あっとほーむからの「お知らせ」

代表ブログ

2016年1月3日 10年後20年後のために


あけましておめでとうございます。

今年はどんな年になるでしょうか?皆さんそれぞれの願いや希望がありますよね。

 

私は子どもたちが笑顔で過ごせるようにしたいなと毎年思っています。

が、

では10年後20年後にどうなっていてほしいのかというと、ちょっと違う答えになります。笑顔で過ごしてほしいのは同じですけどね。

 

今、3歳の子は10年後に13歳、20年後23歳。
今、10歳の子は10年後に20歳、20年後に30歳です。
思春期を乗り越え、社会人になり、子どもがいるかもしれません。
学生でも、社会人でも、子育てに専念していてもいいから、自分の能力を発揮して幸せを感じていてほしいと思います。



人は成長する過程で、夢をあきらめ、能力に気づかず多くの人と同じような生活をすることを目指してしまいます。
でも、
多くの人がやっていること、やろうとしていることを同じようにしなくてもいいんだよ。
専業主婦だろうが、仕事と子育てを両立しようが、仕事や学問に熱中したり、スポーツやボランティアに生きがいを感じていたとしても、その生き方に幸せを感じているのなら、是非自信を持って続けてほしい。
何かに挑戦したくてもお金が無いとか家庭の環境とかの言い訳で諦めているのなら、諦めずに挑戦してほしい。挑戦したいと思った自分自身を信じてほしい。私も応援するから。

だって私はみんなが3歳の今、10歳の今、すごい才能と能力を持っていることに気づいているから。

 

 

そしてその時の社会が、性別も年齢も生まれ育った地域も関係なく、すべての人が能力を発揮できることを応援する社会になっていてほしい。女性だからこれくらいでいいだろうとか、子どもがいるから諦めないといけないとか、今までの社会で常識とされてきたそんな思い込みは捨ててほしい。一人一人の能力を活かして社会に貢献しないと20年後の日本は成り立たないでしょう。社会に出て働くことが当たり前とは思いません。家庭をもち子どもを産み育てることが好きで能力があるのならそれでいいし、働くことで社会に貢献することが好きならばそれでいい。専業主婦が多いから専業主婦になるのが当たり前で、仕事と子育てを両立する人が多いからそれが当たり前ではないんです。この世に産まれて、多くの人に愛情をもらい、自分の道を見つけ、突き進み、良い人生を送ることができればいい。周りの人と同じような人生じゃなくてもいいんだよ。

 

10年後20年後の子どもたちのために、私ができることをコツコツと積んでいきたいと思います。

どうぞ皆様もそんな社会にするために、今年も来年もずっとずっとご支援よろしくお願いいたします。

 

認定NPO法人あっとほーむ

代表 小栗ショウコ

2016年花

« »

関連記事

2014年5月9日 代表・小栗の日経DUAL連載第3回がアップされました。

DUAL 看板

代表・小栗ショウコの日経DUAL連載、第3回目がアップされました。         【第三回】「夜間保育」というと、暗くて寂しいイメージですか?   こういうタイトルにすると、そうですよね、夜間保育をしている私でも 夜間保育=暗い部屋の中でみんなが鼻水たらして寝ている光景が浮かびます。 だからこそ、普通に働いている女性は昼間の保育園以外の夜間保育を利用しないように自分でブレーキかけてしまうんだと思います。 そう思うと、今までやってきた仕事を続けることができなくて、子どもの保育園の時間に合わせた仕事に転職しようかな、でも自分には資格も経験もないしそれはムリだろう、そうしたら今は子育てに専念すべき? と、どうしても子どものために仕事を諦める方向にどんどん自分の意識が行ってしまうでしょう。   だけど、あっとほーむはそういう夜間保育ではなく、会社員時代の私のように、 普通に働きたい、だけど保育園の時間だけでは足りないのという人のための場所です。 実際にあっとほーむを利用している人も、誰もが知っている大企業にお勤めの方から、 保育士、公務員、医師、看護師、介護系、メディア系の人もいます。 みんな経済的にも仕事はしないといけないんだけど、やりたいからやっているという人がほとんど。     忘れてはいけないのは、こうやって結婚出産後も仕事を続けてくれる人がいるおかげで、私たち市民の生活が成り立っていること。 保育園が延長保育を実施するということは、利用する人にとっては便利だけど、そこで働く保育士さんは夜間までのシフト勤務になるだろうし、 私が関わっている行政の会議なんかは市民が出席しやすいように夜間や土日祝日。参加する人は便利だけど、担当者は勤務になります。 他にも、私たちがGWなど休暇を快適に過ごすためには、そこで働いてくれる人がいるからこそなんです。     私に直接言ってくる人は少ないけれど、子どもが小さいうちは母親は仕事しちゃイカンくらいに言う人もいれば、夜間保育?そんなの母親の育児放棄の助長になるじゃないか!という人もいます。 でもね、じゃああなたやあなたの大切な家族が、救急病院に搬送された時、「私は医者ですが子育て中なので出来ません。他の医者は手が空きていないのであと4時間はお待ちいただきます。」 とか、「子どもの保育園のお迎え時間なので帰らせていただきます。他の医者は手が空いていません」とか言われたらどうでしょう?   目の前で苦しんでいる人がいる、今私が助けないと命が尽きてしまうという状況で、 手を放す医師や看護師はいないでしょう。それだけ使命ややりがいを感じているからやっている仕事なんだから。 医療系の仕事だけじゃなく、他のどんな仕事でも同じです。 それは男性とか女性とか、結婚しているとか子育て中とか関係なく、そうして頑張ってくれる人がいるからこそ社会は成り立っているんです。   一方、じゃあそういう時に預けられた子どもはかわいそうじゃないのか?と思う人も多いです。 だけど、おじいちゃんおばあちゃんが見てくれているなら、そうは思わないでしょう?きっと「おじいちゃんおばあちゃんに見てもらえて、ママも子どもも幸せね」と思う人が多いでしょう。 でも現実は、おじいちゃんおばあちゃんが近くにいない、近くにいても何らかの事情で見ることができないという人がほとんど。 だから私たちが、その代わりとなるんです。 子どもたちが自分はたくさんの人に愛されているという感覚を持てるような場を作る。 血はつながっていないけど、同じ時代に同じ地域に住んでいるというご縁があってつながっていく「地」のつながりを作りたいと思っています。   パパママが、社会に役立つ仕事を続けること、子どもが愛情を感じられる場で過ごすこと。 それがあっとほーむの夜間保育でやってきた事であり、これからも目指していくことです。   小栗ショウコ

2015年7月23日 学ぶは真似る

20150712稲葉さん

こんにちは、小栗ショウコです。   今日は子どもたち20人分のお昼ご飯を作ってから、スタッフにお任せして尊敬する稲葉さんとランチミーティングをしてきました。 稲葉さんは、7月12日に行われた講演会でお話をしてくださった、素晴らしい実績を持つ人生の大先輩。 でも私が稲葉さんを尊敬する理由は、実績をおごることなく今この瞬間も常に前向きでチャレンジャーであることです。そして、大先輩に大変失礼ですが共感することが非常に多く、言葉選びも卓越しているのでお会いするたびにレコーダー持ってくればよかったと思うほど素晴らしいことを教えてくださいます。 例えば今日は、あっとほーむ事務局の阿部さんも同席して、彼女の今後のやりたいことや働き方にもアドバイスをしてくれて、「学ぶは真似る」ということをおっしゃっていました。今は近くにいる私を真似ることで保育も仕事もその価値観も手に入るので、そこにもっとこうすればもっとよくなるのではないかと自分の創意工夫をいれていくことで、自分らしさを作れるとおっしゃっていました。私も稲葉さんを真似て、そこから自分らしい生き方を作っていきたいと思います。他にも2時間たくさんのお話をしてくださり、こんなに素敵なお話を聞かせていただいた恩返しをしなくては!とこぶしを握る勢いで帰ってきました。   肝心の打ち合わせもしっかりやり、今秋、稲葉さんの貴重な時間をゲット!夏が終わったらおうち保育園®協会会員の皆さんにまた稲葉さんのお話を聞いてもらえるようにしますね。   ※7月12日基調講演終了後に稲葉さんと記念撮影

2014年9月12日 こういうところに子どもを預けたい

DSC_0245[1]

こんにちは、小栗ショウコです。   今年の夏、あっとほーむでは2つの大学から7人のインターン、個人的な大学生ボランティア1人、合計8人の大学生が来てくれました。 今日ですべての大学生のインターン期間が終了し、振り返ってみるとみんな自分なりにとっても頑張っている姿が見受けられました。最後のインターン生が帰り際、「私は自分に子どもができたら、仕事をせずに家で育てる派だったんですが、あっとほーむに来てみて、こういうところに子どもを預けたいと思いました!」と笑顔で帰っていきました。彼女は、教育現場ではなく生活の場としての安心感や、子ども同士のきょうだいのような関係性、叱るところはきっちり叱っているところをみてそう思ったようです。たった5日間のインターンで、見えるところは限られるけど、子どもと遊ぶだけでなく自分のこれからの人生に当てはめて考えてくれたのは本当によかったと思います。     だって、私が言うのはなんですが、あっとほーむは本当にいいと思うんです。 年齢のちがう子ども同士がきょうだいのように仲良くしたりケンカしたり、 自分の子どもを愛情持ってかわいがってくれたり、 悪いことをしたらきっちり叱ってくれる大人がいたり、 家庭と同じ環境で過ごせるのって、自分だけで子育てするよりも絶対に子どもにとって良いと思うんです。   きょうだいがいっぱいいて、親戚の子がいっぱいいて、自分のお父さんお母さんだけじゃなく、親戚のおじちゃんおばちゃん、お兄さんお姉さんがいて、いつも楽しく笑ったり泣いたりして成長する場がある。日々を過ごすだけではなく、時々みんなでお出かけしたりキャンプに行って楽しめる。子どもたちも助け合えるし、大人も助け合う。今までは「血縁」だけでそういう関係を作ってこれただろうけど、これからは同じ地域に住んでいる「地縁」でも、そういう大きな家族のような関係ができたらいいですよね。                      

2017年3月24日 こんなに大きくなっちゃったシリーズ

no igame

ここでは、あっとほーむに来ていた子達が大きくなって再開したときの様子をご紹介。     小さい頃から優しいRくん。高校生になっても優しさそのままで芯の強さも備わっていました!   年長さんからのお付き合い。小さい頃から笑顔がかわいいMちゃんです。高3になりました! 小学校1年生のときからのお付き合い。立派な野球少年になりました!今は中2. Aちゃんとは0才からのお付き合い。私の顔見て大声で泣き叫んでいたのに、すっかり仲良しです。 身体の柔らかさを活かして、中学生になった今はバレエに夢中です。     ずっとピアノレッスンであっとほーむに通ってくれたKくん。高校3年生になりました! こんなに小さいときから習っているので、数年弾いてなくても指が覚えてる!!     昔から笑顔がかわいいHちゃん。この春、高校生になります!       保育園からのお付き合い。すらっと伸びたね~。小学校卒業記念。 保育園からのお付き合い。中3!     1歳半からのお付き合い。高校卒業したよ!     彼らとは保育園時代からのお付き合いで、小学生の時には一緒にアメリカに行きました! 小学生のDくん、小栗、小学生のHくん(小学生Mちゃん)→高校生の二人と同じ位置で。二人ともこんなに大きくなっちゃった!     小学校3年生からのお付き合い。20才になったので一緒にお酒を飲みました。   3歳からお付き合い。中学2年生になっちゃった!!   小学生の頃、長い髪を毎日とかしていた子は、大きくなってショートへアになっていました。     小学校1年生のときからしっかり者のAちゃん。中学1年生になりました!

2016年3月16日 あっとほーむの仲間=おうち保育園Ⓡ協会会員

宮尾さん

こんにちは、小栗ショウコです。   昨日は、4月に大阪で開業するNPO法人アフタースクールにじのいえ代表・宮尾さんが遊びに来てくれました。   宮尾さんは、長年保育園や児童福祉施設に勤務していた経験から、働くママたちのための学童保育を立ち上げようと、子育て支援起業講座に通ってきてくれました。その当時は自分の地域で学童ができたらいいな~という想いだけでしたが、講座を進めていくうちに想いが明確になり、場所を見つけ、仲間を見つけNPO法人化し、行政との連携も図れそうな勢いです。穏やかなその見た目からは想像できない行動力と、その行動がすべて的を得ているところがこれまたすごい! 行動しちゃう人のパターンとして、宮尾さんのように的を得た行動をする人もいれば、「そこにお金かける?」「それ今必要?」と思えるような行動をする人もいます。例えば、まだ顧客や事業計画が明確になってないのに場所を決めちゃうとか、その内容や設備にお金かけちゃうとか、人から自分がどう見られるかを考えて見栄をはっちゃうような感じね。限りないお金があって趣味の延長の仕事だったらいいけれど、資金が底をついたら終わりとわかっているなら、ちゃんと優先順位を決めて行動しないと赤字が膨らんで抱えきれなくなってしまいます。   さて、にじのいえの宮尾さんは4月オープンに向け着実に行動した結果、設定した定員を超えキャンセル待ちの人までいるそうです。プレオープンも開催し、準備万端ですが、昨日は4月以降のシュミレーションのためあっとほーむに実習に来てくれました。さらに、私たちと個別相談を定期契約していて、小さいことだけど大切なことや迷ったら相談できる体制を整えています。 私もそうだけど、いろんなことを決めるとき、もう自分の中で結論は出ているけど、信頼する人に「うん、それでいいよ!」と背中を押してもらう一言がほしいんです。私一人ですべての人の背中を押すことは出来ません。だから子育て支援起業講座を終えておうち保育園Ⓡ協会に入ってくれた仲間同士で、背中を押しあい、高めあえる関係を築いていきたいと思っています。 宮尾さんはじめ、子育て支援起業講座を卒業し、おうち保育園Ⓡ協会に入った会員さんは、自分の想いを明確にして自分の地域で自分らしい子育て支援をしています。子育てのこと、仕事との両立のこと、お困りでしたらお近くの会員さんに頼ってみてください。きっと親身になって対応してくれますよ。