あっとほーむからの「お知らせ」

お知らせ

2015年8月21日 チェンジメーカーズキャンプ初日!


 こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。

昨日は代表小栗さんがメンターを務めるYokohama Changemaker’s CAMP の第1日目で、この貴重な機会を掴み取った起業家さんたちが初顔合わせとなりました。

 

会場に向かう途中、久しぶりに近くを通った横浜のシンボルのひとつランドマークタワー。暦の上では立秋ですが、まだまだ暑く、ビルの照り返しで朝でも汗が滴り落ちました。

 

11923385_904492329637367_1115780945_n

 

 

午前中はソーシャルビジネスに特化したマネジメントを学ぶ起業家さんたち。NPOマネジメントラボ・山元さんの講義に真剣に耳を傾ける8名とともに私も同席させていただきました。初めての顔合わせで緊張感はありましたが、早くもお互いの事業の課題や今後取り組みたいことをシェアし情報交換していました。

 

11898905_903981429677890_591042997821149790_n

 

 

  後半のフィールドワークではあっとほーむまで来ていただき視察。そしてなんとなんと、小栗さんから直にあっとほーむが17年間培ってきた運営ノウハウや事業のミソを聴くことができた4名。

ん〜とっても贅沢です。だって喉から手が出るほどこの機会を欲している方がたくさんいるからです。

 

 

11913571_712488272190853_1544601380_n

 

 

このChangemaker’s CAMPをきっかけとし、さらなる事業拡大を考える4名にとって、小栗さんのお話のはしばしにあった重要なヒントを理解し行動していくことが今後の彼らのすばらしい財産につながると思います。

 

本気が試される今、新たに一歩踏み出した彼らから私もたくさんのことを学び、吸収していきたいです。 次回は合宿形式で内容の濃〜い2日間になりそうです。

 

次回の報告をお楽しみに!

 

« »

関連記事

2014年5月31日 桐蔭大学で活動紹介してきました

no igame

こんにちは、小栗ショウコです。   昨日は桐蔭大学の学生に活動紹介をしに行きました。 大学での活動紹介は、慶応大学(SFC)と横浜国立大学に続き3校目。 あっとほーむの近くなので、車でさっと行って帰って来れるのがよかったです。   ちゃんと目を見て話を聞く子もいたし、うなづいて話を聞いている子もいて、数十年前の自分はこんな風に話を聞けただろうかとちょっとタイムスリップしてしまいました。 私の大学時代は(保育科の短大です)、学費は奨学金で、生活費は学生社員として大手企業の寮に入ることで賄っていました。それでも入学時や学期が変わるたびに教科書を買うお金は親から送ってもらっていて、わがまま言って進学させてもらった思いがありながら授業をちゃんと受けていたかは自信を持って言うことはできません。こんな風に真面目に聞いていたかな?とふと不安になりました。あの頃、周りにいる大人たちが素晴らしい人で、毎日真面目に働いていたことにも今ほど理解していなかった気がします。その時私を褒めたり叱ったりしてくれた社会人の皆さんがいてくれたから、そこから少しずつ成長して今の私があるんだなとつくづく感じます!   そんな学生時代を送った今の私にできることは、あっとほーむの事業を通じて、彼らがこれから社会人になりやりがいのある仕事を持ち、結婚し子どもに恵まれたとき、どうやって仕事と子育てを両立して自分らしく生きていけばいいのかを少しだけ見せてあげること。あっとほーむのママたちや子どもたちと触れ合うことで、自分の将来に重ね合わせたり、あんな大人になりたいなって人を紹介してあげることです。褒めたり叱ったりしながらね。 これから社会人になるまであと少し。 今やれることは思いっきりやってほしいなと思いました。      

2016年3月23日 内閣府特命担当大臣表彰受賞しました

内閣府表彰2

こんにちは、小栗ショウコです。   あっとほーむは平成27年度子どもと家族・若者応援団表彰において、内閣府特命担当大臣賞を受賞しました。 賞状には、こんなことが書いてあります。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 表彰状 特定非営利活動法人あっとほーむ殿 あなたは子育てと子育てを担う家族を支援する活動に尽力され その功績は特に顕著であります よってここに表彰します 平成28年3月23日 国務大臣・内閣府特命担当大臣 加藤勝信 ーーーーーーーーーーーーーーーー 神奈川県の推薦を受け、あっとほーむが子育て支援をしてきたこと、あっとほーむのような場所を他地域展開することなどを評価していただきました。神奈川県からの表彰、横浜市からの表彰、浜銀総研からの表彰に続き、内閣府から表彰していただき大変感謝いたします。これからも、この表彰に値する活動を続けていきたいと思います。 表彰式の後、大臣と受賞者全員との記念撮影もありましたが、子どもたちと記念撮影するほうがあっとほーむらしい♪みんなの「すご~い」「おめでと~」の言葉が一番うれしかったです。   そして、最後に子どもたちから表彰してもらいました。みんな、ありがとう♪

2013年11月2日 掲載:11月1日金曜日、都筑区の区長さんがあっとほーむに来てくれました。

air_20131101

小学生の放課後の様子を見るということで訪問してくださり、 あっとほーむのこともよく理解してくださっていて、学童保育だけじゃない 働く女性のサポートにとても前向きな発言もいただきました。 そして、地域のコミュニティカフェのお手伝いをしていた2年前に、 偶然区長さんと名刺交換をしたことがあるのですが、 それも覚えていてくださっていてびっくりしました。   今後、区と連携して何かできるといいな~。 そんなことをお話できた時間でした。  小栗ショウコ ご意見はこちらから      

2017年1月20日 受付開始!2017年3月20日(祝)オープンキャンパスのご案内

オープンキャンパス

あっとほーむカレッジ(子育て支援起業講座)のオープンキャンパスのご案内です。   あっとほーむで開催してきた子育て支援起業講座を、昨年秋から「あっとほーむカレッジ」としてリニューアルしました! 本科では子どもに関わることで起業したい方向けの基礎クラスと応用クラスがありますが、オープンキャンパスでは、起業する/しないに関わらず、あっとほーむに関心のある方、自分らしい働き方をしたい方を対象に、どなたでも参加できるセミナーを開催いたします。   この機会にぜひ、あっとほーむにお越しください。   2017年3月20日(祝)オープンキャンパスのご案内   ★午前の部 10:00-12:00 「事業がうまくいく人、いかない人 〜成功者の共通点教えます〜」 担当 :事務局 阿部依里子 これまで小栗さんのそばで学ぶとともに、あっとほーむの保育スタッフとして、また事務局スタッフとして多くの方と出会い、様々なことを学ばせていただきました。以前の私は、自分に自信がない、何か始めたいけれどどんなふうに行動していけばいいの?と迷っていました。しかし、成功者の方々の言葉や姿を見て学んだことで、今は自分の居場所や人生の目標を見つけ、行動できるようになりました。このセミナーでは、私が出会った成功者の事例をお伝えしながら、参加頂く方々それぞれが思い描く”成功”のカタチを見つけ、自分のNext Stepを踏み出す時間です。 定員10名 参加費 5,000円     ★お昼の部 12:30-13:30 あっとほーむの見学とあっとほーむカレッジの説明 まだあっとほーむに入ったことのない方、あっとほーむカレッジの説明を受けていない方が対象です。 担当:事務局長 小栗宏之 定員10名 参加費:1,000円   ★午後の部14:00-16:00 「女性のためのソーシャルビジネスセミナー 〜 自分の夢を叶える秘訣 〜」 講師:ことば塾代表 佐藤浩子さん このたび、講師をしてくださる佐藤浩子さんは、あっとほーむカレッジ(子育て支援起業講座)の6期生として卒業後、現在は名古屋市で《ことば塾》を開業、運営しています。実は彼女は、あっとほーむカレッジを受講するまでは、普通の主婦として過ごしてきました。このセミナーでは、そんな彼女が起業家として花開くまでの道のりをお話頂きます。そこには地域や社会のために自分に何ができるかと悩み、葛藤してきた姿とともに、自分のやりたいことを実現した彼女だからこその成功の秘訣がたくさん隠されています。何歳になっても自分のやりたいことに挑戦する女性は綺麗です。浩子さんの輝く秘訣、ぜひ一緒に聞いてみませんか。   定員10名 参加費 5,000円       午前の部、お昼の部、午後の部それぞれお申し込みを受け付けます。     お申し込みは、あっとほーむお問い合わせページよりお願いします。「セミナー・両立サロンのお申し込み」の□にチェックを入れ、お申し込みください。 携帯からの送信はセキュリティが高いため返信メールの受信ができないことがあります。「.com」及び「@npoathome.com」を受信許可設定にしてください。(それでも受信されない携帯アドレスもあるようですので、携帯アドレス以外からの送信をお勧めします)   みなさまのご参加心よりお待ちしております。        

2014年5月8日 まんがサイエンスを購入しました

20140508まんがサイエンス

かいけつゾロリの隣に、理系ママお勧めの マンガサイエンスを置いてみました。 取材のお礼やご寄付で頂いた図書カードを使わせていただきました。 皆様、いつもご支援ありがとうございます。 小栗