あっとほーむからの「お知らせ」

メディア掲載

2016年6月6日 小学生の夏休みの過ごし方


こんにちは、小栗ショウコです。

 

先月取材を受けた内容が雑誌に載りました!

主婦と生活社の「CHANTO」創刊2周年大感謝SPです。

DSC00382

 

働くママ向け雑誌なので、直前に迫った小学生の夏休みの壁の乗り越え方を特集して、専門家として登場しています。

DSC00384

 

保育園とは違い夏休みがある小学生。夏休みで子どもは大きく成長しますので、パパママの手を少し離してどんどん冒険させてくださいね。

小学生の夏休みの過ごし方、詳しく聞きたい!という方は、「ほんとうは楽しい仕事&子育て両立サロン」へご参加くださいませ。お待ちしています。

 

 

« »

関連記事

2015年1月27日 働くママたちのこと

HP写真

こんにちは、小栗ショウコです。   日経DUALにあっとほーむをご利用しているママが載りました! DUALの記事は仕事のこと中心に書いてありますが、私からは彼女の子育てを15年間見て感じたことを補足しておきます。 当時0歳だった長男君を連れてきたのが15年前。初めて長男君を保育した時のことが今でも鮮明に目に浮かびます。ぐっすり寝ているままお預かりして、目が覚めた時ママがいないことに驚くかと思ったけど、なんとパッと目をあけてにっこり、本当にに~~~っこり笑ってくれて、そのままずっとニコニコで初めての保育を終えました。 保育園に入園後は、保育園へのお迎えと夜間保育をしていて、日経DUALの記事に書いてある通り、思い返せばママの仕事はその当時が一番ハードだったのかもしれません。でも、パパママどちらかが必ず21時までにあっとほーむに来てくれて、家では子どもが寝付くまで毎日絵本を読んでいることも、毎日時間をかけて家族みんなで楽しく朝ごはんを食べることも、子どもが3人になった今もずっと続いていることを私は知っています。 保育園のイベントも、小学校のイベントも、長男君のハードな部活の応援も、必ずパパママのどちらかが都合をつけていくのが当たり前という感じでやっているし、休日は家族みんなでお出かけしたり遊んだりしている様子もよく見聞きします。   すごいなと思うのは、彼女だけでなくあっとほーむを利用してくれるパパママたちのほとんどが、どんなにハードな仕事でもいつも笑顔であっとほーむにお迎えに来ることです。きっとね、仕事をしていると時間的にも精神的にも肉体的にも辛いときがあると思います。特に働く女性にとっては、「子どもが小さいのに働くなんて」とか「人に預けてまで働くなんて」という周囲からの非難や、働き続けていいんだろうか?という自分自身への葛藤もあるでしょう。そういう中で働いていても、あっとほーむに子どもをお迎えに来るときのママたちは、みんな笑顔なんです。それってね、当たり前のようで当たり前ではないと思うのです。毎日それができるって本当にすごいことなんですよ!!そんなママたちのこと、私は本当に尊敬してしまうし、これからも応援していきたいなと思います。  

2009年7月26日 企業診断「市民起業家という生き方」

logo_new

月刊誌に4ページ掲載されました。 2009/07/26

2015年5月8日 浜銀総研 BestPartner誌に掲載されました

浜銀総研BestPaetner

浜銀総研 Best Partner誌に5ページにわたり掲載していただきました。   この取材に来てくださったのは浜銀総研担当者さん、ライターさん、カメラマンさん、そして出版社の担当者さん。取材後も、あっとほーむからは事務局メンバーの阿部さんが担当者と文章や写真の事などで何度もやり取りをしてくれました。普段私たちが何気なく手に取っているものは、こうしていろんな人の想いと時間と能力をかけて作られている。そんな目に見えないたくさんの人の努力があるってことを、あっとほーむの子どもたちにも伝えていきたいと思います。

2005年1月1日 全国自治体向け子育て情報誌 「子育て、深呼吸」

070614_1624~02

子育てに関して、がんばりすぎないで私たちのような身近な保育者などに気軽に頼って!というコラムを書きました。 2005

2015年1月7日 LEE2月号に掲載されました

LEEあっとほーむ掲載記事

こんにちは、小栗ショウコです。   本日発売の女性ファッション誌LEE2月号「今、学童に何が起こっているの?」という特集で掲載されました。 この取材、ジャーナリストの猪熊弘子さんとの対談で、集英社でおこなったんですが、猪熊さんも編集者さんもカメラマンさんもライターさんもみなさん自分の意見を気持ち良いテンポでお話ししてくれて、とっても楽しい取材でした。何度も文章の確認が入り、きちんと情報発信したいんだという姿勢も感じられた心に残る取材でした。