あっとほーむからの「お知らせ」

セミナー・イベント登壇

2014年3月15日 ソーシャルビジネスフォーラム2014


横浜市経済局主催のソーシャルビジネスフォーラム2014

ご縁があって2012年に引き続き、今年もフォーラムでお話しさせていただきました。

分科会3:「地域を超え相互に解決力を高め合う起業家たち」のゲストです。

打ち合わせがあり、基調講演は途中までしか聞けなかったけど、コミュニティカフェとして有名なクルミドコーヒーの影山さんとはその後の交流会で名刺交換させていただきました。

一度行ってみたいな~。

 

私がお話しした分科会3では、株式会社シェアするココロの石井さん、 シュアールグループの大木さんとご一緒させていただき、お二人の事業のことも聞くことができて、とっても興味深かったです。

私はあっとほーむのこと、それを広げるきっかけやどう広げていくのか等をお話しさせていただき、分科会後の交流会では何人かの方と名刺交換がてらお話しさせていただきました。

子育て支援に興味のある人、今まで特に感じていなかったけど私の話を聞いて興味も持ったと おっしゃっていただいた方、大学でお話ししてほしいという方もいて、 私の話でもお役にたてたと思うと嬉しかったです。

 

こういう機会で、働き続けたい女性の現状や悩みや葛藤、それを解決するために 同じ地域に住む私たちが支援できることを一人でも多くの人に伝えて行きたいです。

 

今日のゲストに呼んでくださった株式会社イータウンフェローの米田さんに感謝します。

個人的には、米田さんのようにみんなが気分良くなるような気遣いのできる女性になりたいと思っています。

(大雑把な私には遠い道のり・・・)

 

フォーラムに関わってくださった皆様、参加してくださった皆様、ありがとうございました。

 SBF2014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小栗ショウコ

 

« »

関連記事

2014年12月14日 あっとほーむのようなところを増やします

20141214

今日の午後は先週に引き続き4期生の講座でした。   その前、午前中は無料説明会で大阪、茨城、東京、横浜から集まってくれました。ホームページでたくさんの情報をじっくり読み込んできてくれたので、説明していてもみなさんとっても共感してくださり、和やかな時間になりました。私たちが講座受講に際して説明会に参加していただく理由は、現場をみて直接話を聞いて充分に納得してから受講してもらいたいからです。あっとほーむの成り立ち、講座を始めたきっかけ、講座の内容をきちんとお伝えし、説明会と同時開催のスタートアップセミナーでは、事業を継続するために必要なこと、そして講座の方法にほんの少しだけど触れてほしいなと思っています。 今日参加してくださった皆さんからは、直接話を聞けてよかった、具体的な内容や受講して開業した人の話を聞けて不安が期待になったなど感想をいただきました。興味があるのにまだ説明会に来ていない人はまずは説明会だけでもお越しくださいね。ここ数日で1月2月の説明会申し込みが立て続けにあったので、残席わずかです。特に1月に考えている人はお早めにお申し込みくださいね。説明会詳細、お申し込みはこちら。   さてさて、午後の講座はすでに前回までの3日間一緒に講座を受けてきた3人が揃い、最初から最後まで和気あいあい。だけどやることはやっています。3人ともすごい変化で、もうすぐにでも始められる状態です。ここまでで事業の軸がきっちりできたので、この後の5日間で具体的に事業化するための講義になっていきます。今日の講座では、昨年この講座を受講して働くママサポーターを開業した山崎まさ美さんが1時間講義を担当してくれました。彼女がキャリアカウンセラーとして接してきたママたちのこと、ママたちを雇用する企業のことをせきららに教えてくれました。そういう視点、普通に保育士をしてきた人にはなかなかないんです。子どものため、子どもの健全育成のため!という視点だけでなく、ママたちが、社会人としてどんな環境下でどのような不安を抱えてどのくらい頑張っているのかを知ることはすご~く大切なんですよ。そこがあってこそ、本当の子育て支援だと私は思います。 最初の4日間を終えて、みんながここに来てよかった、4日間頑張ってよかったと笑顔で言ってくれたことが嬉しいです。この後の5日間で事業化に向けて勉強を進めて、3月後半に卒業式を迎えます。それまで同期のみんなで支え合いながら頑張ってほしいな。 来週は今までの卒業生で勉強会。講座が終わってハイさよなら!ではなく、ここをスタートにみんなでつながってみんなでスキルアップしていきます。   あっとほーむで出会った子どもたち、パパママたち、そして受講生のみなさんの人生に、少しでもお役にたてることが私の生きがいです。  

2016年3月10日 小1の壁講演

企業講演

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。     昨日3月9日は、企業様にて「小学校入学までに知っておきたい大切なこと」という題で、小栗さんと、書籍共著出版をされた松蔭大学准教授・田中聖華さんが登壇されました。     今回お話させて頂いたのは、大手金融システムのインテグレーター企業様。男女ともにはたらきやすく、活躍できるようにと、従業員の方を支援する体制を整えていらっしゃる大手の企業様です。   自身も働きながら子育て中という担当者さんとの事前打ち合わせでも、様々な取り組みと従業員の方々の声を伺いました。今回は今春、来春小学校入学するお子さんをお持ちの従業員の方を中心として、「小1の壁」の不安を払拭して、子どもたちも働くパパママ自身も変化がめまぐるしいこの時期も、安心して仕事に集中できるようにと小栗さんへ講演の依頼がありました。   最近、こんなふうに働く人のことを考えて、様々な取り組みや改善を行っている企業様から講演やセミナー開催のご依頼が増えてきました。中には小栗さんと田中さんの共著『だれもおしえてくれなかった ほんとうはたのしい仕事&子育て両立ガイド』(ディスカヴァー・トゥエンティワン、2013)を読んで、「勇気づけられた。同じ職場で働く人にも伝えたい。」とお声をかけてくださった企業さんもあります。   講演では、小栗さんが18年間子育て支援者として、子どもたちやママパパに寄り添ってきたからわかる子どもたちの変化や不安、そしてその解決法をたくさんの事例をまじえてお話しました。 あっとほーむを利用してくださる保護者の方々は医療、介護、行政、メディア、教育関係などで社会を支える大切な仕事をしている方々です。子どもに愛情いっぱい接したい、社会の役にたちたいと出産後もキャリアをあきらめずに、たのしく仕事と子育てを両立してきたロールモデルを紹介しました。   小学校入学前だけでく、その後もずーっと子育ては続いています。現在だけでなく、子どもたちの将来の変化を分かって今どんな対応をするかが大事になってきます。保育園のときから思春期をすぎた子どもたちまでを保護者と共に見守り、保護者の方々とも密に信頼関係を築いてきた小栗さんだから伝えられることばかりのお話でした。    そして、あっとほーむの元ご利用者でもあり、働く女性のロールモデルの一人である田中聖華さんの声も届けました。キャリアデザインや組織開発研究をしている田中さん。今回はママとしての経験や両立のコツをお話してくださいましたが、小栗さんとともに企業で働く方々が輝く働き方セミナーを企画し、その中では両立セミナーに加えて、専門家として管理職の方々に向けたセミナーも担当してくださいます。   小栗さんは子育て支援と働く女性支援の視点。田中聖華さんはキャリアデザイン、組織開発の視点。お二人の専門分野を交えることで、対策や制度を立ててもうまく運用できない、なかなか不満の声がなくならないと悩みをもつ企業様の課題を一緒に解決していけるようにご提案しています。 お悩みの方がいらっしゃたら、ぜひお声をかけて頂ければと思います。  

2015年8月7日 チェンジメーカーズキャンプ

チェンジメーカーズキャンプ

こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。 蝉の声にぎやかになってきましたね。ついつい暑いと言ってしまいますが、季節がはっきり分かれている日本にいるからこそ、この暑い夏も楽しみたい!と感じています。 さて、以前に小栗さんからもお知らせがありましたが、半年に及ぶ横浜の起業家をメンターとなる先輩起業家とサポーターで支援するプログラムYOKOHAMA Changemaker’s CAMPのメンバーが決まりました!小栗さんはこのプログラムではメンターとして、選考を突破した起業家の方々をサポートし、起業家とともに「無理なく働き続けられる地域社会づくり」を推進します。 7月中旬、横浜の抱える社会課題を解決したいという熱く想いを持ち、すでに行動を開始している起業家の中から書類選考を勝ち抜いた方々が集まり、メンターや審査員を前にしたプレゼンテーションによる選考会がありました。私も小栗さんに同行させていただき、その選考会に同席しました。選考会で選ばれた方々はこれから半年かけて小栗さんと二人三脚で歩んでいきます。このプログラムに参加できる起業家の方々は本当にうらやましい!あっとほーむで働く私も普段から感じていることですが、小栗さんのそばで学べるということは本当に貴重なことだと思います。現場のことを理解して、17年培った事業ノウハウやスキルで的確なアドバイスをくれる小栗さん。あっとほーむの子育て支援起業講座に全国から受講希望者が集まるのがその証拠です。この起業家支援プログラムでは起業家のみなさんが小栗さんを独り占めするかのような、なんとも羨ましい内容です。 8月中旬から実際にプログラム開始となります。私も小栗さんと起業家のみなさんに並走し、その都度ご報告させていただきます!

2015年1月18日 子育てのサポートしたい!

20150118

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。 今日はお天気はいいけれど、まだまだ冷たい風が吹き付ける1日でしたね。でも、あっとほーむでは熱い気持ちを持った方々が集まり、部屋の温度もぐんと上昇していたように思います。   午前中は子育て支援起業講座の受講を検討している方を対象とした無料説明会&スタートアップセミナーでした。今日ご参加くださった皆さんは問題意識がすごく高い方ばかりで、自分が経験したことをもとに女性が働き続けられるよう子育ての手助けをしたい、子どもたちひとりひとりの日々の状況を見れるよう少人数で安心して過ごせる保育をしたい、子どもから高齢者までが生き甲斐を見つけられるみんなの居場所をつくりたいと今ある問題に対し、とても具体的に自分の想いを話してくださいました。 子育て支援起業講座は、資格や経験がない方も、まだ自分が何をやりたいかはっきりしていない方も、どうやって想いを具体的に事業化していけばいいかわからない方も、事業立ち上げに必要なことをゼロから学んでいけます。経験がなく不安だという方もぜひ一度、無料説明会&スタートアップセミナーに参加してみてください。日頃ご自身で考えていることや課題だと感じていることをわたしたちに教えてください。そこからみなさんの想いをカタチにする作業は始まるのです。   午後は11月に前半コースを修了し、今日から後半コースを始める方々が各自の事業の収支計算、必要書類の作成方法を学びました。せっかく自分の想いのつまった事業を立ち上げるのだから、事業継続につながる収支設定は重要です。起業や経営の経験がなくて慣れない作業にう〜ん...と数字とにらめっこしながらも、あっとほーむの収支計算書や必要書類を参考に、受講者同士でお互いにアドバイスし合いながら、たった数時間で収支計算の基礎を作っていきました。ここまで一緒に受講してきた仲間がいるからこそ、難しい作業を前にしても事業をカタチにするまで諦めずに進めるんです。次回の講座までに宿題もたくさんでましたが、Facebookやメールで励まし合い、情報交換しながら、また一歩事業の立ち上げに向かっていきます。受講生のみなさん、今日はお疲れさまでした!体調を崩しやすい時期ですし、今日は頑張ったご自身を誉めて、ゆっくりお休みしてくださいね。 これから子育て支援起業講座の様子は私も時々報告させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

2015年10月18日 ほんとうは楽しい仕事&子育て両立セミナー

労働センター2

こんにちは、あっとほーむの三宅香生です。   今日は、小栗さんが講師として登壇する、神奈川県かながわ労働センター主催「ほんとうは楽しい仕事&子育て両立セミナー」に同行してきました。 今回のセミナーは、未就学児をもつパパママが多くいらっしゃったので、妊娠・出産後の職場復帰をスムーズにという題材。 4~5名のテーブル席がいくつもあり、ワーク形式を中心に行われました。 ワークを存分に有意義にするために、まずお子様の自慢大会から!そのお陰で場は一気に和み、終始和気あいあいときた雰囲気で進んでいきます。同年代のお子様を持つパパママ同士、はじめて会ったとは思えないほどお話が尽きない様子。 お仕事も子育ても両立したいけど、たくさんの不安がありますよね。子どもがかわいそうなのではないか?家事や育児がおろそかになってしまうのでは?会社に迷惑をかけてしまうのでは?時間に追われてしまうかも? など、今日も沢山の不安が聞こえてきました。 それに対し、あっとほーむでママたち子どもたちを見てきた小栗さんから具体的な解決策や考え方の視点変え方など、参加者の皆さまに寄り添う回答があり、深く頷いている方、しっかりとメモにのこして心に刻んでいる方などが多くいらっしゃいました。   セミナー終了後にも個別に相談に並ぶ参加者様が沢山。真剣に今後の人生のこと、子どもたちのことを考えているからこそですよね。 参加した皆さんが今後、仕事も子育ても楽しんでくださればいいなと思いました。