方は男性女性問わず、仕事と子育ての両立への取り組みに対する意識がとても高いのだと感じました。   この講座を企画した静岡市の担当者は本当に熱意のある方でした。彼女自身が働き続けたいと考えてはいるものの、周りに頼れる親族がいないということで、仕事と子育てを両立していくことにすごく不安だったそうです。そういった中で、小栗と田中さんの著書と出会い、ぜひ市役所職員へ向け話をしてくれないかと、自らあっとほーむを訪れ、何度もメールのやり取りをして当日を迎えた経緯があります。   当日、職員のみなさんに向けて小栗が話をしたことで、子どもがいて働き続けることに罪悪感を持ち、仕事と子育てを両立していくことに不安を抱えていた方も、周りに頼っていいんだよという言葉や、子どもたちは大人が思うほど自分たちのことを可哀想だとは思っていないという話に、働くことにすごく前向きになれた様子でした。不安や罪悪感が払拭され、涙していた方もいました。また、女性だけでなく男性からも、産休や育休を取得した女性たちが不安な気持ちで職場に復帰してくることがわかり、彼女たちにどう接して行けばよいかということがわかってよかったという声も頂きました。若い男性職員の方は、「小栗さんの話したことは目からウロコのことだった、自分も将来子育てに携わる時実践したい」と話してくれました。そして、講座が終わる頃にはみなさんスッキリした表情をされていました。   今後も、あっとほーむの保育に支障がない限り、代表・小栗と共に他の地域にも積極的に出向いていきたいと思います。企業や行政等で、今後どのように仕事と子育てを両立していいのか悩んでいる社員の皆さんに、そして両立する社員をどのようにフォローしていけばいいのか迷っている上司・役員の皆様に向けて、代表・小栗が多くの働く女性サポートをしてきた実績からお話しさせていただきます。 講演の内容はこちらでご覧いただけます。(リンク先ページ下部:各種講座・セミナー登壇欄参照) どうぞお気軽にお問いあわせください。    

2015年4月9日 ACBEEシンポジウム報告書

ACBEE記事

こんにちは、小栗ショウコです。 2015年3月11日に開催されたACBEEシンポジウムの報告書が送られてきました。このシンポジウムでは、坂東真理子さんの基調講演を一番前の席で聞くことができてとっても感激しました。よい機会をくださったアートフォーラムあざみ野館長とACBEE関係者の皆様に感謝いたします。