あっとほーむからの「お知らせ」

セミナー・イベント登壇

2016年3月10日 小1の壁講演


 

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。

 

 

昨日3月9日は、企業様にて「小学校入学までに知っておきたい大切なこと」という題で、小栗さんと、書籍共著出版をされた松蔭大学准教授・田中聖華さんが登壇されました。

 

 

今回お話させて頂いたのは、大手金融システムのインテグレーター企業様。男女ともにはたらきやすく、活躍できるようにと、従業員の方を支援する体制を整えていらっしゃる大手の企業様です。

 

自身も働きながら子育て中という担当者さんとの事前打ち合わせでも、様々な取り組みと従業員の方々の声を伺いました。今回は今春、来春小学校入学するお子さんをお持ちの従業員の方を中心として、「小1の壁」の不安を払拭して、子どもたちも働くパパママ自身も変化がめまぐるしいこの時期も、安心して仕事に集中できるようにと小栗さんへ講演の依頼がありました。

 

最近、こんなふうに働く人のことを考えて、様々な取り組みや改善を行っている企業様から講演やセミナー開催のご依頼が増えてきました。中には小栗さんと田中さんの共著『だれもおしえてくれなかった ほんとうはたのしい仕事&子育て両立ガイド』(ディスカヴァー・トゥエンティワン、2013)を読んで、「勇気づけられた。同じ職場で働く人にも伝えたい。」とお声をかけてくださった企業さんもあります。

 

講演では、小栗さんが18年間子育て支援者として、子どもたちやママパパに寄り添ってきたからわかる子どもたちの変化や不安、そしてその解決法をたくさんの事例をまじえてお話しました。

あっとほーむを利用してくださる保護者の方々は医療、介護、行政、メディア、教育関係などで社会を支える大切な仕事をしている方々です。子どもに愛情いっぱい接したい、社会の役にたちたいと出産後もキャリアをあきらめずに、たのしく仕事と子育てを両立してきたロールモデルを紹介しました。

 

小学校入学前だけでく、その後もずーっと子育ては続いています。現在だけでなく、子どもたちの将来の変化を分かって今どんな対応をするかが大事になってきます。保育園のときから思春期をすぎた子どもたちまでを保護者と共に見守り、保護者の方々とも密に信頼関係を築いてきた小栗さんだから伝えられることばかりのお話でした。

  

そして、あっとほーむの元ご利用者でもあり、働く女性のロールモデルの一人である田中聖華さんの声も届けました。キャリアデザインや組織開発研究をしている田中さん。今回はママとしての経験や両立のコツをお話してくださいましたが、小栗さんとともに企業で働く方々が輝く働き方セミナーを企画し、その中では両立セミナーに加えて、専門家として管理職の方々に向けたセミナーも担当してくださいます。

 

小栗さんは子育て支援と働く女性支援の視点。田中聖華さんはキャリアデザイン、組織開発の視点。お二人の専門分野を交えることで、対策や制度を立ててもうまく運用できない、なかなか不満の声がなくならないと悩みをもつ企業様の課題を一緒に解決していけるようにご提案しています。

お悩みの方がいらっしゃたら、ぜひお声をかけて頂ければと思います。

 

11418552_1007804792639453_333841540_n

« »

関連記事

2015年2月16日 ソーシャルビジネスセミナー登壇

ソーシャルビジネスセミナー

こんにちは、小栗ショウコです。   2月13日(金)、日本政策金融公庫×神奈川県主催のセミナーでお話しさせていただきました。 金融公庫の方からはソーシャルビジネスとは何かと言う講義を聞くことができて、こういう知識をもっと前に知りたかったなと思いました。(でも、ソーシャルビジネスという枠組で活動してきた人たちの調査や統計を取って研究をしているので、後追いなんですよと言われましたが) これからソーシャルビジネスを志す人、すでにNPOで働いている人などが参加していたようで、微力ながらお役にたててよかったです。     当日の 新聞記事(神奈川新聞)    神奈川県が関わっているので、最後はかにゃおが来てくれて楽しい時間になりました。  

2015年4月5日 起業支援しています

5期集中コース

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。   先週あたたかい日が続き桜が満開になりましたが、数日前からの強風や雨で花びらがどんどん散っていますね。もうちょっとゆっくり桜を愛でて、春の訪れを楽しみたいよ〜と感じているのは私だけではないと思います。   さて、昨日と今日は、子育て支援起業講座集中コースを開催しました。いつもでしたら何ヶ月と時間をかけて受講・修了する起業講座ですが、今回は遠方の人が参加しやすいように土日に連続して講座がありました。また、いつも事務局として受講生のみなさんの様子を講座の外側から見ている私ですが、今回は社会人インターンとして講座を受講しました!私の場合は子育て支援ではないけれど、受講されるみなさんと同じように、私も将来働く女性支援事業をしたいと考えています。 今回一緒に受講した方は滋賀県から来てくださっています。先日開催したファン度アップセミナーや、起業講座第4期生のプレゼンテーション&修了式にも参加して頂いた方で勉強熱心で問題意識が非常に高い方です。講座中も休憩中もゆっくりお話をさせていただきましたが、いろんな経験をされて実績もあり、本当に人生の先輩と呼べる方です。 そんな尊敬できる方とともに受けた講座でしたが、オブザーバーとして講座を聴くのとは全く違い、一緒に受講する方の意見や感想をもらったり、自分の考えを言葉にして伝えることで気づきがたくさんありました。最初は自分の想いや考えを言葉にするだけでも難しかったのですが、自分の中でもやもやっとしていた事業のカタチが講座が進むにつれてはっきりしてくるのが実感できました。なんだか、「大丈夫だよ、あなたもできるよ」と背中を押してもらったような感じです。だからかな。諦めないで取り組もうと思えるようになりました。 今回は講師である認定NPO法人あっとほーむ代表・小栗さんを2人で独占するという、とてつもなく貴重で贅沢な2日間でもありました。小栗さんやサポートしてくださった事務局長、一緒に受講しただけでなく、いろんな意見をくださった受講生の方に感謝いっぱいです。社会人インターンとして働きながら学ぶ今を大切にしたいなと改めて感じました。

2014年12月21日 みんなでスキルアップ!

20141221

こんにちは、小栗ショウコです。   今日はおうち保育園®協会の第3回定例会。おうち保育園®協会は、子育て支援起業講座を卒業した方のうち、今後もみんなでつながってスキルアップしていきたいという方で構成されています。今回は会員からのリクエストもあり、私が日ごろの保育で心がけていることや、それをどのように考えて実行しているかという思考方法をお伝えしました。 協会会員には保育士歴20年近くの人もいるので、私の話をきっかけにして、みんなで教え教わるという時間も取ったから、大いに盛り上がり、更に学びを深めることができました。   子育て経験も、保育経験も、事業の経験も、どんなに長い経験があっても他の人の意見を素直に聞いて自分の活動に取り入れてみる、それを自分だけのものにしないで次世代に伝えていく。そういう繰り返しが社会を創っていくことだと思います。 おうち保育園®協会では、これからもみんなでスキルアップしていける場を作っていきます。   いつか事業したいな、自分でやってみたいな、地域の親子のために何ができないかなと思ったら子育て支援講座へ、 卒業後はおうち保育園®協会で引き続きスキルアップしていきましょう。心強い仲間があなたを待っています。        

2015年9月5日 起業家のメンターしています

no igame

こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。 今日は昨日の土砂降り雨が嘘のようないいお天気でした。夏の終わりを惜しむように、太陽も最後にがんばっている様子で暑い1日になりましたね。    さて、そんな変化の大きいお天気が続いた二日間、私は小栗さんがメンターを務めるYokohama ChangeMaker’s CAMPに同行しました。 前回のプログラム初日、フィールドスタディーであっとほーむに来てくれたソーシャルビジネス起業家さんたち。今回は、一泊二日の合宿形式のプログラムに参加しました。   ※写真は合宿2日目のランチ後の集合写真。メンター、起業家の皆様、スタッフの皆様で。     このプログラムのすごいところはなんといっても、社会課題を持ち、経験もノウハウも人脈も持つメンターから直接アドバイスをもらえること。 そのメンターの一人である小栗さんは、チームの起業家さんそれぞれの個性や想いを汲み取り、本当に何がやりたいのか、どうやったら各自の想いをカタチにし事業として継続させることができるのか、どんどんアドバイスをしていきます。だから、ひとりで悩んでいたら絶対に出てこない解決策がぽんっと浮かび上がってくるんです。   今回のプログラムは同じく共通の課題認識を持つ仲間を得て、独自に持っていた情報をシェアしたり、人のつながりをつくったり、お互いの事業を高め合いながら発展していくことができるのが特徴です。 これは、まさに私たちあっとほーむがおうち保育園(R)協会で全国の子育て支援事業者が切磋琢磨しお互い支え合えるネットワークをつくっている理由と同じです。 ビジネスには浮き沈みがありますよね。うまくいかない時、事業者の不安や辛さを誰が理解し、良きアドバイスをしてくれる仲間がいるのはとても心強いことでだからです。   合宿の最後に次回までのアクションを宣言した起業家のみなさん。 私のアクション宣言は、昨日、今日と学んだことをまずはあっとほーむの活動に活かしていくこと!いい報告できるよう頑張ります。 では、次回のYokohama ChangeMaker’s CAMPレポートをお楽しみに!

2014年11月30日 私たち、起業します!

3期生卒業式

こんにちは、小栗ショウコです。   本日、子育て支援開業講座(おうち保育園®開業講座)の卒業式を開催しました。 春から受講していた3期生6名が、自分らしい事業がどんなものなのか、家族や友人を含めた皆さんの前でプレゼンテーションをいたしました。3期生は全員が保育士資格保持者か経験者。長い保育経験から現状の課題を肌で感じ、地域の子どもたちのためにより良い保育を提供するために自分に何が出来るだろうかと考えに考えて事業計画をしてきました。講座を受け始めた時は人前で話をすることに自信がなくて自己紹介すら声が震えていた人が、今日は見違えるほど堂々とお話をしていました。また、受講中に自分の想いや一緒に立ち上げる家族の想いがかみ合わなくて心が折れそうになっていた人は、それでも自分の想いを発信しつづけたことで協力者を得る事が出来て、すぐに事業開始できるまでになりました。更に、お友達と一緒に事業化を目指していた人は、自分たちで行政や地域の人に自分たちの想いを発信したことで保育ができる一軒を借りることになり、行政の補助金をもらいながら事業を開始することができるようになりました。   彼、彼女たちが最初から人より秀でた能力があったわけではなく、今まで気づかなかった自分の才能や能力に気づき、その結果を今日のプレゼンテーションの場で発揮することができたのです。この講座を受けたときは、みんな想いは漠然としていました。でも、今の子育て支援の状況や自分の生き方に疑問を感じ、何か自分でできることがあるのだろうか、あるとしたらそれが何なのかはっきりできたらいいなという小さな期待を胸に抱えて受講を決意した。その決意が今日につながったのです。 3期生は今日で卒業ですが、すでに受講している4期生7名、1月からの5期生(応募受付中)が続きます。     3期生にとってはここからがスタートです。今度は起業までおうち保育園®協会でサポートしていきます。 プレゼンテーション終了後のみんな、ほんとにいい笑顔。 本当にお疲れ様でした!そして、卒業おめでとうございます!   私も受講してみたいなと思う方は、まずは無料説明会へどうぞ。 現在12月、1月の説明会に参加申し込み可能です。