あっとほーむからの「お知らせ」

代表ブログ

2016年10月3日 出来ないことはいっぱいあるけれど


こんにちは、小栗ショウコです。

 

数週間前には覚えているのに、毎年当日に「はっ!!!今日は10月1日!!」と思うのが定番になっているマヌケな私。

今年も当日の夜思い出しました。

10月1日は、あっとほーむの創業記念日です。

満18年。19年目に突入したわけですが、本当にあっという間。

 

 

あっとほーむをはじめたとき、社会を変えてやる!!とか、起業して成功してやる!!とか、そんな強い思いを持っていたわけではありません。

 

約10年勤務した会社を退職した後考えました。

あのまま結婚して子どもを育てていたら、シフト勤務の私には実家のように頼れる人がいなかったらきっと仕事は続けけられない。

だから同じ地域で働く女性の役に立ちたい。

そのために私が出来ことをはじめました。

 

 

 でもね、私には出来ないことがいっぱいあって、出来ることのほうが少ないんです。

それでも私に出来ることを見つけて、コツコツと積み上げてきました。

 

 

あのまま会社員だったらきっと困っていただろう私のために、

同じ理由でこの地域で今困っている働く女性のために、

そして、縁あって出会った子どもたちのために、

私が出来ることをやる。

 

 

 

19年目に突入した今日も、そんな気持ちで頼れるスタッフと共にあっとほーむを開けます。

どうぞ皆様、これからもよろしくお願いいたします。

 

小栗ショウコ

 

« »

関連記事

2014年4月8日 小1の壁&小2以上の壁

20140327外遊び

こんにちは、小栗ショウコです。 4月、入学式も終えていよいよ学校生活が始まりましたね。 日経DUALの記事にも書きましたが、新1年生にとっては、これからがほんとうの小1の壁です。   さて、この時期、1年生だけでなく2年生上の子たちにもちょっとストレスが溜まります。 学年が上がり、学校でもおうちでも学童でも自分よりも下の子が入ってきて、 「もう○年生だから」「もうお兄さんでしょ」「もうお姉さんだから」と言われるようになり、 お世話をしてもらう立場から、お世話をする立場になります。   わかりやすいのは、 いつもよりもわがままを言ったり、 しつこく嫌なことをしてきたり。 失敗しないように緊張していたり、 すぐに泣いてしまったり、 チックの症状が出てしまったり。 新1年生の時よりも言葉も頭の回転もよくなっているので、 的がずれた言い訳が延々と続くこともあるでしょう。   もちろん、まったく変化がなくスムーズに新学期を乗り越える子もいますが、 この時期、2年生以上の変化にも十分に注意が必要です。 でもね、こうやって子どもらしいわがままをぶつけてきてくれるのはあと数年。 小学校高学年からは思春期に差し掛かり、親に真正面からぶつかってきてくれることも少なくなります。 期間限定のわがままだと思ってこの時期乗り切ってくださいね。 (もちろん怒ってもいいし、大喧嘩に発展してもOK!それも良い思い出になるでしょう)    

2014年5月31日 桐蔭大学で活動紹介してきました

no igame

こんにちは、小栗ショウコです。   昨日は桐蔭大学の学生に活動紹介をしに行きました。 大学での活動紹介は、慶応大学(SFC)と横浜国立大学に続き3校目。 あっとほーむの近くなので、車でさっと行って帰って来れるのがよかったです。   ちゃんと目を見て話を聞く子もいたし、うなづいて話を聞いている子もいて、数十年前の自分はこんな風に話を聞けただろうかとちょっとタイムスリップしてしまいました。 私の大学時代は(保育科の短大です)、学費は奨学金で、生活費は学生社員として大手企業の寮に入ることで賄っていました。それでも入学時や学期が変わるたびに教科書を買うお金は親から送ってもらっていて、わがまま言って進学させてもらった思いがありながら授業をちゃんと受けていたかは自信を持って言うことはできません。こんな風に真面目に聞いていたかな?とふと不安になりました。あの頃、周りにいる大人たちが素晴らしい人で、毎日真面目に働いていたことにも今ほど理解していなかった気がします。その時私を褒めたり叱ったりしてくれた社会人の皆さんがいてくれたから、そこから少しずつ成長して今の私があるんだなとつくづく感じます!   そんな学生時代を送った今の私にできることは、あっとほーむの事業を通じて、彼らがこれから社会人になりやりがいのある仕事を持ち、結婚し子どもに恵まれたとき、どうやって仕事と子育てを両立して自分らしく生きていけばいいのかを少しだけ見せてあげること。あっとほーむのママたちや子どもたちと触れ合うことで、自分の将来に重ね合わせたり、あんな大人になりたいなって人を紹介してあげることです。褒めたり叱ったりしながらね。 これから社会人になるまであと少し。 今やれることは思いっきりやってほしいなと思いました。      

2014年11月6日 最終選考でプレゼン

20141106

こんにちは、小栗ショウコです。   昨日、とあるアワードの最終選考プレゼンをしてきました。 いつもお世話になっている社労士さんから話をいただき、応募→書類審査→実施審査を経て最終選考まで進みました。事業紹介のプレゼンはなんとなく慣れてきましたが、他の人と比べられるプレゼンは本当に久しぶりでした。審査員の皆さんは金融関係、最終選考に残った私以外の6名は株式会社代表とか役員で、素晴らしいビジネス手腕をふるっている皆さんです。なんだか・・・私にはとっても不似合いな場・・・。 しかし、せっかく紹介してくださった社労士さんにも、一緒に応募書類を作ってくださった方にも、やることやらないと申し訳ない。 今自分にできる限りのプレゼンをしてきました。 結果は11/28。 またブログで報告させていただきますね。 あっとほーむに帰ってきたら、いつもと違うファッションの私に「どうしたの?」「どこ行ってきたの?」と、肩をもんでくれる子もいて、大人の世界で疲れた体を子どもたちが癒してくれました。(^^)      

2014年9月12日 こういうところに子どもを預けたい

DSC_0245[1]

こんにちは、小栗ショウコです。   今年の夏、あっとほーむでは2つの大学から7人のインターン、個人的な大学生ボランティア1人、合計8人の大学生が来てくれました。 今日ですべての大学生のインターン期間が終了し、振り返ってみるとみんな自分なりにとっても頑張っている姿が見受けられました。最後のインターン生が帰り際、「私は自分に子どもができたら、仕事をせずに家で育てる派だったんですが、あっとほーむに来てみて、こういうところに子どもを預けたいと思いました!」と笑顔で帰っていきました。彼女は、教育現場ではなく生活の場としての安心感や、子ども同士のきょうだいのような関係性、叱るところはきっちり叱っているところをみてそう思ったようです。たった5日間のインターンで、見えるところは限られるけど、子どもと遊ぶだけでなく自分のこれからの人生に当てはめて考えてくれたのは本当によかったと思います。     だって、私が言うのはなんですが、あっとほーむは本当にいいと思うんです。 年齢のちがう子ども同士がきょうだいのように仲良くしたりケンカしたり、 自分の子どもを愛情持ってかわいがってくれたり、 悪いことをしたらきっちり叱ってくれる大人がいたり、 家庭と同じ環境で過ごせるのって、自分だけで子育てするよりも絶対に子どもにとって良いと思うんです。   きょうだいがいっぱいいて、親戚の子がいっぱいいて、自分のお父さんお母さんだけじゃなく、親戚のおじちゃんおばちゃん、お兄さんお姉さんがいて、いつも楽しく笑ったり泣いたりして成長する場がある。日々を過ごすだけではなく、時々みんなでお出かけしたりキャンプに行って楽しめる。子どもたちも助け合えるし、大人も助け合う。今までは「血縁」だけでそういう関係を作ってこれただろうけど、これからは同じ地域に住んでいる「地縁」でも、そういう大きな家族のような関係ができたらいいですよね。                      

2014年9月7日 「いつか」は「今からの積み重ね」

20140907

こんにちは、小栗ショウコです。   今日は午前中に、子育て支援起業講座の説明会、午後はその講座をおこないました。 説明会に来る人のほとんどが、「いつか子ども関係の仕事ができたらいいな~」と漠然と思っている人で、なんとなく考えている人もいれば、もう青写真くらいはできている人もいます。私は、説明会に来る人も、講座を受ける人も、最初はそのくらいの想いでいいと思っています。講座を受けるうちに、どんな人でも「いつか子ども関係の仕事ができたらいいな~」と思うということは、自分でも忘れかけていた熱い想いがあるからです。私たちは講座の中でそういう熱い想いを現実的にどうすれば事業につなげられるかを伝えています。   さてここで、「いつか」を「いつか」のままにしかできない人と、「いつか」を「いつ」と言い換えることが出来る人の違いを言いましょう。 前者は、「いつか」その時が決まったら行動しようと思っていて、 後者は「いつか」を今から行動することで「いつ」にすることができるんです。 例えば、3年後の4月に起業しよう思うから、2年後の4月から行動すればいいやと思っちゃう人。こういう人のほとんどは3年後の4月に起業できないパターンです。でも、まだいつ起業するかわからないけど、今から行動しようといろんな勉強を始めたり資料を取り寄せたりできる人は、行動しているうちに起業に最適な時期を見つけて実行できてしまいます。   私は思うんです。 人生は短い。 もうこの瞬間は二度と来ないし、今日と同じ明日なんかない。そして、明日、今日までと同じように元気に生きていられる保証はどこにもない。 だから、「いつか」やりたいことがあるならば、「今から」やり始めないと後悔します。     だけど、私も含めて多くの人は、いろんな理由をつけて「いつか」をずっと「いつか」のままにしてしまう。そこから脱するためには、他人の力が必要です。自分の想いを聞いてくれる人がいて、「あの続きはどこまで行った?」「あれからどうした?」と定期的に聞いてくれる人がいないと、行動したりするのは「いつでもいいや」とか「仕事が忙しいから」っていう理由で出来なくなってしまうんですね。 まだまだあやふやでも、漠然としていても、自分一人で考えているだけよりも、他人に聞いてもらうことで自分の想いがだんだんと明確になって、「いつか」を「いつ」にすることができるんです。あなたのやりたいことは、磨けば光る。だけど磨く方法を知らないからいつまで経っても原石のままなんですよ。子育て支援起業講座は、あなたの想いを磨いて光らせる方法を教えます。ずっと専業主婦だった人も、働いたことはあるけど自分で起業なんてムリだと思っている人も、地域の子どもたちやお母さんたちのため、社会のために自分にできることをやりたいんだ!という想いがあれば、是非今から行動をおこしてください。わたしたちは、そんなあなたを待っています。 ※子育て支援講座の水曜日コース、集中コース、11月コースはまだ受付できます。