あっとほーむからの「お知らせ」

セミナー・イベント登壇

2014年3月15日 ソーシャルビジネスフォーラム2014


横浜市経済局主催のソーシャルビジネスフォーラム2014

ご縁があって2012年に引き続き、今年もフォーラムでお話しさせていただきました。

分科会3:「地域を超え相互に解決力を高め合う起業家たち」のゲストです。

打ち合わせがあり、基調講演は途中までしか聞けなかったけど、コミュニティカフェとして有名なクルミドコーヒーの影山さんとはその後の交流会で名刺交換させていただきました。

一度行ってみたいな~。

 

私がお話しした分科会3では、株式会社シェアするココロの石井さん、 シュアールグループの大木さんとご一緒させていただき、お二人の事業のことも聞くことができて、とっても興味深かったです。

私はあっとほーむのこと、それを広げるきっかけやどう広げていくのか等をお話しさせていただき、分科会後の交流会では何人かの方と名刺交換がてらお話しさせていただきました。

子育て支援に興味のある人、今まで特に感じていなかったけど私の話を聞いて興味も持ったと おっしゃっていただいた方、大学でお話ししてほしいという方もいて、 私の話でもお役にたてたと思うと嬉しかったです。

 

こういう機会で、働き続けたい女性の現状や悩みや葛藤、それを解決するために 同じ地域に住む私たちが支援できることを一人でも多くの人に伝えて行きたいです。

 

今日のゲストに呼んでくださった株式会社イータウンフェローの米田さんに感謝します。

個人的には、米田さんのようにみんなが気分良くなるような気遣いのできる女性になりたいと思っています。

(大雑把な私には遠い道のり・・・)

 

フォーラムに関わってくださった皆様、参加してくださった皆様、ありがとうございました。

 SBF2014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小栗ショウコ

 

« »

関連記事

2015年2月8日 和気あいあいと講座進行中!

no igame

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。   本日は午前中に子育て支援起業講座の無料説明会とスタートアップセミナー、午後に運用・実務コースの講座がありました。 午前中は東京・杉並区、滋賀県、横浜市から3名が参加してくださり、あっとほーむの成り立ちから起業講座の内容まで具体的に説明させていただきました。引き続きのスタートアップセミナーでは、ここに来るきっかけや今感じていることをお話ししてくださり、それぞれが共感したり刺激を受けている様子がとてもよくわかりました。今後の起業講座でも是非またお会いしたい3人でした。     午後からは昨年秋から受講している5名が集まり、あっとほーむの顧問でもある社会保険労務士の平山久美子先生を講師に、経営者として自覚・責任を持って、自分の想いをカタチにした事業の立ち上げ、継続運営において大切な労務管理や必要書類、手続きについて学びました。授業のない期間もfacebookで情報交換をしている5人。和気あいあいと近況報告をしながら、今まで何度もブラッシュアップしてきたプレゼンを平山先生に聴いて頂くところからスタートしました。平山先生から一人一人に社労士の立場からいつもと違ったアドバイスを頂いて、それぞれが課題を確認していきました。自分の想いを書いて言葉にして伝える。そのフィールドバックをもらい、また改めて見直して言葉にして伝える。これが自分の想いを事業というカタチにする作業の大事なところなんです。そして、いくら事業内容がよくても、いくら熱い気持ちを持っていても、事業運営や労務管理がしっかりしていなければ、信頼できる事業はしていけないのです。明確になった想いも、せっかく立ち上げた事業も信頼を得なくしては継続できないからです。子育て支援を利用するパパママ、事業運営で関わる行政の方たち、サポートしてくれるスタッフ、家族を含めたあなたを応援・支援してくれる周囲の方たち、税理士さん、会計士さん、社労士さんなど運営実務でお世話になる方たちなどに、自分の事業をしっかり理解してもらうことが想いのつまった理想の子育て支援をするときに、あなたの支援者を増やしていくことにもつながるんです。   私は今日も午前中の説明会から午後の講座終了まで事務局として同席させてもらいながら講座を聴きました。受講者と一緒に、自分が将来事業を立ち上げるときに何が大切なのかということを学んでいます。将来自分で事業を立ち上げたいと考えている方は、起業講座を受けていただくことも必要ですが、あっとほーむに通える範囲にお住まいで、起業までに現場で実践を積む時間がある方は、私と一緒に社会人長期インターンとして働きながら学んでいきませんか。私たちあっとほーむは、あなたのやる気を応援します。 社会人長期インターン制度はこちらから。期間や時間などはあなたの希望で調整できますので、興味のある方はお問い合わせだけでもどうぞ。  

2016年3月29日 地域で伸ばす子どものチカラ

大石さん講演

こんにちは、小栗ショウコです。   3月27日(日)は、あっとほーむとおうち保育園Ⓡ協会主催の基調講演「地域で伸ばす子どものチカラ」を開催しました。 ゲスト講師は大石稜子さん。私にコーチングゲームを教えてくださった方ですが、実は一目会ったそのときから大石さんの優しさに惹かれていました。そんな大石さんから得られることを私だけではなく、もっと多くの人に伝えたいと思いお招きしました。   すぐに参加者の心をつかむ優しいまなざしにお声がけ、魅力的な講演内容にみんなが笑顔に! 多くの学びを得たと参加者からも嬉しい感想をたくさんいただきました。 コーチングや講演のテクニックではなく、大石さんご自身のお人柄でみんなを笑顔にして学びを深める姿に、こうありたいと思いました。   さて、この会は「キレイなお姉さん」こと阿部さんの司会で進行。   基調講演の後はあっとほーむの子育て支援起業講座7期生の卒業プレゼンです!働くママのの心のケアを目指す山本さん。   夜の世界で働くシングルマザーの子どもたちに、正しい生活リズムや規律、チャンスを与える活動を目指す飯窪さん。   そして、子育て支援起業講座を卒業し、開業したお二人のトークサロン。 みんな最初は「できるかわからない」「私には無理かもしれない」と考えていました。でも、同時に「やってみたい」という想いを抱いて受講をしてくれました。すると講座が進むにつれ、だんだんと「私にもできるかも!」と思うようになります。それは、講座の中で受講生自身がもっている可能性を引き出すからです。あっとほーむのようなお迎え付き夜間保育を目指してきても、その人自身の可能性を引き出していくと、もっと違う形で地域の親子を支援するほうが良い場合もあります。私たちの講座では、受講生の可能性が最大限に発揮できる事業の形を共に考えていくものなのです。 だから講座を卒業した仲間でも、みんなが同じ事業をしているわけではないんですね。そんな風に自分の可能性を活かして事業を開始した仲間が、みなさんの地域にもいます。まだまだ全国の働く女性、親子を支えるには少ないです。私もやってみたい!という方は是非あなたが立ち上げてください。私たちがお手伝いします。    

2015年6月4日 YOKOHAMA Changemaker’s CAMP

チェンジメーカーズキャンプ

横浜の抱える社会課題を、ソーシャルビジネスの手法で解決しよう!という意欲あるスタートアップ期の起業家を、「メンター」と呼ばれる先輩起業家やサポーターとともに支援するプログラム、YOKOHAMA Changemaker’s CAMPが始まります。 今年は代表・小栗ショウコがメンターとして約半年間伴走させていただき、横浜で「無理なく働き続けられる地域社会づくり」に取り組んでいる子育て支援、介護、ダブルケアなどの事業者と共に、新しい社会を一緒に作り上げて行きます。テーマに共感する事業者の皆様、この機会に是非応募してください。 ————————————————————— Yokohama Changemaker’s CAMP2015     ~参加起業家募集中!~  http://yokohama.etic.or.jp/camp/—————————————————————-2015年度は2テーマ×4名の社会起業家を募集!本プログラムは、高い志を持ち挑戦を続ける社会起業家を横浜コミュニティの力を結集して応援する、 半年間の実践型プログラムです。募集テーマ(1)『無理なく働き続けられる地域社会づくり』  メンター:小栗ショウコ氏〔認定NPO法人 あっとほーむ  代表理事〕(2)『人と人、人と自然が共に生きる未来に貢献するブランドの創出』  メンター:藤澤徹氏〔株式会社 新藤 代表取締役社長〕概要 応募期間:6月1日(月)~7月5日(日) 定 員:8名(各テーマ4名ずつ)  対 象:創業3~5年目で更なるステージアップを目指す起業家の皆様 会 場:横浜市内(主に関内を中心) 参加費:無料※まずは、説明会にご参加ください。詳しくはWEBまで!  

2015年2月2日 販促講座

20150201

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。 昨日は子育て支援起業講座のオプションである販促(販売促進)講座があり、昨年11月に起業講座を卒業され、今年中に起業予定の2名がご参加くださいました。一緒に講座を進めてきたお二人ということもあり、和気あいあいで講座がスタート。販促講座の講師はあっとほーむの事務局でもIT、広報担当をしている穂永さんです。パソコン操作が苦手という方や販促活動の経験が全くないという方でも安心して受けられる講座になっています。 チラシやホームページ作成など、販促に詳しい人は世の中にたくさんいるけど、わからない人にわかるように教えることができる人は少ないと思います。初心者でも不安にならず、自分で事業内容を広告していけるよう、丁寧に基礎の基礎から教えてくれたので、「あ〜なるほど〜!」「そっか!だからこうすればいいんだ!」と驚きや納得の声が!素晴らしい学びの時間になったと思います。 せっかく事業を開始しても誰にも知られなかったら継続はできません。起業講座で事業の軸をきちんとつかみ事業計画まで作りこんだら、今度はそれをどのように必要な人に届けるかを考えてみましょう。 何もわからなくても経験がなくても大丈夫。子育て支援起業講座も販促講座も、わからない人にわかるように、そしてあなたの隠れた才能を引き出す内容です。安心して受講してくださいね。 3月1日までの無料説明会が満席になりましたので、それ以降の説明会を本日受付開始しました。無料説明会は満席になることは多いのでお早めにお申し込みください。  

2014年11月30日 私たち、起業します!

3期生卒業式

こんにちは、小栗ショウコです。   本日、子育て支援開業講座(おうち保育園®開業講座)の卒業式を開催しました。 春から受講していた3期生6名が、自分らしい事業がどんなものなのか、家族や友人を含めた皆さんの前でプレゼンテーションをいたしました。3期生は全員が保育士資格保持者か経験者。長い保育経験から現状の課題を肌で感じ、地域の子どもたちのためにより良い保育を提供するために自分に何が出来るだろうかと考えに考えて事業計画をしてきました。講座を受け始めた時は人前で話をすることに自信がなくて自己紹介すら声が震えていた人が、今日は見違えるほど堂々とお話をしていました。また、受講中に自分の想いや一緒に立ち上げる家族の想いがかみ合わなくて心が折れそうになっていた人は、それでも自分の想いを発信しつづけたことで協力者を得る事が出来て、すぐに事業開始できるまでになりました。更に、お友達と一緒に事業化を目指していた人は、自分たちで行政や地域の人に自分たちの想いを発信したことで保育ができる一軒を借りることになり、行政の補助金をもらいながら事業を開始することができるようになりました。   彼、彼女たちが最初から人より秀でた能力があったわけではなく、今まで気づかなかった自分の才能や能力に気づき、その結果を今日のプレゼンテーションの場で発揮することができたのです。この講座を受けたときは、みんな想いは漠然としていました。でも、今の子育て支援の状況や自分の生き方に疑問を感じ、何か自分でできることがあるのだろうか、あるとしたらそれが何なのかはっきりできたらいいなという小さな期待を胸に抱えて受講を決意した。その決意が今日につながったのです。 3期生は今日で卒業ですが、すでに受講している4期生7名、1月からの5期生(応募受付中)が続きます。     3期生にとってはここからがスタートです。今度は起業までおうち保育園®協会でサポートしていきます。 プレゼンテーション終了後のみんな、ほんとにいい笑顔。 本当にお疲れ様でした!そして、卒業おめでとうございます!   私も受講してみたいなと思う方は、まずは無料説明会へどうぞ。 現在12月、1月の説明会に参加申し込み可能です。