あっとほーむからの「お知らせ」

お知らせ

2015年11月27日 来年度の学童保育追加受付します


こんにちは、小栗ショウコです。

 

もうすぐ師走。もうそろそろ本格的に来年度のことを決める時期ですね。

さて、あっとほーむの学童保育に関して、お待ちくださった方もいるかと思いますが、若干名追加受付できることになりました。

 

【中川西小学校 都筑小学校】

徒歩でお迎えに参ります(4月中のみ。5月以降は希望により実施)

 

【荏田小学校】

車でお迎えに参ります。はまっこでお待ちください。

 

【そのほかの小学校】

毎日のお迎えはできませんが、はまっこやキッズクラブでお待ちいただくか電車等で来れる場合はお受けできます。

 

【地域の学童保育へのお迎え付き夜間保育】

残業やシフト勤務時などでお迎えが間に合わない場合、あっとほーむでお迎え、夕食、入浴が可能です。通常あっとほーむは21:00までですが、時間はご相談ください。

 

【夏休みのみ】

普段ご利用くださっている方のご予約状況により対応可能です。

 

【その他】

習い事、塾への送迎、あっとほーむ内でのピアノレッスンなどご希望がございましたらご相談ください。

 

まずは、お子さんと一緒に見学にお越しください。月~金13:00~17:00/19:00~21:00の間でご希望日いくつかご提示いただければ個別に対応いたします。見学はこちらのページからお申し込みください。

 

少人数制のため、多くの方を受け入れることが来出ずご不便をおかけしておりますが、来年度も子どもたちが毎日笑顔で楽しく過ごせるよう、安心安全な場づくりをしてまいります。

 あっとほーむへおいでよ

 

« »

関連記事

2015年12月22日 仕事も子育ても両方たのしめる社会にするために

no igame

  こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。   12月19日土曜日、あっとほーむのアドバイザーでもあり、小栗さんと共著本を出された松蔭大学准教授・田中聖華さんに来て頂き、小栗さん、事務局長、私の4人であっとほーむの働く女性支援事業の今後の展開を一緒に考えました。   その名も「あっとほーむ戦略会議」!!!かっこいいでしょ♪   去年2014年は浜銀総研、ビジネスウーマン・アワード大賞を受賞し、今年は横浜市の男女共同参画貢献表彰で推進賞を受賞。あっとほーむのこれまでの活動を認めて頂く機会に恵まれました。そして、これらの受賞でさらにたくさんの方々にあっとほーむを知って頂きました。でも、それに甘えず常に前を見ているお二人。これからの働くママのために、子どもたちのために、何ができるだろうかと考えています。  仕事も子育ても両方たのしめる社会にするためにどうしたらいいのか、真剣に話し合いました。     小栗さんと田中さんの情熱に私も心が熱くなり、もっとあっとほーむの活動に貢献したいと感じました。     ちなみに、小栗さんと田中さん、実は最強のタッグなんです。 子育て支援に携わり、働くママパパ、その子どもたちに寄り添いあっとほーむの事業を17年継続してきた小栗さん。 自らも子育てと仕事をたのしく両立し、企業側からも女性側からもキャリアデザインを研究してきた田中さん。     お二人でセミナーや講演会に登壇されることも多々ありますが、そのたびにご参加頂いた方からご好評を頂きます。 小栗さん、田中さんのいままでの経験や実績を活かした具体的な事例やアドバイスに、みなさん目からウロコになってしまうのです。   小栗さんと田中さんという最強タッグに背中を推してもらいつつ、私もがんばります! これからのあっとほーむの活動に乞うご期待!    

2014年10月14日 書籍で紹介されました

地域の教育力を育てる

こんにちは、小栗です。 台風一過、皆さんの地域には被害などありませんでしたか?   さて、昨日の日本女子大学での講義の際、以前から協力していた書籍が発行されたということでいただいてきました!あっとほーむは事例として紹介されています。地域の連携やNPOの活動などが掲載されていますので、興味のある方は是非お読みください。

2013年12月15日 掲載:子育て支援起業講座の説明会開催しました

20131215

あっとほーむのようなところをやりたい!自分のやりたい保育を実現したい!子どもたちのために自分ができることをやりたい!そんな想いを持つ方へ、私たちが15年培ってきたスキルとノウハウを伝える講座があります。今日は受講を検討している方への無料説明会+無料スタートアップセミナーでした。 幼稚園や学童の先生、お子さんのための納得できる施設を作りたいという方まで 住んでいる場所もきっかけも違うけど、子どもたちのために何かやりたいという 共通した思いを持った方が集まってくれました。 あっとほーむのコピーではなく、自分らしい子育て支援を作ればいいんです。 そのために、あっとほーむから学べることは、すべて学んでほしいと思っています。 2014年は昼間の保育園や塾や幼児教室、その他の子育て支援も含め、 子どもに関わる事業をしたい方が起業の基礎を学べるコースをご用意しました。まだやりたいことがはっきりしなくて・・・と言う方でも大丈夫。事業とか経営とかやったことのない方にもわかりやすく教えます。※ホームページではまだ新しい講座の表示ができておりません。 「やっている人がいる、教えてくれる人がいる、仲間がいる」 という場がここにはあります。いつかやりたいことは今から準備をしておきましょう。 次回の無料説明会は1月19日(日)10:00~11:00です。11:00~12:00の無料スタートアップセミナーにも参加していただけますので 合わせてお申込みいただけます。すでに数名予約が入っておりますので、お早めにお申し込みください。説明会の詳細はこちら【おうち保育園®協会のサイトへ移動します。】 ご意見はこちらから      

2014年5月31日 桐蔭大学で活動紹介してきました

no igame

こんにちは、小栗ショウコです。   昨日は桐蔭大学の学生に活動紹介をしに行きました。 大学での活動紹介は、慶応大学(SFC)と横浜国立大学に続き3校目。 あっとほーむの近くなので、車でさっと行って帰って来れるのがよかったです。   ちゃんと目を見て話を聞く子もいたし、うなづいて話を聞いている子もいて、数十年前の自分はこんな風に話を聞けただろうかとちょっとタイムスリップしてしまいました。 私の大学時代は(保育科の短大です)、学費は奨学金で、生活費は学生社員として大手企業の寮に入ることで賄っていました。それでも入学時や学期が変わるたびに教科書を買うお金は親から送ってもらっていて、わがまま言って進学させてもらった思いがありながら授業をちゃんと受けていたかは自信を持って言うことはできません。こんな風に真面目に聞いていたかな?とふと不安になりました。あの頃、周りにいる大人たちが素晴らしい人で、毎日真面目に働いていたことにも今ほど理解していなかった気がします。その時私を褒めたり叱ったりしてくれた社会人の皆さんがいてくれたから、そこから少しずつ成長して今の私があるんだなとつくづく感じます!   そんな学生時代を送った今の私にできることは、あっとほーむの事業を通じて、彼らがこれから社会人になりやりがいのある仕事を持ち、結婚し子どもに恵まれたとき、どうやって仕事と子育てを両立して自分らしく生きていけばいいのかを少しだけ見せてあげること。あっとほーむのママたちや子どもたちと触れ合うことで、自分の将来に重ね合わせたり、あんな大人になりたいなって人を紹介してあげることです。褒めたり叱ったりしながらね。 これから社会人になるまであと少し。 今やれることは思いっきりやってほしいなと思いました。      

2013年11月12日 掲載:ご寄付いただきました。

DSC_0294

あっとほーむでは、働く女性の支援と子どもたちの安心安全な場づくりに共感してくださった皆様からのご寄付をいただいております。今年は、今日までにいただいたご寄付が109件になりました。 重複していただいている方もおります。 そして先日は絵本の寄付もいただきました。小さい子向けの厳選された絵本で、 ページをめくるたびに、子どもたちの表情が変わり、 絵本のすごさを改めて感じることができました。ありがとうございます。今後も多くの皆様にご寄付をいただけますようによろしくお願いいたします。 ★ご寄付のお願い★3千円一口で下記口座にお振込み又は現金でお持込ください。★三井住友銀行 港北ニュータウン支店 普通 0365271★三菱東京UFJ銀行 港北ニュータウン支店 普通 0622222★ゆうちょ銀行 10900-1934141いずれも、名義は 「特定非営利活動法人あっとほーむ」 ※ご寄付は確定申告時に寄付控除を受けられます。 詳しくはこちら  ★物品ご寄付のお願い★あっとほーむでほしいものリストを作っています。こちらから発注するとあっとほーむに届くようになっています。アマゾンサイト現金のご寄付、物品のご寄付とも、お名前ご住所をご連絡くださいませ。後日お礼状、寄付金受取証などを送付いたします。 ご意見はこちらから