あっとほーむからの「お知らせ」

セミナー・イベント登壇

2014年12月7日 4期生の前半コース終了!


こんにちは、小栗ショウコです。

 

寒いですね~。冷えますね~。温暖な静岡沿岸部で生まれ育った私は、冬が来るたびにもう耐えられないと叫んでいます。

さて、そんな寒い中ですが、今日のあっとほーむは熱く盛り上がりました!

 

先週はおうち保育園®開業講座を春から受講している3期生の卒業でしたが、今日は秋から受講している4期生が前半の4日間を終えました。(日程的に来週受講する人もいます)

この4日間は、思いっきり自分を見つめ、何をしたいのかしっかりとした軸を作る4日間で、「あんなに漠然としていた想いが、ここまで明確になるとは思ってもいなかった」「途中でくじけそうになったけど、自分の想いを聞いてもらったおかげで大きな気づきを得てやりたいことがはっきりした」「自分の想いを明確にして語ることが本当に大切なんだと実感した」という感想をいただきました。

ぶれない事業の軸を作ったら、今度はそれを事業化する。ということで、後半のコースは、明確にしたやりたいことをいかに事業化するか?を学んでいきます。

 4期生4日目

 

あっとほーむのようなところやってみたい!

働く女性支援をしてみたい!

次世代の子どもたちのために自分ができることをやってみたい!

そんな想いを持っている方が、おうち保育園®開業講座を受講しています。あっとほーむのような夜間保育や学童保育を目指す人もいれば、生きづらさを抱える子どもと親の居場所を作る人もいるし、専業主婦の再就職支援の保育活動を目指す人もいます。事業内容は様々ですが、いつか子どもに関わる仕事をやってみたいな、できたらいいなという漠然とした想いを持った人が講座を受け、前半4日間でやりたい事を明確にし、後半5日間で事業プランを作っていきます。今まで専業主婦だった人も、会社員だった人も、保育士だった人も、20代でも50代でも大丈夫。みんな最初はなんとなく思っていたこと、漠然としていたことがちゃんと「これが自分のやりたことです」って自信を持って言えるようになります。

今年ももう残りわずか。来年こそはじめの一歩を踏み出してみてください。私たちは、ちゃんと共感して納得してくれた人に受講してほしい。だからまずは無料説明会へお越しください。お待ちしています

 

 

« »

関連記事

2015年4月26日 起業に向けて

運用実務コース5期

こんにちは、小栗ショウコです。   今日から子育て支援起業講座の運用実務コース5期がスタートしました。4日間の起業準備コースを終え、それぞれが目指す形を見つけたので、それを事業として形にしていきます。今日はあっとほーむの料金と収支計算書を参考に、細かい料金と収支計算をしてみました。たぶん、多くの人がこういう目に見えるわかりやすいビジネススキルから学び始めるので、途中で「あ~、これじゃムリ、もっと儲かることしなくちゃ」となって、だんだんとやりたいことから遠ざかり、気づけば全然やりたいことじゃなくなって、日々お金のことで悩むことになるのです。 でもね、せっかく自分で事業をするんだから、やりたいことをやって毎日楽しく過ごせることをしましょう。この4人はそんな起業に向けてこれからまた学びを深めていきます。大阪、滋賀、茨城、東京で彼らが起業するのはもうすぐです!  

2015年2月15日 自分の未来を語ってみよう

no igame

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。   本日2/15は子育て支援起業講座・第5期生1月開始コースの2日目でした。初日からなごやかな雰囲気だった5期生のみなさん。前回、今の自分たちの想いの根底に何があるのかひも解いていき、事業の軸となるそれぞれの想いを明確にしていきました。今日は、その想いを「伝える」ということからスタートしました。みなさん、人前で話すことはあまり経験がなく苦手だとおっしゃっていましたが、しっかりとした口調で自分が目指す子育て支援について語る姿に頼もしさを感じました。あっとほーむの子育て支援起業講座では、ただ自分の想いを「話す」のではなく、誰に、何を、どう伝えるかを学び、今後何度も繰り返しプレゼンテーションを行い、それを仲間にシェアしてブラッシュアップしていきます。   今回の講座の中で、自分の未来を語っていただきましたが、それぞれの未来が目に見えるくらいはっきりと語ってくれました。その顔は、優しさの溢れる笑顔とちょっとの照れくささと生きる意味を見出した力強さが入り交じっていました。事業を継続していくには、子育て支援を必要とするパパママや子どもたち、そして地域や社会が本当に求めているものは何かを理解してそれを提供していくことが必要です。でも、私たちはそれだけではなく、事業者自身も幸せであることが重要だと思っています。仕事や家事、子育てと忙しい受講生のみなさんですが、毎回前向きに一生懸命取り組む姿にいつもパワーをもらっています。ありがとうございます!今日はゆっくり休んでくださいね。お疲れ様でした!   第5期4月スタートコースの受付をしております。あなたの想いをカタチにするお手伝いをさせてください。先に一歩踏み出した仲間たちとともに、あなたのご参加をお待ちしています!子育て支援起業講座無料説明会&スタートアップセミナーは随時申し込み受付中です。    

2015年3月12日 ACBEEシンポジウム2015に登壇しました

20150311

こんにちは、小栗です。   昨日、3月11日はACBEEシンポジウム2015に登壇してまいりました。セミナーの冒頭、東日本大震災で被害にあわれた方への気持ちを込めて黙とう。私はあの日、横浜での揺れを体験しましたが、それ以上の大きな揺れと迫りくる津波、寒い中過ごした避難生活を強いられた皆様、どんなに大変な想いをされたことでしょうか。本当に心が痛みます。(この件を語り出すと止まらないので今日はここまで)   さて、シンポジウムは楽しみにしていた坂東眞理子さんの基調講演から開始。坂東さんの経験を基に、時には真剣に、時には笑いが起きる緩急あるお話しで1時間あっという間に終わってしまいました。男女共同参画の第一人者として歩んできた坂東さんの生き方をほんのちょっとですが垣間見れた有意義な時間になりました。 その後、私は「女性活躍と行政・企業・地域の連携」という分科会でお話しさせていただきました。モデレーターのアキレス美知子さんは企業等で女性活躍について力を発揮してきた素晴らしい方で、事前打ち合わせでも当日の進行でも、私たち登壇者が気持ち良く話せるようにとてもよく考えて場を盛り上げてくださいました。 坂東眞理子さんも、アキレス美知子さんも、穏やかな笑顔なのにぶれない軸を持って生きてきた素晴らしい女性です。きっとたくさんの壁があり、たくさんの悔しい思いもしてきただろうけど、”自分”をしっかりと持ち、家庭以外でも自分の才能を花開かせるための努力をし続けてきた結果として今があるのだと思います。お二人のお話から共通して感じたことは、ライフステージごとに仕事と家庭・子育てのバランスは変えてもいいから、どちらも手放さずに続けることが大切だということ。会場にいた多くの人が勇気をもらった時間でした。   ※シンポジウム終了後、アキレスさんと。      

2016年9月10日 都筑区・小1の壁セミナー

都筑区小1の壁記録

こんにちは、小栗ショウコです。   今日は都筑区主催の講演会「小学校入学前に知っておきたい大切なこと」でお話をしてきました。 この講演会、昨年に引き続き2年目となります。 まだまだ待機児童対策に力を入れないといけないけれど、対策をしているうちに子どもはどんどん成長します。希望するすべての子どもが保育園に入れるようになった頃には、子どもは小学生で、今度は放課後の居場所をどうしようとか、働き方はどうすればいいのかと考えなくちゃいけません。行政が先頭を切ってこの問題に予算を取って区民のために講演会を開催するのは本当に異例です。都筑区でこの講演会の企画をした人、ほんとにすごいです。 入学前に同じ学校になるパパママたちとの交流もできるし、何よりもちょっと先輩のパパママたちから生の声が聞けるのがミソ。他の自治体でも是非真似して欲しいです。 今日は65名の参加者の皆さんが楽しく真剣に情報交換していました。 残り2回も精一杯ファシリテートさせていただきます。   ーーーーーーーー追記ーーーーーーーーーーーーーーー 3回のセミナーも無事に終わり、合計200名近くの方が参加してくださいました。 都筑区の報告はこちら 区長や市のこども青少年局、幼稚園の園長先生など、見学者も多くいらしてくださり、来年度1年生の子を持つ保護者をみんなでバックアップしていく姿勢が感じられました。本当に素晴らしい取り組みだと思います。 最後に、このセミナーを中心になって運営してくださった都筑区の職員の皆様と記念撮影。(私の隣の笑顔がステキな女性は、「ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド」共著者であり、あっとほーむの働く女性支援事業を支えてくださってる松蔭大学順教授の田中聖華さんです) 皆様、ステキな機会をありがとうございました。                              

2014年3月15日 ソーシャルビジネスフォーラム2014

SBF2014

横浜市経済局主催のソーシャルビジネスフォーラム2014。 ご縁があって2012年に引き続き、今年もフォーラムでお話しさせていただきました。 分科会3:「地域を超え相互に解決力を高め合う起業家たち」のゲストです。 打ち合わせがあり、基調講演は途中までしか聞けなかったけど、コミュニティカフェとして有名なクルミドコーヒーの影山さんとはその後の交流会で名刺交換させていただきました。 一度行ってみたいな~。   私がお話しした分科会3では、株式会社シェアするココロの石井さん、 シュアールグループの大木さんとご一緒させていただき、お二人の事業のことも聞くことができて、とっても興味深かったです。 私はあっとほーむのこと、それを広げるきっかけやどう広げていくのか等をお話しさせていただき、分科会後の交流会では何人かの方と名刺交換がてらお話しさせていただきました。 子育て支援に興味のある人、今まで特に感じていなかったけど私の話を聞いて興味も持ったと おっしゃっていただいた方、大学でお話ししてほしいという方もいて、 私の話でもお役にたてたと思うと嬉しかったです。   こういう機会で、働き続けたい女性の現状や悩みや葛藤、それを解決するために 同じ地域に住む私たちが支援できることを一人でも多くの人に伝えて行きたいです。   今日のゲストに呼んでくださった株式会社イータウンフェローの米田さんに感謝します。 個人的には、米田さんのようにみんなが気分良くなるような気遣いのできる女性になりたいと思っています。 (大雑把な私には遠い道のり・・・)   フォーラムに関わってくださった皆様、参加してくださった皆様、ありがとうございました。                       小栗ショウコ