あっとほーむからの「お知らせ」

子育て支援起業講座

2017年3月19日 一人じゃないから心強い!


 

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。

 

あっとほーむみたいなところをつくりたい!という全国からの声に応えてはじまった子育て支援起業講座は、2016年秋にあっとほーむカレッジにリニューアル。もうすぐ半年が経とうとしています。

そんな中、本日の午前中はあっとほーむカレッジの無料説明会&先輩起業家のトークサロン、午後には9期生の応用クラス2回目を開催しました。

 

今日の先輩起業家のトークサロンでは、千葉県市川市で送迎付き夜間学童&コミュニティ(レンタル)スペース「せかんどほーむ」を開業した渡邉裕美さんがゲスト。自分で事業をしてみたい気持ちはあるけれど、起業って大変そう・・・と不安な参加者のために自身の経験からたくさんお話ししてくださいました。

 

渡邉さんの話に耳を傾け、しっかりメモをして聴いている参加者のみなさん。最初緊張して不安な顔だった参加者のみなさんですが、「悩んでいてやらずに後悔するよりも、まずやってみた方がいい!」という渡邉さんの言葉に、最後には「説明会に来て、話をきけてよかったです!」と前向きな笑顔で帰っていかれました。起業した先輩の話は本当に勇気を与えてくれますね。

 

そして、午後の9期生・応用クラス2日目では、収支計画を盛り込んだ事業計画書策定を学びました。この時間はだいたいの生徒さんが電卓を片手に数字とにらめっこなのですが、9期生のみなさん意外と和気あいあいです。それもそのはず、お互いの事業計画について疑問に感じたことを相談しながらすすめているからです。

 

DSC06127

 

自分一人だけでは前にも後ろにもすすめなくなってしまいそうな事業計画の策定。みんな苦手なんです。ですが、あっとほーむカレッジでは18年間のノウハウ、スキルがある小栗さんの強力なサポートのもと、お互いの想いを理解し合っている仲間に、「ここの数字どうしたらいい?」「この価格設定どう思う?」と素直に意見をきける環境があるんです。生徒同士が事業者・経営者として敵ではなく、支え合える仲間だということがわかります。一人じゃないから、心強い。苦手なことも乗り越えられるですよね。

 

このあと、過去の先輩たちの事業プレゼンテーションを見た9期生。「なるほど、こういうふうにつくればいいんだ!」ととっても参考になったようです。完成されているお手本をこんなに簡単にみられるのはあっとほーむカレッジすごいところ。同期の仲間だけでなく、おうち保育園®協会で起業している先輩たちからも学べるからなおさら心強い♪

 

あっとほーむ2

 

5/7(日)にある自分たちの事業プレゼン発表会&修了式に向けて気合いが入った9期生。

あと1ヶ月ちょっと、ラストスパートがんばれ〜!!!

 

 

起業に興味のある一般のみなさま、あっとほーむカレッジ説明会と、先輩起業家からお話が聞けるトークサロンは次回4月16日(日)に開催します!

是非お申し込みくださいね。

4月16日(日)10:00~12:00あっとほーむカレッジの説明会及び先輩のトークサロンお申し込みはこちら

あっとほーむカレッジの内容は、こちらでご確認いただけます。

 

 

« »

関連記事

2017年6月18日 自己暗示も必要です

コーチングゲーム

こんにちは、小栗ショウコです。   今日はあっとほーむカレッジ10期生の3回目の授業。 今日は事業理念の設定をしましたが、あれよあれよとなんだかスピリチュアルな話で盛り上がりました! 事業にスピリチュアル?と思うでしょ? スピリチュアル系にどっぷりはまるのはお勧めしませんが、自己暗示をかける程度に利用するのが私のお勧めです。 ほら、お正月に神社で祈願してもらう企業さんもいるでしょ?お払いしてもらうとか。あの感じです。 スピリチュアルじゃないけど、コーチングゲームも使ってどっぷり自分の気持ちや目標をつかんだら、事業理念の設定は案外スムーズに決まります。   さあ次回の授業では事業理念に沿った具体的な事業内容を決めていきます! 子どもに関わる事業って、あっとほーむのような夜間保育や学童保育だけじゃない。事業をする人の個性や地域性も考慮すると、様々な事業が展開できます。 それはすでにあっとほーむカレッジを卒業して開業したおうち保育園Ⓡ協会の皆さんを見れば分かりますね。 10期生の皆さんも個性豊かな事業で地域の役に立つ事業を目指してがんばります!    

2014年9月28日 事業運営

DSC00746

こんにちは、小栗ショウコです。   今日の午後は、3期の皆さんのおうち保育園®コース2日目です。特別講師として「社労士がやさしく教える小さくても強い会社の作り方」の著者、平山久美子さんが来てくださいました。事業は、ぶれない軸を作り、それを伝え、運営事務作業もきちんとやらないといけません。私自身は事務作業が本当に苦手ですが、苦手だからこそプロに任せたり、後で困らないようにこまめに整えていくことを心がています。特に想いが強い事業者は、同じように苦手の人が多いけど、利用してくれるパパママたちのため、子どもたちのため、働いてくれるスタッフのためにきちんとやらないといけません。今日は平山さんから一人一人の事業内容に合わせてアドバイスをただきました。ありがたい限りです。   私たちの講座は、子育て支援起業コースで事業の軸を確立し、おうち保育園®コースで具体的な運営方法を学ぶようになっています。保育に限らず、塾や習い事、親子支援など、子どもに関わる事業をしたい人が受講できますので、なんとなくこんなことやってみたいな~と思っていることがあるならば、是非受講してみてくださいね。

2017年4月16日 不安も迷いも成長している証

DSC07078

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。 少し暑さも感じるような日差しの今日。午前中はあっとほーむカレッジの説明会&先輩起業家トークサロン、午後は9期生の応用クラス3回目を開催しました。   午前中の先輩起業家のトークサロンゲストは、あっとほーむのようなところをつくりたいとあっとほーむで学び、横浜市本牧でKADOYAおうち保育園(R)を開業した岩崎ひろ美さんでした。 起業したいと思っているけれど自分一人で事業を立ち上げられるのか、退職したあとの人生で自分に何かできることはないかと考えながら説明会に参加してくださった方々。そんな参加者の皆さんに向け、岩崎さんはご自身の経験談を詳しくお話ししてくださいました。 以前の自分はそうではなかったけれど、あっとほーむで学んでから自分から行動するようになったそうです。行動するとそこで得るものがたくさんあるという岩崎さんの話に、参加者の方々も一歩前に進む勇気をもらえたのではないでしょうか。       午後のあっとほーむカレッジ応用クラス3回目前半は、ビジネスと実務のスペシャリスト、あっとほーむ事務局長・小栗宏之が担当し、経営者として日々の業務はもちろん、保護者や子どもたち以外に事業で関係してくる行政、地域団体、企業など外部組織との関わり方や経営者として大切なビジネススキルを伝授。     午前中にトークサロンゲストとしてお話してくださった岩崎さんは、午後も9期生の事業プレゼンテーションも聴いてくださり、先輩起業家としてアドバイスをくださいました! 9期生もプレゼン本番まで1ヶ月を過ぎ、とても緊張しているようでしたが、岩崎さんのアドバイスでそれぞれの気持ちが和んだように思います。不安なとき、先輩から大丈夫だよって背中を押してもらえるのは心強いですよね。     誰でも最初は不安や迷いがあります。失敗したらどうしよう。はじめてのことだらけで一歩踏み出すのは誰でも恐いものですよね。でも、最初からうまくできる人なんていないのです。うまくできないからこそ、あっとほーむが18年間培ってきたノウハウやスキルを小栗さんや事務局長がここで伝授しているのです。 不安や迷いを持ったままで来てもいいんですよ。あっとほーむカレッジに通う中で、起業に対する不安や迷いを解消していきましょう。   ただ、開業すると新しい不安や悩みが出てきます。KADOYAおうち保育園®を立ち上げた岩崎さんだって、ほかのおうち保育園®協会の仲間だってみんな新しい壁にぶつかります。でも、それは事業者自身が成長している証ではないでしょうか。新しいことに挑戦するからこそ、新しい壁にぶつかり、それを乗り越えるとさらなる成長につながるのです。   応用クラス3回目の授業は、小栗さんから9期生に向け、経営者としてもう一歩成長するためのアドバイスで締めくくりました。これから出てくる不安や迷い、悩みとどう向き合い、どう捉えて行動していくか。これからの9期生の経営者としての成長が本当に楽しみです。 9期生の事業プレゼンテーション本番は、5/7(日)ゴールデンウィーク最終日【あっとほーむカレッジ9期生卒業式】で一般の方にも聴いていただけます。また、あっとほーむカレッジ卒業生であり、横浜市藤が丘にてにじのことりを開業した三井恵さんとにじのことりの子どもたちによる【GWわくわく親子科学実験ワークショップ】も同日開催!   自分で何かはじめてみようかなと考えている方、ぜひご参加ください!お申し込みはこちら。          

2016年6月20日 起業準備コース3日目!

DSC00700

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。   土曜日と打って変わって、涼しい風が吹き抜ける中、6/19(日)は子育て支援起業講座・起業準備コース3日目を開催しました。   あっとほーむの子育て支援起業講座では、受講生自身の能力や才能を活かした事業を考えます。それは、社会にすでにあるビジネスや事業に受講生のやりたいことを合わせるのではなく、自分に合った自分らしいあたらしい事業のカタチをつくっていくことなんです。   既存の小学生の放課後の居場所事業や保育園、子育て広場、塾などといった 枠から離れてみると、その可能性は無限大です。でも、あまり多くの選択肢の中から、自分1人でみつけるのは難しいかも・・・というのが本音ですよね。   だから、あっとほーむの起業講座には小栗さんがいるんです。小栗さんのすごいところは、受講生一人一人の特性や性格まで見極めて、どんな能力や才能があるか深堀し、本人も気づかない想いを発見します。そして、その人に合った事業のカタチを示してくれるんです。   毎回講座でおもしろいのは、小栗さんは、受講生本人よりもその人のやりたいことを説明してしまうこと。 その人に今解決が必要な課題を見つけ、受講生が自分で答えを引き出していけるよう、様々な経験や実績からアドバイスをくれ、答えに導いていってくれる小栗さんだから、誰よりも受講生の想いに敏感なんです。だから受講生も「私、実は・・・」と、誰にも言えなかったことを小栗さんに話してしまうんですね〜。   起業準備コースも残り1日!7名はつぎに運用実務コースに進みます。 受講生それぞれの事業のカタチがますます出来上がってくるのがたのしみですね!     さて、本日山口県から参加の方は、今回はSkypeを利用しての受講でした。今までskypeでの講座はなかったのですが、あっとほーむに共感し、遠方でも子育て支援起業講座を受けたいという強い想いを持ち、事務局に相談してくださいました。   そんな想いを受けとって、小栗さんや事務局長がSkypeで受講できるよう準備を進めました。 遠方ということで受講をためらっていた方も受講を検討いただけるようになればなぁと思います。     この子育て支援起業講座は、受講前に無料説明会&先輩起業家のトークサロンを開催しています。すでに7月の回は定員に達しましたが、8月9月の回はまだお席をご用意できます。講座ってどんな雰囲気なのかな?起業までは考えていないけど・・・という方でも大歓迎!むしろ、やってみたい気持ちもあるけど私なんかに出来るのだろうかと不安な方のほうが、小栗さんから可能性を引き出してもらいやすいですよ。8月9月の無料説明会はこちらから。是非お早めにお申し込みください。  

2016年10月24日 成果が出ている起業講座

8-2

こんにちは、小栗ショウコです。   10月23日(日)、あっとほーむカレッジ(子育て支援起業講座)8期生の授業がありました。 8期生は4月から授業を始めて、もう最終日が目前です。 本格的に事業計画書などを作成しました。   世の中にたくさんある起業講座では、まず事業計画書を作りましょう!というところから入りますが、あっとほーむカレッジ(子育て支援起業講座)では、それはもう最後の最後。その前に、ビジョンをしっかりと確立し、プレゼンを作りこんでから書類に落とします。そうすると書けるんですね~。そんな風に進めてきた成果は、先輩たちが証明してくれています。 3期生の渡邉さんは、あっとほーむカレッジ内で確立した事業計画を持って市川市レディースビジネスコンテストで大賞を受賞し、 同じく3期生の村田さんは、企業内保育所の認定をいただき、 5期生の宮尾さんは、市内で初めての民間学童保育所として承認を得ることが出来ました。 他にも、起業した人たちは認可外保育施設として届出を出して受領されているので、みなさんきちんと書類をそろえてOKいただいています。     8期生も、そんな先輩方に続き、自分らしい子育て支援の方法を模索し、すでに物件を借りたり買ったりする人も!!! 先輩たちも8期生も、最初はみんな「いつか何か出来たらいいな~」くらいの想いで来ていました。でも、あっとほーむカレッジで自分の想いを明確にし、具体的にビジョンを描き、事業計画を立てたこと。そして卒業してからもおうち保育園Ⓡ協会でつながっていることで実際に起業する時にアドバイスをしあえる関係性が保てることが大きな力になるのです。 あっとほーむに共感し、ここで学びたい!と時間とお金をかけて真剣に取り組んでいる生徒さんたちに、私も精一杯の力を注ぎ、それぞれに合った事業を見つけるお手伝いをさせていただいています。   頑張っている8期生の事業計画はたくさんのアイデアにあふれています。 いつか何か出来たらいいな~とお考えの皆様、是非彼女たちの事業計画を聞きにきてくださいね。8期生の修了式、一般参加者受付中です!