あっとほーむからの「お知らせ」

セミナー・イベント登壇

2015年9月16日 NPO次世代リーダー研修


こんにちは。あっとほーむの三宅香生です。

 

すっかり秋のですね!今日も涼しい風が気持ちよくて、過ごしやすい1日でした。

今日私は、かなかがわコミュニティカレッジさんが主催する、NPO次世代リーダー研修講座で小栗さんが講師として登壇するため、同行しました。

この講座は、社会に貢献したいと考える次世代のNPOリーダーを対象にしたものです。必要な様々なスキルを学び、社会的事業を計画、そして実行する力を学ぶことができます。


この研修を運営している、ソーシャルコーディネートかながわの藤枝様のご厚意で、わたしも参加者の席に座らせていただきました。本当に感謝です。


小栗さんは、1つの事例としてあっとほーむの活動内容を深く掘り下げながら、受講者の今後に役立つ沢山のヒント、アドバイスをお話ししていました。

いつも近くで小栗さんから直々に、考え方や行動力など沢山のことを学ばせて頂いている私ですが、こうして研修の場で講師としての小栗さんのお話しを聞くことでまた新たな学びがありました。


受講生の方々も、気付きが深くなるにつれて、うんうんと頷く回数がどんどん増え、自分の事業計画を違う角度から見直し、より良いものへと進化させていくきっかけになったように見えました。


この環境に感謝し、学んだことを活かし、あっとほーむに少しでも貢献できるよう日々精進しようと改めて考えた1日でした。

 

コミュニティカレッジ

« »

関連記事

2015年3月2日 春は新しいことをやってみたくなる時期

20150302

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。 昨日は雨が激しく降る中、風も冷たく、傘を持つ手がかじかんでしまう、真冬に戻ったような1日でしたね。 私はこの天候で風邪をこじらせてしまいました。年度末で忙しいと思いますが、みなさんも体調に気をつけてくださいね!   さて、本日午前中は、子育て支援起業講座の無料説明会&スタートアップセミナーでした。毎回、説明会に同席し感じることですが、ご参加くださるみなさんの問題意識が非常に高いということです。自分や同じ職場の女性が直面した子育てと仕事の両立の大変さ、周りへの引目、不安感や孤独感、働く女性が何を必要としているかを真剣に考えていらっしゃいました。何より驚いたことが、そこから一歩先に進んで、社会がどうあるべきかまで考えていらっしゃったことです。今日ご参加頂いたのは5名の女性です。こんなに頼もしい女性が世の中にはたくさんいるんですね! また、いつも遠方からの参加者もいらっしゃいますが、今日はご自宅があっとほーむに比較的近い方が多かったです。私のように、自宅から通える範囲で、時間の調整が可能な方は、あっとほーむで社会人長期インターンとして働きながら、将来の起業に向けて学ぶことをお勧めします!必要なのは、資格でも保育の経験でもありません。学びたいという姿勢と実行する能力が大切なんです。それらがあれば、どんどん学ぶ機会を頂けるし、その機会を活かしていけば、自分の成長を実感していけます。   午後は、子育て支援起業講座・第5期生の講座でした。今日はまずコーチングゲームを使い、各自の人生理念をさらに明確にしていきました。私たちは事業者自身が幸せである事業をしてもらいたいと考えています。そのために何が必要なのか、人生を振り返って自分の想いを深掘りしていくこの作業が、自然と事業継続に必要な『事業理念の確立』につながるのです。3名の受講生それぞれに事業立ち上げに向けて不安なこともあります。でも、不安なことも、楽しいと思えることも話ができる仲間がいるから諦めずに前に進めるんです。共感して、応援してもらえる仲間がいる。ありのままの自分を受け入れてくれる場所がある。あっとほーむの子育て支援起業講座が他の起業講座と違うところはここだと思います。 春は新しいことをやってみたくなる時期。 それは大きな不安や決断を伴うものだけど、あっとほーむではあなたの不安も含めて一緒にこれからの人生を考えていきます。 熱い想いはあるけれど経験がなく不安だという方、まだ何をしたらいいか明確でない方こそ、私たちはお待ちしています! 3月の無料説明会は満席状態ですが、一般の方もご参加可能なセミナー、4期生の卒業プレゼンもありますので、ご興味ある方はお申し込みください。  

2015年5月10日 6期がスタートしました!

6期7月1日目

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。本日の午前中は無料説明会&スタートアップセミナー、午後は子育て支援起業講座第6期・起業準備コースの第1日目がありました。外は青い空で汗ばむくらいの太陽が出ていましたが、あっとほーむの窓からは爽やかな涼しい風が入ってきてとっても過ごしやすく、講座にも集中できるいい一日だったのではないかと思います。第6期生となる3名の女性が午後の講座を受講されましたが、中にはまだ小さいお子さんがいる働くママや長年子育て支援をしてこられたベテラン保育士さんもいらっしゃいます。また、大企業を辞め、保育士としてスタートされた方がいたりと経験も歩んできた道もそれぞれです。最初は緊張した面持ちでしたが、お互いのことや想いを言葉にして伝えるワークを通して、お互いを少しずつ理解し、尊敬し、みなさんにこにこした笑顔で第1日を締めくくっていました。最後には、自分に何が足りないのか気付いた、すっきりした、自分の奥底にあった新しい気持ちを見つけられたという嬉しい感想もいただきました。6期生は6月開始、8月開始の日程もあるので、最終的には6~8名ほどになる予定ですが、定員に達しましたら締め切りますのでご検討している方はお早めにお申し込みください。 本日の説明会でも小栗さんから参加者の方にお伝えしましたが、起業準備コースは、これから起業するかどうかを考えるという方や、なんとなくイメージはあるけれど起業経験もないし、イチから始めるなんて不安という方にこそ受講をおすすめします。あっとほーむ代表の小栗さんも、最初はマンションの六畳一間から少しずつ子育て支援を始めました。自分ができるところから手探りで始めていっていいんです。不安だってあって当然なんです。この起業講座は、あっとほーむが培ってきたノウハウやスキルをお伝えし、そんな不安をできるだけ取り除いて、受講生ひとりひとりの才能を伸ばしていきます。受講生の想いを明確にするお手伝いをして、あなたならできるよと、トンっと背中を押してくれるような場所なんです。だから、安心して受講してくださいね。  

2015年2月15日 自分の未来を語ってみよう

no igame

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。   本日2/15は子育て支援起業講座・第5期生1月開始コースの2日目でした。初日からなごやかな雰囲気だった5期生のみなさん。前回、今の自分たちの想いの根底に何があるのかひも解いていき、事業の軸となるそれぞれの想いを明確にしていきました。今日は、その想いを「伝える」ということからスタートしました。みなさん、人前で話すことはあまり経験がなく苦手だとおっしゃっていましたが、しっかりとした口調で自分が目指す子育て支援について語る姿に頼もしさを感じました。あっとほーむの子育て支援起業講座では、ただ自分の想いを「話す」のではなく、誰に、何を、どう伝えるかを学び、今後何度も繰り返しプレゼンテーションを行い、それを仲間にシェアしてブラッシュアップしていきます。   今回の講座の中で、自分の未来を語っていただきましたが、それぞれの未来が目に見えるくらいはっきりと語ってくれました。その顔は、優しさの溢れる笑顔とちょっとの照れくささと生きる意味を見出した力強さが入り交じっていました。事業を継続していくには、子育て支援を必要とするパパママや子どもたち、そして地域や社会が本当に求めているものは何かを理解してそれを提供していくことが必要です。でも、私たちはそれだけではなく、事業者自身も幸せであることが重要だと思っています。仕事や家事、子育てと忙しい受講生のみなさんですが、毎回前向きに一生懸命取り組む姿にいつもパワーをもらっています。ありがとうございます!今日はゆっくり休んでくださいね。お疲れ様でした!   第5期4月スタートコースの受付をしております。あなたの想いをカタチにするお手伝いをさせてください。先に一歩踏み出した仲間たちとともに、あなたのご参加をお待ちしています!子育て支援起業講座無料説明会&スタートアップセミナーは随時申し込み受付中です。    

2014年10月18日 仕事と子育て、パパと一緒に楽しもう!

20181018

こんにちは、小栗ショウコです。   本日は、ほんとうは楽しい仕事&子育て両立サロン「パパと一緒にたのしもう!」を開催しました。なんと、6~7年前にあっとほーむにボランティアに来てくれていたSさんもお子さん連れで参加してくれて、久しぶりの時間を楽しむことができました。   Sさんは、会社帰りの夜に週1回ペースで来てくれていて、時には有給使ってお出かけ保育やお泊り保育もお手伝いしてくれていた方です。まだ独身だったころにあっとほーむのボランティアで子どもたちと過ごしたことで、今二人の子育てに役立っていることがたくさんあると言ってくれて、嬉しい限りです。Sさんが、私と子どもたちとの何気ないやり取りや、お迎えに来たパパママと子どもの会話、働くママと子どもたちの生の姿を見ることで自分の子育ての役に立ってると言ってくれたように、結婚や出産前に、多くの子どもたち、しかも乳幼児だけでなく小学生と触れ合う経験ができると、自分の子育てに大きな自信を与えてくれると思います。 会社にお勤めの方も、いつか自分に合う仕事を見つけたい方も、子ども関係のお仕事をしたい方も、是非あっとほーむにボランティアやスタッフとして携わり、ご自身の仕事と子育てに役立つものを吸収してくださいね。スタッフ、ボランティア募集しています。   来月の両立サロンテーマは「小1の壁を乗り越えよう!」です。来年度1年生になるお子さんがいる方、年少さん年中さんのお子さんがいる方は是非今のうちに準備しておくべきこと、事前に知っておいた方が良いことを聞きに来てくださいね。        

2016年3月11日 横浜市磯子区職員向けセミナー

磯子区講演

こんにちは、小栗ショウコです。   先月初めて降りた磯子駅で河津桜が満開で、今日はどうかな~とちょっと期待していた2回目の磯子駅。河津桜はもう葉桜で、八重桜はまだつぼみ。ちょっと残念だけど桜の季節は気持ちいいんだろうな~と思いながら磯子区役所へ。今日は依頼を受けていた磯子区役所の職員向けワークライフバランスセミナーでお話しさせていただきました。 すでに職場内で様々な取り組みをされてきていて、今回は初めての外部講師という大役をいただきました。 行政職員さんって、あっとほーむにも利用者がいるし、区の職員さんに、横浜市や神奈川県の職員さんともお付き合いがあり、総じて言えるのはみなさん本当に事務能力が高いということ。私はその能力がすっぽり抜けているので、本当にどこの部署の方にもお世話になっています。みんなすごく良い人ばかりで助けられることも多く感謝です。   都筑区で活動しているあっとほーむですので、まさか磯子区職員向けにお話をする機会をいただけるなんて想像もしていなかったのですが、こういうのは本当にご縁ですね。ちょっとした出会いからこの話をいただくことができ、出不精の私ですがいろんな場に顔を出すことも時々は必要だなと感じました。   さて、今日の内容は私からの提案を受け入れていただき、お話だけでなくワークショップ形式で進めました。 どこの職場に行ってもそうですが、個人情報保護法ができたり、セクハラやパワハラなんかも気にして、なかなか職場内で個人的な話をする習慣がありません。でもこれから仕事と子育て、そして介護を両立する人も多くなると、顔の見えるお付き合いがとっても重要。参加者みなさんが笑顔で感想を言っている様子を見て、伝えたいことが伝わったのだと感じました。たった2時間だけど、これから気持ち良い職場にしていくためのひとつのヒントにしていただければいいな~。   みんなでよい職場にしようと本気で動いている担当部署のみなさの気持ちが伝わってきて、打ち合わせからセミナー終了後まで楽しく過ごせました。お声かけくださった磯子区職員の皆様に感謝いたします。ありがとうございました。