あっとほーむからの「お知らせ」

セミナー・イベント登壇

2016年4月20日 平成28年度思春期セミナー


こんにちは、小栗ショウコです。

 

4年目を迎える思春期セミナーの事前打ち合わせをしました。

28年度の「思春期セミナー」のテーマは「スマホ依存と人間関係~コミュニケーションでこころを育てる~」です。インターネットポリシースペシャリストとして行政や教育関係機関などと協力し、インターネット時代の青少年問題課題解決の調査・研究や啓発活動を行っている宮崎豊久さんを講師にお迎えし、私はパネリストとして参加します。

一緒にこのセミナーを企画しているのは以下の皆様。

NPO法人アーモンドコミュニティネットワークの水谷裕子さん

認定NPO法人コロンブスアカデミーの福島恭子さん

つづきMYプラザ(都筑多文化・青少年交流プラザ )の林田育美さん

地域で実際に保護者や子どもに関わる活動をして、本当に困っているひとたちへの支援を続けています。地道な活動で1人1人の心に寄り添いながら、ずっと成長を見守り関わっていく覚悟がある、パネリストの皆さんからはそんな想いが伝わってきて、会うたびに私もこうありたいと強く思います。

講師の宮崎さんも、ITという切り口からアプローチしていますが、根っこの想いは私たちと一緒で、難しいITのお話を分かりやすく丁寧に教えてくださいます。

 

子育てが難しくなってきたなと感じる保護者、その中でも今年はスマホやゲーム、インターネットの悩みを抱えた保護者の方にはとても参考になりますよ。セミナーは6月27日(月)。お申し込みは5月11日からつづきMYプラザ(都筑多文化・青少年交流プラザ )さんでお受けします。毎年多くの方が参加してくれます。お気軽にお申し込みくださいませ。

 

 

28年度思春期セミナー事前

« »

関連記事

2016年7月13日 子どもに関わる事業をしたい!

DSC00962

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿依里子です。     あっとほーむでは、長年の子育て支援事業で得たスキルとノウハウを、これから起業したいという皆さんに子育て支援起業講座という形でお伝えしてます。 7月10日の午前中はその講座の説明会&トークサロン、午後は起業講座4日目を開催しました。     トークサロンでは、起業講座を受講し、相模原市で開業した相模原ママと子どものプレイパーク オハナ・代表 村田かなえさんが来てくださり、説明会参加者に先輩起業家としてご自身の経験談をお話ししてくださいました。 村田さんもはじめは参加者と同じように不安や迷いを持って、自分がどんなことをできるか説明会に参加されました。村田さん自身は、ここに来る前にもいろんなセミナーに出たり勉強会に参加していたそうですが、小栗さんに出会い、「ここで学びたい!」と起業講座を受けたことが村田さんの起業の第一歩になったのです。 参加者のみなさんの中には身を乗り出して、うんうんと大きくうなずいて村田さんの話を聴いている方もいらっしゃいました。きっとそんな方々が起業家の第一歩を踏み出すのかもしれません。           さて、午後は起業講座・起業準備コースの4日目です。 午前中に引き続き、オハナの村田さんの講義の後、スペシャルゲストが! 5期生の修了式にも基調講演をしてくださった音楽プロデューサー&ビジネスプロデューサー稲葉瀧文さんです。8期生一人一人の事業プレゼンを聴いてアドバイスをくださいました。 他にも、おうち保育園(R)協会の先輩起業家の方々もいらっしゃって、同じくアドバイスをくださいました! こんな貴重な時間に8期生も感激!自分のために、時間を作って集ってくれる方々に感謝の気持ちを伝えることができたら、次はどんどん行動すべし!です。8期生はこれから運用実務コースに進みます。 まずは稲葉さんや先輩起業家の方々から頂いたすばらしいアドバイスを事業プレゼンに活かします。 この日は特別に、ゲストと先輩たちも含めてお食事会も。教えてくれる仲間、共に学ぶ仲間、教える仲間がいる心強さは半端ない。みんなで地域の子育て環境を創っていきましょう。      あっとほーむの子育て支援起業講座8月、9月の無料説明会&トークサロンはこちらから! ぜひみなさんのご参加をお待ちしております。    

2012年12月17日 [終了しました]参加型シムテム研究所「寄付を広げる連続講座」(2012/12/17開催)

logo_new

第6回ゲストとして登壇致しました。 http://www.systemken.org/index.html

2014年11月30日 私たち、起業します!

3期生卒業式

こんにちは、小栗ショウコです。   本日、子育て支援開業講座(おうち保育園®開業講座)の卒業式を開催しました。 春から受講していた3期生6名が、自分らしい事業がどんなものなのか、家族や友人を含めた皆さんの前でプレゼンテーションをいたしました。3期生は全員が保育士資格保持者か経験者。長い保育経験から現状の課題を肌で感じ、地域の子どもたちのためにより良い保育を提供するために自分に何が出来るだろうかと考えに考えて事業計画をしてきました。講座を受け始めた時は人前で話をすることに自信がなくて自己紹介すら声が震えていた人が、今日は見違えるほど堂々とお話をしていました。また、受講中に自分の想いや一緒に立ち上げる家族の想いがかみ合わなくて心が折れそうになっていた人は、それでも自分の想いを発信しつづけたことで協力者を得る事が出来て、すぐに事業開始できるまでになりました。更に、お友達と一緒に事業化を目指していた人は、自分たちで行政や地域の人に自分たちの想いを発信したことで保育ができる一軒を借りることになり、行政の補助金をもらいながら事業を開始することができるようになりました。   彼、彼女たちが最初から人より秀でた能力があったわけではなく、今まで気づかなかった自分の才能や能力に気づき、その結果を今日のプレゼンテーションの場で発揮することができたのです。この講座を受けたときは、みんな想いは漠然としていました。でも、今の子育て支援の状況や自分の生き方に疑問を感じ、何か自分でできることがあるのだろうか、あるとしたらそれが何なのかはっきりできたらいいなという小さな期待を胸に抱えて受講を決意した。その決意が今日につながったのです。 3期生は今日で卒業ですが、すでに受講している4期生7名、1月からの5期生(応募受付中)が続きます。     3期生にとってはここからがスタートです。今度は起業までおうち保育園®協会でサポートしていきます。 プレゼンテーション終了後のみんな、ほんとにいい笑顔。 本当にお疲れ様でした!そして、卒業おめでとうございます!   私も受講してみたいなと思う方は、まずは無料説明会へどうぞ。 現在12月、1月の説明会に参加申し込み可能です。      

2014年12月21日 みんなでスキルアップ!

20141221

こんにちは、小栗ショウコです。   今日はおうち保育園®協会の第3回定例会。おうち保育園®協会は、子育て支援起業講座を卒業した方のうち、今後もみんなでつながってスキルアップしていきたいという方で構成されています。今回は会員からのリクエストもあり、私が日ごろの保育で心がけていることや、それをどのように考えて実行しているかという思考方法をお伝えしました。 協会会員には保育士歴20年近くの人もいるので、私の話をきっかけにして、みんなで教え教わるという時間も取ったから、大いに盛り上がり、更に学びを深めることができました。   子育て経験も、保育経験も、事業の経験も、どんなに長い経験があっても他の人の意見を素直に聞いて自分の活動に取り入れてみる、それを自分だけのものにしないで次世代に伝えていく。そういう繰り返しが社会を創っていくことだと思います。 おうち保育園®協会では、これからもみんなでスキルアップしていける場を作っていきます。   いつか事業したいな、自分でやってみたいな、地域の親子のために何ができないかなと思ったら子育て支援講座へ、 卒業後はおうち保育園®協会で引き続きスキルアップしていきましょう。心強い仲間があなたを待っています。        

2015年2月16日 ソーシャルビジネスセミナー登壇

ソーシャルビジネスセミナー

こんにちは、小栗ショウコです。   2月13日(金)、日本政策金融公庫×神奈川県主催のセミナーでお話しさせていただきました。 金融公庫の方からはソーシャルビジネスとは何かと言う講義を聞くことができて、こういう知識をもっと前に知りたかったなと思いました。(でも、ソーシャルビジネスという枠組で活動してきた人たちの調査や統計を取って研究をしているので、後追いなんですよと言われましたが) これからソーシャルビジネスを志す人、すでにNPOで働いている人などが参加していたようで、微力ながらお役にたててよかったです。     当日の 新聞記事(神奈川新聞)    神奈川県が関わっているので、最後はかにゃおが来てくれて楽しい時間になりました。