あっとほーむからの「お知らせ」

代表ブログ

2016年10月3日 出来ないことはいっぱいあるけれど


こんにちは、小栗ショウコです。

 

数週間前には覚えているのに、毎年当日に「はっ!!!今日は10月1日!!」と思うのが定番になっているマヌケな私。

今年も当日の夜思い出しました。

10月1日は、あっとほーむの創業記念日です。

満18年。19年目に突入したわけですが、本当にあっという間。

 

 

あっとほーむをはじめたとき、社会を変えてやる!!とか、起業して成功してやる!!とか、そんな強い思いを持っていたわけではありません。

 

約10年勤務した会社を退職した後考えました。

あのまま結婚して子どもを育てていたら、シフト勤務の私には実家のように頼れる人がいなかったらきっと仕事は続けけられない。

だから同じ地域で働く女性の役に立ちたい。

そのために私が出来ことをはじめました。

 

 

 でもね、私には出来ないことがいっぱいあって、出来ることのほうが少ないんです。

それでも私に出来ることを見つけて、コツコツと積み上げてきました。

 

 

あのまま会社員だったらきっと困っていただろう私のために、

同じ理由でこの地域で今困っている働く女性のために、

そして、縁あって出会った子どもたちのために、

私が出来ることをやる。

 

 

 

19年目に突入した今日も、そんな気持ちで頼れるスタッフと共にあっとほーむを開けます。

どうぞ皆様、これからもよろしくお願いいたします。

 

小栗ショウコ

 

« »

関連記事

2014年4月3日 「小1の壁」は親より子どものストレスを気にかけて-日経DUAL連載

日経DUAL

こんにちは、小栗ショウコです。 今日から日経DUALさんでの連載が始まりました。 【第一回】「小1の壁」は親より子どものストレスを気にかけて 2014/4/1公開   本文中に書いてあるように、子どものストレスを気にかけてほしい。 そして、パパママだって新年度でいつもと違う職場やいつもと違う仕事内容になる人もいて、それだけでもストレスなのに、保育園時代とは違い登下校の心配や保育園よりも早い時間にお迎えに行かなくちゃいけないというプレッシャーなど、ストレスがたまる人が多いと思います。 だから、この時期は「親も子もストレスをきにかけて」。   親だって大変。 大人だから、親だからっていろんなことうまくできるわけじゃないからね。 そして子どもも大変。 だから一人で頑張りすぎないで、夫婦だけで頑張りすぎないで、どんどん周りに頼ってくださいね。  子どもは、たくさんの子どもと大人と関わることで、どんどん成長していきます。   小栗ショウコ  

2014年9月14日 生きるエネルギー

no igame

こんにちは、小栗ショウコです。   今日は思いがけず保健学の先生の講演を聞く機会があり、人の脳神経細胞の活性化について共感することがありました。 脳神経細胞・・・って、最初からそんなキーワード出されたら難しそうって思って聞けなかったかもしれないけど、今日の先生はとってもパワフルでおもしろおかしくお話ししてくれて、最後まで楽しく聞くことができました。 結局、人の脳神経細胞を活性化するために必要なのは「人とのつながり」だそうです。友人や家族とのコミュニケーションから元気をもらうことで、脳が活性化し、生きるエネルギーがわいてくる。そうですよね、ほんとうにそう思います。   人は一人では生きていけない。誰とも会わず、会話もせず生活することは、生命維持はできるかもしれないけど、生きるエネルギーはわいてこないのです。 だから、家族や友人、地域の人とのコミュニケーションを取ることで、自分の生きている価値や生きる力をつけているんだと思います。仕事も同じ。報酬をいただく仕事もあれば、無報酬でおこなう自治会やPTA活動も、自分のやったことで誰かが喜んでくれたり助かったと言ってくれることで、報酬だけでない喜びと生きている価値と力をもらうことができるんです。家族や親族、地域、世界へとその活動の幅を広げていくことで小さな喜びからだんだんと大きな喜びへとつながり、生きるエネルギーを取り込むことができるのでしょう。   子どもたちに、家族という小さな組織から大きな世界へと飛び立ってほしいと願うように、大人になっても家族だけでなく地域や社会へ飛び立って行けばいいのです。それが生きるエネルギーになるのだから。男性でも女性でも、結婚していてもしていなくても、子育て中でもそうでなくても、思い込みや何かにしばられることなく、自分の可能性ややりがいを求めて他人や社会とつながることが、生きる力になるんですよね。   家族に必要とされる喜び、役立つ喜び、 それを、親族、友人、地域、社会へと広げていくほど、どんどんエネルギーが増えていき、それが今度は自分の大切な家族や友人たちにエネルギーを与えることができるという良い循環が生まれるのでしょう。自分の生きるエネルギーのために人とコミュニケーションを取ることは、相手にも周りの多くの人にも良いエネルギーを与えることになるのだから、どんどんエネルギーを増やしていくのがいいんだろうなと思いました。   私ができることは、日々あっとほーむで子どもたちからエネルギーをもらい、それをまた子どもたちに返していく。それを多くの人に伝えることでみんなが幸せを感じられればいいなと思います。     会場は先日訪れた水月ホテル鴎外荘。 おいしいランチをいただき、先日買わずに後悔したおいしい”鴎外ワイン”をいただきながら、良い気分で今日を振り返ることができました。鴎外荘のおかみさん、今日もステキなおもてなしありがとうございました。  

2014年5月25日 いよいよ「おうち保育園®」広がります!

おうち保育園®協会第一回ミーティング

本日、あっとほーむの子育て支援開業講座を卒業した方のうち、今後もみんなでつながってスキルアップしていきたいと言う方で構成される、おうち保育園®協会の第一回ミーティングを開催しました。   何でもそうですが、勉強している時ってとっても盛り上がりますが、終わってしまうと日常の業務に追われてその時の気持ちが薄くなっていきます。 あっとほーむの開業講座は、その時だけわ~っと盛り上がり「はい終わり」ではなく、その後もみんなでつながってモチベーションを保ち、刺激を与え合い、協力しあえる仲間でありたいと思っています。 そういう場として、おうち保育園®協会を発足し、これからも会員のスキルアップとおうち保育園®の普及に努めて行く予定です。     第一回のミーティングは、会員の近況報告と、来月開業する保育ルームのお披露目&チラシのポスティングをみんなで協力して行いました。これもこれから開業する会員にとっては良い学び。 来月開業する保育ルームは、今までご家族で経営されていた洋品店の一部を改装して作ったところ。7~8畳のスペースが出来上がり、なるべくお金をかけず家族で協力して出来上がったその空間は、とっても居心地の良いものになっていました。近日、皆様にご覧いただけるこの保育室のHPもお知らせしますのでお楽しみに♪   <補足> おうち保育園®協会って何? ※「おうち保育園」とは、認定NPO法人あっとほーむの登録商標です。あっとほーむの開業講座を卒業した方で一定の条件を満たした方のみ利用できる商標で、現在は、認定NPO法人あっとほーむ、NPOチーム白幡、まぁみんちに加え、来月開業するKADOYAおうち保育園®のみに使用を許可しております。        

2014年4月24日 東京タワーを見ながら打ち合わせ

20140424

こんにちは、小栗ショウコです。   今日は東京タワーがキレイに見える気持ち良いお部屋で打ち合わせしてきました。 少し前、日本女性学習財団の月刊誌に掲載してくださるということで、 取材を受けていたんですが、今日はその時のご縁から今後の事業コラボについて お話をしに行きました。   肝心の打ち合わせでは、財団さんも私たちも一緒に関わってくださるキャリアカウンセラーさんも、 女性の活躍という目標は同じなので今後うまくコラボできそうです。 今秋そして来期からの実現に向け、少しずつですが進めて行こうと思います。   日本女性学習財団が発行する月刊誌は来週発行されるそうです。 全国の男女共同参画の場に配布されますので、そういう所に行かれたら 是非チェックしてくださいね。

2016年3月16日 あっとほーむの仲間=おうち保育園Ⓡ協会会員

宮尾さん

こんにちは、小栗ショウコです。   昨日は、4月に大阪で開業するNPO法人アフタースクールにじのいえ代表・宮尾さんが遊びに来てくれました。   宮尾さんは、長年保育園や児童福祉施設に勤務していた経験から、働くママたちのための学童保育を立ち上げようと、子育て支援起業講座に通ってきてくれました。その当時は自分の地域で学童ができたらいいな~という想いだけでしたが、講座を進めていくうちに想いが明確になり、場所を見つけ、仲間を見つけNPO法人化し、行政との連携も図れそうな勢いです。穏やかなその見た目からは想像できない行動力と、その行動がすべて的を得ているところがこれまたすごい! 行動しちゃう人のパターンとして、宮尾さんのように的を得た行動をする人もいれば、「そこにお金かける?」「それ今必要?」と思えるような行動をする人もいます。例えば、まだ顧客や事業計画が明確になってないのに場所を決めちゃうとか、その内容や設備にお金かけちゃうとか、人から自分がどう見られるかを考えて見栄をはっちゃうような感じね。限りないお金があって趣味の延長の仕事だったらいいけれど、資金が底をついたら終わりとわかっているなら、ちゃんと優先順位を決めて行動しないと赤字が膨らんで抱えきれなくなってしまいます。   さて、にじのいえの宮尾さんは4月オープンに向け着実に行動した結果、設定した定員を超えキャンセル待ちの人までいるそうです。プレオープンも開催し、準備万端ですが、昨日は4月以降のシュミレーションのためあっとほーむに実習に来てくれました。さらに、私たちと個別相談を定期契約していて、小さいことだけど大切なことや迷ったら相談できる体制を整えています。 私もそうだけど、いろんなことを決めるとき、もう自分の中で結論は出ているけど、信頼する人に「うん、それでいいよ!」と背中を押してもらう一言がほしいんです。私一人ですべての人の背中を押すことは出来ません。だから子育て支援起業講座を終えておうち保育園Ⓡ協会に入ってくれた仲間同士で、背中を押しあい、高めあえる関係を築いていきたいと思っています。 宮尾さんはじめ、子育て支援起業講座を卒業し、おうち保育園Ⓡ協会に入った会員さんは、自分の想いを明確にして自分の地域で自分らしい子育て支援をしています。子育てのこと、仕事との両立のこと、お困りでしたらお近くの会員さんに頼ってみてください。きっと親身になって対応してくれますよ。