あっとほーむからの「お知らせ」

セミナー・イベント登壇

2016年9月10日 都筑区・小1の壁セミナー


こんにちは、小栗ショウコです。

 

今日は都筑区主催の講演会「小学校入学前に知っておきたい大切なこと」でお話をしてきました。

この講演会、昨年に引き続き2年目となります。

まだまだ待機児童対策に力を入れないといけないけれど、対策をしているうちに子どもはどんどん成長します。希望するすべての子どもが保育園に入れるようになった頃には、子どもは小学生で、今度は放課後の居場所をどうしようとか、働き方はどうすればいいのかと考えなくちゃいけません。行政が先頭を切ってこの問題に予算を取って区民のために講演会を開催するのは本当に異例です。都筑区でこの講演会の企画をした人、ほんとにすごいです。

入学前に同じ学校になるパパママたちとの交流もできるし、何よりもちょっと先輩のパパママたちから生の声が聞けるのがミソ。他の自治体でも是非真似して欲しいです。

都筑区小1の壁記録

今日は65名の参加者の皆さんが楽しく真剣に情報交換していました。

残り2回も精一杯ファシリテートさせていただきます。

 

ーーーーーーーー追記ーーーーーーーーーーーーーーー

3回のセミナーも無事に終わり、合計200名近くの方が参加してくださいました。

都筑区の報告はこちら

区長や市のこども青少年局、幼稚園の園長先生など、見学者も多くいらしてくださり、来年度1年生の子を持つ保護者をみんなでバックアップしていく姿勢が感じられました。本当に素晴らしい取り組みだと思います。

最後に、このセミナーを中心になって運営してくださった都筑区の職員の皆様と記念撮影。(私の隣の笑顔がステキな女性は、「ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド」共著者であり、あっとほーむの働く女性支援事業を支えてくださってる松蔭大学順教授の田中聖華さんです)

皆様、ステキな機会をありがとうございました。

都筑区小1の壁集合写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« »

関連記事

2015年2月16日 ソーシャルビジネスセミナー登壇

ソーシャルビジネスセミナー

こんにちは、小栗ショウコです。   2月13日(金)、日本政策金融公庫×神奈川県主催のセミナーでお話しさせていただきました。 金融公庫の方からはソーシャルビジネスとは何かと言う講義を聞くことができて、こういう知識をもっと前に知りたかったなと思いました。(でも、ソーシャルビジネスという枠組で活動してきた人たちの調査や統計を取って研究をしているので、後追いなんですよと言われましたが) これからソーシャルビジネスを志す人、すでにNPOで働いている人などが参加していたようで、微力ながらお役にたててよかったです。     当日の 新聞記事(神奈川新聞)    神奈川県が関わっているので、最後はかにゃおが来てくれて楽しい時間になりました。  

2015年4月9日 ACBEEシンポジウム報告書

ACBEE記事

こんにちは、小栗ショウコです。 2015年3月11日に開催されたACBEEシンポジウムの報告書が送られてきました。このシンポジウムでは、坂東真理子さんの基調講演を一番前の席で聞くことができてとっても感激しました。よい機会をくださったアートフォーラムあざみ野館長とACBEE関係者の皆様に感謝いたします。

2012年9月8日 [終了しました]ワーママライフハック 「私たちの働き方を考えよう」(2012/9/8開催)

profile

トークセッションゲストとして登壇致しました。 http://www.wmlifehack.info/socialevent01/

2015年10月5日 ディスカヴァー出版社でのセミナー

S__6766599

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部です。   昨日の暑さはどこへやら、今日は肌寒く長袖シャツを着てちょうどいい一日でした。     さて、本日私は、 ディスカヴァーさんの30周年記念イベントで、小栗さんと田中聖華さんが『育児ママ&仕事復帰したいママのためのワークショップ』を開催するということで、お二人に同行させていただきました。   原宿駅から5分のところにある会場には、ディスカバーさんの書籍が並べられていました。もちろん、小栗さんと田中さんの共著『だれも教えてくれなかったほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド』も置かれており、手にとって見てくださる方もいらっしゃいました。   今日は小さなお子さんを連れたママたちもたくさん参加されていました。参加者のみなさんには4−5人のワークの中で、これから仕事復帰を考えている中で不安なことをお話してもらいました。同じような不安を抱えるママ同士、意気投合している場面も見られました。   私のグループでは、仕事と子育てでいっぱいいっぱいになってしまわないか、子どもたちに笑顔で接することができるか不安という声や、子どもの預け先や子育てのサポートを得られるのかという声、子育てや家事も行いながら時間の制限がある中で、仕事で成果を出していけるかという声も聞かれました。そして、みなさん「うんうん、そうだよね」とうなずき合っていました。   そんな多くのママたちが抱える不安をどう払拭していけばいいのか、 あっとほーむの事例を交え、仕事と子育ての両立を楽しむコツを小栗さん、田中さんから参加者の方々にお伝えして、イベント終了。1時間という短い時間でしたが、とっても内容の濃いワークショップだったと思います。   このイベント参加したかったー!という方。大丈夫です。あっとほーむでは毎月仕事&子育て両立サロンを開催していますので、こちらにご参加頂けますよ。   次回の両立サロンは10月31 日(土)10:00〜12:00、参加者のみなさんの気になるテーマを持ち寄っていただけます。お子さん連れでご参加可能です。気軽に少人数でお話できる両立サロンのお申し込みはこちらから。

2016年3月29日 地域で伸ばす子どものチカラ

大石さん講演

こんにちは、小栗ショウコです。   3月27日(日)は、あっとほーむとおうち保育園Ⓡ協会主催の基調講演「地域で伸ばす子どものチカラ」を開催しました。 ゲスト講師は大石稜子さん。私にコーチングゲームを教えてくださった方ですが、実は一目会ったそのときから大石さんの優しさに惹かれていました。そんな大石さんから得られることを私だけではなく、もっと多くの人に伝えたいと思いお招きしました。   すぐに参加者の心をつかむ優しいまなざしにお声がけ、魅力的な講演内容にみんなが笑顔に! 多くの学びを得たと参加者からも嬉しい感想をたくさんいただきました。 コーチングや講演のテクニックではなく、大石さんご自身のお人柄でみんなを笑顔にして学びを深める姿に、こうありたいと思いました。   さて、この会は「キレイなお姉さん」こと阿部さんの司会で進行。   基調講演の後はあっとほーむの子育て支援起業講座7期生の卒業プレゼンです!働くママのの心のケアを目指す山本さん。   夜の世界で働くシングルマザーの子どもたちに、正しい生活リズムや規律、チャンスを与える活動を目指す飯窪さん。   そして、子育て支援起業講座を卒業し、開業したお二人のトークサロン。 みんな最初は「できるかわからない」「私には無理かもしれない」と考えていました。でも、同時に「やってみたい」という想いを抱いて受講をしてくれました。すると講座が進むにつれ、だんだんと「私にもできるかも!」と思うようになります。それは、講座の中で受講生自身がもっている可能性を引き出すからです。あっとほーむのようなお迎え付き夜間保育を目指してきても、その人自身の可能性を引き出していくと、もっと違う形で地域の親子を支援するほうが良い場合もあります。私たちの講座では、受講生の可能性が最大限に発揮できる事業の形を共に考えていくものなのです。 だから講座を卒業した仲間でも、みんなが同じ事業をしているわけではないんですね。そんな風に自分の可能性を活かして事業を開始した仲間が、みなさんの地域にもいます。まだまだ全国の働く女性、親子を支えるには少ないです。私もやってみたい!という方は是非あなたが立ち上げてください。私たちがお手伝いします。