あっとほーむからの「お知らせ」

セミナー・イベント登壇

2014年3月15日 ソーシャルビジネスフォーラム2014


横浜市経済局主催のソーシャルビジネスフォーラム2014

ご縁があって2012年に引き続き、今年もフォーラムでお話しさせていただきました。

分科会3:「地域を超え相互に解決力を高め合う起業家たち」のゲストです。

打ち合わせがあり、基調講演は途中までしか聞けなかったけど、コミュニティカフェとして有名なクルミドコーヒーの影山さんとはその後の交流会で名刺交換させていただきました。

一度行ってみたいな~。

 

私がお話しした分科会3では、株式会社シェアするココロの石井さん、 シュアールグループの大木さんとご一緒させていただき、お二人の事業のことも聞くことができて、とっても興味深かったです。

私はあっとほーむのこと、それを広げるきっかけやどう広げていくのか等をお話しさせていただき、分科会後の交流会では何人かの方と名刺交換がてらお話しさせていただきました。

子育て支援に興味のある人、今まで特に感じていなかったけど私の話を聞いて興味も持ったと おっしゃっていただいた方、大学でお話ししてほしいという方もいて、 私の話でもお役にたてたと思うと嬉しかったです。

 

こういう機会で、働き続けたい女性の現状や悩みや葛藤、それを解決するために 同じ地域に住む私たちが支援できることを一人でも多くの人に伝えて行きたいです。

 

今日のゲストに呼んでくださった株式会社イータウンフェローの米田さんに感謝します。

個人的には、米田さんのようにみんなが気分良くなるような気遣いのできる女性になりたいと思っています。

(大雑把な私には遠い道のり・・・)

 

フォーラムに関わってくださった皆様、参加してくださった皆様、ありがとうございました。

 SBF2014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小栗ショウコ

 

« »

関連記事

2014年11月28日 大賞に選ばれました!

浜銀総研

こんにちは、小栗ショウコです。   今日は浜銀総研ビジネスウーマンアワード2014の表彰式。 なんとなんと、 あっとほーむが大賞に選ばれました!!!!!    人と比べられるのも、誰かと競争するのもキライな私なので、本来はこういうものへの応募はしないのですが、ずっとあっとほーむを支えてくださっている社労士の平山久美子さんからの紹介なので、珍しく応募したものです。平山さんは、あっとほーむの節目を作ってくださる方で、神奈川県子ども子育て支援奨励賞を受賞したのも、神奈川県指定NPOや認定NPOへのステップアップも彼女のおかげです。   授賞理由は、16年間働くママたちを支えてきた事、家庭的な環境を子どもたちに提供してきた事、働く女性たちへむけて講演活動や執筆活動など積極的に発信してきた事、そして、事業で培ってきたスキルやノウハウを提供して同じような活動を全国に広げる活動をしていること等、これまでやってきたことすべてを評価していただけました。 起業の後押しをしてくれた夫、利用してくださった働くパパママたち、毎日かわいい笑顔をくれた子どもたち、いつも支えてくれるスタッフのみんな、そして平山さんはじめ、応援してくれる関係者の皆様。そう、あなたです。こういう賞をいただいたのは皆様のおかげです。これからも、皆様と賞を与えてくださった浜銀総研の皆様に誇れる活動を続けていきたいと思います。   慣れない華やかな場で緊張しましたが、大賞に選んでいただいたおかげでもう一度プレゼンをさせていただくことができ、更に多くの方に共感していただくことができました。華やかな会場で表彰されるのもよかったけど、あっとほーむに戻ってみんなに「すご~い」って言ってもらえたことが一番うれしかったです。    

2015年3月29日 4期生プレゼンテーション発表会&修了式

4期生5名、みんないい笑顔

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。   本日は、子育て支援起業講座第4期最後を締めくくる『プレゼンテーション発表会&修了式』でした。5名の受講生たちは午前中から午後にかけて最後の講座を受け、3時から受講生のご家族やご友人、そして今回は一般の方々もご来場頂いた中で、各自が熱い想いを持って立ち上げる事業について最終プレゼンテーションを行いました。 今日の朝は緊張もあって不安げな4期生でしたが、時間が経過するごとに仲間同士励まし合い、いつの間にかいつものなごやかな雰囲気に。思い返せば、4期生の講座はいつも和気あいあいとしたなごやかな雰囲気でした。講座以外でもFacebookでつながり頻繁に情報交換、近況報告をするなど、問題意識も高く、お互いの子育て支援に対する熱い想いを理解し、事業のカタチや今まで歩んで来た道は違うけれど、お互いを尊敬して励まし合ってきたからこそ、絆が深まったのではないかなと思います。  そんな4期生のなかには遠くは熊本や福岡から通われた方々もいました。仕事と子育てを両立しながら講座を受講した方、講座の間ご家族にお子さんを預け勉強に励んだ方もいます。働くママたちや地域の子どもたち、そして社会のために、「本当に自分のやりたいことは何だろう」「自分に何ができるのだろう」と自問自答を繰り返し、自分自身を見つめ、想いを伝えるプレゼンテーションを何度も見直しました。きっと心が折れそうになったこともあると思います。でも、あきらめないで続けてきたからこそ、今日この日を迎えられたのです。4期生5名が堂々と自信を持って自分の想いを発表する姿は本当にすばらしいものでした。     みんな最初は漠然とした想いでした。うまく自分の想いを表現することも難しかった。でも、今日はひとりひとりの才能や能力が花咲いた瞬間だったのではないでしょうか。4期の講座は本日で最後ですが、彼女たちにとって今日は始まりの一歩にすぎません。来月4月から開業を控えている方もいます。自分の気持ちを周りに伝え、すでにたくさんの協力を得ている方もいます。これから開業準備に忙しくなる彼女たちを、今後はおうち保育園®協会で サポートしていきます。 朝不安な中でも「今日は笑顔で終えられるといいね」と話していた通り、5名ともみんなきらきら輝く笑顔で締めくくれました!本当にみなさんお疲れ様でした!      

2015年3月12日 ACBEEシンポジウム2015に登壇しました

20150311

こんにちは、小栗です。   昨日、3月11日はACBEEシンポジウム2015に登壇してまいりました。セミナーの冒頭、東日本大震災で被害にあわれた方への気持ちを込めて黙とう。私はあの日、横浜での揺れを体験しましたが、それ以上の大きな揺れと迫りくる津波、寒い中過ごした避難生活を強いられた皆様、どんなに大変な想いをされたことでしょうか。本当に心が痛みます。(この件を語り出すと止まらないので今日はここまで)   さて、シンポジウムは楽しみにしていた坂東眞理子さんの基調講演から開始。坂東さんの経験を基に、時には真剣に、時には笑いが起きる緩急あるお話しで1時間あっという間に終わってしまいました。男女共同参画の第一人者として歩んできた坂東さんの生き方をほんのちょっとですが垣間見れた有意義な時間になりました。 その後、私は「女性活躍と行政・企業・地域の連携」という分科会でお話しさせていただきました。モデレーターのアキレス美知子さんは企業等で女性活躍について力を発揮してきた素晴らしい方で、事前打ち合わせでも当日の進行でも、私たち登壇者が気持ち良く話せるようにとてもよく考えて場を盛り上げてくださいました。 坂東眞理子さんも、アキレス美知子さんも、穏やかな笑顔なのにぶれない軸を持って生きてきた素晴らしい女性です。きっとたくさんの壁があり、たくさんの悔しい思いもしてきただろうけど、”自分”をしっかりと持ち、家庭以外でも自分の才能を花開かせるための努力をし続けてきた結果として今があるのだと思います。お二人のお話から共通して感じたことは、ライフステージごとに仕事と家庭・子育てのバランスは変えてもいいから、どちらも手放さずに続けることが大切だということ。会場にいた多くの人が勇気をもらった時間でした。   ※シンポジウム終了後、アキレスさんと。      

2015年5月18日 信頼される事業者になる

5期運用実務2日目

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。   日曜日は子育て支援起業講座・運用実務コースの2日目でした。 先週に続き、外は夏を思わせる青空と太陽でしたが、あっとほーむの中は涼しい風がさわやかに吹き抜ける勉強日和。 社会労務士の平山久美子さんを講師に迎え、プロの目から受講生それぞれのプレゼンや事業計画を見ていただきました。どんな感想をもらうのかみなさんちょっとドキドキ。緊張感が伝わってきました。はじめて聴いて頂く方に説明する難しさ改めて実感し、卒業プレゼンに向けた課題を見つけたのではないでしょうか。 また今回は、事業立ち上げに向けてより具体的にどんな手続きが必要なのか学びました。信頼される事業者を目指す受講生たちだからこそ、平山さんの話を聴く顔は真剣そのもの。事業者としての自覚を持ち、眉間に皺を寄せながらも苦手な収支計算や事業運営のことにも前向きに取り組もうとする姿勢を見ていて、なんだかかっこいい!素敵だな!と感じました。私が施設を利用するパパママの立場だったら、こんな事業者さんに我が子を預けたいと感じると思います。 今回の受講生の卒業プレゼンは7月12日(日)。 地域の親子をサポートしたい、今はまだないサービスを提供することで未来の子どもたちが輝く姿を作りたいと事業計画を作っている受講生の生の声を聞きに来ませんか?音楽プロデューサー&ビジネスプロデューサーの基調講演もセットになった卒業プレゼンの詳細はこちら。多くの皆様に彼らの頑張りを応援していただきたいです。お申込み、お待ちしております。  

2015年2月8日 和気あいあいと講座進行中!

no igame

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。   本日は午前中に子育て支援起業講座の無料説明会とスタートアップセミナー、午後に運用・実務コースの講座がありました。 午前中は東京・杉並区、滋賀県、横浜市から3名が参加してくださり、あっとほーむの成り立ちから起業講座の内容まで具体的に説明させていただきました。引き続きのスタートアップセミナーでは、ここに来るきっかけや今感じていることをお話ししてくださり、それぞれが共感したり刺激を受けている様子がとてもよくわかりました。今後の起業講座でも是非またお会いしたい3人でした。     午後からは昨年秋から受講している5名が集まり、あっとほーむの顧問でもある社会保険労務士の平山久美子先生を講師に、経営者として自覚・責任を持って、自分の想いをカタチにした事業の立ち上げ、継続運営において大切な労務管理や必要書類、手続きについて学びました。授業のない期間もfacebookで情報交換をしている5人。和気あいあいと近況報告をしながら、今まで何度もブラッシュアップしてきたプレゼンを平山先生に聴いて頂くところからスタートしました。平山先生から一人一人に社労士の立場からいつもと違ったアドバイスを頂いて、それぞれが課題を確認していきました。自分の想いを書いて言葉にして伝える。そのフィールドバックをもらい、また改めて見直して言葉にして伝える。これが自分の想いを事業というカタチにする作業の大事なところなんです。そして、いくら事業内容がよくても、いくら熱い気持ちを持っていても、事業運営や労務管理がしっかりしていなければ、信頼できる事業はしていけないのです。明確になった想いも、せっかく立ち上げた事業も信頼を得なくしては継続できないからです。子育て支援を利用するパパママ、事業運営で関わる行政の方たち、サポートしてくれるスタッフ、家族を含めたあなたを応援・支援してくれる周囲の方たち、税理士さん、会計士さん、社労士さんなど運営実務でお世話になる方たちなどに、自分の事業をしっかり理解してもらうことが想いのつまった理想の子育て支援をするときに、あなたの支援者を増やしていくことにもつながるんです。   私は今日も午前中の説明会から午後の講座終了まで事務局として同席させてもらいながら講座を聴きました。受講者と一緒に、自分が将来事業を立ち上げるときに何が大切なのかということを学んでいます。将来自分で事業を立ち上げたいと考えている方は、起業講座を受けていただくことも必要ですが、あっとほーむに通える範囲にお住まいで、起業までに現場で実践を積む時間がある方は、私と一緒に社会人長期インターンとして働きながら学んでいきませんか。私たちあっとほーむは、あなたのやる気を応援します。 社会人長期インターン制度はこちらから。期間や時間などはあなたの希望で調整できますので、興味のある方はお問い合わせだけでもどうぞ。