あっとほーむからの「お知らせ」

子育て支援起業講座

2017年4月16日 不安も迷いも成長している証


 

こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。

少し暑さも感じるような日差しの今日。午前中はあっとほーむカレッジの説明会&先輩起業家トークサロン、午後は9期生の応用クラス3回目を開催しました。

 

午前中の先輩起業家のトークサロンゲストは、あっとほーむのようなところをつくりたいとあっとほーむで学び、横浜市本牧でKADOYAおうち保育園(R)を開業した岩崎ひろ美さんでした。

起業したいと思っているけれど自分一人で事業を立ち上げられるのか、退職したあとの人生で自分に何かできることはないかと考えながら説明会に参加してくださった方々。そんな参加者の皆さんに向け、岩崎さんはご自身の経験談を詳しくお話ししてくださいました。

以前の自分はそうではなかったけれど、あっとほーむで学んでから自分から行動するようになったそうです。行動するとそこで得るものがたくさんあるという岩崎さんの話に、参加者の方々も一歩前に進む勇気をもらえたのではないでしょうか。

 

 

 

午後のあっとほーむカレッジ応用クラス3回目前半は、ビジネスと実務のスペシャリスト、あっとほーむ事務局長・小栗宏之が担当し、経営者として日々の業務はもちろん、保護者や子どもたち以外に事業で関係してくる行政、地域団体、企業など外部組織との関わり方や経営者として大切なビジネススキルを伝授。

 

あっとほーむカレッジ

 

午前中にトークサロンゲストとしてお話してくださった岩崎さんは、午後も9期生の事業プレゼンテーションも聴いてくださり、先輩起業家としてアドバイスをくださいました!

9期生もプレゼン本番まで1ヶ月を過ぎ、とても緊張しているようでしたが、岩崎さんのアドバイスでそれぞれの気持ちが和んだように思います。不安なとき、先輩から大丈夫だよって背中を押してもらえるのは心強いですよね。

 

 

誰でも最初は不安や迷いがあります。失敗したらどうしよう。はじめてのことだらけで一歩踏み出すのは誰でも恐いものですよね。でも、最初からうまくできる人なんていないのです。うまくできないからこそ、あっとほーむが18年間培ってきたノウハウやスキルを小栗さんや事務局長がここで伝授しているのです。

不安や迷いを持ったままで来てもいいんですよ。あっとほーむカレッジに通う中で、起業に対する不安や迷いを解消していきましょう。

 

ただ、開業すると新しい不安や悩みが出てきます。KADOYAおうち保育園®を立ち上げた岩崎さんだって、ほかのおうち保育園®協会の仲間だってみんな新しい壁にぶつかります。でも、それは事業者自身が成長している証ではないでしょうか。新しいことに挑戦するからこそ、新しい壁にぶつかり、それを乗り越えるとさらなる成長につながるのです。

 

応用クラス3回目の授業は、小栗さんから9期生に向け、経営者としてもう一歩成長するためのアドバイスで締めくくりました。これから出てくる不安や迷い、悩みとどう向き合い、どう捉えて行動していくか。これからの9期生の経営者としての成長が本当に楽しみです。

9期生の事業プレゼンテーション本番は、5/7(日)ゴールデンウィーク最終日【あっとほーむカレッジ9期生卒業式】で一般の方にも聴いていただけます。また、あっとほーむカレッジ卒業生であり、横浜市藤が丘にてにじのことりを開業した三井恵さんとにじのことりの子どもたちによる【GWわくわく親子科学実験ワークショップ】も同日開催!

 

自分で何かはじめてみようかなと考えている方、ぜひご参加ください!お申し込みはこちら

 

 

あっとほーむカレッジ2

 

 

 

« »

関連記事

2016年8月29日 起業できる人がしていることは?

宮尾さん

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。   昨日8月28日日曜日は子育て支援起業講座の説明会&先輩起業家のトークサロンを開催しました。 今回も遠くは三重県から参加してくださいました!嬉しいことですね! 説明会会場はあっとほーむ。あっとほーむがどんな雰囲気の場所なのか感じてもらえたようです。     今回は、先輩起業家としてNPO法人アフタースクールにじのいえ・代表 宮尾智美さんがTV電話を通して自身の経験をお話してくださいました。   宮尾さんは、説明会に参加し、小さいお子さん二人をご家族に預けて大阪から横浜まで月に1度の起業講座に通ってくれた方です。宮尾さんが説明会で小栗さんと出会って、自分自身や周囲の人々がどう変わっていったか、起業までの準備期間や起業してからの話をお話してくださいました。   今でこそ起業して順調に運営している宮尾さんですが、説明会に参加した当時から「ぜったいこの事業をやるんだ!」と起業を強く心に決めていたわけでなはく、あっとほーむのようなところができたらいいな~という淡い期待と、自分の周囲の子育て支援の環境や課題にどうしたらいいのか、自分で何かできたらなという想いだったそうです。   宮尾さんはもちろん、あっとほーむの子育て支援起業講座を卒業し、開業されている方々に共通するのが、行動力と発信力がすばらしいということです。起業に大事なこの要素を小栗さんのもとで学んで、身につけて、起業という今があるんですね。  今回説明会に参加してくださった方々にも、起業に何が大事なのかということが伝わり、はじめの一歩を踏み出すきっかけになったらいいなと感じました。   9月11日(日)の説明会&トークサロンがあります。実は9月も宮尾さんがお話してくださいます!小栗さんや宮尾さんからお話を聴いてみたい!と感じた方、ぜひご参加ください。 お申し込みはこちらから。      

2015年12月14日 It’s 小栗マジック!

6期生修了式3

  こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。     昨日、12月13日は子育て支援起業講座・起業準備コースの3日目でした。     いままでの受講生を見ていてもそうなんですが、この「3日目」で事業の方向性が決定します。コーチングを取り入れたこの3日目の講座では、1、2日目よりもさらに深く、自分が気づいていなかった想いを探っていきます。過去の姿を思い出し、現在の自分を見つめて、未来の姿を想像することで、人生理念をカタチ作っていけます。    保育園を作りたい! 学童保育を立ち上げたい! って、既存のシステムの中で考えるのは簡単です。でも、本当にやりたいことをやらなければ、途中で息切れしたり、こんなはずじゃなかった、私がやりたいことはこれじゃなかったと後悔する、小栗さんはそう言います。だから自分の過去、現在、未来をじっくりと見つめて受講生自身も深く考え、小栗さんも一緒に深く深く考えて、自分では今まで気づかなかったこうしたい!これがやりたい!!という本当の想いを見つけることができるんですね。 今までも、たくさんの受講生がこうして自分の本当の想い、本当にやりたいことに気づいた瞬間を見てきました。 今回も、時間中に受講生の「あ!それだ!」という表情の変化を見て思いました。     これが、小栗マジック!!!    さすがです。     事業を始めたけれど、なかなかうまくいかないなと感じている方。 これから自分で何かやりたいけれど、うまく行くか心配な方。   ぜひ、あっとほーむの起業講座で「小栗マジック」体験してみませんか? ただ今、来年の講座日程を検討中です。何曜日がいい、1日何時間がいいなど、どうぞご希望をお寄せください。 ※小栗マジックを体験して自分らしい事業を構築した6期生たち。先日講座を修了しました。      

2016年3月13日 子どもの命を守る責任

DSC08116

  こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。   今日は子育て支援起業講座・運用実務コースの4日目、LSFA children’sという乳幼児応急手当を学ぶ一日です。   小栗さんがインストラクターの資格も持っているこの乳幼児応急手当講習は、子どもに関わる事業をするならばとても大事な講習になります。毎日の保育では、けがや事故をまず予防することが重要ですが、万が一いざというときにも子どもたちの命を守るために、すばやく対応をとれるように、このスキルを定期的に繰り返し学び、訓練することも重要です。       働くママやパパが仕事に集中してがんばるには、いかに保護者から大切なお子さんをお預かりする保育者、事業者が安全、安心な環境で子どもたちと向き合っているか、保護者の方々と信頼関係を築くかです。LSFA children’sインストラクターとして、小栗さんからは子どもたちが安心して過ごせるように、環境を整えたり、大きなけがや事故につながらないように何を気を付けなければいけないかもお話がありました。   そして、あっとほーむの子育て支援起業講座では、ただ、応急手当の手順を話すだけではありません。いつか起業して事業者となる受講生のために、事業者として、安全安心な保育環境をつくるために、人材の雇用や従業員となるスタッフにどんなふうに何がいけないということを指導していくのかということもお伝えします。   世の中にはたくさん応急手当の講習はあるけれど、事業者となる受講生へ向け、こういった視点でもスキルを伝授してくれる場所はなかなかないと思います。   私は何度も受けている講習ですが、繰り返しやることでだんだん身についているのがわかります。とくに訓練中はいつも接しているあっとほーむのかわいい子どもたちの顔が浮かんできます。改めて、子どもたちの命を預かる仕事をしていること、命を守る責任があるということを強く感じました。   きっと受講生もただ起業をすればいいということでなく、改めて事業者、保育者としての責任感を意識した一日になったのではないでしょうか。     3月27日(日)の起業講座7期生の修了式までのこり2週間となりました。   今回の修了式は、子どものチカラを伸ばすプロフェッショナル、大石稜子さんをお招きする基調講演とセットになっており、一般の方もご参加いただけます。仕事やボランティアなどで子育て支援に携わる方、これから携わっていきたいなと感じている方、大石さんから直接お話しを伺える機会です。お申込みお待ちしております。    

2016年10月17日 9期生の新しいスタート!

dsc02960

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。   青空も見えた秋晴れの本日は、あっとほーむカレッジ(子育て支援起業講座)一日目を開催しました! 今日は第9期生のみなさんが初顔合わせ。 最初は少しどきどきしながらのスタートしたが、 少し時間が経つと笑顔が出て和やかな雰囲気になりました。 きっと、この場が安心して自分をさらけ出せる場所だからですね。     起業というとなんだか難しいイメージで、 ずーっと数字とにらめっこしながら事業計画を立てる場を想像してしまいますが、 あっとほーむカレッジは全く違うんです。 「子どもに関わる事業を始めたい!!」そんな方々が自分の才能や経験を活かして、 本当に自分のやりたいことを実現できるように、小栗さんが生徒さんの想いを引き出していきます。 だからみんな、授業中は自分の人生、想いについてたくさ〜んお話しします。 今まで自分の中だけで留めていた想いや、自分でさえも忘れていた感情が出てきます。   9期生の様子を見てもらえば分かりますが、自分の想いを本音で話せると仲間との絆が深まり、 今日初めて話したのにそんな感じがしなくなってしまうんです。不思議ですね〜。 でも、あっとほーむカレッジでは毎回起こることなんです。   さて、小栗さんもびっくりしてしまうほど優秀な9期生。 みなさん、社会の課題や自分の中にある想いを普段から考えているからでしょうか。 初めての自己紹介プレゼンでも、とっても上手にお話ししていました! 1ヶ月後の二日目の授業が楽しみです。今後も9期生の様子をみなさんにお伝えしていきますね。     「子どもに関わる事業を始めたい!!」「小栗さんのもとで、あっとほーむのこの雰囲気の中で学びたい」と考えている方は、まず無料説明会&先輩起業家のお話も聴けるトークサロンへどうぞ。 お申し込みはこちらです。    

2015年11月15日 心強い味方とともに

20151115

  こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。   だんだんと寒い日が多くなって、本格的な冬の足音が聴こえてきましたね。     さて、11月8日(日)は子育て支援起業講座・運用実務コースの3日目。 そして、本日11月15日は起業準備コースの2日目を開催しました。   運用実務コースの前半は、修了式を目指し着々と事業プレゼンが出来上がってきた6期生に向け、社会保険労務士の平山久美子さんが特別講師として開業に向けて具体的なアドバイスをくださいました。   まず、ここまでたくさん悩んで、考えて、磨いてきたそれぞれのプレゼンを平山さんに発表。少し緊張した面持ちの受講生でしたが、少し話し始めると、起業講座ではじめてプレゼンを発表した頃とは比べ物にならないくらい自信を持ってお話していました。   受講生たちの想いが伝わるプレゼンに、平山さんも時間をかけてひとりひとりにアドバイスを返してくださいました。17年間の実績を持つあっとほーむの代表・小栗さん、そして、平山さんから専門家としてのアドバイスがいただけるなんて本当に貴重な時間です。   後半は事務局長から、事業を継続していくために大切な事務処理や、よくあるトラブルとその対応方法などを学んだ6期生。今までよりもさらに具体的な内容に、自分が事業をはじめるという自覚もさらに強まったようです。   起業を目指して進んでいても行き詰まることもあります。そんなとき、だれかに相談したい。専門家や経験があってよく分かる人に話を聴きたい。 でも、自分の想いも理解してくれて、アドバイスをくれる方々と出会えることは難しいんですよね。   あっとほーむの起業講座を修了した多くのみなさんが「あってよかった」というのが、特別講師による授業やあっとほーむのノウハウを余すところなく伝えてくれる講座内容。   そして、迷ったり悩んだら、「いつでも相談していいんだよ」という小栗さんの姿勢です。だから「起業」というはじめてのことでも、一歩ずつ着実に前に進めるんですね。       そして本日の起業準備コースを受けた7期生は、今日初めての事業プレゼンを行いました。   2日目の締めとしてのプレゼン前に、改めて自分の中にある「自分自身も気づいていなかった想い」に気づいた受講生たち。受講生の才能や能力、個性を活かしたビジネスアイディアが出てきました!   新たなアイディアを前に受講生たちの表情や話し方も一変!笑顔も多く、どんどん内容も膨らんでいきました。事業者自身の本当にやりたいことを見つけるあっとほーむの起業講座の醍醐味です。その場にいた私も思わずわくわくしてしまいました。     7期生はまだまだ動き出したばかりですが、6期生は来月が修了式!!2015年12月6日(日)の修了式&最終プレゼン発表会の第一部では、ライフネット生命・出口会長の基調講演がございます。長く勤めた生命保険会社を退職し、新しい形の保険会社を立ち上げたその思考軸と行動力、見習うところが多いはず。一般の方もご参加頂けますので、起業したい方、起業している方、起業講座に興味がある方、6期生の想いを聴いてみたいという方、ぜひお申し込みください!