あっとほーむからの「お知らせ」

お知らせ

2014年5月8日 来年度(2015年度)学童保育受付について


今年の新1年生を迎えたばかりですが、来年度の学童利用についての

お問い合わせが増えてきましたので、2015年度の学童保育の受付を開始いたします。

 

すでに夜間保育を利用している新1年生と新2年生以上で継続利用の方をのぞき、

来年度(2015年度)の新規お申し込みは3名とさせていただきます。

 

<対象>

1、中川西小学校、都筑小学校、牛久保小学校、荏田小学校に通学予定の新1年生~6年生

 その他、私立小学校、センター北、南、あざみ野方面の小学校も利用いただいています。

 別途ご相談ください。

2、保護者が仕事や介護などをしていて、週3日以上利用予定。

1、2を満たす方は月ぎめでお受けできます。

 

 

その他、通常ははまっこやキッズクラブを利用していて、代休の日や夏休みなど

時々利用する場合は一時保育としてお受けできます。

 

 

いずれも、

・他の学童やはまっこ、キッズクラブでは時間的に間に合わない方、

・時間は間に合うけど、どうしてもあっとほーむで過ごさせたいという方

を優先してお受けします。

 

放課後は、宿題して、手作りのおやつを食べて、お友達と外で遊んで、時々習い事や塾へ行く。

学校の延長ではなく、習い事や塾の延長でもなく、おうちにいる時と同じように過ごしてほしい。

そういう想いをお持ちの方のために、あっとほーむはあります。

 

尚、他の学童を利用するから夜間保育だけ利用したい、保育園のお迎え付き夜間保育を利用したい場合は

年度に限らずいつでもご相談ください。

いずれもまずはご予約の上、見学にお越しください。

(見学日時は、月~金の午後1時から5時まで、午後7時から9時までのいずれかでお願いします)

見学お申し込みはこちらから

 

DSC07237

« »

関連記事

2014年7月23日 ありがとう

寄付 ありがとう

こんにちは、小栗ショウコです。 いつもあっとほーむの応援をしていただきまして、ありがとうございます。 絵本、鉛筆、マジック、画用紙等々、皆様からいただいた物を子どもたちは楽しく使っています。 また、4月から6月までの3か月間で合計207,200円のご寄付をいただきました。本当にありがとうございます!本来は皆様それぞれにお礼をしたいのですが、銀行にお振込みいただいた方でご住所がわからない方もいますので、この場を借りて子どもたちからの「ありがとう」を伝えます。                                 4月から6月までの寄付金は、昨日から始まった夏休み期間のお出かけやキャンプ等で使わせていただきます。(日常の文房具の他、キャンプでの花火やキャンプファイヤーに使わせていただきます)皆様からのご支援で、子どもたちの夏休みが充実したものになります!本当にありがとうございます!今後も引き続きご支援よろしくお願いいたします。   あっとほーむへの寄付はこちら   小栗ショウコ    

2014年5月31日 桐蔭大学で活動紹介してきました

no igame

こんにちは、小栗ショウコです。   昨日は桐蔭大学の学生に活動紹介をしに行きました。 大学での活動紹介は、慶応大学(SFC)と横浜国立大学に続き3校目。 あっとほーむの近くなので、車でさっと行って帰って来れるのがよかったです。   ちゃんと目を見て話を聞く子もいたし、うなづいて話を聞いている子もいて、数十年前の自分はこんな風に話を聞けただろうかとちょっとタイムスリップしてしまいました。 私の大学時代は(保育科の短大です)、学費は奨学金で、生活費は学生社員として大手企業の寮に入ることで賄っていました。それでも入学時や学期が変わるたびに教科書を買うお金は親から送ってもらっていて、わがまま言って進学させてもらった思いがありながら授業をちゃんと受けていたかは自信を持って言うことはできません。こんな風に真面目に聞いていたかな?とふと不安になりました。あの頃、周りにいる大人たちが素晴らしい人で、毎日真面目に働いていたことにも今ほど理解していなかった気がします。その時私を褒めたり叱ったりしてくれた社会人の皆さんがいてくれたから、そこから少しずつ成長して今の私があるんだなとつくづく感じます!   そんな学生時代を送った今の私にできることは、あっとほーむの事業を通じて、彼らがこれから社会人になりやりがいのある仕事を持ち、結婚し子どもに恵まれたとき、どうやって仕事と子育てを両立して自分らしく生きていけばいいのかを少しだけ見せてあげること。あっとほーむのママたちや子どもたちと触れ合うことで、自分の将来に重ね合わせたり、あんな大人になりたいなって人を紹介してあげることです。褒めたり叱ったりしながらね。 これから社会人になるまであと少し。 今やれることは思いっきりやってほしいなと思いました。      

2015年5月29日 コラボ企画

マイウェイプラス様打ち合わせ

こんにちは、社会人インターン&保育スタッフの三宅です。   本日は、代表の小栗ショウコさん、事務局長の小栗宏之さんと一緒に、企業様とのコラボ企画の打ち合わせに行ってきました。社会人インターンとして、保育だけでなく周りの企業様や地域の方々とどのように関わっていくかなど、間近で知る事ができるのはとても勉強になります。環境に感謝して日々精進です!   今日は、コラボしていただくMy wayプラス株式会社さんに2回目の訪問。社員さん達も加わり、大人数での打ち合わせとなりました。 「昔の人達の知恵を大切にしよう」「これからの未来は自分達が創っていくんだ」という意識作りをし、コラボ企画を通して自分のパパママのお仕事の社会での役割を知り、大人を尊敬すること。こんなことを子ども達が感じ、考えることができるプログラムです。 見学や体験をして、ただ楽しいというのではなく、どんな内容なら子ども達に伝わるのか、大人が時間をかけてたくさんの意見を出し合いました。   たくさんの大人が、子どもたちのために時間と知恵を使って準備をしてくれる。こういうこともいつか子どもたちに伝わればいいなと思います。子ども達がどんな反応をするのか今からとっても楽しみです。

2014年4月14日 小4は大人の階段のぼり始める時期ー日経DUAL連載第2回

no igame

日経DUALさんでの連載2回目がアップされました。 1回目の小1の壁の反響はすごかったらしく、今でもいいね!やリツイートが増えています。   続く2回目は小4の壁。 男女の差は少しあるけど、小4は親からの自立がキーワードになってきます。 今まであれほど言ってもできなかったことが、そんなに言わなくてもできると言ったり、 (親からみたらできてないままだけど) でもできなくて結局最後は親に頼ってきたりするから、 「だから最初に言ったじゃない」とか「最初から言う通りにすればいいじゃない」と ついつい怒りたくなるようなことが増えてくるでしょう。 でもね、子どもがなんとか自分でやろうと思う、その気持ちを大切にしてあげてください。 「なんにもできない」から 「なんとか自分でやろうとする気持ち」を持ち、 失敗を繰り返しながら、気持ちだけでなくなんとかやろうとする姿勢も ちょっとずつだけど見えてくるでしょう。   4年生からは身体的にも大きく変わる時期でもあります。 心と体の変化をうまく受け止められないもどかしさは、本人が一番感じることでしょう。 子どもから大人の階段をのぼり始める大切な時期だから、 自分に自信を持てるようにサポートしてあげるとよいと思います。   誰かにわが子を褒められたら「そんなことない、何もできない」などと言わずに、 「褒めてくれてありがとう」「そうなのよ、そこがこの子のよいところなの」って言ってくださいね。 自分が誰かに褒められて、親がそれを認めている様子を見ると、子どもはとっても嬉しいし、 それが成長を促す大きなきっかけになりますよ。    

2014年6月17日 日経DUAL第六回アップされました

DUAL 看板

日経DUALの連載、第六回目がアップされました! 今回は共著の田中さんのインタビュー記事。 もっと肩の力を抜いていいんだよって言ってもらっているような気がします。私が働いていたらこの記事読んできっと心が軽くなるだろうな。   ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド第六回