あっとほーむからの「お知らせ」

メディア掲載

2015年3月9日 小1の壁へのアドバイス


日経DUAL「小1の壁」アンケートに代表・小栗ショウコがアドバイザーとして登場!

 

どんなに仕事が忙しくても、バタバタしてぶちっとキレそうでも、パパママが子どものことを一番大切に考えてくれていること、子どもたちはよくわかっていますよ。夏が終わるころには、ちょっとさみしく思うくらい子どもたちは成長してしまいます。だから今は思いっきりわがままを言ってもらいましょう。

 

日経DUAL

« »

関連記事

2011年3月1日 TVK テレビ神奈川(2011/3 放送)

tvkanagawa201103

あっとほーむとおうち保育園®が紹介されました。

2013年7月1日 日経アソシエ7月号に掲載されました

日経アソシエ記事

「3年後、価値があがるスキル」特集で、代表小栗ショウコが紹介されました。

2005年1月1日 内閣府チャレンジサイト

logo_new

女性の起業家としての取材です。がんばっている女性がいっぱい出ています。 2005

2014年12月3日 静岡新聞社の取材

静岡新聞社

こんにちは、小栗ショウコです。   寒いけどよく晴れた昨日、静岡に行ってまいりました。と言っても、実家への帰省ではなく、静岡市内での講演を依頼されたことと、それに合わせて静岡新聞社の取材を受けてきました。ついでに実家に帰ろうかとも思いましたが、私の実家は静岡市内から高速バスに乗って1時間ちょっと。そこまでの時間はないので今回は講演会と取材だけで帰ってきました。   まずは静岡新聞社の取材。 こちらは最近よく取材のテーマになる「小1の壁」についてです。子育て中のママたちがチームとなり、記事を書いているとうことで、具体的なこともたくさん聞かれました。あっとほーむから遠ければ遠いほど、実際に手を出してサポートできることはないのですが、あっとほーむを利用してきたママたちの事例や、私からみてこういう家庭環境だと子どもがとても落ち着いているとか、こういう風にするとうまく両立できているということは伝えられます。働くパパママたちの一番の不安は、子どものこと。子どもが安心安全な環境で幸せに過ごしてほしいんです。そのために私が見てきたこと、感じたことは全部お伝えしていこうと思います。関東だからとか地方だからとか関係なく、働くパパママの子どもに対する想いは同じ。熱心に聞いてくださった静岡新聞社のみなさんが、どんな記事を書いてくださるのか楽しみです。 静岡新聞社会議室から見えた富士山、キレイでした♪   講演会の様子はまた別途ご報告いたします。  

2014年7月1日 パパとママがロールモデルです

DUAL 看板

日経DUALの連載7回目がアップされました! 今回は「専業主婦志向は本当?そのからくりとロールモデル」です。     先日、あっとほーむのパーティーで4年生のSちゃんが「私は、仕事も家のこともいっしょうけんめいやっているお母さんのような大人になりたいです」と作文を発表してくれました。今、働いている20~30代の人たちにとっては、ちょっと先輩の自分の周りの働く人がロールモデルになりますが、小学生にとっては自分のパパママが人生におけるロールモデルになります。どんな仕事をしているのかしっかりと把握はできないけど、毎日楽しく過ごしているパパママを見て、「こういう大人になりたいな」と思うのは自然なことです。 だからって、ちゃんとした姿を見せようと頑張らなくてもいいんです。 良いところも悪いところも含めて、子どもはみんなパパとママの事が大好きで、尊敬していて、あんな大人になりたいって思ってくれていますよ。