あっとほーむからの「お知らせ」

代表ブログ

2017年3月24日 こんなに大きくなっちゃったシリーズ


ここでは、あっとほーむに来ていた子達が大きくなって再開したときの様子をご紹介。

 

 

小学校1年生のときからのお付き合い。立派な野球少年になりました!今は中2.

A小1Aくん

Aちゃんとは0才からのお付き合い。私の顔見て大声で泣き叫んでいたのに、すっかり仲良しです。

身体の柔らかさを活かして、中学生になった今はバレエに夢中です。

CA250023A

 

 

ずっとピアノレッスンであっとほーむに通ってくれたKくん。高校3年生になりました!

こんなに小さいときから習っているので、数年弾いてなくても指が覚えてる!!

画像 0292053

 

 

昔から笑顔がかわいいHちゃん。この春、高校生になります!

2009H13656

 

 

 

保育園からのお付き合い。すらっと伸びたね~。小学校卒業記念。

かDSC06314

保育園からのお付き合い。中3!

きDSC06315

 

 

1歳半からのお付き合い。高校卒業したよ!

Daidai1

 

 

彼らとは保育園時代からのお付き合いで、小学生の時には一緒にアメリカに行きました!

小学生のDくん、小栗、小学生のHくん(小学生Mちゃん)→高校生の二人と同じ位置で。二人ともこんなに大きくなっちゃった!

292高校生

 

 

小学校3年生からのお付き合い。20才になったので一緒にお酒を飲みました。

Seni 12039

 

3歳からお付き合い。中学2年生になっちゃった!!

2006 クリスマス 2115

 

小学生の頃、長い髪を毎日とかしていた子は、大きくなってショートへアになっていました。

M6422

 

 

小学校1年生のときからしっかり者のAちゃん。中学1年生になりました!

027-768x1024 DSC01981-1024x680

«

関連記事

2014年5月25日 いよいよ「おうち保育園®」広がります!

おうち保育園®協会第一回ミーティング

本日、あっとほーむの子育て支援開業講座を卒業した方のうち、今後もみんなでつながってスキルアップしていきたいと言う方で構成される、おうち保育園®協会の第一回ミーティングを開催しました。   何でもそうですが、勉強している時ってとっても盛り上がりますが、終わってしまうと日常の業務に追われてその時の気持ちが薄くなっていきます。 あっとほーむの開業講座は、その時だけわ~っと盛り上がり「はい終わり」ではなく、その後もみんなでつながってモチベーションを保ち、刺激を与え合い、協力しあえる仲間でありたいと思っています。 そういう場として、おうち保育園®協会を発足し、これからも会員のスキルアップとおうち保育園®の普及に努めて行く予定です。     第一回のミーティングは、会員の近況報告と、来月開業する保育ルームのお披露目&チラシのポスティングをみんなで協力して行いました。これもこれから開業する会員にとっては良い学び。 来月開業する保育ルームは、今までご家族で経営されていた洋品店の一部を改装して作ったところ。7~8畳のスペースが出来上がり、なるべくお金をかけず家族で協力して出来上がったその空間は、とっても居心地の良いものになっていました。近日、皆様にご覧いただけるこの保育室のHPもお知らせしますのでお楽しみに♪   <補足> おうち保育園®協会って何? ※「おうち保育園」とは、認定NPO法人あっとほーむの登録商標です。あっとほーむの開業講座を卒業した方で一定の条件を満たした方のみ利用できる商標で、現在は、認定NPO法人あっとほーむ、NPOチーム白幡、まぁみんちに加え、来月開業するKADOYAおうち保育園®のみに使用を許可しております。        

2014年4月24日 東京タワーを見ながら打ち合わせ

20140424

こんにちは、小栗ショウコです。   今日は東京タワーがキレイに見える気持ち良いお部屋で打ち合わせしてきました。 少し前、日本女性学習財団の月刊誌に掲載してくださるということで、 取材を受けていたんですが、今日はその時のご縁から今後の事業コラボについて お話をしに行きました。   肝心の打ち合わせでは、財団さんも私たちも一緒に関わってくださるキャリアカウンセラーさんも、 女性の活躍という目標は同じなので今後うまくコラボできそうです。 今秋そして来期からの実現に向け、少しずつですが進めて行こうと思います。   日本女性学習財団が発行する月刊誌は来週発行されるそうです。 全国の男女共同参画の場に配布されますので、そういう所に行かれたら 是非チェックしてくださいね。

2014年11月18日 私のロールモデル

no igame

こんにちは、小栗ショウコです。   今日の午前中、介護サービスを展開してる株式会社シルバーメディカルサービス様にお伺いしました。少し前に取締役・松村さんのプレゼンを聞く機会があり、とても感動し、是非もっとお話を伺いたいと思い連絡したら、松村さんも私に連絡しようと思ってくださっていたようで、お忙しい中お時間を作ってくださいました。   事業のお話もさることながら、お人柄が素晴らしく、松村さんが上司だったら私はきっと彼女の下で幸せに仕事ができただろうなと思いました。私のことをよく知っている人からは、そこでおとなしくしていられるタイプじゃないだろうと言われそうですが、ほんとにそう思えるほど素晴らしい価値観と志と行動力がある人です。来週もお会いできる機会があるので、今後もいろいろご指導いただきたいなと思います。   私にはロールモデルにしている女性が何人かいますが、そういう人とは、こうしていつもと違う行動をした先で出会ってきました。そんなに多くの時間を共有しなくても、ほんの少しの時間、彼女たちの言動に触れただけで「ああ、こういう風になりたいな~」って思うものです。仕事面でも、プライベートでも、多くのロールモデルに出会うことで自分も進化していけるし、いざというときにあの人だったらこうするだろうという指針をもらえています。今日お話をした松村さんも私のロールモデルです。 自分の周りにはそういう人いない!と思っている人は、是非いつもと違う場所へ行ったり、いつもと違う行動をしてみてください。そこできっとステキなロールモデルに出会えると思いますよ。          

2014年9月12日 こういうところに子どもを預けたい

DSC_0245[1]

こんにちは、小栗ショウコです。   今年の夏、あっとほーむでは2つの大学から7人のインターン、個人的な大学生ボランティア1人、合計8人の大学生が来てくれました。 今日ですべての大学生のインターン期間が終了し、振り返ってみるとみんな自分なりにとっても頑張っている姿が見受けられました。最後のインターン生が帰り際、「私は自分に子どもができたら、仕事をせずに家で育てる派だったんですが、あっとほーむに来てみて、こういうところに子どもを預けたいと思いました!」と笑顔で帰っていきました。彼女は、教育現場ではなく生活の場としての安心感や、子ども同士のきょうだいのような関係性、叱るところはきっちり叱っているところをみてそう思ったようです。たった5日間のインターンで、見えるところは限られるけど、子どもと遊ぶだけでなく自分のこれからの人生に当てはめて考えてくれたのは本当によかったと思います。     だって、私が言うのはなんですが、あっとほーむは本当にいいと思うんです。 年齢のちがう子ども同士がきょうだいのように仲良くしたりケンカしたり、 自分の子どもを愛情持ってかわいがってくれたり、 悪いことをしたらきっちり叱ってくれる大人がいたり、 家庭と同じ環境で過ごせるのって、自分だけで子育てするよりも絶対に子どもにとって良いと思うんです。   きょうだいがいっぱいいて、親戚の子がいっぱいいて、自分のお父さんお母さんだけじゃなく、親戚のおじちゃんおばちゃん、お兄さんお姉さんがいて、いつも楽しく笑ったり泣いたりして成長する場がある。日々を過ごすだけではなく、時々みんなでお出かけしたりキャンプに行って楽しめる。子どもたちも助け合えるし、大人も助け合う。今までは「血縁」だけでそういう関係を作ってこれただろうけど、これからは同じ地域に住んでいる「地縁」でも、そういう大きな家族のような関係ができたらいいですよね。                      

2014年9月7日 「いつか」は「今からの積み重ね」

20140907

こんにちは、小栗ショウコです。   今日は午前中に、子育て支援起業講座の説明会、午後はその講座をおこないました。 説明会に来る人のほとんどが、「いつか子ども関係の仕事ができたらいいな~」と漠然と思っている人で、なんとなく考えている人もいれば、もう青写真くらいはできている人もいます。私は、説明会に来る人も、講座を受ける人も、最初はそのくらいの想いでいいと思っています。講座を受けるうちに、どんな人でも「いつか子ども関係の仕事ができたらいいな~」と思うということは、自分でも忘れかけていた熱い想いがあるからです。私たちは講座の中でそういう熱い想いを現実的にどうすれば事業につなげられるかを伝えています。   さてここで、「いつか」を「いつか」のままにしかできない人と、「いつか」を「いつ」と言い換えることが出来る人の違いを言いましょう。 前者は、「いつか」その時が決まったら行動しようと思っていて、 後者は「いつか」を今から行動することで「いつ」にすることができるんです。 例えば、3年後の4月に起業しよう思うから、2年後の4月から行動すればいいやと思っちゃう人。こういう人のほとんどは3年後の4月に起業できないパターンです。でも、まだいつ起業するかわからないけど、今から行動しようといろんな勉強を始めたり資料を取り寄せたりできる人は、行動しているうちに起業に最適な時期を見つけて実行できてしまいます。   私は思うんです。 人生は短い。 もうこの瞬間は二度と来ないし、今日と同じ明日なんかない。そして、明日、今日までと同じように元気に生きていられる保証はどこにもない。 だから、「いつか」やりたいことがあるならば、「今から」やり始めないと後悔します。     だけど、私も含めて多くの人は、いろんな理由をつけて「いつか」をずっと「いつか」のままにしてしまう。そこから脱するためには、他人の力が必要です。自分の想いを聞いてくれる人がいて、「あの続きはどこまで行った?」「あれからどうした?」と定期的に聞いてくれる人がいないと、行動したりするのは「いつでもいいや」とか「仕事が忙しいから」っていう理由で出来なくなってしまうんですね。 まだまだあやふやでも、漠然としていても、自分一人で考えているだけよりも、他人に聞いてもらうことで自分の想いがだんだんと明確になって、「いつか」を「いつ」にすることができるんです。あなたのやりたいことは、磨けば光る。だけど磨く方法を知らないからいつまで経っても原石のままなんですよ。子育て支援起業講座は、あなたの想いを磨いて光らせる方法を教えます。ずっと専業主婦だった人も、働いたことはあるけど自分で起業なんてムリだと思っている人も、地域の子どもたちやお母さんたちのため、社会のために自分にできることをやりたいんだ!という想いがあれば、是非今から行動をおこしてください。わたしたちは、そんなあなたを待っています。 ※子育て支援講座の水曜日コース、集中コース、11月コースはまだ受付できます。