あっとほーむからの「お知らせ」

セミナー・イベント登壇

2016年4月20日 平成28年度思春期セミナー


こんにちは、小栗ショウコです。

 

4年目を迎える思春期セミナーの事前打ち合わせをしました。

28年度の「思春期セミナー」のテーマは「スマホ依存と人間関係~コミュニケーションでこころを育てる~」です。インターネットポリシースペシャリストとして行政や教育関係機関などと協力し、インターネット時代の青少年問題課題解決の調査・研究や啓発活動を行っている宮崎豊久さんを講師にお迎えし、私はパネリストとして参加します。

一緒にこのセミナーを企画しているのは以下の皆様。

NPO法人アーモンドコミュニティネットワークの水谷裕子さん

認定NPO法人コロンブスアカデミーの福島恭子さん

つづきMYプラザ(都筑多文化・青少年交流プラザ )の林田育美さん

地域で実際に保護者や子どもに関わる活動をして、本当に困っているひとたちへの支援を続けています。地道な活動で1人1人の心に寄り添いながら、ずっと成長を見守り関わっていく覚悟がある、パネリストの皆さんからはそんな想いが伝わってきて、会うたびに私もこうありたいと強く思います。

講師の宮崎さんも、ITという切り口からアプローチしていますが、根っこの想いは私たちと一緒で、難しいITのお話を分かりやすく丁寧に教えてくださいます。

 

子育てが難しくなってきたなと感じる保護者、その中でも今年はスマホやゲーム、インターネットの悩みを抱えた保護者の方にはとても参考になりますよ。セミナーは6月27日(月)。お申し込みは5月11日からつづきMYプラザ(都筑多文化・青少年交流プラザ )さんでお受けします。毎年多くの方が参加してくれます。お気軽にお申し込みくださいませ。

 

 

28年度思春期セミナー事前

« »

関連記事

2015年3月29日 4期生プレゼンテーション発表会&修了式

4期生5名、みんないい笑顔

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。   本日は、子育て支援起業講座第4期最後を締めくくる『プレゼンテーション発表会&修了式』でした。5名の受講生たちは午前中から午後にかけて最後の講座を受け、3時から受講生のご家族やご友人、そして今回は一般の方々もご来場頂いた中で、各自が熱い想いを持って立ち上げる事業について最終プレゼンテーションを行いました。 今日の朝は緊張もあって不安げな4期生でしたが、時間が経過するごとに仲間同士励まし合い、いつの間にかいつものなごやかな雰囲気に。思い返せば、4期生の講座はいつも和気あいあいとしたなごやかな雰囲気でした。講座以外でもFacebookでつながり頻繁に情報交換、近況報告をするなど、問題意識も高く、お互いの子育て支援に対する熱い想いを理解し、事業のカタチや今まで歩んで来た道は違うけれど、お互いを尊敬して励まし合ってきたからこそ、絆が深まったのではないかなと思います。  そんな4期生のなかには遠くは熊本や福岡から通われた方々もいました。仕事と子育てを両立しながら講座を受講した方、講座の間ご家族にお子さんを預け勉強に励んだ方もいます。働くママたちや地域の子どもたち、そして社会のために、「本当に自分のやりたいことは何だろう」「自分に何ができるのだろう」と自問自答を繰り返し、自分自身を見つめ、想いを伝えるプレゼンテーションを何度も見直しました。きっと心が折れそうになったこともあると思います。でも、あきらめないで続けてきたからこそ、今日この日を迎えられたのです。4期生5名が堂々と自信を持って自分の想いを発表する姿は本当にすばらしいものでした。     みんな最初は漠然とした想いでした。うまく自分の想いを表現することも難しかった。でも、今日はひとりひとりの才能や能力が花咲いた瞬間だったのではないでしょうか。4期の講座は本日で最後ですが、彼女たちにとって今日は始まりの一歩にすぎません。来月4月から開業を控えている方もいます。自分の気持ちを周りに伝え、すでにたくさんの協力を得ている方もいます。これから開業準備に忙しくなる彼女たちを、今後はおうち保育園®協会で サポートしていきます。 朝不安な中でも「今日は笑顔で終えられるといいね」と話していた通り、5名ともみんなきらきら輝く笑顔で締めくくれました!本当にみなさんお疲れ様でした!      

2014年11月9日 万が一を予防する

20141109

こんにちは、小栗ショウコです。   昨日に引き続き、子育て支援開業講座です。今日は春から受講している3期生(+1期生とあっとほーむスタッフも含む)の皆さんたちの応急手当講習の日。1日フルに「子どもたちにいかに安全に楽しく過ごしてもらうか」を勉強しました。私たちの活動は、子どもの命を預かるとても大切なものです。子どもが好き、ただそれだけで出来ることでも、子育て経験があるからできるわけでもなく、こうして日々子どもたちのことを考えて、勉強し続ける人ができることだと思うのです。 万が一の時の応急手当。でも万が一を作らないように日々予防していくことはもっと大切。今日はそういうことを勉強してもらいました。 私たちは、いつも子どもたちのことを考える+活動していく私たちがそれぞれ幸せになることを目標に事業を作って行きます。 みなさん今日もお疲れ様でした!    

2014年11月30日 私たち、起業します!

3期生卒業式

こんにちは、小栗ショウコです。   本日、子育て支援開業講座(おうち保育園®開業講座)の卒業式を開催しました。 春から受講していた3期生6名が、自分らしい事業がどんなものなのか、家族や友人を含めた皆さんの前でプレゼンテーションをいたしました。3期生は全員が保育士資格保持者か経験者。長い保育経験から現状の課題を肌で感じ、地域の子どもたちのためにより良い保育を提供するために自分に何が出来るだろうかと考えに考えて事業計画をしてきました。講座を受け始めた時は人前で話をすることに自信がなくて自己紹介すら声が震えていた人が、今日は見違えるほど堂々とお話をしていました。また、受講中に自分の想いや一緒に立ち上げる家族の想いがかみ合わなくて心が折れそうになっていた人は、それでも自分の想いを発信しつづけたことで協力者を得る事が出来て、すぐに事業開始できるまでになりました。更に、お友達と一緒に事業化を目指していた人は、自分たちで行政や地域の人に自分たちの想いを発信したことで保育ができる一軒を借りることになり、行政の補助金をもらいながら事業を開始することができるようになりました。   彼、彼女たちが最初から人より秀でた能力があったわけではなく、今まで気づかなかった自分の才能や能力に気づき、その結果を今日のプレゼンテーションの場で発揮することができたのです。この講座を受けたときは、みんな想いは漠然としていました。でも、今の子育て支援の状況や自分の生き方に疑問を感じ、何か自分でできることがあるのだろうか、あるとしたらそれが何なのかはっきりできたらいいなという小さな期待を胸に抱えて受講を決意した。その決意が今日につながったのです。 3期生は今日で卒業ですが、すでに受講している4期生7名、1月からの5期生(応募受付中)が続きます。     3期生にとってはここからがスタートです。今度は起業までおうち保育園®協会でサポートしていきます。 プレゼンテーション終了後のみんな、ほんとにいい笑顔。 本当にお疲れ様でした!そして、卒業おめでとうございます!   私も受講してみたいなと思う方は、まずは無料説明会へどうぞ。 現在12月、1月の説明会に参加申し込み可能です。      

2016年3月10日 小1の壁講演

企業講演

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。     昨日3月9日は、企業様にて「小学校入学までに知っておきたい大切なこと」という題で、小栗さんと、書籍共著出版をされた松蔭大学准教授・田中聖華さんが登壇されました。     今回お話させて頂いたのは、大手金融システムのインテグレーター企業様。男女ともにはたらきやすく、活躍できるようにと、従業員の方を支援する体制を整えていらっしゃる大手の企業様です。   自身も働きながら子育て中という担当者さんとの事前打ち合わせでも、様々な取り組みと従業員の方々の声を伺いました。今回は今春、来春小学校入学するお子さんをお持ちの従業員の方を中心として、「小1の壁」の不安を払拭して、子どもたちも働くパパママ自身も変化がめまぐるしいこの時期も、安心して仕事に集中できるようにと小栗さんへ講演の依頼がありました。   最近、こんなふうに働く人のことを考えて、様々な取り組みや改善を行っている企業様から講演やセミナー開催のご依頼が増えてきました。中には小栗さんと田中さんの共著『だれもおしえてくれなかった ほんとうはたのしい仕事&子育て両立ガイド』(ディスカヴァー・トゥエンティワン、2013)を読んで、「勇気づけられた。同じ職場で働く人にも伝えたい。」とお声をかけてくださった企業さんもあります。   講演では、小栗さんが18年間子育て支援者として、子どもたちやママパパに寄り添ってきたからわかる子どもたちの変化や不安、そしてその解決法をたくさんの事例をまじえてお話しました。 あっとほーむを利用してくださる保護者の方々は医療、介護、行政、メディア、教育関係などで社会を支える大切な仕事をしている方々です。子どもに愛情いっぱい接したい、社会の役にたちたいと出産後もキャリアをあきらめずに、たのしく仕事と子育てを両立してきたロールモデルを紹介しました。   小学校入学前だけでく、その後もずーっと子育ては続いています。現在だけでなく、子どもたちの将来の変化を分かって今どんな対応をするかが大事になってきます。保育園のときから思春期をすぎた子どもたちまでを保護者と共に見守り、保護者の方々とも密に信頼関係を築いてきた小栗さんだから伝えられることばかりのお話でした。    そして、あっとほーむの元ご利用者でもあり、働く女性のロールモデルの一人である田中聖華さんの声も届けました。キャリアデザインや組織開発研究をしている田中さん。今回はママとしての経験や両立のコツをお話してくださいましたが、小栗さんとともに企業で働く方々が輝く働き方セミナーを企画し、その中では両立セミナーに加えて、専門家として管理職の方々に向けたセミナーも担当してくださいます。   小栗さんは子育て支援と働く女性支援の視点。田中聖華さんはキャリアデザイン、組織開発の視点。お二人の専門分野を交えることで、対策や制度を立ててもうまく運用できない、なかなか不満の声がなくならないと悩みをもつ企業様の課題を一緒に解決していけるようにご提案しています。 お悩みの方がいらっしゃたら、ぜひお声をかけて頂ければと思います。  

2015年10月15日 神奈川大学にて登壇

12167636_932618656824734_2091255197_n のコピー

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。   本日は小栗さんが神奈川大学のベンチャー企業論でゲストスピーカーとして登壇するということで、あっとほーむスタッフの三宅さんとともに同行してきました。 今回のお話は、ベンチャー企業論の講師をされている浜銀総合研究所・伊東代表取締役社長からのご依頼でした。伊東社長のように小栗さんの実績やあっとほーむの活動に共感し、未来ある学生の前で紹介し、お話をする機会をいただけるということは本当に光栄で嬉しいことです。   さて、授業の最初の45分間は伊東社長によるベンチャー企業が社会や経済に与える影響のお話。 難しそうな気がするでしょ。実際は、こんなにわかりやすくって面白い授業初めて!という感じで、あっという間の45分間でした。きっと私自身があっとほーむで活動していることも、授業の理論的な部分をより具体的にイメージして、理解できた理由だと思います。   後半の45分は小栗さんからあっとほーむの活動紹介と17年間続けてこれた理由を説明。起業を目指す学生へ向けてのアドバイスもありました。   こんなに盛りだくさんな内容で、学生たちが本当に羨ましい!約200人の学生とともに受けた今日の授業。いまこの瞬間を「学び」と受け取って、行動に移せる人がどのくらいいるのかなと楽しみでもあります。授業の後、学生から小栗さんに話しかける姿も見られました。   伊東社長の著書にも、小栗さんのお話にもあった、地道な活動の大切さ。若いチカラに負けないように、私も日々コツコツがんばらなくっちゃ!       最後に私たちも入れて頂き、伊藤社長と記念撮影。最後まで優しくダンディーですてきな方でした!