あっとほーむからの「お知らせ」

セミナー・イベント登壇

2014年12月7日 4期生の前半コース終了!


こんにちは、小栗ショウコです。

 

寒いですね~。冷えますね~。温暖な静岡沿岸部で生まれ育った私は、冬が来るたびにもう耐えられないと叫んでいます。

さて、そんな寒い中ですが、今日のあっとほーむは熱く盛り上がりました!

 

先週はおうち保育園®開業講座を春から受講している3期生の卒業でしたが、今日は秋から受講している4期生が前半の4日間を終えました。(日程的に来週受講する人もいます)

この4日間は、思いっきり自分を見つめ、何をしたいのかしっかりとした軸を作る4日間で、「あんなに漠然としていた想いが、ここまで明確になるとは思ってもいなかった」「途中でくじけそうになったけど、自分の想いを聞いてもらったおかげで大きな気づきを得てやりたいことがはっきりした」「自分の想いを明確にして語ることが本当に大切なんだと実感した」という感想をいただきました。

ぶれない事業の軸を作ったら、今度はそれを事業化する。ということで、後半のコースは、明確にしたやりたいことをいかに事業化するか?を学んでいきます。

 4期生4日目

 

あっとほーむのようなところやってみたい!

働く女性支援をしてみたい!

次世代の子どもたちのために自分ができることをやってみたい!

そんな想いを持っている方が、おうち保育園®開業講座を受講しています。あっとほーむのような夜間保育や学童保育を目指す人もいれば、生きづらさを抱える子どもと親の居場所を作る人もいるし、専業主婦の再就職支援の保育活動を目指す人もいます。事業内容は様々ですが、いつか子どもに関わる仕事をやってみたいな、できたらいいなという漠然とした想いを持った人が講座を受け、前半4日間でやりたい事を明確にし、後半5日間で事業プランを作っていきます。今まで専業主婦だった人も、会社員だった人も、保育士だった人も、20代でも50代でも大丈夫。みんな最初はなんとなく思っていたこと、漠然としていたことがちゃんと「これが自分のやりたことです」って自信を持って言えるようになります。

今年ももう残りわずか。来年こそはじめの一歩を踏み出してみてください。私たちは、ちゃんと共感して納得してくれた人に受講してほしい。だからまずは無料説明会へお越しください。お待ちしています

 

 

« »

関連記事

2016年9月10日 都筑区・小1の壁セミナー

都筑区小1の壁記録

こんにちは、小栗ショウコです。   今日は都筑区主催の講演会「小学校入学前に知っておきたい大切なこと」でお話をしてきました。 この講演会、昨年に引き続き2年目となります。 まだまだ待機児童対策に力を入れないといけないけれど、対策をしているうちに子どもはどんどん成長します。希望するすべての子どもが保育園に入れるようになった頃には、子どもは小学生で、今度は放課後の居場所をどうしようとか、働き方はどうすればいいのかと考えなくちゃいけません。行政が先頭を切ってこの問題に予算を取って区民のために講演会を開催するのは本当に異例です。都筑区でこの講演会の企画をした人、ほんとにすごいです。 入学前に同じ学校になるパパママたちとの交流もできるし、何よりもちょっと先輩のパパママたちから生の声が聞けるのがミソ。他の自治体でも是非真似して欲しいです。 今日は65名の参加者の皆さんが楽しく真剣に情報交換していました。 残り2回も精一杯ファシリテートさせていただきます。   ーーーーーーーー追記ーーーーーーーーーーーーーーー 3回のセミナーも無事に終わり、合計200名近くの方が参加してくださいました。 都筑区の報告はこちら 区長や市のこども青少年局、幼稚園の園長先生など、見学者も多くいらしてくださり、来年度1年生の子を持つ保護者をみんなでバックアップしていく姿勢が感じられました。本当に素晴らしい取り組みだと思います。 最後に、このセミナーを中心になって運営してくださった都筑区の職員の皆様と記念撮影。(私の隣の笑顔がステキな女性は、「ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド」共著者であり、あっとほーむの働く女性支援事業を支えてくださってる松蔭大学順教授の田中聖華さんです) 皆様、ステキな機会をありがとうございました。                              

2017年6月6日 居場所を作ってね

思春期セミナー2017

6月5日、つづきMYプラザで毎年恒例の思春期セミナーを開催しました。 ※写真は講師と共催のみなさん。   難しくなってきた子育てのヒントを見つけにいきませんか?という副題で、都筑区内の小学校高学年から中学生に個別配布されるチラシの効果で毎年定員オーバーになるセミナーです。小学生から中学生の子の親だけでなく、実は20代30代の子を持つ親も、悩みを持って参加されます。   そういうみなさんに私たちが訴えているのは、居場所を作ってねってこと。 居場所ってね、誰かとつながっているという感覚を持てることです。自分を信じてくれる親がいること、先生がいること、友達がいること、親戚のおじちゃんおばちゃんがいること、近所のお兄さんお姉さんがいること。どれかがあれば人は自分を信じていける。自分は愛されている存在だと認識できるのです。 そうすると、大変なことがあっても「この環境は親が悪い」「社会が悪い」「だからみんな殺しちゃおう!」とう発想にはなりません。それは2年前、1年前、今年と、セミナーで講師をしてくれたそれぞれの専門家が集めてくれたデータでわかっていることです。     あっとほーむには、利用中のママや卒業したママたちが「どうしたらいい?」と相談してくれることもあるし、その子どもたちが人生の節目で悩みを打ち明けてくれることもあります。私がいつも相談される側の万能な人間というわけではないし、誰とでも合うわけでもないし、どんな相談でもど~んと来い!ということはありません。私一人で出来ることは限られるけど、私と同じように子育て中のママや子どもの相談に乗りたい、なんとか力になりたいと言う人は世の中にたくさんいます。今回共催した3団体の皆さんをはじめ、あっとほーむのようなところ自分でも作りたい!と学びに来る人も、みんなみんな、何とか力になりたいと行動している人たちです。   だけど子どもたちは、まだまだ家庭以外の居場所を自分で作れません。親以外の信頼できる人を自分で見つけることはまだ出来ないのです。だからどうぞ子どもが小さいうちに、子どもの居場所をたくさん見つけてあげてください。それがきっと、思春期になり、大人になってからの居場所につながるから。     まずはパパママが信頼できる人を探しましょう。学校や塾や保育園や学童保育、習い事やキャンプなど、ママ友でもいい。今まで生きてきた中で信頼できる人がきっといたはずです。この人はパパママが信頼している人なんだということは、子どもにも伝わります。そうすると子どもはその人を信頼できるし、困ったときには助けてっていえる居場所になります。そうやってたくさんの居場所を作ってあげることが、子どもの自立につながるんですよ。   強く幸せに生きる大人になるために、今から子どもの居場所をたくさん探してあげてください。  

2015年5月10日 6期がスタートしました!

6期7月1日目

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。本日の午前中は無料説明会&スタートアップセミナー、午後は子育て支援起業講座第6期・起業準備コースの第1日目がありました。外は青い空で汗ばむくらいの太陽が出ていましたが、あっとほーむの窓からは爽やかな涼しい風が入ってきてとっても過ごしやすく、講座にも集中できるいい一日だったのではないかと思います。第6期生となる3名の女性が午後の講座を受講されましたが、中にはまだ小さいお子さんがいる働くママや長年子育て支援をしてこられたベテラン保育士さんもいらっしゃいます。また、大企業を辞め、保育士としてスタートされた方がいたりと経験も歩んできた道もそれぞれです。最初は緊張した面持ちでしたが、お互いのことや想いを言葉にして伝えるワークを通して、お互いを少しずつ理解し、尊敬し、みなさんにこにこした笑顔で第1日を締めくくっていました。最後には、自分に何が足りないのか気付いた、すっきりした、自分の奥底にあった新しい気持ちを見つけられたという嬉しい感想もいただきました。6期生は6月開始、8月開始の日程もあるので、最終的には6~8名ほどになる予定ですが、定員に達しましたら締め切りますのでご検討している方はお早めにお申し込みください。 本日の説明会でも小栗さんから参加者の方にお伝えしましたが、起業準備コースは、これから起業するかどうかを考えるという方や、なんとなくイメージはあるけれど起業経験もないし、イチから始めるなんて不安という方にこそ受講をおすすめします。あっとほーむ代表の小栗さんも、最初はマンションの六畳一間から少しずつ子育て支援を始めました。自分ができるところから手探りで始めていっていいんです。不安だってあって当然なんです。この起業講座は、あっとほーむが培ってきたノウハウやスキルをお伝えし、そんな不安をできるだけ取り除いて、受講生ひとりひとりの才能を伸ばしていきます。受講生の想いを明確にするお手伝いをして、あなたならできるよと、トンっと背中を押してくれるような場所なんです。だから、安心して受講してくださいね。  

2016年3月29日 地域で伸ばす子どものチカラ

大石さん講演

こんにちは、小栗ショウコです。   3月27日(日)は、あっとほーむとおうち保育園Ⓡ協会主催の基調講演「地域で伸ばす子どものチカラ」を開催しました。 ゲスト講師は大石稜子さん。私にコーチングゲームを教えてくださった方ですが、実は一目会ったそのときから大石さんの優しさに惹かれていました。そんな大石さんから得られることを私だけではなく、もっと多くの人に伝えたいと思いお招きしました。   すぐに参加者の心をつかむ優しいまなざしにお声がけ、魅力的な講演内容にみんなが笑顔に! 多くの学びを得たと参加者からも嬉しい感想をたくさんいただきました。 コーチングや講演のテクニックではなく、大石さんご自身のお人柄でみんなを笑顔にして学びを深める姿に、こうありたいと思いました。   さて、この会は「キレイなお姉さん」こと阿部さんの司会で進行。   基調講演の後はあっとほーむの子育て支援起業講座7期生の卒業プレゼンです!働くママのの心のケアを目指す山本さん。   夜の世界で働くシングルマザーの子どもたちに、正しい生活リズムや規律、チャンスを与える活動を目指す飯窪さん。   そして、子育て支援起業講座を卒業し、開業したお二人のトークサロン。 みんな最初は「できるかわからない」「私には無理かもしれない」と考えていました。でも、同時に「やってみたい」という想いを抱いて受講をしてくれました。すると講座が進むにつれ、だんだんと「私にもできるかも!」と思うようになります。それは、講座の中で受講生自身がもっている可能性を引き出すからです。あっとほーむのようなお迎え付き夜間保育を目指してきても、その人自身の可能性を引き出していくと、もっと違う形で地域の親子を支援するほうが良い場合もあります。私たちの講座では、受講生の可能性が最大限に発揮できる事業の形を共に考えていくものなのです。 だから講座を卒業した仲間でも、みんなが同じ事業をしているわけではないんですね。そんな風に自分の可能性を活かして事業を開始した仲間が、みなさんの地域にもいます。まだまだ全国の働く女性、親子を支えるには少ないです。私もやってみたい!という方は是非あなたが立ち上げてください。私たちがお手伝いします。    

2013年8月9日 再掲載:働き続けたい女性の為のサロン開催します

event002

川崎市男女共同参画センター「すくらむ21」で、 「キャリアも結婚も子育ても諦めない人生をみつけよう!」を開催します。  連続講座ですが、単回のご参加も可能です。 あっとほーむ代表理事の小栗ショウコ他、OK cafeの、キャリア・子育て支援・組織論のプロがサポートします ○ 小1の壁を乗り越える ○ 私らしく生きる~起業で夢の実現!~ ○ 私らしく生きる~組織で働きつづけるコツ~ ○ 働いているから保育園? ○ 私らしく、キャリアデザイン「はじめの一歩」 ○ 私らしく、キャリアデザイン「わたしの未来予想図」 ○ 働きたい、働き続けるために必要なことは?「ワタシらしく」 ○ 働きたい、働き続けるために必要なことは?「キャリアプランと子育て支援現状」 (いずれも第2土曜、10:30~12:00)   詳細、お申込みはこちらから皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!