あっとほーむからの「お知らせ」

メディア掲載

2016年12月20日 amimato掲載


横浜市市民活動支援センター発行のanimatoに掲載されました。

dsc04272

 

内容は、横浜市市民センターのリンク先でチェックできます。

 

« »

関連記事

2014年5月1日 日本女性学習財団の月刊誌に掲載されました

日本女性学習財団

日本女性学習財団の月刊誌 Welean に掲載されました。 「この人」というコーナーで、私が起業するきっかけと活動内容を 簡潔にまとめてくださいました。   先日東京タワーが見える会議室で打ち合わせしたのは、この財団。 この取材をきっかけに、コラボできたらいいな~と思います。   財団の活動に興味のある方はご購読もできるようなのでこの機会にぜひどうぞ。 この財団の他、男女共同参画センター等に配布されるようです。    

2015年3月25日 HoiClue♪さんで紹介していただきました

no igame

こんにちは、小栗ショウコです。   子どもたちのための保育情報共有サイトHoiClueさんで紹介していただきました。子どものための保育をしようと、保育士さん向けにたくさんの情報をUPしてくれているサイトです。こういう風に子どものことを考えて保育をもっともっと良くしようと頑張ってくれている人たちが昔からたくさんいます。そういうあったかい気持ちに支えられて子どもたちが成長していること、忘れてはいけないな~と思います。あっとほーむは、あっとほーむにで出来ることをしていこうと思います。      

2014年7月7日 仕事&子育て両立サロン、新聞掲載されました

20140614

7月1日の河北新聞に両立サロンの記事が掲載されました。   小学生の夏休みを目前にし、毎日どう過ごせばいいのか不安になっている働くママも多いでしょう。毎日学童保育に行ってくれればいいけれど、意外に夏休み期間はいつより早い時間に終わってしまうところもあるし、子ども自身が学童に行ってくれない時もある。そして多くの親がそう思うように、せっかくの夏休みだから子どもにとって有意義な体験をさせてあげたいと思っているでしょう。 あっとほーむの働くママたちが、子どもたちにどのように夏休みを過ごしてもらってきたか、それを子どもたちがどのように感じているのか等をお伝えした6月の両立サロンを記事にしていただきました。サロンに参加してくれたママたち、記事を読んでくれたママたちと子どもたちが、今年の夏をいつもよりも楽しく過ごせますように。        

2015年6月12日 日経新聞に掲載されました

日経新聞20150610

6月10日の日経新聞に掲載されました。 昨年の浜銀総研ビジネスウーマンアワードの授賞式に参加していた記者さんが、ずっと興味を持ってくれていて改めて取材に来てくださり記事になりました。この文字数で私たちの17年の活動をぎゅ~っと濃縮して伝えてくださったことに感謝します。

2014年4月14日 小4は大人の階段のぼり始める時期ー日経DUAL連載第2回

no igame

日経DUALさんでの連載2回目がアップされました。 1回目の小1の壁の反響はすごかったらしく、今でもいいね!やリツイートが増えています。   続く2回目は小4の壁。 男女の差は少しあるけど、小4は親からの自立がキーワードになってきます。 今まであれほど言ってもできなかったことが、そんなに言わなくてもできると言ったり、 (親からみたらできてないままだけど) でもできなくて結局最後は親に頼ってきたりするから、 「だから最初に言ったじゃない」とか「最初から言う通りにすればいいじゃない」と ついつい怒りたくなるようなことが増えてくるでしょう。 でもね、子どもがなんとか自分でやろうと思う、その気持ちを大切にしてあげてください。 「なんにもできない」から 「なんとか自分でやろうとする気持ち」を持ち、 失敗を繰り返しながら、気持ちだけでなくなんとかやろうとする姿勢も ちょっとずつだけど見えてくるでしょう。   4年生からは身体的にも大きく変わる時期でもあります。 心と体の変化をうまく受け止められないもどかしさは、本人が一番感じることでしょう。 子どもから大人の階段をのぼり始める大切な時期だから、 自分に自信を持てるようにサポートしてあげるとよいと思います。   誰かにわが子を褒められたら「そんなことない、何もできない」などと言わずに、 「褒めてくれてありがとう」「そうなのよ、そこがこの子のよいところなの」って言ってくださいね。 自分が誰かに褒められて、親がそれを認めている様子を見ると、子どもはとっても嬉しいし、 それが成長を促す大きなきっかけになりますよ。