あっとほーむからの「お知らせ」

メディア掲載

2015年8月5日 神奈川新聞・連載


こんにちは、小栗ショウコです。

 

7月29日、30日、31日の3日間、神奈川新聞にあっとほーむのことが掲載されました。

(上)(中)(下)に分けて書いてくださった記者さんは、浜銀総研の講演会にも来てくださり、横浜市やあっとほーむの利用者にも取材して丁寧な記事に仕上げてくださっています。

image-0001

image-0002

 

image-0003

 

 

 

« »

関連記事

2014年2月21日 男女共同参画の団体からの取材

20140219

2月18日、とある団体からの取材がありました。 全国の男女共同参画に関わる施設に配布する月刊誌に あっとほーむの活動や書籍への想いを載せたいとのお申し出です。 こちらの団体は長年男女共同参画の活動をしてきた由緒ある団体で、 私が前々から「一緒に何かしたいね」と話し合ってきた方も 深く関わっているところだったのです。 取材に来てくださった方は、ネットで本を見つけてくださり、 是非自分たちの月刊誌で紹介したいと連絡をくださったのです。 昨日は私のつたない話にも最初からとても共感してくださり、 最後までわきあいあい楽しい取材となりました。印象に残った質問は、「あっとほーむの宣伝のような本にしてもよかったのに、 どうしてこのような内容にしたんですか?」というもの。その答えにも大きくうなづいてくださり、とっても嬉しくなりました。 今後はこちらの団体と連携して何か新しいことができそうな予感も(^^) この雑誌が出るのは5月頃。 また近くになったら題名や団体名などお知らせしますので お読みいただけると嬉しいです。 小栗ショウコ ご意見はこちらから

2014年4月22日 「FRaU」の取材を受けました

FRaU

20代~30代の女性向け雑誌「FRaU」さんの取材を受けました。読者は仕事も結婚もしていて、いつか子どもも・・・と思っている人が多いみたいで、出産後の働き方について子育て支援者からアドバイスがほしいという内容でした。                   「だれも教えてくれなかったほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド」を読んでくださっていて、子育て支援の現場から見えることや、あっとほーむを利用するママたちのことなどを聞きたかったようで、私が言えることは全部お伝えできました。   私は、働く女性たちがこれからも仕事を続けたい!と思うことと、結婚出産して幸せな家庭を築きたいと思うことは、両方あってよいと思います。女性は複数のことを同時にできる才能があるんです。だから、仕事もちゃんとしたい、子どもにだって愛情いっぱいかけて 大切に育てたいと思ったら、それは現実にできちゃうんですよね。   でも、大変だよ~とか、今の自由な生活を手放さないといけないんだよ~とか、 子どもが小さいうちは母親が育てた方がいいんだよ~とか言う人がいるので、 私にできるだろうか、子どもにとってはよくないんじゃないかと不安になって、 結婚も子育てもまだの人にとっては、なんとなく話題に触れないようにしてみたり、 諦めかけちゃったり、そういう生活はしたくない!と頑固になってしまいがち。   ほんとはね、仕事と子育てを両立している人たちはみんな楽しいんです。 すっごい楽しんでる。   だから今、仕事と子育てを両立してる方には、不安も不満もいっぱいあるだろうし、 時々くじけそうにもなるだろうけど、ほんとは楽しいんだよってことを次の世代に伝えてほしい。 仕事で頑張って認められる喜びと、子どものかわいい笑顔を見て幸せに包まれる感覚、 その両方をできている自分を褒めてあげたい気持ちも伝えてほしい。 そして、 これから仕事も結婚も子育てもしたいな~って思っている方には、 やりがいのある仕事を続けること、 かわいい子どもに恵まれて幸せな家庭生活を送ること、まず、この二つを手に入れるぞ!って決めてほしい。 そうすると、おのずと手段は見えてきます。仕事も子育ても両方楽しむための支援をしてくれる人は、 きっとあなたの周りにもいますよ。 小栗ショウコ

2014年12月11日 タウンニュースに掲載されました

タウンニュース

こんにちは、小栗ショウコです。   タウンニュース、都筑区版「人物風土記」に掲載されました。 タウンニュースさん、以前も神奈川県子ども子育て支援奨励賞を受賞してすぐに連絡してきたけど、どこから情報入手するんだろう?とびっくりしてしまいます。今回も浜銀総研のビジネスウーマンアワードで大賞をとったということで取材依頼がありましたが、その速さがすごかった!私が実感する前に連絡→取材→掲載→配布です。2時間の取材であっという間にこの文章にまとめる能力、素晴らしいです。 タウンニュースネット版はこちら  

2007年8月1日 横浜市コミュニティビジネス推進協議会~コミュニティビジネス起業・運営読本~

img7220f9cdzik2zj

「コミュニティビジネスのすすめ」の中で紹介されました。2007

2015年1月8日 シルバー新報に掲載されました

シルバー新報

こんにちは、小栗ショウコです。   シルバー新報という介護系の皆さんが読む新聞に掲載されました。 なんで介護向けに?と私も思いましたが、保育と介護って似ているし、両方活動している団体や企業も多いんですよね。そして、あっとほーむも今後は高齢者も対象にした活動をしていきたいので、取材時にいろいろお話を伺うことができ勉強になりました。 行政の支援はどうしても縦割りになってしまうけど、本来は継続して子どもや大人と関われる場が必要です。私は小さな子どもだけでなく、その子が小学生、中高生、社会人になってもずっと関わっていけたらいいな~と思っています。「小さい時みてくれた人」ではなく、無邪気な子ども時代も、思春期も、社会人になっても、「ずっと近くにいる人」でありたいと思っています。