あっとほーむからの「お知らせ」

子育て支援起業講座

2014年9月28日 事業運営


こんにちは、小栗ショウコです。

 

今日の午後は、3期の皆さんのおうち保育園®コース2日目です。特別講師として「社労士がやさしく教える小さくても強い会社の作り方」の著者、平山久美子さんが来てくださいました。事業は、ぶれない軸を作り、それを伝え、運営事務作業もきちんとやらないといけません。私自身は事務作業が本当に苦手ですが、苦手だからこそプロに任せたり、後で困らないようにこまめに整えていくことを心がています。特に想いが強い事業者は、同じように苦手の人が多いけど、利用してくれるパパママたちのため、子どもたちのため、働いてくれるスタッフのためにきちんとやらないといけません。今日は平山さんから一人一人の事業内容に合わせてアドバイスをただきました。ありがたい限りです。

 

DSC00746

私たちの講座は、子育て支援起業コースで事業の軸を確立し、おうち保育園®コースで具体的な運営方法を学ぶようになっています。保育に限らず、塾や習い事、親子支援など、子どもに関わる事業をしたい人が受講できますので、なんとなくこんなことやってみたいな~と思っていることがあるならば、是非受講してみてくださいね。

« »

関連記事

2015年6月28日 命を預かる仕事

5期生応急手当

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。   今日はいいお天気だったのに、急に空が真っ暗になったと思ったら雨が降ってきましたね。みなさんは雨に降られませんでしたか。 本日は子育て支援起業講座・5期生とあっとほーむのスタッフが1日かけて応急手当講習を受けました。小栗さんはL.S.F.A.children’sという乳幼児・小児を専門的に扱う応急手当のインストラクターでもあります。私は前回4期生とともに受けましたが、復習を兼ねて5期生と一緒に受講しました。   保育者として、また保育事業者として万が一の際の手当てができることは重要ですが、その万が一の事故が起こらないために日々どうやって事故を予防したらいいのかも大切なことです。みなさん自分がいつか責任者となる立場を意識し、小栗さんの話を聴く姿は真剣そのもの。CPRや心肺蘇生、気道内異物除去、止血法を練習した受講生とスタッフは子どもたちの命を預かるという重みを改めて考えた1日だったと思います。   講座を始めた当初から想像以上の成長を遂げ、どんどん協力者を得ていく5期生のみなさん。近況報告をする姿がかっこいい!頼もしい事業者・保育者になってくれるのではないでしょうか。5期生の勇姿をぜひ見に来て頂ければと思います!修了式&プレゼンテーションは7/12(日)。いつか自分で子育て支援起業をしたいと思う人も、あっとほーむに興味おある人も、是非お越しください。

2017年5月13日 想いが実現するその日まで

20170512

こんにちは、小栗ショウコです。   先週日曜日に、あっとほーむカレッジ9期生の卒業式を終えましたが、みんながこの日に卒業したわけではありません。 今日は8期で受講して一旦お休みしていた方が久しぶりに来てくれました。 みんなと一緒の日に授業を受けられなかったので、個別コンサルティングに切り替えて再開です!   こんなに若いのに園長先生としての実績もあり、だからこそ見えてきた保育士の課題を解決する事業を計画しています。 今の時代にマッチして、すでに出来ることから始めてるので、あとはこれとあれとこれをやるだけだね!ってとんとんと~んと話が進みました。 みんなが自分の想いを実現できるその日まで、応援していきます!    

2016年3月13日 子どもの命を守る責任

DSC08116

  こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。   今日は子育て支援起業講座・運用実務コースの4日目、LSFA children’sという乳幼児応急手当を学ぶ一日です。   小栗さんがインストラクターの資格も持っているこの乳幼児応急手当講習は、子どもに関わる事業をするならばとても大事な講習になります。毎日の保育では、けがや事故をまず予防することが重要ですが、万が一いざというときにも子どもたちの命を守るために、すばやく対応をとれるように、このスキルを定期的に繰り返し学び、訓練することも重要です。       働くママやパパが仕事に集中してがんばるには、いかに保護者から大切なお子さんをお預かりする保育者、事業者が安全、安心な環境で子どもたちと向き合っているか、保護者の方々と信頼関係を築くかです。LSFA children’sインストラクターとして、小栗さんからは子どもたちが安心して過ごせるように、環境を整えたり、大きなけがや事故につながらないように何を気を付けなければいけないかもお話がありました。   そして、あっとほーむの子育て支援起業講座では、ただ、応急手当の手順を話すだけではありません。いつか起業して事業者となる受講生のために、事業者として、安全安心な保育環境をつくるために、人材の雇用や従業員となるスタッフにどんなふうに何がいけないということを指導していくのかということもお伝えします。   世の中にはたくさん応急手当の講習はあるけれど、事業者となる受講生へ向け、こういった視点でもスキルを伝授してくれる場所はなかなかないと思います。   私は何度も受けている講習ですが、繰り返しやることでだんだん身についているのがわかります。とくに訓練中はいつも接しているあっとほーむのかわいい子どもたちの顔が浮かんできます。改めて、子どもたちの命を預かる仕事をしていること、命を守る責任があるということを強く感じました。   きっと受講生もただ起業をすればいいということでなく、改めて事業者、保育者としての責任感を意識した一日になったのではないでしょうか。     3月27日(日)の起業講座7期生の修了式までのこり2週間となりました。   今回の修了式は、子どものチカラを伸ばすプロフェッショナル、大石稜子さんをお招きする基調講演とセットになっており、一般の方もご参加いただけます。仕事やボランティアなどで子育て支援に携わる方、これから携わっていきたいなと感じている方、大石さんから直接お話しを伺える機会です。お申込みお待ちしております。    

2015年7月13日 プレゼン会&修了式

20150712-4

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。 今日は無意識に暑い暑いと手で扇いだり、ハンカチで汗を拭ったりと、梅雨が明けこれから続く暑い夏を予感させる1日でしたね。   7/12(日)、基調講演と熱い想いを胸に子育て支援起業講座・第5期生が最終プレゼンテーションに挑みました。 基調講演では、音楽プロデューサー&ビジネスプロデューサーとして活躍中の稲葉瀧文さんが、「創意工夫で未来をつかむ 事業を広げる発想力」と題し、お話してくださいました。おうち保育園®協会会員はもちろん、これから事業を始める方、事業を発展させたいという方が集まりました。 事業を始めたら、成功ばかりではない。うまくいかないこともある。でも、挫折や失敗したときにそこで諦めることなく、次に行動するには何が必要なのか、どんな心の在り方であれば協力者を得てさらなる事業発展につながるのかということを学びました。今や第一線で活躍する稲葉さんの新人時代の話から、私たちが想像できないような音楽やビジネスの世界の話まで混じえた言葉にみなさん本当に聴き入っていました。あっという間の一時間で、会場からは稲葉さんにまだまだ話を聴きたい!という声が上がっていました。 基調講演の後は約半年間子育て支援起業についてあっとほーむで学んできた4人のプレゼン会です。来賓、一般の方以外にそれぞれの家族、友人が見守る中、しっかりとしたビジョンをもった今後の事業ついて発表してくれました。半年前は、「あっとほーむに共感している」「あっとほーむと同じようなことができたらいいな」と、漠然とした想いだけがあり、自分は何も出来ないしと言っていたのに、講座を進めていくうちに自分の譲れない軸、人生の目的をきちんととらえることができ、時には不安で押しつぶされそうになりながらも自分の想いを手放さずに最後まで走りきった4人です。 働くママと子どもたちが幸せになれる社会を目指して大阪から通ってくれた受講生。子どもたちに安全を、パパ・ママに安心をと、子育てと仕事を両立してきたパパ目線で子育て支援したいという受講生。若者を取り巻く現状から未来を担う子どもたちに学びを届けたいと熱く語る受講生。子どもも大人も気軽に集えて自然の中で学べる場をつくりたいと、子育て真っ最中でも滋賀県から通ってくれた受講生。彼、彼女たちの想いはまだ走り出したばかり。そう、今日が本当のスタートライン!これからそれぞれの目標を目指し、動き出す4名をおうち保育園®協会でサポートしていきます!

2014年6月8日 3期生頑張ってます!

20140608

本日午前中は講座の無料説明会、午後は3期生の講座を開催しました。   子どもに関わる事業をしたいということで、講座の検討をしている人に向けての無料説明会は月1回開催していますが、毎回遠方からお越しいただく方がいます。今日一番遠くから来ていただいたのは伊豆の方。横浜に不慣れなこともあり、朝一番の電車で来てくださったそうです。そんなことできるのは若いからでしょと思っている皆さん、今日伊豆から来てくださったのは50代女性です。今までも福島や仙台から来てくださっているのは40~50代の女性。これ!と決めたら飛び込むことができるのは案外この年代の女性なのかもしれません。 無料説明会はすでに7月までは満席です。追加開催も検討しましたが日程が確保出来ないので、申し訳ありませんが講座を受けようかなと思ってくださっている場合は、8月の説明会にお申し込みください。8月の説明会に参加していただくと、今年下半期のコースを受講することができます。   さて、午後は現在講座を受けている3期生の3日目。 今日はコーチングゲームも取り入れて、笑いあり涙ありの楽しい時間を過ごしました。でもね、楽しいだけじゃありません。これが事業理念につながる大切なことなんですよ。こんなこと、普通の経営セミナーではしないんじゃないかな。こうやって自分のことを振り返り、自分の想いを言葉にして、みんなに聞いてもらってまた作り直す。この繰り返しをすることで、自分のやりたいことが明確になっていくんです。一人で考えていたら、きっと「ああ~これはできないな」で止まって先には進めない、そしてまた想いに火がついても同じところで止まってしまうんです。 事業を始める前も、事業を始めてからも、こうやっていろんな人の刺激をもらって自分のやりたいことを進化させていかなくちゃ。 現在3期生が受講している子育て支援起業コースは次の回で一旦修了し、8月からおうち保育園®コースに進み具体的な事業スキルを学んでいきます。今月開業した1期生も、去年の今頃はこうやって講座を受けていました。今日の3期生も1年後には開業している人いるかもしれませんね。(1期生の開業までのストーリーはこちら) 3期生のみなさん、今日もお疲れ様でした!