あっとほーむからの「お知らせ」

セミナー・イベント登壇

2016年2月27日 メンター終了!


こんにちは、小栗ショウコです。

 

2月26日、YOKOHAMA Changemaker’s CAMP 2015が終了しました!

CMC1

このお話をいただいた時から数えると約1年間、プログラムが始まってから半年、初めてのことで手探りでしたがなんとかやりきりました。

普段は、子どもに関わる起業を志す方のための講座をしていて、起業を建築にたとえると「いつか家を建てたいな~」「どんな家にしようかな~」「どういう土地がいいかな~」と、ゼロから新築の家を建てる作業をサポートしています。

が、このYOKOHAMA Changemaker’s CAMP 2015は、すでに事業をしてきた方が、これからの更なる飛躍を求めてきているので、さらによい家にするために建て増しをしようと取り組むプログラム。メンターとして彼らによりよい建て増しの方法をアドバイスするという難しいポジションでした。しかも、大学生のキャリア教育に介護職員向けの研修事業、家事代行のプラットフォームに、男の居場所×住宅補修という子育て支援とはまったく異なる4人のメンバーです。紆余曲折ありましたが、私のやれることはやりきりました。最後はみなさん自分の課題を解決できる糸口をつかめたようでよかったです。

 

 会場にいらした100名近くの過半数が男性だったことに驚き、ソーシャルビジネスへの関心度が男女関わらず若者から中高年まで幅広くあるんだなと思いました。10分時間をいただいたのであっとほーむの紹介や夜間保育の必要性を訴えておきました(^^)これから取り組むべきは、時間に関わらず働く人たちの支援です。社会インフラを支える医療・介護・教育・サービス業の人たちが、仕事と子育てを楽しく両立するために、地域で支える仕組みを広げていきましょう!

CMC2

 

« »

関連記事

2015年1月17日 「ママ」じゃなくて「私」として本音で話せる場

no igame

こんにちは、小栗ショウコです。   本日午前中は仕事&子育て両立サロンを開催。今月のテーマは「ママだって楽しみたい~周りの人を巻き込んで子育てしよう~」でした。4か月の赤ちゃんと6か月の赤ちゃん、1歳半、2歳半、5歳の子どもが集まりましたが、全員男子!そんな共通点もあって、みんなで盛り上がっちゃいました♪ こういう少人数のお茶会やママ友との集まりはたくさんあるけれど、話題の中心は子どもの成長のことになりがち。(あと、旦那さんお愚痴とか?)たまには自分の事とか仕事の事とかも含めて一人の「私」として話をする場が必要ですよね。何度も通ってきてくれる方のお子さんは「今日はお母さんのおともだちのところへ行かないの?」と毎週聞いてくるそうで、両立サロンに来ることを楽しみにしてくれていると聞いてとってもとっても嬉しかったです。今日参加した方はみなさん2月にも来てくださるということで、月に1回ここで本音で話せる仲間になってれるといいな~と思います。   両立サロンは今後も月1回ペースで開催予定です。 いつか結婚出産仕事を全部叶えたいという方も、 妊娠中の方も、 育休中の方も、 復帰して両立している方も、 子どもが中高生になって両立がほどよくできるようになってきた方も、 みんなでお茶しましょ。   2月の両立サロンは2/21(土)10:00~12:00・テーマは「復帰後の職場で上手に働き続ける」です。(テーマ以外のことで盛り上がることもあります♪)お申し込みはこちら。   ※今日は楽しく盛り上げりすぎて写真撮り忘れました(残念)      

2015年6月17日 女性が活躍する社会をデザインする

浜銀総研講演会

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。 今日は変なお天気でしたね〜!朝は太陽が出ていたのに、お昼にポツポツ降ってきたと思ったら、夕方には雨ざぁーざぁー土砂降りです。傘を持ってなくて困った〜〜という人も多かったかもしれませんね。 本日は小栗さんが浜銀総研さん主催の講演会で「女性が活躍する社会をデザインする〜子育て支援の現場から考える働きかた改革〜」というタイトルでお話しました。私も会場に同行。久しぶりの同行と、会場にお越し頂いたたくさんの人にドキドキしてしまいました。 今回の講演会の中では、小栗さんが17年間の子育て支援を通じ見て感じたことをもとに、企業と地域が連携し、働く女性たちやその子どもたちを具体的にどう支援していけばいいのかをお話しました。仕事も頑張りたい、子どもにも愛情いっぱい接したいという働くママたちの多くは、職場に申し訳ないと感じ、子どもたちにもさみしい思いをさせているのではと感じているのです。そんな彼女たちの想いを理解し、企業と地域の連携で、精神的にも経済的にも彼女たちを支えることができるんです。そして、仕事も子育ても楽しく両立するママたちの姿を見て、その子どもたちが後に続き、将来日本社会を背負って立つかっこいい大人が増えるんです。 去年あっとほーむが浜銀総研ビジネスウーマン・アワードで大賞を受賞した後も、浜銀総研さんにはBestpartner誌にあっとほーむを取り上げて頂いたり、今回もこんなに大きく素敵な会場で大勢の人へ向けお話する機会を頂いたりとあっとほーむの活動に共感し応援してくださっています。普段あまり接することのない分野の方々にもこうやってご支援頂けることは大変嬉しいことですし、私たちの活動もより多くの方々に広がっていきます。本当に感謝してもしきれません。 本日はあっとほーむの新しい活動『地域かぞくプロジェクト』の話もさせて頂きましたが、さまざまな方面からこうやってご支援頂けることを糧にして、あっとほーむスタッフ一同、より一層精進して活動して参りたいと思います。

2015年1月18日 子育てのサポートしたい!

20150118

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。 今日はお天気はいいけれど、まだまだ冷たい風が吹き付ける1日でしたね。でも、あっとほーむでは熱い気持ちを持った方々が集まり、部屋の温度もぐんと上昇していたように思います。   午前中は子育て支援起業講座の受講を検討している方を対象とした無料説明会&スタートアップセミナーでした。今日ご参加くださった皆さんは問題意識がすごく高い方ばかりで、自分が経験したことをもとに女性が働き続けられるよう子育ての手助けをしたい、子どもたちひとりひとりの日々の状況を見れるよう少人数で安心して過ごせる保育をしたい、子どもから高齢者までが生き甲斐を見つけられるみんなの居場所をつくりたいと今ある問題に対し、とても具体的に自分の想いを話してくださいました。 子育て支援起業講座は、資格や経験がない方も、まだ自分が何をやりたいかはっきりしていない方も、どうやって想いを具体的に事業化していけばいいかわからない方も、事業立ち上げに必要なことをゼロから学んでいけます。経験がなく不安だという方もぜひ一度、無料説明会&スタートアップセミナーに参加してみてください。日頃ご自身で考えていることや課題だと感じていることをわたしたちに教えてください。そこからみなさんの想いをカタチにする作業は始まるのです。   午後は11月に前半コースを修了し、今日から後半コースを始める方々が各自の事業の収支計算、必要書類の作成方法を学びました。せっかく自分の想いのつまった事業を立ち上げるのだから、事業継続につながる収支設定は重要です。起業や経営の経験がなくて慣れない作業にう〜ん...と数字とにらめっこしながらも、あっとほーむの収支計算書や必要書類を参考に、受講者同士でお互いにアドバイスし合いながら、たった数時間で収支計算の基礎を作っていきました。ここまで一緒に受講してきた仲間がいるからこそ、難しい作業を前にしても事業をカタチにするまで諦めずに進めるんです。次回の講座までに宿題もたくさんでましたが、Facebookやメールで励まし合い、情報交換しながら、また一歩事業の立ち上げに向かっていきます。受講生のみなさん、今日はお疲れさまでした!体調を崩しやすい時期ですし、今日は頑張ったご自身を誉めて、ゆっくりお休みしてくださいね。 これから子育て支援起業講座の様子は私も時々報告させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

2014年12月7日 4期生の前半コース終了!

4期生4日目

こんにちは、小栗ショウコです。   寒いですね~。冷えますね~。温暖な静岡沿岸部で生まれ育った私は、冬が来るたびにもう耐えられないと叫んでいます。 さて、そんな寒い中ですが、今日のあっとほーむは熱く盛り上がりました!   先週はおうち保育園®開業講座を春から受講している3期生の卒業でしたが、今日は秋から受講している4期生が前半の4日間を終えました。(日程的に来週受講する人もいます) この4日間は、思いっきり自分を見つめ、何をしたいのかしっかりとした軸を作る4日間で、「あんなに漠然としていた想いが、ここまで明確になるとは思ってもいなかった」「途中でくじけそうになったけど、自分の想いを聞いてもらったおかげで大きな気づきを得てやりたいことがはっきりした」「自分の想いを明確にして語ることが本当に大切なんだと実感した」という感想をいただきました。 ぶれない事業の軸を作ったら、今度はそれを事業化する。ということで、後半のコースは、明確にしたやりたいことをいかに事業化するか?を学んでいきます。     あっとほーむのようなところやってみたい! 働く女性支援をしてみたい! 次世代の子どもたちのために自分ができることをやってみたい! そんな想いを持っている方が、おうち保育園®開業講座を受講しています。あっとほーむのような夜間保育や学童保育を目指す人もいれば、生きづらさを抱える子どもと親の居場所を作る人もいるし、専業主婦の再就職支援の保育活動を目指す人もいます。事業内容は様々ですが、いつか子どもに関わる仕事をやってみたいな、できたらいいなという漠然とした想いを持った人が講座を受け、前半4日間でやりたい事を明確にし、後半5日間で事業プランを作っていきます。今まで専業主婦だった人も、会社員だった人も、保育士だった人も、20代でも50代でも大丈夫。みんな最初はなんとなく思っていたこと、漠然としていたことがちゃんと「これが自分のやりたことです」って自信を持って言えるようになります。 今年ももう残りわずか。来年こそはじめの一歩を踏み出してみてください。私たちは、ちゃんと共感して納得してくれた人に受講してほしい。だからまずは無料説明会へお越しください。お待ちしています。    

2015年1月25日 2015年、一歩踏み出した人たち

20150125

こんばんは、あっとほーむ事務局の阿部です。   本日は子育て支援起業講座の第5期生1月開始コースの初日でした! 午後1時から始まったこのクラスには男性2名、女性2名が参加され、茨城や神奈川の関東方面だけでなく大阪からの参加者もいらっしゃいました。以前に無料説明会&スタートアップセミナーでご一緒だった人もいて、なごやかな雰囲気で講座がスタートしました。 この子育て支援起業コースは、受講生がひとりひとり抱える想いややりたいことを明確にするところから始め、どのように事業としてカタチにするのか、周りの人に伝える技術を磨きながら学んでいきます。今日は普段受講生自身が気づいていない、ご自身の想いの根底に何があるのかをひも解いていきました。この作業が事業の軸につながるのです。   「自分が何をしたいか分からなかったが、少し見えてきてよかった」「自分の想いを再確認できた」「今まで自分の想いをうまく説明できなかったが、この作業を通して想いを論理立てて説明するためのヒントを得た」と感想を頂きました。 この講座でほかの参加者とコミュニケーションしながら自分自身を見つめ直すことで、自分一人ではなかなか見つけられない想いに気づいていきます。次回の講座までに宿題も出ましたが、参加者同士励まし合って、情報交換しながら進めていきましょう。 今日はお疲れさまでした。   「働く女性のために」 「子どもひとりひとりに向き合うために」 「子どもが安心して過ごせるために」 「地域のために」など、 様々な想いを持っている方たちがあっとほーむの子育て支援起業講座に参加されています。第5期は2月、4月にもコースがあります。自分の想いをカタチにしたいと考えている方、想いはあるけど自分が何をすればいいか分からない方、まずは無料説明会&スタートアッップセミナーへご参加をお待ちしています。 そして、すでに説明会にご参加いただき迷っている皆様、一歩踏み出した仲間があなたを待っています。是非この春、あなたの想いを明確にする一歩を踏み出してください。   無料説明会&スタートアップセミナーへのお申し込みはこちら すでに説明会にご参加いただき、お申込みの場合は事務局までお知らせください。