あっとほーむからの「お知らせ」

代表ブログ

2017年3月24日 こんなに大きくなっちゃったシリーズ


ここでは、あっとほーむに来ていた子達が大きくなって再開したときの様子をご紹介。

 

 

小さい頃から優しいRくん。高校生になっても優しさそのままで芯の強さも備わっていました!

2006Rくん2016R

 

年長さんからのお付き合い。小さい頃から笑顔がかわいいMちゃんです。高3になりました!

2006年Mちゃん18513

小学校1年生のときからのお付き合い。立派な野球少年になりました!今は中2.

A小1Aくん

Aちゃんとは0才からのお付き合い。私の顔見て大声で泣き叫んでいたのに、すっかり仲良しです。

身体の柔らかさを活かして、中学生になった今はバレエに夢中です。

CA250023A

 

 

ずっとピアノレッスンであっとほーむに通ってくれたKくん。高校3年生になりました!

こんなに小さいときから習っているので、数年弾いてなくても指が覚えてる!!

画像 0292053

 

 

昔から笑顔がかわいいHちゃん。この春、高校生になります!

2009H13656

 

 

 

保育園からのお付き合い。すらっと伸びたね~。小学校卒業記念。

かDSC06314

保育園からのお付き合い。中3!

きDSC06315

 

 

1歳半からのお付き合い。高校卒業したよ!

Daidai1

 

 

彼らとは保育園時代からのお付き合いで、小学生の時には一緒にアメリカに行きました!

小学生のDくん、小栗、小学生のHくん(小学生Mちゃん)→高校生の二人と同じ位置で。二人ともこんなに大きくなっちゃった!

292高校生

 

 

小学校3年生からのお付き合い。20才になったので一緒にお酒を飲みました。

Seni 12039

 

3歳からお付き合い。中学2年生になっちゃった!!

2006 クリスマス 2115

 

小学生の頃、長い髪を毎日とかしていた子は、大きくなってショートへアになっていました。

M6422

 

 

小学校1年生のときからしっかり者のAちゃん。中学1年生になりました!

027-768x1024 DSC01981-1024x680

«

関連記事

2014年4月8日 小1の壁&小2以上の壁

20140327外遊び

こんにちは、小栗ショウコです。 4月、入学式も終えていよいよ学校生活が始まりましたね。 日経DUALの記事にも書きましたが、新1年生にとっては、これからがほんとうの小1の壁です。   さて、この時期、1年生だけでなく2年生上の子たちにもちょっとストレスが溜まります。 学年が上がり、学校でもおうちでも学童でも自分よりも下の子が入ってきて、 「もう○年生だから」「もうお兄さんでしょ」「もうお姉さんだから」と言われるようになり、 お世話をしてもらう立場から、お世話をする立場になります。   わかりやすいのは、 いつもよりもわがままを言ったり、 しつこく嫌なことをしてきたり。 失敗しないように緊張していたり、 すぐに泣いてしまったり、 チックの症状が出てしまったり。 新1年生の時よりも言葉も頭の回転もよくなっているので、 的がずれた言い訳が延々と続くこともあるでしょう。   もちろん、まったく変化がなくスムーズに新学期を乗り越える子もいますが、 この時期、2年生以上の変化にも十分に注意が必要です。 でもね、こうやって子どもらしいわがままをぶつけてきてくれるのはあと数年。 小学校高学年からは思春期に差し掛かり、親に真正面からぶつかってきてくれることも少なくなります。 期間限定のわがままだと思ってこの時期乗り切ってくださいね。 (もちろん怒ってもいいし、大喧嘩に発展してもOK!それも良い思い出になるでしょう)    

2014年9月7日 「いつか」は「今からの積み重ね」

20140907

こんにちは、小栗ショウコです。   今日は午前中に、子育て支援起業講座の説明会、午後はその講座をおこないました。 説明会に来る人のほとんどが、「いつか子ども関係の仕事ができたらいいな~」と漠然と思っている人で、なんとなく考えている人もいれば、もう青写真くらいはできている人もいます。私は、説明会に来る人も、講座を受ける人も、最初はそのくらいの想いでいいと思っています。講座を受けるうちに、どんな人でも「いつか子ども関係の仕事ができたらいいな~」と思うということは、自分でも忘れかけていた熱い想いがあるからです。私たちは講座の中でそういう熱い想いを現実的にどうすれば事業につなげられるかを伝えています。   さてここで、「いつか」を「いつか」のままにしかできない人と、「いつか」を「いつ」と言い換えることが出来る人の違いを言いましょう。 前者は、「いつか」その時が決まったら行動しようと思っていて、 後者は「いつか」を今から行動することで「いつ」にすることができるんです。 例えば、3年後の4月に起業しよう思うから、2年後の4月から行動すればいいやと思っちゃう人。こういう人のほとんどは3年後の4月に起業できないパターンです。でも、まだいつ起業するかわからないけど、今から行動しようといろんな勉強を始めたり資料を取り寄せたりできる人は、行動しているうちに起業に最適な時期を見つけて実行できてしまいます。   私は思うんです。 人生は短い。 もうこの瞬間は二度と来ないし、今日と同じ明日なんかない。そして、明日、今日までと同じように元気に生きていられる保証はどこにもない。 だから、「いつか」やりたいことがあるならば、「今から」やり始めないと後悔します。     だけど、私も含めて多くの人は、いろんな理由をつけて「いつか」をずっと「いつか」のままにしてしまう。そこから脱するためには、他人の力が必要です。自分の想いを聞いてくれる人がいて、「あの続きはどこまで行った?」「あれからどうした?」と定期的に聞いてくれる人がいないと、行動したりするのは「いつでもいいや」とか「仕事が忙しいから」っていう理由で出来なくなってしまうんですね。 まだまだあやふやでも、漠然としていても、自分一人で考えているだけよりも、他人に聞いてもらうことで自分の想いがだんだんと明確になって、「いつか」を「いつ」にすることができるんです。あなたのやりたいことは、磨けば光る。だけど磨く方法を知らないからいつまで経っても原石のままなんですよ。子育て支援起業講座は、あなたの想いを磨いて光らせる方法を教えます。ずっと専業主婦だった人も、働いたことはあるけど自分で起業なんてムリだと思っている人も、地域の子どもたちやお母さんたちのため、社会のために自分にできることをやりたいんだ!という想いがあれば、是非今から行動をおこしてください。わたしたちは、そんなあなたを待っています。 ※子育て支援講座の水曜日コース、集中コース、11月コースはまだ受付できます。            

2015年8月7日 バレエの発表会で思ったこと

no igame

昨日、Kバレエスクールのパフォーマンスを見に行ってきました。 6年生Aちゃんの2年越しのお誘いで、やっと実現しました。   子どもたちの日ごろの成果を発表する姿にうるうるしたし、最後はKバレエのプロの舞台もあり、感動してしまいました。そして、こういう生き方もあること、彼ら彼女たちが大人になり結婚して子どもを育てながら、プロや指導者としてこの舞台に関わるとき、自分の子どもを見てくれる人がいなければこの場に立ち会えないんだなと思いました。年に1度の発表の場。きっとたくさんの努力をしてこの場を迎えているでしょう。   Aちゃんは今後もバレエを続けていくそうです。今までもこれからも努力しつづけるAちゃんが、結婚や子育てをしながらでも活躍したいと思ったとき、私ができることでサポートしたいなと思いました。 でも、私一人では限りがあります。だから多くの人に自分の地域であっとほーむのようなところを立ち上げてほしいのです。夢を追いかけているのはAちゃんだけではない。全国でたくさんのこどもたちが夢を追いかけています。みなさんの近くで日々努力している子どもたちのために、あなたができることで支援をしてください。私たちは、長年培ってきたスキルとノウハウを提供しますので、一緒に子どもの夢を応援していきましょう。   あっとほーむの子育て支援起業講座のご案内はこちら すでに講座を卒業し、全国で活躍している会員情報はこちら      

2014年5月9日 代表・小栗の日経DUAL連載第3回がアップされました。

DUAL 看板

代表・小栗ショウコの日経DUAL連載、第3回目がアップされました。         【第三回】「夜間保育」というと、暗くて寂しいイメージですか?   こういうタイトルにすると、そうですよね、夜間保育をしている私でも 夜間保育=暗い部屋の中でみんなが鼻水たらして寝ている光景が浮かびます。 だからこそ、普通に働いている女性は昼間の保育園以外の夜間保育を利用しないように自分でブレーキかけてしまうんだと思います。 そう思うと、今までやってきた仕事を続けることができなくて、子どもの保育園の時間に合わせた仕事に転職しようかな、でも自分には資格も経験もないしそれはムリだろう、そうしたら今は子育てに専念すべき? と、どうしても子どものために仕事を諦める方向にどんどん自分の意識が行ってしまうでしょう。   だけど、あっとほーむはそういう夜間保育ではなく、会社員時代の私のように、 普通に働きたい、だけど保育園の時間だけでは足りないのという人のための場所です。 実際にあっとほーむを利用している人も、誰もが知っている大企業にお勤めの方から、 保育士、公務員、医師、看護師、介護系、メディア系の人もいます。 みんな経済的にも仕事はしないといけないんだけど、やりたいからやっているという人がほとんど。     忘れてはいけないのは、こうやって結婚出産後も仕事を続けてくれる人がいるおかげで、私たち市民の生活が成り立っていること。 保育園が延長保育を実施するということは、利用する人にとっては便利だけど、そこで働く保育士さんは夜間までのシフト勤務になるだろうし、 私が関わっている行政の会議なんかは市民が出席しやすいように夜間や土日祝日。参加する人は便利だけど、担当者は勤務になります。 他にも、私たちがGWなど休暇を快適に過ごすためには、そこで働いてくれる人がいるからこそなんです。     私に直接言ってくる人は少ないけれど、子どもが小さいうちは母親は仕事しちゃイカンくらいに言う人もいれば、夜間保育?そんなの母親の育児放棄の助長になるじゃないか!という人もいます。 でもね、じゃああなたやあなたの大切な家族が、救急病院に搬送された時、「私は医者ですが子育て中なので出来ません。他の医者は手が空きていないのであと4時間はお待ちいただきます。」 とか、「子どもの保育園のお迎え時間なので帰らせていただきます。他の医者は手が空いていません」とか言われたらどうでしょう?   目の前で苦しんでいる人がいる、今私が助けないと命が尽きてしまうという状況で、 手を放す医師や看護師はいないでしょう。それだけ使命ややりがいを感じているからやっている仕事なんだから。 医療系の仕事だけじゃなく、他のどんな仕事でも同じです。 それは男性とか女性とか、結婚しているとか子育て中とか関係なく、そうして頑張ってくれる人がいるからこそ社会は成り立っているんです。   一方、じゃあそういう時に預けられた子どもはかわいそうじゃないのか?と思う人も多いです。 だけど、おじいちゃんおばあちゃんが見てくれているなら、そうは思わないでしょう?きっと「おじいちゃんおばあちゃんに見てもらえて、ママも子どもも幸せね」と思う人が多いでしょう。 でも現実は、おじいちゃんおばあちゃんが近くにいない、近くにいても何らかの事情で見ることができないという人がほとんど。 だから私たちが、その代わりとなるんです。 子どもたちが自分はたくさんの人に愛されているという感覚を持てるような場を作る。 血はつながっていないけど、同じ時代に同じ地域に住んでいるというご縁があってつながっていく「地」のつながりを作りたいと思っています。   パパママが、社会に役立つ仕事を続けること、子どもが愛情を感じられる場で過ごすこと。 それがあっとほーむの夜間保育でやってきた事であり、これからも目指していくことです。   小栗ショウコ

2014年11月6日 最終選考でプレゼン

20141106

こんにちは、小栗ショウコです。   昨日、とあるアワードの最終選考プレゼンをしてきました。 いつもお世話になっている社労士さんから話をいただき、応募→書類審査→実施審査を経て最終選考まで進みました。事業紹介のプレゼンはなんとなく慣れてきましたが、他の人と比べられるプレゼンは本当に久しぶりでした。審査員の皆さんは金融関係、最終選考に残った私以外の6名は株式会社代表とか役員で、素晴らしいビジネス手腕をふるっている皆さんです。なんだか・・・私にはとっても不似合いな場・・・。 しかし、せっかく紹介してくださった社労士さんにも、一緒に応募書類を作ってくださった方にも、やることやらないと申し訳ない。 今自分にできる限りのプレゼンをしてきました。 結果は11/28。 またブログで報告させていただきますね。 あっとほーむに帰ってきたら、いつもと違うファッションの私に「どうしたの?」「どこ行ってきたの?」と、肩をもんでくれる子もいて、大人の世界で疲れた体を子どもたちが癒してくれました。(^^)