あっとほーむからの「お知らせ」

メディア掲載

2016年6月6日 小学生の夏休みの過ごし方


こんにちは、小栗ショウコです。

 

先月取材を受けた内容が雑誌に載りました!

主婦と生活社の「CHANTO」創刊2周年大感謝SPです。

DSC00382

 

働くママ向け雑誌なので、直前に迫った小学生の夏休みの壁の乗り越え方を特集して、専門家として登場しています。

DSC00384

 

保育園とは違い夏休みがある小学生。夏休みで子どもは大きく成長しますので、パパママの手を少し離してどんどん冒険させてくださいね。

小学生の夏休みの過ごし方、詳しく聞きたい!という方は、「ほんとうは楽しい仕事&子育て両立サロン」へご参加くださいませ。お待ちしています。

 

 

« »

関連記事

2014年12月11日 タウンニュースに掲載されました

タウンニュース

こんにちは、小栗ショウコです。   タウンニュース、都筑区版「人物風土記」に掲載されました。 タウンニュースさん、以前も神奈川県子ども子育て支援奨励賞を受賞してすぐに連絡してきたけど、どこから情報入手するんだろう?とびっくりしてしまいます。今回も浜銀総研のビジネスウーマンアワードで大賞をとったということで取材依頼がありましたが、その速さがすごかった!私が実感する前に連絡→取材→掲載→配布です。2時間の取材であっという間にこの文章にまとめる能力、素晴らしいです。 タウンニュースネット版はこちら  

2014年4月14日 小4は大人の階段のぼり始める時期ー日経DUAL連載第2回

no igame

日経DUALさんでの連載2回目がアップされました。 1回目の小1の壁の反響はすごかったらしく、今でもいいね!やリツイートが増えています。   続く2回目は小4の壁。 男女の差は少しあるけど、小4は親からの自立がキーワードになってきます。 今まであれほど言ってもできなかったことが、そんなに言わなくてもできると言ったり、 (親からみたらできてないままだけど) でもできなくて結局最後は親に頼ってきたりするから、 「だから最初に言ったじゃない」とか「最初から言う通りにすればいいじゃない」と ついつい怒りたくなるようなことが増えてくるでしょう。 でもね、子どもがなんとか自分でやろうと思う、その気持ちを大切にしてあげてください。 「なんにもできない」から 「なんとか自分でやろうとする気持ち」を持ち、 失敗を繰り返しながら、気持ちだけでなくなんとかやろうとする姿勢も ちょっとずつだけど見えてくるでしょう。   4年生からは身体的にも大きく変わる時期でもあります。 心と体の変化をうまく受け止められないもどかしさは、本人が一番感じることでしょう。 子どもから大人の階段をのぼり始める大切な時期だから、 自分に自信を持てるようにサポートしてあげるとよいと思います。   誰かにわが子を褒められたら「そんなことない、何もできない」などと言わずに、 「褒めてくれてありがとう」「そうなのよ、そこがこの子のよいところなの」って言ってくださいね。 自分が誰かに褒められて、親がそれを認めている様子を見ると、子どもはとっても嬉しいし、 それが成長を促す大きなきっかけになりますよ。    

2008年6月8日 TBSラジオ「メイコのいきいきモーニング」

1468545_120x90

あっとほーむが紹介されました。 2008/06/08

2015年5月8日 浜銀総研 BestPartner誌に掲載されました

浜銀総研BestPaetner

浜銀総研 Best Partner誌に5ページにわたり掲載していただきました。   この取材に来てくださったのは浜銀総研担当者さん、ライターさん、カメラマンさん、そして出版社の担当者さん。取材後も、あっとほーむからは事務局メンバーの阿部さんが担当者と文章や写真の事などで何度もやり取りをしてくれました。普段私たちが何気なく手に取っているものは、こうしていろんな人の想いと時間と能力をかけて作られている。そんな目に見えないたくさんの人の努力があるってことを、あっとほーむの子どもたちにも伝えていきたいと思います。

2017年5月3日 浜銀総研政策提言に掲載されました

浜銀総研政策提言1

浜銀総研 政策提言第6号 女性起業家によるイノベーション促進に向けた課題 に、あっとほーむカレッジについて書いていただきました。       中身はこちら↓   この政策提言全体で訴えているのは、起業時だけでなく起業後にも支援が必要で、それは創業何十年経っていても新製品を出したり時代に合った改革をしたりするときにも必要だよってことです。 今は起業ブームで、いろんな人が起業支援をしているけど、継続してからも相談できて、事業を発展させるために一緒に考え取り組んでくれる仲間を作れるかどうかが大切です。すでに起業している人は、是非一人で悩まず、信頼できる人に相談して、一緒に活動してくれる人を見つけましょうね。 あっとほーむカレッジを卒業して、おうち保育園Ⓡ協会に加入した方には、もれなく信頼できる仲間がついてきます(^^)