あっとほーむからの「お知らせ」

代表ブログ

2016年2月20日 今後は企業の取り組みへ


こんにちは、小栗ショウコです。

 

2013年に出版した、私と田中さんの共著本「だれも教えてくれなかった ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド」の反響が続いています。

 

この本を出したのは、TVとか雑誌に出てくるような有名人の両立方法ではなく、あっとほーむを利用している働くママたちを世の中に発信することで、きっと多くの人のロールモデルになると思ったからです。すぐに反響が出て、多くの働く女性から嬉しい感想をいただくようになりました。

行政からの表彰を受けたことで、行政機関が住民や働く女性に対して行うセミナー等に登壇させていただく機会も増えましたが、最近は、企業の人材開発やダイバーシティ担当の方からもお声がかかるようになりました。

仕事と子育ての両立に関しての制度は整ったけど実情はこれからという企業の方が、本を読んで感動してものすごく前向きになったとか、後輩たちに本を貸したら彼女たちがすごく前向きに行動するようになった等、教えてくださいました。

 

政府が女性の活躍とか一億層活躍とか掲げて、企業も制度を作ったけれど、実際に女性が働き続けられるかはこれからが勝負。思う所はここに書ききれないほどいっぱいあるけれど、そうやって私たちの本を見つけて、読んで、感動して、企業として人材教育に取り入れたいと思ってくださるのなら、是非是非お役にたちたいと思っています。

 

今までの企業の人材教育は、仕事のスキルやノウハウが中心だった。でも、これからは男性も女性も、自分らしい生活をしながらキャリアも積んでいくために何をすればいいのかが課題だと思います。私があっとほーむで見てきた働くママたちの事例、経営者としての実績やノウハウ、そして共著の田中さんの組織開発やキャリア研究を融合させたプログラムを作り、企業に取り入れてもらいたいと思っています。

 

まだ本をお読みでない方は是非一度お読みください。そして、自分の企業が女性が働きづらいのなら人材開発やダイバーシティ担当者にお渡しください。私たちの目的はただ一つ。仕事も子育ても楽しむことです。

 両立ガイド表紙

表紙の帯をはずすとこんな感じ↓

丸い顔、跳ねる髪、私をイラスト化したものですか?と聞きたくなる。(^^)

表紙

 

« »

関連記事

2015年2月13日 卒業生がビジネスコンテストで最優秀賞!

市川市レディースビジネスコンテスト

こんにちは、小栗ショウコです。   子育て支援起業講座の卒業生が、市川市レディースビジネスコンテストで最優秀賞を受賞しました! あっとほーむの活動にとっても共感してくださり、たぶん近くにあったら利用者になっていただろうと言う彼女。長男の小学校入学後のことを考えると、近所の学童では時間的にも内容的にも料金的にも満足できるところがなかなか見つからない。だったら自分で作ってしまおう!という発想で受講してくれていました。小さい子ども二人の子育て中で、しかもかなりハードなフルタイム勤務。そんな中でも講座には毎回時間をかけて通ってくれて、宿題も予想をはるかに超える完成度でこなしていた彼女がこの賞を受賞するのは当たり前かもしれません。ただし、何でもできるスーパーウーマンではなく、これは彼女の努力の結果です。   子どもがいるからムリ 時間がないからムリ と思わず、みんなと一緒に講座を受け、個別相談もしながら自分の事業計画を作って行った彼女の努力は素晴らしい。   実際に開業するのはこれからで、きっとそれまでに幾多の壁があると思うけど、きっと彼女ならやりきってくれると私も一緒に受講した仲間も強く信じています。 今後は、おうち保育園®協会として彼女の開業までバックアップしていきたいと思います。   実際は、彼女のように才能と能力がなければできないというわけではありません。 私があっとほーむを始めたのは30歳の時で、それまで勤めていた会社を辞めたら、何の才能も能力も持ってない普通の主婦でしかありませんでした。 自分に自信がなくてもいい、人に秀でる才能や能力を持ってなくてもいい。結婚や子育ての経験がなくてもいいんです。 必要なのは、自分にできることで人の役に立ちたい、子どもと関わることや働く女性のサポートに興味があるという気持ちだけです。 この春、あなたも是非自分であっとほーむのようなところを立ち上げて、地域の役に立つ喜びを得る活動をはじめてください。私たちがお手伝いします。        

2015年8月7日 バレエの発表会で思ったこと

no igame

昨日、Kバレエスクールのパフォーマンスを見に行ってきました。 6年生Aちゃんの2年越しのお誘いで、やっと実現しました。   子どもたちの日ごろの成果を発表する姿にうるうるしたし、最後はKバレエのプロの舞台もあり、感動してしまいました。そして、こういう生き方もあること、彼ら彼女たちが大人になり結婚して子どもを育てながら、プロや指導者としてこの舞台に関わるとき、自分の子どもを見てくれる人がいなければこの場に立ち会えないんだなと思いました。年に1度の発表の場。きっとたくさんの努力をしてこの場を迎えているでしょう。   Aちゃんは今後もバレエを続けていくそうです。今までもこれからも努力しつづけるAちゃんが、結婚や子育てをしながらでも活躍したいと思ったとき、私ができることでサポートしたいなと思いました。 でも、私一人では限りがあります。だから多くの人に自分の地域であっとほーむのようなところを立ち上げてほしいのです。夢を追いかけているのはAちゃんだけではない。全国でたくさんのこどもたちが夢を追いかけています。みなさんの近くで日々努力している子どもたちのために、あなたができることで支援をしてください。私たちは、長年培ってきたスキルとノウハウを提供しますので、一緒に子どもの夢を応援していきましょう。   あっとほーむの子育て支援起業講座のご案内はこちら すでに講座を卒業し、全国で活躍している会員情報はこちら      

2014年5月14日 大学生

no igame

今日はあっとほーむから30分ほどのところにある、桐蔭大学まで行ってきました。 大学生が社会貢献論を学び、自分の希望する団体でボランティア活動をするということで、今年から受入れ団体として協力することになりました。   今日は受け入れ団体が集まって大学からの説明会。 思いがけず隣の駅で活動しているNPO代表さんとお隣の席になり、子どもの育ちについてお話を聞くことができました。 保育や子育て支援の団体は本当にたくさんあって、それぞれに熱い想いがあるので聞いていてとっても勉強になります。   受入れ団体さんは、多種多様で素晴らしい活動をしているところが多く、こんな魅力的な団体の中からあっとほーむがいいと思ってくれる学生さんがいるかわかりませんが、将来学校の先生になりたいと思っている学生さんが、子どもたちが学校以外でどんな風に過ごしているのかとか、あっとほーむを利用する働く大人が、どんな思いでどんな風に仕事と子育てをしているのかを見ることで、自分が社会人になった時や親になった時にどんなふうにすればいいのか参考にしてもらえればいいなと思います。   ここから良い出会いがあればいいなと思った午後でした。

2014年5月25日 いよいよ「おうち保育園®」広がります!

おうち保育園®協会第一回ミーティング

本日、あっとほーむの子育て支援開業講座を卒業した方のうち、今後もみんなでつながってスキルアップしていきたいと言う方で構成される、おうち保育園®協会の第一回ミーティングを開催しました。   何でもそうですが、勉強している時ってとっても盛り上がりますが、終わってしまうと日常の業務に追われてその時の気持ちが薄くなっていきます。 あっとほーむの開業講座は、その時だけわ~っと盛り上がり「はい終わり」ではなく、その後もみんなでつながってモチベーションを保ち、刺激を与え合い、協力しあえる仲間でありたいと思っています。 そういう場として、おうち保育園®協会を発足し、これからも会員のスキルアップとおうち保育園®の普及に努めて行く予定です。     第一回のミーティングは、会員の近況報告と、来月開業する保育ルームのお披露目&チラシのポスティングをみんなで協力して行いました。これもこれから開業する会員にとっては良い学び。 来月開業する保育ルームは、今までご家族で経営されていた洋品店の一部を改装して作ったところ。7~8畳のスペースが出来上がり、なるべくお金をかけず家族で協力して出来上がったその空間は、とっても居心地の良いものになっていました。近日、皆様にご覧いただけるこの保育室のHPもお知らせしますのでお楽しみに♪   <補足> おうち保育園®協会って何? ※「おうち保育園」とは、認定NPO法人あっとほーむの登録商標です。あっとほーむの開業講座を卒業した方で一定の条件を満たした方のみ利用できる商標で、現在は、認定NPO法人あっとほーむ、NPOチーム白幡、まぁみんちに加え、来月開業するKADOYAおうち保育園®のみに使用を許可しております。        

2014年10月13日 これからどう生きていきたいんだろう?

no igame

こんにちは、小栗ショウコです。   台風19号が気になりますね。皆様の地域は大丈夫ですか? さて、そんな台風の心配をしていた今日、日本女子大学でお話しさせていただきました。依頼内容から今までのようにあっとほーむの成り立ちから事業内容、将来ビジョンまでのお話だけでなく、私自身の生き方や価値観なども盛り込んだ内容にしていて、改めて自分の人生を振り返る機会をいただきました。   私の人生で大きな節目は、約10年勤めた会社を辞めたこと。仕事は好きだったしやりがいも感じていたけど、小さな不満が積み重なった時、毎日目を吊り上げて怒って生活している自分に気づきました。職場でのストレスを解消するために、旅行に行ったり飲みに行ったりカラオケしたり。なのに休日が終わるころ、「また明日から仕事か」と気分が重くなっていたし、仕事は好きなのにいつも戦闘態勢のような気分で出勤していました。 でもね、そんな生活はイヤだけと思ったんです。 努力はしたけど、女性である私がこれ以上この会社にいても成長はないと確信し、満10年勤務まであと3か月という頃に退職しました。でも、何の予定があったわけでもないし、10年勤めたからって手に職があるわけでもない、会社を辞めたら肩書きだって関係ない、ほんとに何もないただの30歳の私がいるだけでした。   今思うと後先考えないで勢いで退職したけど、何もない状態になったことでこれからの人生を考えるきっかけになりました。 「私、これからどう生きていきたいんだろう?」って。 働かざる者食うべからずの価値観の私が、再就職しようかな?アルバイトやパートでもいいかな?と考えていた時、「ムリムリ!どこに勤めても同じだよ。だったら自分で仕事をやればいい」と背中を押したのは夫でした。 私は仕事が好きだったけど続けられなかった。でも、頑張って働き続けている人もいる。私自身、あのまま仕事を続けていたら、きっと結婚・出産のタイミングや子育てとの両立で苦しくなるだろうと思ったら、私ができることで仕事を続けたい女性のサポートをしたいと思ったんです。それがあっとほーむの始まりです。   今日私を呼んでくれた先生が言っていました。「人生はいつからでも変えられる」と。「このままの人生でいいのかな?」と今の生活に疑問を抱いたら「これからどう生きていきたいんだろう?」ってじっくり考える時間を持ってみてください。自分ひとりで答えが出ない時は、もやもやしているままでいいからいろんな人に相談してみてください。きっとあなたが思いもしなかった道を示して背中を押してくれる人がいますよ。   今日の資料を作った日から、そんなことを考えていた私でした。