あっとほーむからの「お知らせ」

代表ブログ

2016年2月20日 今後は企業の取り組みへ


こんにちは、小栗ショウコです。

 

2013年に出版した、私と田中さんの共著本「だれも教えてくれなかった ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド」の反響が続いています。

 

この本を出したのは、TVとか雑誌に出てくるような有名人の両立方法ではなく、あっとほーむを利用している働くママたちを世の中に発信することで、きっと多くの人のロールモデルになると思ったからです。すぐに反響が出て、多くの働く女性から嬉しい感想をいただくようになりました。

行政からの表彰を受けたことで、行政機関が住民や働く女性に対して行うセミナー等に登壇させていただく機会も増えましたが、最近は、企業の人材開発やダイバーシティ担当の方からもお声がかかるようになりました。

仕事と子育ての両立に関しての制度は整ったけど実情はこれからという企業の方が、本を読んで感動してものすごく前向きになったとか、後輩たちに本を貸したら彼女たちがすごく前向きに行動するようになった等、教えてくださいました。

 

政府が女性の活躍とか一億層活躍とか掲げて、企業も制度を作ったけれど、実際に女性が働き続けられるかはこれからが勝負。思う所はここに書ききれないほどいっぱいあるけれど、そうやって私たちの本を見つけて、読んで、感動して、企業として人材教育に取り入れたいと思ってくださるのなら、是非是非お役にたちたいと思っています。

 

今までの企業の人材教育は、仕事のスキルやノウハウが中心だった。でも、これからは男性も女性も、自分らしい生活をしながらキャリアも積んでいくために何をすればいいのかが課題だと思います。私があっとほーむで見てきた働くママたちの事例、経営者としての実績やノウハウ、そして共著の田中さんの組織開発やキャリア研究を融合させたプログラムを作り、企業に取り入れてもらいたいと思っています。

 

まだ本をお読みでない方は是非一度お読みください。そして、自分の企業が女性が働きづらいのなら人材開発やダイバーシティ担当者にお渡しください。私たちの目的はただ一つ。仕事も子育ても楽しむことです。

 両立ガイド表紙

表紙の帯をはずすとこんな感じ↓

丸い顔、跳ねる髪、私をイラスト化したものですか?と聞きたくなる。(^^)

表紙

 

« »

関連記事

2014年5月31日 桐蔭大学で活動紹介してきました

no igame

こんにちは、小栗ショウコです。   昨日は桐蔭大学の学生に活動紹介をしに行きました。 大学での活動紹介は、慶応大学(SFC)と横浜国立大学に続き3校目。 あっとほーむの近くなので、車でさっと行って帰って来れるのがよかったです。   ちゃんと目を見て話を聞く子もいたし、うなづいて話を聞いている子もいて、数十年前の自分はこんな風に話を聞けただろうかとちょっとタイムスリップしてしまいました。 私の大学時代は(保育科の短大です)、学費は奨学金で、生活費は学生社員として大手企業の寮に入ることで賄っていました。それでも入学時や学期が変わるたびに教科書を買うお金は親から送ってもらっていて、わがまま言って進学させてもらった思いがありながら授業をちゃんと受けていたかは自信を持って言うことはできません。こんな風に真面目に聞いていたかな?とふと不安になりました。あの頃、周りにいる大人たちが素晴らしい人で、毎日真面目に働いていたことにも今ほど理解していなかった気がします。その時私を褒めたり叱ったりしてくれた社会人の皆さんがいてくれたから、そこから少しずつ成長して今の私があるんだなとつくづく感じます!   そんな学生時代を送った今の私にできることは、あっとほーむの事業を通じて、彼らがこれから社会人になりやりがいのある仕事を持ち、結婚し子どもに恵まれたとき、どうやって仕事と子育てを両立して自分らしく生きていけばいいのかを少しだけ見せてあげること。あっとほーむのママたちや子どもたちと触れ合うことで、自分の将来に重ね合わせたり、あんな大人になりたいなって人を紹介してあげることです。褒めたり叱ったりしながらね。 これから社会人になるまであと少し。 今やれることは思いっきりやってほしいなと思いました。      

2014年10月1日 創業16年を迎えて

no igame

10月1日。今日はあっとほーむが始まった記念日です。   私としては、昨日のことのようでもありますが、あの頃来てくれていた子たちが中高生・大学生になっているのを見ると、やっぱり16年経っているんだなと感じます。あんなにぷよぷよのかわいいほっぺをしていた○ちゃんは中学生、いつも泣いていたDくんは高校生、小さいころからしっかり者だったEちゃんは今年大学受験だって連絡してくれました。一番最初に来ていた5歳のHくんは大学生活を楽しんでいます。 あっとほーむに来ている/来ていた子どもたちに、どんな影響を与えられたのかわからないけど、中高生になった子たちの話を聞く限り、みんなの人生の一部にあっとほーむでの時間があるんだな~と思うと感無量です。   あっとほーむの子どもたち、パパママたち、おうち保育園®協会の大人たち。こんなにステキなみんなに出会えたことに本当に感謝しています。あっとほーむに来てくれて、ずっとずっとお付き合いしてくれて本当にありがとう。これからもみんなが帰って来れるあっとほーむでありたいと思います。   2014年10月1日  認定NPO法人あっとほーむ 代表 小栗ショウコ  

2014年5月25日 いよいよ「おうち保育園®」広がります!

おうち保育園®協会第一回ミーティング

本日、あっとほーむの子育て支援開業講座を卒業した方のうち、今後もみんなでつながってスキルアップしていきたいと言う方で構成される、おうち保育園®協会の第一回ミーティングを開催しました。   何でもそうですが、勉強している時ってとっても盛り上がりますが、終わってしまうと日常の業務に追われてその時の気持ちが薄くなっていきます。 あっとほーむの開業講座は、その時だけわ~っと盛り上がり「はい終わり」ではなく、その後もみんなでつながってモチベーションを保ち、刺激を与え合い、協力しあえる仲間でありたいと思っています。 そういう場として、おうち保育園®協会を発足し、これからも会員のスキルアップとおうち保育園®の普及に努めて行く予定です。     第一回のミーティングは、会員の近況報告と、来月開業する保育ルームのお披露目&チラシのポスティングをみんなで協力して行いました。これもこれから開業する会員にとっては良い学び。 来月開業する保育ルームは、今までご家族で経営されていた洋品店の一部を改装して作ったところ。7~8畳のスペースが出来上がり、なるべくお金をかけず家族で協力して出来上がったその空間は、とっても居心地の良いものになっていました。近日、皆様にご覧いただけるこの保育室のHPもお知らせしますのでお楽しみに♪   <補足> おうち保育園®協会って何? ※「おうち保育園」とは、認定NPO法人あっとほーむの登録商標です。あっとほーむの開業講座を卒業した方で一定の条件を満たした方のみ利用できる商標で、現在は、認定NPO法人あっとほーむ、NPOチーム白幡、まぁみんちに加え、来月開業するKADOYAおうち保育園®のみに使用を許可しております。        

2015年3月6日 新しいあっとほーむ一緒に創りませんか?

no igame

こんにちは、小栗ショウコです。   少しずつ春の陽気になり、なんだかうきうきした気分になりますね。 あっとほーむでは3月決算のため、今年度の振り返りもしつつ、4月からの企画も進めております。振り返れば2014年度は、中高生や高齢者が保育に関わってくれたことで、こんな風に地域のみんなが顔見知りで、家族のような関係になることを目指したいと思えた年でした。   小学生までは居場所がある。だけど、中高生が気軽に立ち寄れて異年齢の人たちと交流できるところはほとんどありません。お友達にも家族にも学校の先生にも言えない悩みや不安、社会的な常識に反発したい気持ち、自分の体の変化に心が追い付かないなど、家族以外に話を聞いてくれて自分を褒めて叱って認めてくれる人がたくさんいればいるほど安定した日々を過ごせるのではないしょうか? 一人暮らしや高齢者でも、子どもたちのお世話をすることで自分の居場所を見つけることができるし、「明日も来てね」「また遊ぼうね」と言ってくれる地域の子どもがいることは、生きがいにつながると思うのです。   あっとほーむがこれまでやってきたのは夜ご飯をみんなで一緒に食べること。2015年度からはそれを少し広げて中高生も高齢者も、地域のみんなが家族のように夜ご飯を一緒に食べる場を目指そうと思います。今の場所から少しずつ活動を始めて、いつの日か理想の場所ができればいいなという私の想いを、オンデザインの西田さんが目に見えるようにしてくれました!   土地もお金もないけれど、2015年はいつかこんなところを創るために、支援してくれる人や一緒に活動してくれる人を探していきます。通ってきてくれている子どもたちに影響が出なように、現在の場所からそれほど離れない横浜市都筑区(中川~センター北)で、このような場を長期間賃貸契約で貸してくださる方がいましたら是非ご協力お願いいたします。具体的な土地面積、建築費、賃貸計画等準備しておりますので、お持ちの土地や建物を活用できるだけでなく、社会貢献になるステキなプランです。子どもたち、思春期の中高生、高齢者の生きがい作りと家族のような地域コミュニティ形成を、多くの皆様と共に創っていきたいと思います。  

2014年4月23日 クルミドコーヒーに行きました

20140423

こんにちは、小栗ショウコです。   今日はあっとほーむをスタッフにお任せして、西国分寺のクルミドコーヒーに行ってきました。 3月に開催された横浜ソーシャルビジネスフォーラムで基調講演をしたのが クルミドコーヒーの影山さんだったんですが、分科会に登壇する私たちは打ち合わせのため 影山さんのお話を最後まで聞けなかったので、コーディネーターの米田さんにお願いして 当日の関係者で影山さんに会いに行きました。     影山さんがカフェを始めた経緯や、何を大切にしているのかなど、 まっすぐに教えてくださって、やっていることは違えど、 考え方や事業のやり方にとっても共感をもちました。 きっと多くの人が、ここのカフェで過ごすことに喜びを感じ、 ここで働くことに誇りを感じるんだろうなと思います。 あっとほーむもそういう場を目指したいな。     影山さんと、横浜で活躍している事業家の皆さんと同じテーブルを囲むという、 とっても貴重な場をセッティングしてくれた米田さんに感謝です。