あっとほーむからの「お知らせ」

代表ブログ

2016年1月3日 10年後20年後のために


あけましておめでとうございます。

今年はどんな年になるでしょうか?皆さんそれぞれの願いや希望がありますよね。

 

私は子どもたちが笑顔で過ごせるようにしたいなと毎年思っています。

が、

では10年後20年後にどうなっていてほしいのかというと、ちょっと違う答えになります。笑顔で過ごしてほしいのは同じですけどね。

 

今、3歳の子は10年後に13歳、20年後23歳。
今、10歳の子は10年後に20歳、20年後に30歳です。
思春期を乗り越え、社会人になり、子どもがいるかもしれません。
学生でも、社会人でも、子育てに専念していてもいいから、自分の能力を発揮して幸せを感じていてほしいと思います。



人は成長する過程で、夢をあきらめ、能力に気づかず多くの人と同じような生活をすることを目指してしまいます。
でも、
多くの人がやっていること、やろうとしていることを同じようにしなくてもいいんだよ。
専業主婦だろうが、仕事と子育てを両立しようが、仕事や学問に熱中したり、スポーツやボランティアに生きがいを感じていたとしても、その生き方に幸せを感じているのなら、是非自信を持って続けてほしい。
何かに挑戦したくてもお金が無いとか家庭の環境とかの言い訳で諦めているのなら、諦めずに挑戦してほしい。挑戦したいと思った自分自身を信じてほしい。私も応援するから。

だって私はみんなが3歳の今、10歳の今、すごい才能と能力を持っていることに気づいているから。

 

 

そしてその時の社会が、性別も年齢も生まれ育った地域も関係なく、すべての人が能力を発揮できることを応援する社会になっていてほしい。女性だからこれくらいでいいだろうとか、子どもがいるから諦めないといけないとか、今までの社会で常識とされてきたそんな思い込みは捨ててほしい。一人一人の能力を活かして社会に貢献しないと20年後の日本は成り立たないでしょう。社会に出て働くことが当たり前とは思いません。家庭をもち子どもを産み育てることが好きで能力があるのならそれでいいし、働くことで社会に貢献することが好きならばそれでいい。専業主婦が多いから専業主婦になるのが当たり前で、仕事と子育てを両立する人が多いからそれが当たり前ではないんです。この世に産まれて、多くの人に愛情をもらい、自分の道を見つけ、突き進み、良い人生を送ることができればいい。周りの人と同じような人生じゃなくてもいいんだよ。

 

10年後20年後の子どもたちのために、私ができることをコツコツと積んでいきたいと思います。

どうぞ皆様もそんな社会にするために、今年も来年もずっとずっとご支援よろしくお願いいたします。

 

認定NPO法人あっとほーむ

代表 小栗ショウコ

2016年花

« »

関連記事

2015年8月7日 バレエの発表会で思ったこと

no igame

昨日、Kバレエスクールのパフォーマンスを見に行ってきました。 6年生Aちゃんの2年越しのお誘いで、やっと実現しました。   子どもたちの日ごろの成果を発表する姿にうるうるしたし、最後はKバレエのプロの舞台もあり、感動してしまいました。そして、こういう生き方もあること、彼ら彼女たちが大人になり結婚して子どもを育てながら、プロや指導者としてこの舞台に関わるとき、自分の子どもを見てくれる人がいなければこの場に立ち会えないんだなと思いました。年に1度の発表の場。きっとたくさんの努力をしてこの場を迎えているでしょう。   Aちゃんは今後もバレエを続けていくそうです。今までもこれからも努力しつづけるAちゃんが、結婚や子育てをしながらでも活躍したいと思ったとき、私ができることでサポートしたいなと思いました。 でも、私一人では限りがあります。だから多くの人に自分の地域であっとほーむのようなところを立ち上げてほしいのです。夢を追いかけているのはAちゃんだけではない。全国でたくさんのこどもたちが夢を追いかけています。みなさんの近くで日々努力している子どもたちのために、あなたができることで支援をしてください。私たちは、長年培ってきたスキルとノウハウを提供しますので、一緒に子どもの夢を応援していきましょう。   あっとほーむの子育て支援起業講座のご案内はこちら すでに講座を卒業し、全国で活躍している会員情報はこちら      

2014年9月7日 「いつか」は「今からの積み重ね」

20140907

こんにちは、小栗ショウコです。   今日は午前中に、子育て支援起業講座の説明会、午後はその講座をおこないました。 説明会に来る人のほとんどが、「いつか子ども関係の仕事ができたらいいな~」と漠然と思っている人で、なんとなく考えている人もいれば、もう青写真くらいはできている人もいます。私は、説明会に来る人も、講座を受ける人も、最初はそのくらいの想いでいいと思っています。講座を受けるうちに、どんな人でも「いつか子ども関係の仕事ができたらいいな~」と思うということは、自分でも忘れかけていた熱い想いがあるからです。私たちは講座の中でそういう熱い想いを現実的にどうすれば事業につなげられるかを伝えています。   さてここで、「いつか」を「いつか」のままにしかできない人と、「いつか」を「いつ」と言い換えることが出来る人の違いを言いましょう。 前者は、「いつか」その時が決まったら行動しようと思っていて、 後者は「いつか」を今から行動することで「いつ」にすることができるんです。 例えば、3年後の4月に起業しよう思うから、2年後の4月から行動すればいいやと思っちゃう人。こういう人のほとんどは3年後の4月に起業できないパターンです。でも、まだいつ起業するかわからないけど、今から行動しようといろんな勉強を始めたり資料を取り寄せたりできる人は、行動しているうちに起業に最適な時期を見つけて実行できてしまいます。   私は思うんです。 人生は短い。 もうこの瞬間は二度と来ないし、今日と同じ明日なんかない。そして、明日、今日までと同じように元気に生きていられる保証はどこにもない。 だから、「いつか」やりたいことがあるならば、「今から」やり始めないと後悔します。     だけど、私も含めて多くの人は、いろんな理由をつけて「いつか」をずっと「いつか」のままにしてしまう。そこから脱するためには、他人の力が必要です。自分の想いを聞いてくれる人がいて、「あの続きはどこまで行った?」「あれからどうした?」と定期的に聞いてくれる人がいないと、行動したりするのは「いつでもいいや」とか「仕事が忙しいから」っていう理由で出来なくなってしまうんですね。 まだまだあやふやでも、漠然としていても、自分一人で考えているだけよりも、他人に聞いてもらうことで自分の想いがだんだんと明確になって、「いつか」を「いつ」にすることができるんです。あなたのやりたいことは、磨けば光る。だけど磨く方法を知らないからいつまで経っても原石のままなんですよ。子育て支援起業講座は、あなたの想いを磨いて光らせる方法を教えます。ずっと専業主婦だった人も、働いたことはあるけど自分で起業なんてムリだと思っている人も、地域の子どもたちやお母さんたちのため、社会のために自分にできることをやりたいんだ!という想いがあれば、是非今から行動をおこしてください。わたしたちは、そんなあなたを待っています。 ※子育て支援講座の水曜日コース、集中コース、11月コースはまだ受付できます。            

2015年2月13日 卒業生がビジネスコンテストで最優秀賞!

市川市レディースビジネスコンテスト

こんにちは、小栗ショウコです。   子育て支援起業講座の卒業生が、市川市レディースビジネスコンテストで最優秀賞を受賞しました! あっとほーむの活動にとっても共感してくださり、たぶん近くにあったら利用者になっていただろうと言う彼女。長男の小学校入学後のことを考えると、近所の学童では時間的にも内容的にも料金的にも満足できるところがなかなか見つからない。だったら自分で作ってしまおう!という発想で受講してくれていました。小さい子ども二人の子育て中で、しかもかなりハードなフルタイム勤務。そんな中でも講座には毎回時間をかけて通ってくれて、宿題も予想をはるかに超える完成度でこなしていた彼女がこの賞を受賞するのは当たり前かもしれません。ただし、何でもできるスーパーウーマンではなく、これは彼女の努力の結果です。   子どもがいるからムリ 時間がないからムリ と思わず、みんなと一緒に講座を受け、個別相談もしながら自分の事業計画を作って行った彼女の努力は素晴らしい。   実際に開業するのはこれからで、きっとそれまでに幾多の壁があると思うけど、きっと彼女ならやりきってくれると私も一緒に受講した仲間も強く信じています。 今後は、おうち保育園®協会として彼女の開業までバックアップしていきたいと思います。   実際は、彼女のように才能と能力がなければできないというわけではありません。 私があっとほーむを始めたのは30歳の時で、それまで勤めていた会社を辞めたら、何の才能も能力も持ってない普通の主婦でしかありませんでした。 自分に自信がなくてもいい、人に秀でる才能や能力を持ってなくてもいい。結婚や子育ての経験がなくてもいいんです。 必要なのは、自分にできることで人の役に立ちたい、子どもと関わることや働く女性のサポートに興味があるという気持ちだけです。 この春、あなたも是非自分であっとほーむのようなところを立ち上げて、地域の役に立つ喜びを得る活動をはじめてください。私たちがお手伝いします。        

2014年11月18日 私のロールモデル

no igame

こんにちは、小栗ショウコです。   今日の午前中、介護サービスを展開してる株式会社シルバーメディカルサービス様にお伺いしました。少し前に取締役・松村さんのプレゼンを聞く機会があり、とても感動し、是非もっとお話を伺いたいと思い連絡したら、松村さんも私に連絡しようと思ってくださっていたようで、お忙しい中お時間を作ってくださいました。   事業のお話もさることながら、お人柄が素晴らしく、松村さんが上司だったら私はきっと彼女の下で幸せに仕事ができただろうなと思いました。私のことをよく知っている人からは、そこでおとなしくしていられるタイプじゃないだろうと言われそうですが、ほんとにそう思えるほど素晴らしい価値観と志と行動力がある人です。来週もお会いできる機会があるので、今後もいろいろご指導いただきたいなと思います。   私にはロールモデルにしている女性が何人かいますが、そういう人とは、こうしていつもと違う行動をした先で出会ってきました。そんなに多くの時間を共有しなくても、ほんの少しの時間、彼女たちの言動に触れただけで「ああ、こういう風になりたいな~」って思うものです。仕事面でも、プライベートでも、多くのロールモデルに出会うことで自分も進化していけるし、いざというときにあの人だったらこうするだろうという指針をもらえています。今日お話をした松村さんも私のロールモデルです。 自分の周りにはそういう人いない!と思っている人は、是非いつもと違う場所へ行ったり、いつもと違う行動をしてみてください。そこできっとステキなロールモデルに出会えると思いますよ。          

2014年5月31日 桐蔭大学で活動紹介してきました

no igame

こんにちは、小栗ショウコです。   昨日は桐蔭大学の学生に活動紹介をしに行きました。 大学での活動紹介は、慶応大学(SFC)と横浜国立大学に続き3校目。 あっとほーむの近くなので、車でさっと行って帰って来れるのがよかったです。   ちゃんと目を見て話を聞く子もいたし、うなづいて話を聞いている子もいて、数十年前の自分はこんな風に話を聞けただろうかとちょっとタイムスリップしてしまいました。 私の大学時代は(保育科の短大です)、学費は奨学金で、生活費は学生社員として大手企業の寮に入ることで賄っていました。それでも入学時や学期が変わるたびに教科書を買うお金は親から送ってもらっていて、わがまま言って進学させてもらった思いがありながら授業をちゃんと受けていたかは自信を持って言うことはできません。こんな風に真面目に聞いていたかな?とふと不安になりました。あの頃、周りにいる大人たちが素晴らしい人で、毎日真面目に働いていたことにも今ほど理解していなかった気がします。その時私を褒めたり叱ったりしてくれた社会人の皆さんがいてくれたから、そこから少しずつ成長して今の私があるんだなとつくづく感じます!   そんな学生時代を送った今の私にできることは、あっとほーむの事業を通じて、彼らがこれから社会人になりやりがいのある仕事を持ち、結婚し子どもに恵まれたとき、どうやって仕事と子育てを両立して自分らしく生きていけばいいのかを少しだけ見せてあげること。あっとほーむのママたちや子どもたちと触れ合うことで、自分の将来に重ね合わせたり、あんな大人になりたいなって人を紹介してあげることです。褒めたり叱ったりしながらね。 これから社会人になるまであと少し。 今やれることは思いっきりやってほしいなと思いました。